米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

2008年 08月 27日 ( 1 )

メドベージェフの新冷戦宣言 ポストグルジア戦争のコーカサス

f0127501_128435.gif
  ||| メドベージェフの新冷戦宣言 |||

d0123476_8225599.jpg
グルジアとの"5日間戦争"後、コーカサスは世界大戦の導火線に
メドベージェフの新冷戦発言に現れた、ロシアのNATO対抗姿勢


d0123476_18552829.gif新冷戦は、今日始まりました。たった今、米国東部時間で26日火曜午後3時45分 (日本時間で27日水曜の午前4時45分) 民主党大会のライブ中継を見ていた最中に臨時ニュース。全米の空のインターアクションを管理するFAA(Federal Aviation Administration:連邦航空局)のネットワークがダウンしたと伝えました。

テレビを横目に新冷戦の記事を翻訳していた最中だったので、「ロシアのサイバーアタック!」と瞬速で了解。後続のニュースでは、FAAのネットワークが本部を置くアトランタのシステムがダウンした模様とのこと。航空機事故のないことを祈ります。(この1週間でスペインやらキルギスタン、ガテマラで旅客ジェットがボンボン墜落して、数百人の乗客が亡くなっていますから……)
d0123476_8234099.jpg
画面はコロラド州デンバーで開催中のDNC(民主党全米大会)2日目。会場のステージでは、今日のキーノートスピーカーのヒラリー・クリントンがリハーサル中。明日はビル・クリントンと副大統領候補指名のジョー・バイデンが登壇。(私の予想通りの正副候補になりました、Yey! I told you so...)民主党大統領候補の正式指名は最終日木曜の夜なので、大会主役のバラク・オバマの指名受諾演説/acceptance speechは大トリ/final appearanceです。

開幕日の昨日は、ファーストレディ候補のミシェル・オバマと、脳腫瘍で安静中にもかかわらず登壇した長老エドワード・ケネディ上院議員が、初日にふさわしい素晴らしい演説で話題をさらったところ。アンクル・テディ(ケネディの愛称)は、来年2月の大統領就任式の際には必ず上院に出席すると力強く約束。(それまでなんとか存命してほしい……会場は涙・なみだ;;;)
d0123476_8561341.jpg
開催地となったコロラド州には米軍のNORAD (北米航空宇宙防衛司令部) がありますが、昨日遅くにはオバマ暗殺謀議未遂で極右のチンピラ3人が逮捕されたり、クークラックスクランもどきのネオナチのデモがうるさかったり、会場の外も騒然としています。オバマはまだ現地入りしていないので不安が募ります。が、まずはともかく2週間ぶりのエントリーをアップしましょう。
お詫びの挨拶が後回しでなんですが、コメントでも書いた通り先を急いでお伝えしたいニュースが山積状態でもありますので、最重要問題/the most concerning issue のグルジア戦争からシリーズで詳説していきます。ますます本気を帯びてきたロシアとNATO/米国の抗争に要注目です!

【米国時間2008年8月26日『米流時評』ysbee 記】

__________________________________________________________________
AUGUST 26, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 Associated Press | B R E A K I N G
メドベージェフの新冷戦宣言 グルジア侵攻後のロシア対NATO体制
米国時間 2008年8月26日午後2時15分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_8245858.jpg
Medvedev: We're Not Afraid of 'New Cold War'

West fumes as Russian president OKs recognition of rebel Georgia areas
AUGUST 26, 2008 2:15 p.m. | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
MOSCOW, Russia — Russian President Dmitry Medvedev, speaking in the midst of one of the lowest points in the Russia-West relationship since the breakup of the Soviet Union 17 years ago, said Tuesday that his country did not seek a new Cold War — but neither was it afraid of one. "We are not afraid of anything, including the prospect of a new Cold War," Medvedev was quoted as saying Tuesday by the ITAR-Tass news agency.

