人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

北京五輪、大気汚染で開催延期の可能性も

f0127501_128435.gif
  ||| 北京五輪、大気汚染で一部開催延期か |||
d0123476_15535966.jpg
国連環境調査で大気汚染に問題、IOC では一部競技延期の可能性も

中国・北京発 |25日木曜、IOC国際オリンピック委員会は、五輪開催地に対する大気汚染に関する特別の制限のために、以前よりはましになったとはいうものの、来年オリンピックが開催される北京の大気汚染がひどいため、いくつかの競技は開催を延期するような可能性が増していると発表した。
Foul Beijing Air May Delay Some Olympic Events
'The air quality is a big problem,' says IOC inspection official
OCTOBER 25, 2007 EST | Associated Press — BEIJING | Translation by ysbee
BEIJING, China — Beijing’s pollution is increasing the likelihood some Olympic events may be postponed, though special restrictions may help keep the skies clean, the International Olympic Committee said Thursday.

__________________________________________________________________
OCTOBER 30, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  Associated Press | B R E A K I N G

北京五輪、空気汚染が大問題に IOCは一部競技延期の可能性も
米国時間 2007年10月25日午前10時36分 | 北京発・AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_15543275.jpg
1. Report by UN Environment Program
With less than 10 months to go before the 2008 Olympics, air pollution emerged as one of Beijing’s biggest headaches. A report by the United Nations Environment Program criticized Beijing’s cleanup as slow, noting some pollution exceeded World Health Organization standards. In an overall positive assessment of Beijing’s preparations, an IOC inspection team said air quality was a major concern and it was monitoring the situation.
国連環境計画局のレポート
2008年オリンピックまであと10カ月をきったが、大気汚染は相変わらず北京の抱える最大の頭痛の種である。国連の環境計画局によって行なわれた調査レポートでは、中国政府の清浄化計画のスピードは遅々としてはかどらず、一部の環境汚染はWHO世界保健機構の安全基準をはるかに下回っていると報告された。IOC国際オリンピック委員会が発表した内容では、北京五輪の準備態勢は総体的にはポジティブな評価がなされているが、大気汚染が最大の懸念となっており、IOCでは今後の状況改善を監視する体制にある。
d0123476_1555625.jpg
来年のオリンピック開催まであと10か月をきり、メインスタジアムの建設も急ピッチの五輪開催地北京

2. 'Air quality is a big problem'

Inspection team leader Hein Verbruggen said the impact of pollution on athletes’ performance was a specific concern. “The air quality is a big problem,” he said. IOC president Jacques Rogge had warned in the past that pollution might force some outdoor endurance events to be delayed. Verbruggen and other IOC officials said they were confident that measures such as traffic controls should reduce pollution. But if that fails, some events would be delayed. “You might wait a day or two but it is something that we’re used to,” Verbruggen said. “It is a normal standard procedure that we have.”
IOC「大気汚染が最大の問題」
国連の調査チームのリーダーであるハイン・ヴァーブルッゲン氏は「参加選手のパフォーマンスに及ぼす汚染の影響が特に気になる。空気の質は大きな問題だ。」と語っている。
この報告に対して、IOCのジャック・ロッジ会長は過去にも「万一大気汚染がある場合には、長時間かかる屋外競技のいくつかは、開催を遅らすことになるだろう」と表明していた。ヴァーブルッゲン氏と他のIOC委員は「交通規制などの手段によって、大気汚染は緩和されるべきだと確信している。しかし、もしその方法でもだめな場合は、いくつかの競技の開催は遅れることになろう。もしかしたら1日2日待つ事になるかもしれないが、以前にもそういった先例はあったし、開催延期が通常われわれの取るべき正当な手段である。」
d0123476_16193774.jpg
都市周辺では未増有の自動車ブームによる排気ガスと工業地帯から吐き出される煤煙のため昼なお暗い

3. 'Athletes need clean healthy conditions'

Organizers have dwindling options to combat pollution ahead of the Aug. 8-24 Olympics. Some countries are delaying their teams’ arrivals in Beijing until the last possible moment to protect their athletes. But competition times have limited leeway. Rogge underscored the IOC’s concerns in a speech saying that athletes “need clean and healthy conditions in which to train and compete.” But he did not read out a warning to Beijing contained in the prepared text that said “time may be running out.”
「選手には清潔で健康的な環境必須」
来年8月の8日から24日まで開催されるオリンピックを前にして、主催者側が大気汚染と闘う方策も尽きてきた。参加国の中には選手の健康を気遣って、選手団の北京入りをぎりぎりまで延ばす国も出てきている。しかしそうすることで、逆に現地での練習期間は削られてしまう。ロッジ会長は今回の声明の中で、特に次の部分に重点をおいて強調した。「選手たちがトレーニングや競技をするにあたっては、清潔で健全な環境が必須です」だが彼は前もって用意された原稿の中にあった北京政府に警告を発するための一節「残り時間は僅かだ」という箇所を、あえて読み上げなかった。
d0123476_125833.jpg
4. Beijing’s air quality slow to improve
China has one of the world’s fastest-growing economies, but its cities pay for it with choking pollution. Beijing is often blanketed by a gray haze, some from coal-fired industries, others from the soaring numbers of cars. “Extensive use of coal, the city’s geographical location and a growing number of motor vehicles means the pace of improvement in Beijing’s air quality is slow,” said Eric Falt, who heads the U.N. Environment Program’s sports and environment project.
空気浄化、中国の開発汚染に追いつかず
中国は、目下世界でも経済がもっとも急速に成長している国のひとつであるが、その代償として主要都市では息が詰まるほど大気汚染が甚だしい。石炭を燃料とする工業地帯からの煤塵や、激増するマイカーブームの排気ガスのせいで、北京市街ではしばしば立ちこめる灰色のもやに包まれる。
「石炭の過剰な使用、北京市の地理的条件、そして急速に増える自動車。これらがすべて要因となって、北京の空気を清浄化するスピードを、工業化に追いつかないほど遅々とさせているのが現状だ。」国連環境計画局の「スポーツと環境」プロジェクトチームの長であるエリック・ファルト氏は、北京の大気汚染の実状をこう説明した。
d0123476_15582299.jpg
南京市のウォーターフロント 中国各地の主要都市は工業化が著しく農村部から移動の人口急増で空前の建設ブーム

5. Eight times higher than WHO level

Falt said small particulate matter — fine particles of pollution that can easily pass into people’s lungs and harm health — were “particularly worrying.” The U.N. report found that the average level of small particulate matter in Beijing’s air in 2006 was eight times higher than the level recommended by the World Health Organization.
汚染物質の空気混入率、WHO基準の8倍
ファルト氏が特に懸念するのは、肺の気管膜を容易に通り抜けるほど微小な汚染化学物質が呼吸されて人体に引き起す障害に関してで、この事象をとりわけ心配していると述懐する。国連の調査報告書では、2006年の北京市内の空気の質を調査対象としているが、WHOの安全基準値の制限の8倍にも達しているという。
d0123476_15585690.jpg
6. Same measures, same consequences
Other forms of air pollution — sulfur dioxide, nitrogen dioxide and carbon monoxide — rose or failed to drop in 2006 following three years of decline, according to the report, which was based on Chinese government statistics. “(China) never committed to reaching those specific WHO standards within the time frame of the games,” Falt said. Beijing’s Olympic organizers have said contingency measures, such as the selective banning of cars or temporary closure of factories, will have to be used to clear the skies — pledges that were reiterated by officials Thursday.
従来通りの対処法に拘泥する北京政府
中国政府の調査データを元にした報告書の記述では、硫酸ダイオキシン、ニトロゲン・ダイオキサイド、一酸化炭素などの、その他の空気汚染の要因もまた、それまでの3年間減少傾向にあったにも拘らず、2006年には逆に上昇あるいは停滞したままである。
「中国は、いまだかつて競技開催の日程までに、WHOの特定基準をクリアしようと熱心に動いたためしがない」ファルト氏は中国政府をこう非難する。一方の北京五輪主催者たちは、木曜に IOCからの発表後も相変わらず、ある一定の車種を運航禁止したり特定の工場を一時閉鎖したりする、従来通りの方式を取ると弁明したに過ぎない。
d0123476_15594055.jpg
7. Promised $12 billion for pollution control
Verbruggen and other IOC officials defended Beijing’s efforts, saying organizers have spent more than the $12 billion they promised for pollution control, but growth has outpaced all predictions when the city won the bid in 2001. “As far as we’re concerned, there is no blame to be addressed,” Verbruggen said at that news conference. “We all know that the development of this country and the development of this city has accelerated or enhanced the air quality problems.”
大気汚染管理に1兆4千億円投下?
国連調査チームのヴァーブルッゲン氏やIOCの役員は、中国側主張の「五輪開催国の条件をクリアする約定で、汚染規制に120億ドル(約1兆4千億円)以上費やした」という努力を持ち出して一応評価しているが、北京市が五輪開催の権利を射止めた2001年の時点での予測が追いつかないほどのスピードで、中国の環境汚染が進行しているのも事実である。
「我々の感知する範囲内では、現時点では非難を表明するほどのことではない」ヴァーブラッゲン氏は記者会見の席で、取材陣に対してこう答えた。「この国の開発状況、そして北京市の発展の状況が、こうした大気汚染の問題を促進し増大したのは、誰の目にも明らかです。」
d0123476_1615279.jpg
8. Positive about other aspects
The U.N. report was generally positive about other environmental aspects of the preparations, praising the Beijing organizing committee’s efforts in waste management, transportation and water treatment. Solar power will be used at venues and the Olympic village, and organizers have made an “extraordinary achievement” in avoiding chemicals that damage the ozone layer, the report said.
他のチェックポイントはクリア
国連の調査報告書では、開催準備にあたっての他の環境要素については「一般的に良好」と報告しており、特に廃棄物処理、輸送機関、水質処理などの点では、中国側のオリンピック準備委員会の努力の賜物と評価した。報告書の内容によると、ソーラーパワー(太陽熱発電)がオリンピックの競技用施設や選手村に装備され、主催者側は大気のオゾン層を破壊する科学物質の発生を避けるために「並々ならぬ実績」を達成したと、レポートは語っている。