メドベージェフ「新冷戦なんか怖くない」
モスクワ発緊急報 |26日火曜、ロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領は、17年前のソ連崩壊以来最悪の危機を迎えたロシア対西側諸国の対立関係の真最中に「ロシアは新冷戦を起こそうとしている訳ではない。しかし万一起きても、ロシアは新冷戦を恐れはしない」と発言。「われわれロシア人は、何ごとも怖れはしない。もちろん、新冷戦が起こると想定される事態であっても」ロシアの国営メディア ITARタス通信の報道によると、ロシア現地時間で26日火曜、メドベージェフ大統領はこう宣言した。
d0123476_8345382.jpg
1. Following the intense war with Georgia
"But we don't want it and in this situation everything depends on the position of our partners." The statement comes hours after Medvedev recognized the independence of two Georgian rebel provinces, defying the West.
南オセチア・アブハジア両州独立宣言の翌日
「しかしながら、われわれは冷戦を望んでいる訳ではなく、現在のような状況にあっては、万事が我が国のパートナー(相手側=NATO加盟国)の立ち位置如何にかかわってくる。」メドベージェフは、グルジア戦争後のロシアの態勢をこう述べた。今回の宣言は、25日月曜に「5日間戦争」の焦点となったグルジア領土内の2つの民族自治州、南オセチアとアブハジアの両州が、グルジアを後援する西側自由主義諸国の和平説得に反旗を翻して発した独立宣言を、ロシアの元首であるメドベージェフ大統領とプーチン首相が承認してから、わずか数時間後の公式声明である。
d0123476_83549100.jpg
2. Rice: 'extremely unfortunate' recognition
The recognition — which Secretary of State Condoleezza Rice described as "extremely unfortunate" — follows a short but intense war with Western-allied Georgia earlier this month.
グルジア侵攻後のロシア対NATO体制
米国のコンドリーザ・ライス国務長官が「きわめて不運な見解」と呼ぶ、ロシアの公式声明に見られるこうした認識は、今月早々に西側の友軍国家であるグルジアとの間に、短期間に集中的に行われた侵攻作戦(通称:Five Days war/グルジアの「5日間戦争」、ロシアのグルジア侵攻)に続く一連の好戦的路線を示している。
[注:グルジアはイラク戦争へ常時2千名派兵協力する米国の友軍で、サアカシビリ大統領は米国の大学で国際法の修士課程を修了した大の親米派として知られる。今回の5日間戦争の直前、サアカシビリはグルジアのゲリラ制圧に関してロシアのプーチンと電話で会談したが、プーチンから直接「アメリカの犬」「ブッシュの男妾」と罵倒されたという経緯がある。]
d0123476_8514762.jpg
3. Russia's prospect of 'New Cold War'
"If they want to preserve good relations with Russia in the West, they will understand the reason behind our decision," Medvedev said. Medvedev said that he had signed a decree on the decision to recognize the separatist regions of Abkhazia and South Ossetia. Few other nations are likely to follow the move.
ロシアの剛胆な「新冷戦」展望
「もしも西側諸国がロシアとの友好関係を保ちたいと望むのなら、彼らは我が国がなぜ今回の決断を下したかという理由をわかってくれるだろう。」今回の声明では、メドベージェフはまた「アブハジアと南オセチア両民族自治州を独立した政体として承認する」というロシア議会の決議に(大統領として議会決議の有効性を最終的に発揮させる)署名をしたと公表した。
[注:ロシア議会は25日南オセチアとアブハジア両州の独立宣言を承認する決議案を通過させた]
d0123476_837202.jpg
4. Rice: 'Two regions in the world at risk'
Rice said the United States continued to regard both breakaway regions as "part of the internationally recognized borders of Georgia." Speaking in Texas, White House spokesman Tony Fratto on Tuesday said Russia is making a number of "irrational" decisions that puts its place in the world at risk. Fratto said the U.S. will use its veto power on the U.N. Security Council to make sure any effort to change the provinces' international status is "dead on arrival."
米「コーカサスは新冷戦への導火線」
ライス長官が表明した旧ソ連邦領土だったアブハジアと南オセチア両地域に対する米国の見解とは、あくまで従来の国際世論で認証されていた通り、グルジア領内の辺境自治州として解釈するというものである。ホワイトハウス広報官のトニー・フラット氏は、26日火曜ブッシュの私邸のあるテキサス州クロウフォードから、ブッシュ政権の見解を表明。その声明は次のようなものである。
「ロシアは(コーカサス地域での)途方もない断行を重ねた結果、世界を危機に陥れるような立場に立ってしまった。米国は、国連の安全保障理事会(UNSC)で、当該地域の国際的立場を独立国家として認めさせようとするロシアが、いかなる手段を行使したとしてもその議案が『死産』になるように、拒否権を発動するだろう。」