【米国時間 2007年10月30日 訳『米流時評』ysbee】
d0123476_1622212.jpg
»» 次号「トルコ全軍クルド地区総攻撃・国境地帯に15万人派兵」

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6479825
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6479825

次号以降予告:トルコ全軍クルド地区総攻撃・国境地帯に15万人派兵/アルメニア人虐殺問題で反目するトルコと米
スーチー女史ついにミャンマー軍事政権と会談/オルメルト首相驚愕の提案:ユダヤとアラブのエルサレム二都物語

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位です。みなさまのおかげです!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュースでベスト10内。応援よろしくお願いします!

d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代   | グローバルウォー | イラク戦争  | 中東のパワーラビリンス
ユーラシアの回廊  | テロとスパイ陰謀 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治
サルコジのフランス | ダイハード中国  | トンデモ北朝鮮  | ビルマの赤い川
欧米の見る日本  | グローバルビジネス | 大事故・大災害  | 世界不思議探検

by ysbee-2 | 2007-10-30 21:22 | ダイハード中国

アゼルバイジャンで米大使館襲撃テロ発覚

f0127501_128435.gif
 ||| アゼルバイジャンで米大使館襲撃テロ発覚 |||
d0123476_17154443.jpg
首都バクーでアゼリ政府施設と米大使館襲撃の大規模テロ計画発覚
イスラム過激派の政府軍人が首謀者か 容疑者1人死亡、数名検挙


アゼルバイジャン・バクー発 |29日月曜、首都バクー市でアゼルバイジャン政府から発表された報告によると、イスラム過激派グループが「凄惨な内容の大規模テロ襲撃計画」を、欧米各国大使館など外交施設とアゼルバイジャンの政府施設を対象に実行する予定だったが、国家警察側では未然に首謀者を逮捕した模様である。この影響で、バクー市内の米国と英国の大使館は、月曜急遽一時閉鎖した。
d0123476_11593440.jpg
左からモスクワ鉄道のバクー駅/トルコ大使館/旧ソ連現ロシア大使館/イラク大使館/アゼルバイジャン国会議事堂

Azerbaijan: ‘Horrifying’ Terror Attack Thwarted
U.S. Embassy, several government structures targeted, official says
OCTOBER 29, 2007, 10:33 a.m. EST | Associated Press/MSNBC.com | Translation by ysbee
BAKU, Azerbaijan — The U.S. and British embassies suspended operations Monday in Baku, where the government said it thwarted a radical Islamic group’s plot to conduct a “large-scale, horrifying terror attack” against diplomatic missions and government buildings.
d0123476_120424.jpg
アゼルバイジャン行政府/国立科学アカデミー/アリイェフ前首相生誕75年記念公園/ロシア銀行/経済省脇の小径


__________________________________________________________________
OCTOBER 29, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d P r e s s | B R E A K I N G

アゼルバイジャンで政府施設と米国大使館襲撃テロ計画が発覚
米国時間 2007年10月29日午前10時33分 | AP通信・ニュース特報 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_1282176.jpg
すべて国立:カーペット美術館/ロシア劇作家シアター/国立オペラ座/パペットミュージアム/作曲家ミュージアム

1. One suspect killed, several detained
The Azerbaijani National Security Ministry said one suspect was killed and several others were detained in a weekend sweep in village outside the capital. The ministry said the Islamic group included an army lieutenant who stole 20 hand grenades, a machine gun, four assault rifles and ammunition from his military unit and made them available for the planned attack. The ministry said that a hunt for other members of the group was still under way.
d0123476_1205071.jpg

犯人1人死亡、数名逮捕、首謀者に陸軍中尉
アゼルバイジャンの防衛相の記者会見では「首都バクー市郊外の村で先週末挙行された一斉検挙で、容疑者のうちひとりが死亡、数名が逮捕された」と発表された。テロ襲撃グループの容疑者の中には、アゼルバイジャン政府陸軍の中尉も含まれており、この人物が所属する部隊の武器庫から手榴弾20発、重機関銃1基、オートライフル4挺とこれらの武器に必要な弾薬を盗み出し、襲撃計画が可能な状況ができていたものと見られる。防衛相の発表では、逮捕者以外にもまだ容疑者がいるものとみて、テログループ捜索はまだ続行中であると言う。
d0123476_1222495.jpg

2. Terror attack on government, U.S. Embassy
National Security Ministry spokesman Arif Babayev told The Associated Press that the radical Islamic group had planned to launch a “terror attack against several government structures in Baku and the U.S. Embassy.” The U.S. Embassy sent out an announcement to American citizens saying it had closed its consular office for an indefinite period because of a security threat and said it encouraged Americans to “maintain a high level of vigilance.” Police cars were parked outside.
d0123476_1211169.jpg
政府施設と米国大使館をねらったテロ襲撃
国家治安省のアルフ・バベイェフ広報官がAP通信記者に語った内容によると、イスラム過激派グループは「首都バクー市内数カ所の政府の建物と米国大使館をねらったテロ襲撃」を実行する計画を立てていた。この情報を受けて、米国大使館ではアゼリ国内に在住あるいは滞在中の米国市民を対象に、治安状態が危ぶまれるため、大使館の公務用オフィス部門を一時的に一定期間閉鎖すると通告を出した。またアゼリ国内にいる米国民に「高レベルの警戒態勢を維持」するように呼びかけた。大使館の周囲にはパトカーが常駐して警戒に当たっている。
d0123476_1212696.jpg

3. UK Embassy, BP also closed
The British Embassy closed completely on Monday, according to a receptionist in the Landmark building where the embassy is located. No one answered the phone at the embassy. Several offices in the Landmark building also shut down operations Monday, including included Norway’s StatoilHydro ASA and BP Azerbaijan, the receptionist said.
d0123476_12124781.jpg
英国大使館、英国石油も休業
ランドマークビルの受付の情報では、同ビル内に入居している英国大使館も、月曜は終日休館した。大使館に電話をしても応答はない。ランドマークビル内の他のオフィス数カ所も、月曜は営業を停止したが、その中にはノルウェーのStatoilHydro ASA(ノルウェー国営ガスASA)や、BP Azerbaijan(英国石油アゼルバイジャン支社)といった大手のエネルギー企業も含まれている。
d0123476_12133556.jpg

4. Expecting to reopen Embassy soon
In Washington, the State Department declined to comment on the specific nature of the threat but said the embassy, in cooperation with officials in Azerbaijan, had beefed up security and the mission would likely reopen soon. “They have worked closely with the government of Azerbaijan, they are in a good posture now and I would expect they would resume normal operations in the days to come,” spokesman Sean McCormack said.
d0123476_12143578.jpg
国務省、数日中に大使館再開を期待
ワシントンの国務省では、今回のテロ襲撃計画の詳しい実状についてコメントするのは差し控えたが「現地の米国大使館はアゼルバイジャン政府に協力して警戒を強化し、まもなく再開できるように鋭意努力している」と現状を説明した。「現地の大使館員はアゼルバイジャン政府と密接に協力して動いており、現時点では安全な環境にあるので、2・3日中には正常な運営に戻れるものと期待している。」国務省(米国外務省)のショーン・マコーミック広報官は、今回のテロ襲撃計画に対する米国側の受け止め方をこう表明した。
【米国時間 2007年10月29日 訳『米流時評』ysbee】
d0123476_12153598.jpg
»» 次号「トルコ全軍クルド地区総攻撃・国境地帯に15万人派兵」

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6472693
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6472693


次号以降予告:トルコ全軍クルド地区総攻撃・国境地帯に15万人派兵/アルメニア人虐殺問題で反目するトルコと米/スーチー女史ついにミャンマー軍政と会談/オルメルト首相の大胆な提案:ユダヤとアラブのエルサレム二都物語
__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位です。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュースでベスト10内。応援よろしくお願いします!

d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代   | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス
ユーラシアの回廊  | テロとスパイ陰謀 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治
サルコジのフランス | ダイハード中国  | トンデモ北朝鮮  | ビルマの赤い川
欧米の見る日本

||| ユーラシアの回廊 特集記事 |||d0123476_12543738.jpg
10/29 アゼルバイジャンで米大使館襲撃テロ発覚
10/22 クルドPKKの橋梁爆破でトルコ軍12名戦死
10/16 ユーラシア大連邦と第三次世界大戦
6/10  ユーラシアの回廊・帝政ロシアの首飾り
6/09  緊急レポート・アゼルバイジャンの秘密
6/08  外交の神業・プーチンのムーンサルト アゼリの切札
6/07  G8サミットのプーチンショック! 米露ミサイル防衛網

||| 中東核戦争 特集記事 |||
序 章 中東核戦争前夜?急浮上するシリア対イスラエル核紛争d0123476_8345660.jpg
第1章 戦争挑発行為?イスラエル爆撃機のシリア領空侵犯
第2章 シリア対イスラエル 中東核戦争の危機は本物か
第3章 新・ジェリコの闘い イランのミサイル報復作戦
第4章 核のターゲットは駐留米軍 国連とEUの経済制裁
第5章 消された記事『中東代理戦争・シリアvsイスラエル』
第6章 囁かれる中東核戦争
   中東核戦争6.1 ホワイトハウスのウォーゲーム
   中東核戦争6.2 2008年核戦争の冬・チェニーのウォープラン
   中東核戦争6.3 復讐の世紀・中東戦争「核のアルマゲドン」
   中東核戦争6.4 暴かれた大謀略・イスラエルとネオコン中東核戦略
第7章 驚愕!原爆搭載機 B-52飛行事件は米空軍内のクーデターか?

by ysbee-2 | 2007-10-29 12:20 | ユーラシアの回廊

衛星写真が証明する空爆されたシリア核施設の証拠隠滅

f0127501_128435.gif
  ||| 衛星写真が写したシリア核施設証拠隠滅 |||
d0123476_13534052.jpg

シリアが核施設の証拠隠滅、イスラエル空爆前後の衛星写真で解読
米軍事専門家は核の地下施設建設過程を指摘、CIAはノーコメント


2007年10月26日・NBCニュース特報 |24日水曜に地上観測用衛星から撮影されたサテライト写真では、先月6日にイスラエル空軍の爆撃機によって空爆されたシリアの核燃料炉施設の敷地が、明らかに跡形なく撤去された形跡が観てとれる。
Images Raise Suspicions of Syria Facility
Site of a suspected nuclear reactor seems cleaned up after Israeli attack
OCTOBER 26, 2007 | By Robert Windrem and Andrea Mitchell — NBC News | Translation by ysbee
NBC News Special Report |OCTOBER 26, 2007 — New satellite photos taken Wednesday show that Syria apparently cleaned up the site of a suspected nuclear reactor after it was bombed by Israeli aircraft last month.

__________________________________________________________________
OCTOBER 28, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

  N B C N E W S | S P E C I A L

イスラエルが空爆した核施設をシリアが隠蔽か、衛星写真が証明
責任編集:ロバート・ウィンドレム NBCニュース特捜班プロデューサー/アンドレア・ミッチェル 国際時事主幹
米国時間 2007年10月26日午後6時10分 | NBCニュース・スペシャルレポート | 『米流時評』ysbee訳


d0123476_13542795.jpg
シリア中部アルラッカに近い砂漠に建設中だった核燃料炉施設と見られる箇所のサテライト写真:左から04年9月16日/中央が今年8月10日で、この写真を元にイスラエル軍が9月6日に空爆決行/右は跡形もなくなった10月24日


1. Dismantling of suspicious nuke facility
The imagery, taken by Digital Globe, a private satellite imagery company, shows a cleared area where two months before the suspect facility stood. The boxy building is located at the end of a dirt road just off the Euphrates River. The site is about 100 miles from the Iraqi border near the town of At Tibnah in northeastern Syria. Although reports indicated the the reactor had been in the early stages of construction, an earlier satellite photo, taken by another commercial imaging company, GeoEye, raised questions about those assertions.
d0123476_1355186.jpg
シリアの疑惑の核施設を爆撃したイスラエル空軍F-16戦闘爆撃機 2機が空爆用、2機が援護用でイスラエルから出撃


シリア疑惑の核施設が消滅
サテライトイメージ会社ディジタルグローブの地上観測用衛星から撮影されたイメージは、2カ月前には疑惑の施設が建っていた箇所がすっかりさら地になっているのを示している。消滅した方形の建物は、ユーフラテス川沿いを少しはずれた砂漠の中を走る道路の最終地点に立っていた。現地は、シリア北東部にあるアッティブナの町はずれの、イラクとの国境線から約100マイルの地点にある。9月上旬に別のサテライトイメージ会社 GeoEye によって撮影されたサテライト写真を見た限りの当初の報告では、この原子炉はまだ建設にとりかかったばかりの段階であるとは言っていたものの、シリアにこうした施設が存在すること自体が、国際社会に大きな疑問を投げかけた。
d0123476_13555056.jpg

2. Reactor based on a North Korean design
The imagery, taken on September 16, 2003, four year prior to the attack, shows the facility looking just as it did prior to the attack. The only difference is the addition of a pumping station on the Euphrates River near the facility. Some U.S. officials have suggested the reactor was based on a North Korean design. The North has agreed to denuclearize, and if it was shown that it had helped Syria, that would complicate further relations with the United States. David Albright, president of the Institute for Science and International Security, said the satellite imagery "effectively confirms that this site was indeed the target of the Israeli raid." Albright's group did its own analysis of the imagery.
d0123476_13563399.jpg
アルラッカの町から近いシリア砂漠に建設中だった核燃料炉/右は昨年お騒がせした北朝鮮ヨンビョンの核施設


北朝鮮の核施設を元にした設計
もう一枚の写真(サテライト写真3点の左)は、先月の攻撃から遡ること4年前の2003年9月16日に撮影されたものであるが、爆撃に先立つ直前に撮影した中央の写真と同じ様に見える。唯一の違いは、施設の近くにあるユーフラテス川の上に取水用のポンプ場が付け加えられたことぐらいである。米国政府の消息筋の観察では、この原子炉は北朝鮮の設計を原型にしたものだと示唆している。しかし北朝鮮はすでに核放棄に合意しており、万一北朝鮮がシリアの核施設建設を援助したのが事実だとすれば、このことは北朝鮮と米国との関係を一層こじらせることになるだろう。
国際安全保障科学研究所のデーヴィッド・オルブライト所長は「衛星写真の映像は、この現場が実際にイスラエルの空爆のターゲットであったことを如実に示している」と評価した。オルブライト氏の研究グループは、すでにこれらの写真から独自の解析を試みている。
d0123476_1403377.jpg
昨年来の6カ国協議の約定に準じて核施設閉鎖を了承した北朝鮮 施設監査のため平壌に到着したIAEAの調査員

3. Apparent make-up covering facility figure
Beyond the suspected reactor, the imagery also shows the pumping station on the Euphrates, which does not appear to have been bombed or cleaned up. The "before" picture was taken Aug. 10, the "after" on Oct. 24 (Wednesday). The raid, which Syria has confirmed but which Israel and the U.S. have officially declined to discuss, took place Sept. 6. U.S. officials have said on background that following the Israeli attack, Syria bulldozed the debris from the site, apparently to avoid having the facility's purpose exposed. The International Atomic Energy Agency has said it was studying satellite photos to determine if it should investigate Syria's nuclear activities and Israel's raid. The Syrian foreign ministry on Wednesday denied the facility was a reactor.
d0123476_144127.jpg
シリアの核施設現場、空爆のBefore=左 & After=右 さら地になった地上で黒い点に見えるのはブルドーザー


核施設の概容を隠蔽する消滅作業
疑惑の燃料炉の他にも写真で確認できるものでは、ユーフラテス川の上に建設された取水ポンプ場があり、こちらは爆撃されたり抹消されたりはしていない。「空爆以前」の写真は8月10日に撮影され、「空爆後」の写真は10月24日水曜に撮影されたものである。
肝心の空爆に関しては、爆撃そのものは9月6日にイスラエル空軍の戦闘爆撃機がシリア領空を侵犯した直後に挙行されたもので、シリアはその事実があったことを認めたが、イスラエルと米国はこの事件を公に論議することを避けている。しかし、シリアがその後爆破された現場の残骸をブルドーザーで片付け、この施設の使用目的が暴露されるのを避けているのは歴然としている。
国連の原子力諮問委員会IAEAは、シリアの核開発とイスラエルの空襲を監査するべきかどうか決定するために、これら一連のサテライトイメージを解析中であるが、24日水曜の段階ではシリア側は外相が、この施設が核燃料炉であることを否定している。
d0123476_1443757.jpg
昨年IAEAに燃料炉閉鎖を命じられた北朝鮮のヨンビョン核施設/ネゲブ砂漠にすでに存在するイスラエルの核施設

4. Four F-16 bombers flying from Israel
NBC News has learned that the Israelis used four F-16's in the attack, two acting as fighter bombers, two as jammers. The two bombers dropped six precision-guided thousand-pound bombs on the site. The site was believed to be in the early stages of construction and to not yet have been outfitted. "Dismantling and removing the building at such a rapid pace dramatically complicates any inspection of the facilities and suggests that Syria may be trying to hide what was there," added Albright. "Iraq followed a similar strategy in 1991 after the first Gulf War, though eventually the International Atomic Energy Agency (IAEA) and U.N. inspectors pieced together a full picture of Iraq's activities." Albright said tractors or bulldozers can be seen in the Oct. 24 imagery where the suspected reactor building once stood. Scrape marks can be seen around the razed part of the site as well.
d0123476_1461859.jpg
先月上旬すわ中東核戦争かとメディアが騒然となったイスラエル空軍のシリア領空侵犯爆撃事件はいまだ尾を引く


イスラエル空軍F16の4機編成爆撃チーム
NBCニュースが独自に入手した情報では、イスラエルは本来のターゲットへの爆撃用に2機、万一地上から攻撃を受けた場合の応酬爆撃用に2機という編成で、この奇襲作戦に4機のF-16戦闘爆撃機を使用した。爆撃用の2機が現場地点上空にさしかかった時点で、地上の目標に向かって数千パウンドの超高照準爆弾を6発投下。ターゲットとなった施設は建設計画の初期段階であったと思われるが、両国とも政府からの公式発表は行なわれておらず、いまだに施設の外郭すらおぼろげである。(訳者注:イスラエル側の暴露はナタニエフの非公式発言から)
「それまでそこにあった建物を、これほどまで急速に撤去消滅させてしまったところを見ると、この施設に対して今後予想されるいかなる視察をも、極めて困難にする状況になりました。この事から推して、シリアはそこにあったものをひたすら隠そうとしているのかも知れないと推察できます。湾岸戦争の直後、1991年にイラクが同じような戦略を実行しました。しかしIAEAと国連の視察員は、イラクの取った行動から逆に断片的な証拠をかき集めて、全体像を探り出しました。」
オルブライト氏はこう補足説明した。また氏は、10月24日撮影の最後の写真では、核燃炉と疑惑を持たれた建物がかつて立っていた場所にトラクターとブルドーザーが見られ、撤去した箇所の周囲にはそれらの車輛が運航した跡が同様に観測できるとも説明している。
d0123476_147194.jpg
イスラエル上空を飛ぶ ISAFイスラエル空軍の戦闘ジェットF-16

5. Evidence of underground portion of reactor
"There also appears to be a trench in the Oct. 24, 2007, imagery that is better defined than in the Aug. 10, 2007, imagery," said Albright, a former IAEA inspector in Iraq. "This trench may be more visible as a result of the Syrians’ digging up buried pipelines running from the pump station to the now-gone suspected reactor construction building. Because of a more prominent shadow in the Oct. 24, 2007, imagery, there appears to be evidence of an underground portion of the suspect reactor building."
Asked for a comment on whether its imagery matches Digital Globe's, a spokesman for the Central Intelligence Agency said, "Sorry, we can't help you on that."
d0123476_149111.jpg
中東核戦争のフォーカード:米国ブッシュ/シリアのアサド/イランのアフマディネジャド/イスラエルのオルメルト