[注:「途方もない断行」と言うよりも「無茶苦茶な蛮行」と言いたかったのが本音だろう。ロシアはグルジアが先に手を出したと非難するが、グルジアの侵攻は、あくまで紛争の発火点 南オセチアからグルジア領内へ「狼藉」を働きにちょろちょろ出てくる独立派ゲリラの討伐が目的で、その本拠地を急襲した。が、ロシア側はグルジアがそう出てくるのを見越して、すでに国境地帯に数千台の大戦車隊を集結させていたと言う。一説には、ロシアは黒海側のアブハジア侵攻が当初の目的だったらしいが、グルジアが南オセチアに踏み込んだのを機会に、待ってましたとばかり急遽逆襲に出た訳である。このプロットは、ちょうどイスラエルがゴラン高原でヒズボラに襲われるように2名の兵士をおとりに出し、計画通りヒズボラが兵士を捕虜にしたのをきっかけに、膨大な陸海空全軍の総攻撃でレバノンへ侵攻した2006年夏のレバノン戦争を彷彿とさせる戦局展開だった。]
d0123476_8382087.jpg
5. Russia's first post-Soviet invasion
On the heels of Russia's first post-Soviet invasion of a foreign country, recognition was another stark demonstration of the Kremlin's determination to hold sway in lands where its clout is jeopardized by NATO's expansion and growing Western influence. Meanwhile, the the United States dispatched military ships bearing aid to a port city still controlled by Russian troops.
ソ連崩壊後初の他国への侵略行為
翻訳中
d0123476_83972.jpg
6. Merkel ‘Absolutely not acceptable’
Rice also accused Medvedev of failing to honor his nation's commitments under an internationally backed cease-fire. German Chancellor Angela Merkel said Russia's recognition of the breakaway areas was "absolutely not acceptable." She insisted Medvedev's decision violates international agreements.
メルケル、ロシアの国境見解を一蹴
翻訳中
d0123476_8395162.jpg
7. '5 Days War' between Russia and Georgia
Medvedev said Georgia forced Russia's hand by launching an attack targeting South Ossetia on Aug. 7 in an apparent bid to seize control of the breakaway region. In response, Russian tanks and troops drove deep into the U.S. ally's territory in a five-day war that Moscow saw as a justified response to a military threat in its backyard and the West viewed as a repeat of Soviet-style intervention in its vassal states.
ロシアとグルジアの「5日間戦争」
翻訳中
d0123476_1054924.jpg
8. 'The only chance to save their lives'
"This is not an easy choice but this is the only chance to save people's lives," Medvedev said Tuesday in a televised address announcing Russia's recognition of the breakaway territories. Russian forces have staked out positions beyond the de-facto borders of Abkhazia and South Ossetia. The two territories have effectively ruled themselves following wars in the 1990s.
メドベ「コーカサス存続の唯一の手段」
翻訳中
d0123476_8412291.jpg
9. Russia's presence to weaken Georgia
"Georgia chose the least human way to achieve its goal — to absorb South Ossetia by eliminating a whole nation," Medvedev said. Russia's military presence seems likely to further weaken Georgia, a Western ally in the Caucasus region, a major transit corridor for energy supplies to Europe and a strategic crossroads close to the Middle East, Iran, Afghanistan, Russia and energy-rich Central Asia.
ロシア軍駐留でグルジアにさらなる脅威
翻訳中
d0123476_8415889.jpg
10. Support independence of two regions
Medvedev ignored Western warnings against recognizing the independence claims of the two regions, which broke from Georgian government control in early 1990s wars and have run their own affairs with Russian support. After Russia's parliament urged the move in unanimous votes Monday, the U.S. State Department said recognition would be "unacceptable" and President Bush urged the Kremlin against it.
南オセチア・アブハジア両州の独立支持
翻訳中
[了]

【米国時間2008年8月26日『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_8424136.jpg
»» 次号からシリーズ新冷戦時代「ロシアのグルジア侵攻/5日間戦争 レポート」へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8512633
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8512633

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。休載中もクリックしていただいたようで、感謝感激です!
d0123476_12465883.gif


ランキングが死んでます。クリックで挽回をよろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門でも、へこんでます。がんばらなくては!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代 | •アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節 | •テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選


[PR]
by ysbee-2 | 2008-08-27 08:48 | グルジア紛争
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31