疑惑の核燃炉施設、地下燃料パイプ部分の証拠
「2007年10月24日撮影の写真には、塹壕が掘ってあるのが見て取れますが、このイメージは2007年8月10日撮影の映像よりもはっきりしています」IAEAがイラクへ派遣した調査員の一人だったオルブライト氏は、さらに分析を進める。「この塹壕に見える箇所は、多分今は消滅した疑惑の核燃炉の建物へ、取水ポンプ施設から送水するために伸びていた埋設型のパイプラインを、爆撃後にシリアが掘り起こした結果で、そのせいでこの部分がよりはっきりと深い溝のように見えているのでしょう。2007年10月24日の写真ではより鮮明になった影のおかげで、建物自体はなくなっても、核燃炉疑惑の建物に地下の部分があったという証拠が、逆に浮かび上がってきたのです。」

この推論がディジタル・グローブ社の衛星写真の説明としてふさわしいかどうか、CIAの広報官に尋ねてみたところ、彼はこう言って首を振った。「申し訳ありませんが、我々はその件に関してはお役に立てません。」 [了]
d0123476_1493697.jpg
»» 次号「トルコ全軍クルド地区総攻撃・国境地帯に15万人派兵」
【米国時間 2007年10月28日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6466439
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6466439

次号以降予告:トルコ全軍クルド地区総攻撃・国境地帯に15万人派兵/アルメニア人虐殺問題で反目するトルコと米国/ついにミャンマー軍事政権との会談に応じたスーチー女史/イスラエルのオルメルト首相提案:ユダヤとアラブのエルサレム二都物語

__________________________________________________________________
||| 中東核戦争 特集記事 |||
d0123476_8345660.jpg序 章 中東核戦争前夜?急浮上するシリア対イスラエル核紛争
第1章 戦争挑発行為?イスラエル爆撃機のシリア領空侵犯
第2章 シリア対イスラエル 中東核戦争の危機は本物か
第3章 新・ジェリコの闘い イランのミサイル報復作戦
第4章 核のターゲットは駐留米軍 国連とEUの経済制裁
第5章 消された記事『中東代理戦争・シリアvsイスラエル』
第6章 囁かれる中東核戦争
   中東核戦争6.1 ホワイトハウスのウォーゲーム
   中東核戦争6.2 2008年核戦争の冬・チェニーのウォープラン
   中東核戦争6.3 復讐の世紀・中東戦争「核のアルマゲドン」
   中東核戦争6.4 暴かれた大謀略・イスラエルとネオコンの中東核の戦略
第7章 驚愕!原爆搭載機 B-52飛行事件は米空軍内のクーデターか?


__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代 | グローバルウォー | イラク戦争 | テロとスパイ陰謀
中東・権力の迷宮 | ブッシュと米国政治 | プーチンのロシア | サルコジのフランス
欧米の見る日本 | ダイハード中国 | トンデモ北朝鮮 | ビルマの赤い川


いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位です。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュースでベスト10内。応援よろしくお願いします!

by ysbee-2 | 2007-10-28 14:20 | 中東核戦争

覇王プーチンの明日・ロシアの構造改革

f0127501_128435.gif
   ||| プーチンの明日・ロシアの構造改革 |||
d0123476_1641013.jpg

またもやムーンサルト 大統領から首相へドラスティックに権力移行
ロシア経済と民族意識を高揚したプーチンが描く明日のロシア連邦像


2007年10月26日 モスクワ発 |ロシアの政治におけるプーチンの未来に目を転じると、プーチン自身は来春で任期を終えた後は、たとえ首相職に移行しても現大統領職と同等の権力は保持しないと断言している。「もし誰かが、私が大統領職を終了した後の将来をこう予測しているとしよう。例えば、私がロシア連邦政府の他の要職に就いて、大統領の基本的な権力をそっくりそちらへ移す、などという仮定だ。しかし、それはありえないケースである。ロシア連邦における大統領の権限を侵犯するような行為は一切あり得ない。少なくとも、私の目の黒いうちは。」
d0123476_16415752.jpg
モスクワの広場を埋める「プロプーチン」プーチン支持派のデモ Nashiと呼ばれる青年親衛隊も存在する
Putin's Great Future in Politics
How to create, hold, and transfer the world's super power
OCTOBER 26, 2007 EST | Associated Press/Moscow | Translation by ysbee
MOSCOW — Turning to his future in Russian politics, Putin said he would not assume presidential powers if he became prime minister after finishing his term in the spring. "If someone thinks that I intend to move, let's say, into the government of the Russian Federation and transfer the fundamental powers there, that's not the case," Putin said. "There will be no infringement on the powers of the president of the Russian Federation, at least while it depends on me."


__________________________________________________________________
OCTOBER 27, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  Associated Press | Special Report

「覇王プーチンの明日」ロシアの国家構造改革と新ロシア連邦計画
米国時間 2007年10月26日午後8時46分 | AP通信・ロシア支局特別レポート | 『米流時評』ysbee訳


d0123476_1643078.jpg
60年後の大戦戦勝記念日ウィーンの無名戦死の墓に献花/ウラジミール雷帝/スプートニク飛行50周年記念式典


1. Transferring the power to PM
The popular Putin is barred from seeking a third consecutive term in the March 2008 presidential election. But he suggested earlier this month that he could become prime minister after his term ends in May, leading some to speculate that the substantial powers now invested in the presidency might be transferred to the prime minister.
d0123476_1644179.jpg
サンクトペテルブルグにある帝政ロシアの象徴、エカテリナ宮殿/今夏行なわれたイベント「ロシアの日」の大テント


大統領から首相へ実権を移行か
いかに国民からの人気が圧倒的であっても、プーチンは来年3月に行なわれるロシアの次期大統領選で、連続三期目の大統領として立候補する事は法律上禁止されている。しかし、今月初めにプーチン自身がほのめかした仮定だが、来年5月に新しく選出された大統領に引き継いで要職を辞したあとでも、首相になる可能性は残されている。この説が浮上するなり、現在大統領職に統帥されている至高の権限は、プーチンが首相になるに伴って首相職へと移行されるかもしれない、と推測する者も相当数いたのは事実である。
d0123476_16453097.jpg
ロシアの前首相ミハイル・フラドコフ氏とプーチン大統領/閣僚会議でもプーチンが実質的に強大な指導力を発揮

2. Keeping superior authority of Putin
After repeating his insistence that he does not intend to change the constitution in order to run for a third term, Putin said he had not yet decided where and in what capacity he would work as former president. He is expected to remain an influential figure in Russia. Putin will lead the ticket of the dominant United Russia party in December parliamentary elections. An overwhelming victory for the party could turn the legislature into a new power base for Putin and give him a claim to continued authority based on his popularity.
d0123476_16461133.jpg
執権の場と言うよりは皇帝謁見の玉座に近い設定/プーチンの奥方にしては意外に可愛らしいルドミア・プチーナ


絶大な人気を背景に絶対権力創造か
ロシア大統領の三期目まで居座るためにわざわざ憲法を改定するつもりはないと、事ある毎に繰り返し主張してきたプーチンだが、「元大統領」と呼ばれる立場になった場合に、どういう地位にいてどんな役割の可能性があるのかを、まだ決定してはいないとも言っていた。しかし一般的な見方では、プーチンは大統領職を退いても、ロシアの中で影響力のある存在に止まるだろうと期待されている。また12月に行なわれる国会議員選挙では、プーチンは彼の所属するUnited Russia party=統一ロシア党をリードして、同党が議席過半数を占めることも予想されている。彼の率いる党が圧倒的勝利に終われば、そのメンバーで組閣される政府閣僚がプーチンの新しい権力の基盤となって、国民の人気を背景にしながら、彼の権限の延長を認める方向へ動くだろう。
d0123476_16464410.jpg
今夏シベリアを訪問時のプーチン お年寄にも圧倒的人気/ヒトラーユーゲントタイプの青少年の組織作りにも熱心

3. Positive spin on Portugal summit
Putin and EU leaders put a positive spin on Friday's Portugal summit. Many observers had approached the meeting with low expectations, given deepening disputes between Moscow and the 27-nation union over issues such as energy, human rights and the Balkans. Putin, European Commission President Jose Manuel Barroso and other EU officials repeatedly characterized the talks as "open, frank and productive."
d0123476_16482023.jpg
ベリーアクティブなプーチン 自ら最新の爆撃機に乗り込んで飛行/夏の休暇では釣りから乗馬までアウトドアを満喫


ポルトガルサミットでの収穫
金曜のポルトガルサミット最終日に、プーチンとEUの首脳部は、予期しなかったポジティブな展開を示した。出席した多くのオブザーバーは、今回のサミットにそれほど実りある結果が出るとは期待していなかった。それというのも、ロシア政府とEU加盟27カ国との間では、エネルギー問題、人権問題、そしてバルカン紛争と、論争の焦点が山積していたからである。プーチンと、EUのホセ・マヌエル・バロッソ理事長、および他のEU役員は、「今回の会談では、オープンで率直な非常に生産的な話し合いが持てた」と口をそろえて評価した。
d0123476_1649266.jpg
今週 EUサミットのあったポルトガルのソクラテス首相と/ツアー・プーチン/EUのバロソ会長もポルトガル前首相

4. Top issue: Russian energy policy
However, the two sides failed to sign a new cooperation agreement to replace an expiring one, and two minor deals — on drug trafficking and steel exports — were the only concrete results announced. Topping the list of concerns for a growing number of European nations is Russian energy policy — the reliability of supplies and the intentions of state-run oil and gas companies.
d0123476_16501697.jpg
カスピ海東岸のカザクスタンは石油とガスの宝庫 ここからカスピ海パイプラインでロシアがEUに燃料を供給


最大の議題「ロシアの石油とガス」
しかしながら、ロシアとEU諸国の両者とも、もうすぐ期限切れとなる1件の協約を新規に書き換えるのには失敗した。あとふたつの案件、ドラッグの密輸と鉄材の輸出に関するさほど重要ではない案件だが、これが唯一確定した結論を見たと発表された。一方、EU加盟国のメンバー数が増えるにつれ、参加国の懸案リストの最上位を占めるのは、ロシアのエネルギー政策である。ロシアのエネルギー供給への信頼度と、石油とガスの国営企業についてが焦点となった。
d0123476_1651819.jpg
カスピ海西岸アゼルバイジャンの首都バクーは、20世紀初頭に中東に先駆け最初に石油が採掘されたブームの発火点

5. EU's dependency on Russian supply
Russia already provides 30 percent of EU energy imports, including 44 percent of natural gas imports. The state-controlled gas giant OAO Gazprom has recently moved to acquire assets in Europe and strike bilateral deals with some EU countries. That has led the EU to consider new restrictions on non-EU companies owning majority stakes in gas pipelines or electricity power grids without additional agreements — much to the Russians' consternation.
d0123476_1652930.jpg
カスピ海はキャビアをはらむチョウザメだけでなく、石油と天然ガスの宝庫でもある。地政学的観点からこのパイプラインの地図を見れば、なぜ今アゼルバイジャン、グルジア、トルコが国際的に焦点となっているかが一目瞭然、またロシアとイランとの提携にはトルクメニスタンとカザクスタンが必須なのも納得がいく。


ロシアのエネルギー供給に依存するEU
ロシアはすでにEUが輸入するエネルギー資源の30%を供給しており、天然ガスに関してはその44%をロシアからの供給に頼っている。ロシア国営のマンモスガス会社OAO Gazpromは、近年ヨートッパ各地の土地・施設を購入する動きが見られ、EU加盟のうち数カ国とは一対一の直接取引を結ぶ傾向が見られる。こうした動向をふまえて、EUは非加盟国がガスのパイプラインや送電線の大部分を所有する事に対して、新たに協定を結ぶ必要なしに新しい規制を加えることを検討している。その規制対象となる多くが、ロシアの連邦諸国であるのは言うまでもない。
d0123476_1653579.jpg

»» 次号「トルコ陸海空全軍クルド地区総攻撃開始」
【米国時間 2007年10月27日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6460325
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6460325

次号予告:トルコ陸海空全軍クルド地区総攻撃開始/アルメニア人虐殺問題でトルコ、米と決裂/ミャンマー軍事政権に日本もついに経済制裁/イスラエルのオルメルト首相提案:ユダヤとアラブのエルサレム二都物語

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代 | グローバルウォー | イラク戦争 | テロとスパイ陰謀
中東・権力の迷宮 | ブッシュと米国政治 | プーチンのロシア | サルコジのフランス
欧米の見る日本 | ダイハード中国 | トンデモ北朝鮮 | ビルマの赤い川


いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位です。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュースでベスト10内。応援よろしくお願いします!

by ysbee-2 | 2007-10-27 17:06 | プーチンのロシア

覇王プーチン来襲「米の東欧MDで冷戦復活」と警告

f0127501_128435.gif

  ||| プーチン「米の東欧MDで冷戦復活」と警告 |||
d0123476_16221643.jpg
 プーチン EUで「米の東欧MD基地計画は冷戦の危機を復活」と警告
 ブッシュ政権 プーチンの「新キューバ危機」説を ナンセンスと否定


ポルトガル・マフラ発 |26日金曜ロシアのウラジミール・プーチン大統領は「米国が東ヨーロッパに建設を予定している防衛ミサイル施設がもたらす対立は、60年代のキューバミサイル危機と共通する点がある」と警告した。「米国は東欧MD計画で、あの冷戦時代の危機のような脅威をわが国の国境線に持ち込もうとしている。」プーチンは、ポルトガルで開催されていたEU-ロシアサミットの最終日を総括する記者会見で、このように表明した。

Putin: U.S. Shield Plan Creates Cold War Tension
Russian leader compares proposal for Europe to Cuban missile crisis
OCTOBER 26, 2007 EST | Associated Press/MSNBC.com | Translation by ysbee
MAFRA, Portugal — Russian President Vladimir Putin said Friday the proposed U.S. missile defense shield in Eastern Europe has similarities to the Cuban missile crisis of the 1960s. "Such a threat is being set up on our borders," Putin said at a news conference at the conclusion of a European Union-Russian summit meeting in Portugal.

__________________________________________________________________
OCTOBER 26, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

Associated Press | B R E A K I N G

プーチンの来襲「米の東欧MDで冷戦時代の危機復活」と警告
米国時間 2007年10月26日午後8時40分 | AP通信・EUサミット速報 | 『米流時評』ysbee訳


d0123476_162319.jpg
素晴らしく表情の変る希代の皇帝役者ウラジミール・プーチンの3段活用: Putining » Skeputing » Putinistic


1. Friendship with Bush helps ease

At the same time, Putin suggested the tension was much lower that during the Cuban missile crisis because Russian-U.S. relations have moved on since the Cold War, and said he feels the United States is listening to Moscow's concerns about its missile plans. Putin said his relationship with President Bush helps iron out problems in ties with the U.S., calling him a friend.
「ブッシュとの友情でやや緩和」
しかしこの新しい冷戦危機発言と同時に、プーチンは「二国間の緊張は、キューバミサイル危機とは違って、冷戦時代終結以来ロシアと米国の友好関係を育ててきたおかげでかなり和らいだものだが」と言い添えた。また「ロシア政府が米国のミサイル防衛計画に対して非常に危惧していることを、米国はよくわかっていると思う」とも述べ、彼が「我が友」と呼ぶブッシュ大統領との個人的な友情が、米国との友好にひびが入るのを防いだとも表明した。
d0123476_16241196.jpg
7月にドイツで行なわれたG8サミットで仲の良いところを記者団に見せるご両人 ともに任期は来年までだが....

2. State Dept: 'Clear historical differences'

State Department spokesman Sean McCormack disputed the comparison of the missile crisis with the missile defense system, saying, "I don't think they are historically analogous in any way, shape or form." McCormack said there were "clear historical differences between our plans to deploy a defensive missile system designed to protect against the launch of missiles from rogue states, such as Iran, and the offensive nuclear-tipped capability of the missiles that were being installed in Cuba back in the 1960s."
マコーミック「歴史的に全く別者」
プーチンの今回の発言の波紋を受けて、米国国務省のショーン・マコーミック広報官は、東欧MD計画とキューバ危機との比較に対してこう反駁した。「私が思うに、両者は歴史的に見ていかなる見方をしても似ていませんよ。その規模も形態も。」マコーミック氏はこの反論の根拠を、次のように説明した。
「イランのような無頼の国家からミサイルが打ち込まれるのに対抗して、自衛のために設計されたミサイル防衛システムを採用する我々の計画と、60年代にさかのぼって、核弾頭を搭載できる攻撃型ミサイルがキューバに設置された事件とは、両者の間に歴然とした歴史的認識での相違があります。」
d0123476_16245232.jpg
G8サミットでの米・ロシア両国のファーストカップル/国務省のやる気のない広報官ショーン・マコーミック

3. White House: 'sharing thoughts'

White House press secretary Dana Perino noted that Putin also said he believes there's a path where the United States and Russia can work to find a way to get a missile system that works for both countries. "I think if anyone takes a look at his entire comments and looks at them objectively, there's no way you could walk away without thinking that he thinks that we can work together," she said, adding that Bush is convinced that Putin shares the belief that Iran should not be allowed to have a nuclear weapon.
ホワイトハウス「イランの核に対する合意」
ホワイトハウスのダーナ・ペリーノ広報官は、プーチンの「新ミサイル危機」発言に関する記者団の質問に答え、「プーチン自身もまた、米国とロシアの双方にうまく働くようなミサイル防衛システムを共同提案できるような施策の道があるはずだと思う、と言っていたではありませんか」と切り返した。
「どなたでも、まずプーチン大統領の発言全体を通読して、しかも客観的に読めば、彼は『われわれは一緒にやっていける』と思っているという考えにいたらずに、早熟に結論づけることはないでしょう」ペリーノ女史は記者団にこう説明し、さらに「ブッシュ大統領は、『イランには核兵器を持たせるべきではない』という見地では、プーチン大統領と共通していることに納得しました」と補足した。
d0123476_16253064.jpg
手前の米国側:後ろ姿のライス国務長官とゲイツ国防総省長官 対峙するプーチン、外相以下ロシア外交団

4. Radar in Czech, missiles in Poland

The U.S. plan would install a radar base in the Czech Republic and 10 interceptor missiles in Poland — both former Soviet satellites that are now NATO members. It is part of a wider missile shield involving defenses in California and Alaska which the United States says are to defend against any long-range missile attack from countries such as North Korea or Iran. Russia strongly opposes the idea, saying Iran is decades away from developing missile technology that could threaten Europe or North America, and it says the U.S. bases will undermine Russia's own missile deterrent force.
欧州MD: チェコにレーダー、ポーランドにミサイル基地
米国のMD計画は、レーダー基地をチェコ共和国に、10基の迎撃ミサイル発射台をポーランドに敷設するものである。しかも、両国とも旧ソビエト連邦の同盟国だった過去があり、現在では共にNATO北太平洋条約機構の加盟国である。
この計画は北朝鮮やイランからのミサイル攻撃に対応し、いかなる長距離用ミサイルも迎撃できると米国が豪語するカリフォルニアとアラスカにある防衛設備をも含む、広汎なミサイルシールド「ミサイルの楯」の一環である。ロシアはこの計画に強く反対しており「イランがヨーロッパやアメリカを脅かせるような段階までミサイル技術を開発するには、まだあと数十年もかかる。従って米国の東欧MD基地は、ロシア自身のミサイル攻撃力を阻止するものである」とも発言していた。
d0123476_1626278.jpg
ソ連時代には連邦共産圏だったチェコとポーランドも 民主化とEU加盟で今や米国のミサイル防衛計画の一環に

5. Dismisses fears against Russian money

Earlier, Putin tried to assure European leaders that Russian investment was not to be feared. "When we hear in some countries phrases like, 'The Russians are coming with their scary money,' it sounds a bit funny," he said. He said money flowing into Russian government coffers — largely from oil and gas exports — was being used to resolve domestic problems. And he noted that private foreign investors hold large amounts of shares in Gazprom.
ロシアンマネーによる投資への恐怖を払拭
今回の発言に先立って、プーチンは欧州各国の指導者に対して「ロシアの投資は怖れるべきものではない。」と強調した。「『ロシアが恐怖のロシアンマネーをたずさえて来襲』というような文句が、ある国々で交わされるのを聴くと、かなり奇異に感じる」と切り出した。プーチンいわく、「これらの投資基金は、そのほとんどが石油とガスの輸出による歳入であり、ロシアの国内問題を解決するために使われているものである」と説明した。また一方では、外国の投資家グループが「Gazprom=ガズプロム」の株のかなりな部分を買い占めている事実にも、注目するよう促した。
d0123476_1627623.jpg
2000年に就任した頃と比べると、ブッシュもプーチンも老年期に近い しかし雷帝ウラジミールの覇権は続く.....

6. Lisbon meeting with EU president/Portuguese PM

Putin held talks Friday with Barroso and Portuguese Prime Minister Jose Socrates, whose country holds the EU's rotating presidency, at an 18th-century baroque palace in Mafra, a small town about 30 miles north of Lisbon.
EU会長、ポルトガル首相と会談
同じ金曜に、プーチンはリスボンの北30マイルの小都市マフラにある18世紀の宮殿で、前ポルトガル首相で現在EUのバロッソ会長、ポルトガルのホセ・ソクラテス現首相と会談を持った。ちなみに、ポルトガルは現在EU内で持ち回りの大統領職にある。

【米国時間 2007年10月26日 訳『米流時評』ysbee】
d0123476_6414361.jpg
ポルトガルのホセ・ソクラテス首相との前回の会談/クレムリンの大統領執務室で広報のカメラに対応するプーチン

»» 次号「覇王プーチンの明日・ロシア国家体制の構造改革」


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6454316
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6454316

__________________________________________________________________
||| 中東核戦争 特集記事 |||
d0123476_8345660.jpg序 章 中東核戦争前夜?急浮上するシリア対イスラエル核紛争
第1章 戦争挑発行為?イスラエル爆撃機のシリア領空侵犯
第2章 シリア対イスラエル 中東核戦争の危機は本物か
第3章 新・ジェリコの闘い イランのミサイル報復作戦
第4章 核のターゲットは駐留米軍 国連とEUの経済制裁
第5章 消された記事『中東代理戦争・シリアvsイスラエル』
第6章 囁かれる中東核戦争
   中東核戦争6.1 ホワイトハウスのウォーゲーム
   中東核戦争6.2 2008年核戦争の冬・チェニーのウォープラン
   中東核戦争6.3 復讐の世紀・中東戦争「核のアルマゲドン」
   中東核戦争6.4 暴かれた大謀略・イスラエルとネオコンの中東核の戦略
第7章 驚愕!原爆搭載機 B-52飛行事件は米空軍内のクーデターか?


__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代 | グローバルウォー | イラク戦争 | テロとスパイ陰謀 | 中東・権力の迷宮 | ブッシュと米国政治 | プーチンのロシア | サルコジのフランス | 欧米の見る日本 | ダイハード中国 | トンデモ北朝鮮 | ビルマの赤い川


いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位です。みなさまのおかげです!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュースでベスト10内。応援よろしくお願いします!

by ysbee-2 | 2007-10-26 16:44 | 次世代冷戦時代

放火が原因か?FBIがCSI捜査を開始したカリフォルニア広域火災

f0127501_128435.gif
 ||| 放火が原因か? FBIがCSI捜査を開始 |||
d0123476_938837.jpg
カリフォルニアインフェルノ4日目、風力弱まりようやく下火に
放火が原因? FBIがCSI捜査開始 容疑者1名死亡1名取調中


米国時間2007年10月24日 | カリフォルニア州サンディエゴ発 | 『米流時評』ysbee訳
【カリフォルニアインフェルノ第3報】 24日水曜FBIの特捜班は、今回の南カリフォルニア一帯の山火事から広がった壊滅的な広域火災に関して、その一部に「放火=arson」の疑いがあるとして、現場での証拠品収集から捜査を開始したとFBI当局から発表があった。FBIのCSIチームは、4日以上たつ今現在でもいまだに燃え続けている大火の原因を探り出そうと、火災が発生したと思われる現場近辺で物的証拠を収集し、捜査を開始した。捜査の対象は家屋ではなく、またFBI以外の連邦・州・地方自治体の担当者と共同で捜査に当っていると伝えられた。
d0123476_938495.jpg
カリフォルニア南部太平洋岸特有の丘陵地帯 高台の豪邸ゾーンも猛火で灰に帰した 疲労困憊で道路で眠る消防士

FBI Probes Arson as Possible Cause of Wildfires
Calmer winds offer hope to firefighters; damages likely to exceed $1 billion
OCTOBER 24, 2007 EST | NBC News Network | Translation by ysbee
SAN DIEGO, California — Special FBI teams gathered evidence Wednesday as part of an arson investigation into the wildfires devastating Southern California, the agency said. FBI evidence response teams recovered materials they hoped would identify the source of the fires that have burned for four days. FBI said a house was not searched as part of the investigation, and FBI teams have been working with other federal, state and local authorities


__________________________________________________________________
OCTOBER 25, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

M S N B C N E W S | B R E A K I N G

カリフォルニアインフェルノ、放火が原因か?FBIがCSI捜査開始
米国時間 2007年10月24日午後7時20分 | NBCニュース・現地特報 | 『米流時評』ysbee訳


d0123476_9392730.jpg
21日日曜からの強風は最大瞬間風速秒速40メートルを越えた 大型トラックも横転するほどのすさまじい突風


1. Several suspects emerged
TLate Tuesday, police shot and killed a man who fled when officers approached to see if he might be trying to set a fire. San Bernardino police said the man was shot following a chase that ended when the unidentified Arizona man backed his car into a cruiser and an officer opened fire. On Wednesday, a man accused of setting a small brush fire in a rural foothill area of the San Bernardino Mountains was booked for investigation of arson. However, San Bernardino County sheriff’s spokeswoman Cindy Beavers said authorities don’t know if he is connected to any of the region’s wildfires.
d0123476_1714274.jpg
24日にはFBI のCSIチームが不審火とおぼしき疑惑箇所で証拠品を捜索 テレビのCSIチームほどかっこよくはない


不審な容疑者2名浮上
23日火曜の夜遅く、サンバナディーノ警察は放火しようとしていたように見受けられた不審な男を見かけたので、近寄って尋問しようとしたところ、男は車に飛び乗って逃走した直後、クルーザーに衝突したところを警官が発砲し、射殺した。男はアリゾナ州の免許証を所有していた。
また24日水曜には、同じくサンバナディーノ山地の人里離れた丘陵地で、男が灌木に火をつけようとしていたところを森林パトロールに見つかり、放火の疑いで取調中であると、地元警察のシンディ・ビーヴァース広報官から公表された。しかし、警察ではこの男が今回の他の山火事と関連があるかどうかは、まだ不明であると補足した。
d0123476_1723277.jpg
サンディエゴは米国きっての海軍軍港 近くのペンデルトン基地からもナショナルガード=国家警備隊が治安出動

2. $1 billion in damage in San Diego alone
【字数制限のためこの段落の英文省略】
カリフォルニア史上最悪の火災の被害総額は、サンディエゴカウンティだけでも1200億円以上にのぼるものと、24日水曜関係者が発表した。一方現地では4日間続いた未曾有の強風もやや治まり、消防隊がようやく本格的に消火活動を展開する余地が出てきた。今回の火災では24日までの4日間で一般住宅家屋1500戸が焼失、また少なくとも50万人以上が避難した。これはカリフォルニア州始まって以来最大の避難活動である。
d0123476_1754155.jpg
サンディエゴはもっとも被害の大きかった区域 どの家々も暖炉と煙突だけが廃墟に焼け残り、林立する墓標のよう

サンディエゴ市だけでも1200億円の損害
被災地区の中でも被害のもっとも大きかったサンディエゴカウンティでは、現在1200戸が焼失と報告されているが、実態が明らかになるに連れてこの数はすぐに更新されるものと読んでいる。「今からはっきりしていますが、被害総額は10億ドル(約1200億円)以上になるでしょう。」サンディエゴ市庁のロン・レイン非常時対応局長は、取材陣に対する記者発表で被害推計を報告した。(字数制限のため、この段落の英文省略)
d0123476_17715.jpg
「カリフォルニア・アルマゲドン」爆撃後の残骸のようだがイラクではない サンディエゴ郊外高台のお屋敷街

3. Bush signs disaster declaration
The announcement of San Diego’s staggering losses came as President Bush signed a major disaster declaration for California in the wake of the wildfires that have charred about 426,000 acres, or about 665 square miles. The declaration puts in motion long-term federal recovery programs to help state and local governments, families, individuals and certain nonprofit organizations recover. Bush plans to visit the state on Thursday. “Americans all across this land care deeply about them,” the president said after a Cabinet meeting convened to coordinate federal relief efforts. “We’re concerned about their safety. We’re concerned about their property.”
d0123476_1783585.jpg
尾根伝いに火の粉が飛んだため高台の住宅が真っ先にやられた 山手の高級住宅地ランチョ・バーナードの残骸


ブッシュ、連邦指定広域災害区域に認定
サンディエゴ区域の膨大な損害の発表は、ちょうどブッシュ大統領が、今回の山火事災害のためにカリフォルニアに対して「広域災害区域指定」に署名したのと同時で、山火事の方は42万6千エーカー(約17万3千ヘクタール)/約665平方マイル(約1700平方キロメートル)の面積を焼き尽くした。この指定により被災区域では今後長期にわたって、州政府と地方自治体、各世帯、個人、公共団体に対して、連邦政府の災害復旧対策が適用になる。
ブッシュ大統領は25日木曜朝には、カリフォルニア州を慰問に訪れる予定である。「この国のどの地方でも、アメリカ人はみな彼ら被災者を深く気遣っている。われわれは、彼らの身の安全を案ずる。われわれは彼らの資産が無事であるように祈っている。」大統領は、連邦政府の救援活動を編成する閣僚会議の後で、このように感想を述べた。
d0123476_1791812.jpg
カトリナと比べ今回はやけに対応の早かったブッシュ いくら好評でも一応被災地なんだからそんなに笑うとマズイ

4. Santa Ana wind weakened
The fierce Santa Ana wind that has stoked the explosive blazes had started to moderate Wednesday although stiff gusts continued to blow through some canyon areas. Forecasters said the wind eventually would be followed by cooling sea breezes. Wind was reported blowing at a sustained speed of 21 to 36 mph in some areas Wednesday, considerably less than the gusts of up to 100 mph earlier in the week. The shift could allow for a greater aerial assault and help firefighters beat back the most destructive blazes, said Homeland Security Secretary Michael Chertoff.
d0123476_17105047.jpg
サンタイザベラのなだらかな丘陵地も一面猛煙 フォールブルックの市街地へ迫る火の手でフリーウェイもストップ


サンタアナおろしの「風のシフト」
凄まじい猛火をあおったサンタアナ山地から吹き下ろしてくる烈風は、24日水曜午後には治まり始めたが、各地の谷間ではいまだに突風が吹き続けている。気象観測員は、この風は徐々におだやかな涼しい海風に取って代わるものと予報している。水曜の段階では、週明けの風速100マイル/時(毎秒44メートル)の突風には及ばないとは言うものの、風速21〜36マイル/時(毎秒10〜16メートル)の強風がまだあちこちに吹いている。しかしこの「風のシフト」によって、空からの消火活動が格段にやりやすくなり、最悪最強の火災に立ち向かう消防士たちの消火活動を多いに助けている、とホームランド・セキュリティ=国家治安局のマイケル・チャートフ局長は説明した。
d0123476_1712140.jpg
リザヴォワール=貯水池からバケツで水を汲みシャトル飛行する消火用ヘリ 降雨剤を撒いた方が早いと思うのだが

5. NASA Research Center locates hot spots
An unmanned NASA aircraft outfitted with high-tech imaging equipment took off Wednesday from Edwards Air Force Base on Wednesday for a 10-hour flight to help firefighters locate hot spots. Pilots at NASA Dryden Flight Research Center were remotely controlling the aircraft, outfitted with a thermal-infrared imaging system capable of seeing through thick smoke. Crews also were anticipating additional firefighters and equipment from other states, mostly throughout the West.
d0123476_17125847.jpg
23日NASAが発表したサテライト写真 高熱を感知してピンポイントで地上点を計測指定、消防本部へリレー連絡


NASAリサーチセンターで発火地点を発見
また水曜には、超上空からのハイテク地上観測を目的とするNASAの無人観測用航空機がエドワーズ空軍基地から飛び立ち、10時間にわたって地上の高熱地点をピンポントで指摘して、消防隊が事前に消火活動の箇所を見つけるのに非常に役立った。NASAのドライデン・フライトリサーチセンターのパイロットたちは、通常飛行士の肉眼では厚い雲におおわれて見えない箇所でも熱波によって探知できる「サーマル・インフレアド・イメージングシステム=熱感知イメージ認証方式」を搭載した無人航空機を地上から操縦して、発火地点を事前に指摘した。
また地上の消防活動では、カリフォルニア以外の西部全域の他の州からも、消火活動に必要な装備の消防士が応援にやってくることを期待している。
d0123476_17141276.jpg
NASA » 連邦公安局 » 消防本部 » 現場の消防隊 のルートで連絡 正確な発火点へ急行しホットスポットを消火

6. 'Planes can't fly because of winds'
Frustration over the firefighting effort began to emerge Tuesday when a fire official said not enough had been done to protect homes. Orange County Fire Chief Chip Prather told reporters that a quick deployment of aircraft could have corralled a massive blaze near Irvine. But Ruben Grijalva, director of the California Department of Forestry and Fire Protection said that 8 of the state’s 9 water-dumping helicopters were in Southern California by Sunday, when the first fires began, along with 13 air tankers. Grijalva said the fires would have overwhelmed most efforts to fight them. Gov. Arnold Schwarzenegger told, “The fact is, we could have all the planes in the world here — we have 90 aircraft here and six we got especially from the federal government — and they can’t fly because of the wind situation.”
d0123476_17151545.jpg
空一面をおおう猛煙で太陽がさえぎられ昼でも暗くなった空 強風が治まった段階でやっと消火剤を空中散布


90機の飛行機も烈風で飛べず
消火活動をめぐっての不満は、火曜日にある消防署長が「家屋を火から守るには絶対的に人数が足りない」と漏らして以来、争点になっていた。 オレンジカウンティのチップ・プレイザー消防署長は、火曜の記者会見で、初期に発火したアーヴァインの山火事について、もっと早期に飛行機で消火していたら、と記者団に不満をぶちまけた。これに対してカリフォルニア州政府森林防火部のルーベン・グリファルヴァ部長は、州政府所有の9機の消火用ヘリコプターのうち8機は、13機のエアタンカーとともに、火災が始まった日曜の段階ですでに南カリフォルニアに飛んでいたと反論した。グリファルヴァ部長は、今回の火事はいかなる努力を尽くしても追いつかない巨大な猛火だったと述懐した。
またアーノルド・シュワルツェネッガー州知事も、こう反駁する。「実状はこうだ。世界中のすべての飛行機がここに集まっているようなものだった。われわれには連邦政府が提供した6機を含む90機もの飛行機があって、消火活動へ飛び立つのを待機していた。しかし、飛び立つことはできなかった。なぜならあまりにも風が強すぎたからだ。」
d0123476_17163278.jpg
シャトル運航での空からの消火作業 下界のリボン状に見えるのは高速 白い点々が住宅 黒い部分は焼け跡

7. Still standing, or not
【字数制限のためこの段落の英文省略】
24日夜までの報告では、消防士21名と一般市民24名が負傷している。また1名が炎に巻かれて死亡、そのほか5名が焼死ではないが火事がきっかけの死因で死亡と、サンディエゴの検死官から発表された。自治体と警察からの指示で避難命令に従った住民数万人が避難所で夜を明かし、ニュースやネットをチェックしながら、自宅が無事焼け残ったかどうか情報を探り出そうと必死だ。
d0123476_17181828.jpg
南カリフォルニア一帯が4日目の眠れない夜を迎えた 強風で尾根から尾根へと数マイルも火の粉が飛び延焼が続く

マイホームの安否を気遣う避難民
「いつでも自宅に戻る用意はできてます。でも同時にあそこ(高台の住宅地)まで上って行って、結果を見てがっかりしたくない気持ちもあります。」サンディエゴ管轄のラモーナ地区にある自宅がまだそこに立っているかどうかわからないメアリー・ブッシュさん(41)は、その複雑な気持ちをこう説明した。彼女は2日目の月曜以来、同地区の避難センターであるカルコムスタジアムに身を寄せており、11才と8才の息子とともに、夜は自分のSUVの中で寝泊まりする生活を余儀なくされている。[了]
d0123476_1722273.jpg
キャンプペンデルトンで迫る猛煙に立ちすくむ 南カリフォルニアの暗黒の空はアメリカの未来を象徴するようだ

»» 次号「トルコ陸海空全軍クルド地区総攻撃開始」
【米国時間 2007年10月25日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6446804
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6446804

次号予告:トルコ陸海空全軍クルド地区総攻撃開始/アルメニア人虐殺問題でトルコ、米と決裂/ミャンマー軍事政権に日本もついに経済制裁/イスラエルのオルメルト首相提案:ユダヤとアラブのエルサレム二都物語

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代 | グローバルウォー | イラク戦争 | テロとスパイ陰謀
中東・権力の迷宮 | ブッシュと米国政治 | プーチンのロシア | サルコジのフランス
欧米の見る日本 | ダイハード中国 | トンデモ北朝鮮 | ビルマの赤い川


いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位です。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュースでベスト10内。応援よろしくお願いします!

by ysbee-2 | 2007-10-25 09:50 | 大事故・大災害

カリフォルニアインフェルノ被害総額1.2兆円以上

f0127501_128435.gif
  ||| カリフォルニア大火被害1.2兆円以上 |||
d0123476_1292191.jpg
カリフォルニアインフェルノ被害1.2兆円 カトリナ以上の大災害に

米国時間2007年10月23日 | カリフォルニア州サンディエゴ発 | 『米流時評』ysbee訳
【カリフォルニア・インフェルノ第2報】21日日曜に出火したカリフォルニア州南部太平洋岸の山火事は、3日目に入っても衰えを見せず、ほとんどの箇所では手が付けられない勢いである。住民に対する避難命令が、火の手にあわせて町から町へと次々に南下してゆく。消防士たちも、サンタアナおろしの烈風にあおられてますます火勢を増す猛火に、手が施せない窮状である。突風は時には瞬間風速が時速70マイル(秒速約30メートル)というすさまじさだ。(訳者加筆)
d0123476_8333674.jpg
‘We Can’t Stop It’
Officials all but concede defeat to wildfires as estimated 1 million evacuate
OCTOBER 23, 2007 EST | MSNBC News Network | Translation by ysbee
SAN DIEGO, California — Faced with unrelenting winds whipping wildfires into a frenzy across Southern California, firefighters conceded defeat on many fronts Tuesday to an unstoppable force that has chased an estimated 1 million people away. The fires have been made worse by fierce Santa Ana winds. The winds are stronger than normal, turning already parched scrubland into tinder. They generated walls of flame that bore down on housing developments in a wide swath.


__________________________________________________________________
OCTOBER 24, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

M S N B C N E W S | B R E A K I N G

カリフォルニアインフェルノ被害1.2兆円 カトリナ以上の大災害に
米国時間 2007年10月23日午後11時45分 | MSNBCニュース・現地特報 | 『米流時評』ysbee訳


d0123476_12231999.jpg
1. 'The perfect storm for a fire'
Tentacles of unpredictable, shifting flame have burned across nearly 600 square miles — an area larger than New York City — killing one person, destroying more than 1,300 homes and prompting the biggest evacuation in California history, from north of Los Angeles through San Diego to the Mexican border.
Gov. Arnold Schwarzenegger said the flames were threatening 68,000 more homes. “We have had an unfortunate situation that we’ve had three things come together: very dry areas, very hot weather and then a lot of wind,” Schwarzenegger said. “And so this makes the perfect storm for a fire.”

d0123476_8352131.jpg
「山火事にとってはパーフェクトストーム」
猛火の行方を予想できないほど瞬間的に風向きを変えて火の手を延ばす今回の大火災の延焼地は、600平方マイルにも及ぼうとしている。北はロサンゼルスから南はサンディエゴを越えてはるかメキシコとの国境地帯まで、焼失した面積はニューヨーク市全域よりも広大な範囲である。火勢は3日目を過ぎても衰えず、死者1名、焼失家屋1300戸、そしてカリフォルニア州始まって以来の最大の避難民を生み出した。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は、猛火はまだ6万8千戸の住宅を脅かしていると警告した。「われわれは、悪条件がトリプルに重なった非常に運の悪い状況にあった。極端に乾燥した気候、季節外れの高温、そしてものすごい強風。山火事が起きるには「パーフェクトストーム」の完璧な条件がそろっていた。」
d0123476_12125034.jpg
文字通り空を焦がして燃え広がるカリフォルニアインフェルノ 火勢の強さとスピードに住民は逃げるだけで精一杯

2. 1/3 of San Diego County evacuated
At least 346,000 homes — roughly one in three, according to census data — were ordered to evacuate in San Diego County alone, sheriff’s officials said. State officials were still struggling to estimate how many people had fled. San Diego Mayor Jerry Sanders pleaded with residents to stay off cell phones so that emergency crews could do their work. “Please stay at home today if you can,” he added. “Stay off the freeways. Allow our emergency vehicles and people needing to evacuate to move around freely.”
d0123476_1214291.jpg
サンディエゴ住民の1/3に避難命令
サンディエゴカウンティだけでも、少なくとも34万6千世帯に対して避難命令が出された。この数字は最新の戸籍調査を元に試算したもので、およそ3世帯に1戸が避難した計算になるとサンディエゴ地区のシェリフから発表された。カリフォルニア州政府の担当職員は、一体何人の住民が避難したのかという実数を把握するのに、いまだ手こずっている。サンディエゴ市のジェリー・サンダース市長は、救援活動の職員間の連絡を最優先するために、住民に対してなるべく携帯電話を使用しないよう懇願した。「できることなら、今日はなるべく皆さんの自宅にいてください。できるだけ高速を使わないように。非常用の消防車や救急車、また危険な地域の住民が速やかに走れるように、道を空けてあげてください。」
d0123476_8385413.jpg
2年前のハリケーンカトリナの悲劇を繰り返すなという教訓が功を奏して、今回は住民が避難命令にも迅速に対応

3. 10,000 evacuees gather at Stadium
Thousands of residents sought shelter at fairgrounds, schools and community centers. The largest gathering was at Qualcomm Stadium in San Diego, where up to 10,000 evacuees anxiously watched the stadium’s television sets, hoping for a glimpse of their neighborhood on the local news.
d0123476_8443438.jpg
避難民1万人スタジアムに収容
何万人もの住民が安全な場所を求めて、空き地や学校、コミュニティセンターへと避難した。その中でも最大規模の避難場所となったのが、サンディエゴ市内のカルコム・スタジアムである。スタジアムの内部では、1万人以上の避難民が館内備え付けのテレビ画面で流れる時々刻々のローカルニュースを、自宅の近辺の様子が映し出されないかと不安な面持ちで見守っている。
d0123476_6353225.jpg
サンディエゴのカルコムスタジアムが急遽同地区の緊急避難センターに 24日までに避難した住民約1万人を収容

4. 'A mass migration in San Diego County'
Sanders pleaded for donations of blankets, cots, pillows and food for the people staying there, and officials said more people were expected to arrive Tuesday. “It’s basically a mass migration here in San Diego County,” Luis Monteagudo, a spokesman for the county’s emergency effort. In San Diego County, public schools were closed, as were campuses at the University of California, San Diego and San Diego State University.
d0123476_8434494.jpg
「サンディエゴ管区内の民族大移動」
またサンディエゴカウンティのジェリー・サンダース市長は、被災者へ配る毛布や簡易ベッド、枕、食料品などの寄付を市民へ呼びかけ、市長の指揮の元、自治体職員が避難民へ配布している。自治体では、火曜夜までには現時点以上の数の住民が避難してくるものとも想定している。「基本的には、サンディエゴ地区内での一種の民族大移動ですよ」同自治体非常事態チームの広報員であるルイス・モンテアグド氏の感想である。ちなみにサンディエゴ地区では、公立学校は全て休校で、カリフォルニア大学サンディエゴ校と州立サンディエゴ大学も休校となった。
d0123476_8513088.jpg

5. Complaint over the State's response
A dozen firefighters battling blazes in Orange County had to deploy emergency shelters, a last resort when they are surrounded by flames, Orange County Fire Authority Chief Chip Prather said. “They should not have had to do that,” he said, complaining that quicker air support from the state might have snuffed those blazes before they blew up. “If we’d had the resources earlier to take care of those lines with hand crews, we wouldn’t have been in that situation.”
d0123476_852126.jpg
出遅れた?州政府の対策
オレンジカウンティで猛火と闘っていた十数名の消防隊は炎に取巻かれたために、最後の手段として彼ら自身が緊急避難の塹壕を掘ってもぐり、身の安全を図らなければならない羽目に陥った。この報告を発表したオレンジカウンティ消防署のチップ・プレイサー署長は「なにも彼らがそこまでしなくてもよかったはずだ」と州政府の対応の遅さを責める。署長は、山火事がまだ発生直後の段階で消防署側が州政府に要請した消火剤を投下する飛行機を、州側では当初は軽視して、即刻実行しなかった疑いがあると批判している。「もしわれわれの手中にこうした一連の非常手段が任されていたならば、われわれはあそこまで命を賭する必要はなかったはずだ。」 
d0123476_6345138.jpg
カリフォルニア州全域の消防士を動員してもその3倍の箇所で燃え盛る業火に手の施しようがなく3日目を迎えた

6. Firefighters 'we can’t stop it'
Unless the shrieking Santa Ana winds subside, and that’s not expected for at least another day, fire crews say they can do little more than try to wait it out and react — tamping out spot fires and chasing ribbons of airborne embers to keep new fires from flaring. “If it’s this big and blowing with as much wind as it’s got, it’ll go all the way to the ocean before it stops,” said San Diego Fire Capt. Kirk Humphries. “We can save some stuff but we can’t stop it.”
d0123476_8542234.jpg
消防士「火勢が強過ぎて止めようがない」
あと丸一日は続くと予報されているサンタアナおろしの烈風が弱まらない限りは、消防士たちは強風と火勢が弱まるのを待つ以外何も手を打つすべがないと嘆く。飛び火したボヤを消火したり、新しく火のついた箇所が燃え広がらないように、空中から防火剤を散布した帯状の防火ベルト地帯で、延焼を防がれるように確認する以外ないようだ。「もしこの猛烈な風が吹き続けるならば、火の手もこのまま広がり続けて、海岸線に達するまで止まらないでしょう。その中途で何軒かの住宅を延焼から守れるかも知れませんが、火災そのものはあまりにも巨大過ぎて、止めようがありません。」サンディエゴ消防署のカーク・ハンフリーズ署長は、こう嘆息した。
d0123476_12112278.jpg
手の付けられない猛火は折からの強風にあおられて瞬く間に南カリフォルニアの海岸部の山地を4日間延焼

7. 16 firefighters injured at work
More than a dozen wildfires blowing across Southern California since Sunday have also injured more than 40 people, including 16 firefighters. The U.S. Forest Service earlier reported a fire death in Los Angeles County’s Santa Clarita area, but officials said Tuesday that information was erroneous.
Jose Alvarez, a San Diego County public information officer, told NBC News that five people had died from the fires in San Diego County, but only one person died trying to save a home. The other four died during or after being evacuated, he said.
d0123476_14394339.jpg
日曜午後から連続3日間、昼夜ぶっ通しで猛火と闘う消火活動に、疲労困憊して路上で仮眠をとる消防士たち


消防士16名が消火活動中に負傷
日曜以来南カリフォルニア全域で、12カ所以上に野火が広がっており、16人の消防士を含む40名が負傷した。またロサンゼルスカウンティのサンタクラリタ地区で1名が焼死したと、米国森林警備隊から月曜発表されたが、火曜の朝になって誤報である事が明らかになった。サンディエゴカウンティのホセ・アルヴァレス広報官は、NBCニュースの取材に応えて「サンディエゴ広域区内では火災による死者が5名で、そのうちたったひとりだけが自宅を守ろうとして焼死したが、ほかの4名はみな避難後かその最中に別の死因で死亡した」と伝えている。

【米国時間 2007年10月24日 訳『米流時評』ysbee】
d0123476_8552294.jpg
»» 次号「一部の火災原因は放火か?FBIのCSIチーム出動」

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6441246
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6441246

次号以降予告:トルコ陸海空全軍クルド地区総攻撃開始/アルメニア人虐殺問題でトルコ、米と決裂/ミャンマー軍事政権に日本もついに経済制裁/イスラエルのオルメルト首相提案:ユダヤとアラブのエルサレム二都物語

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代 | グローバルウォー | イラク戦争 | テロとスパイ陰謀
中東・権力の迷宮 | ブッシュと米国政治 | プーチンのロシア | サルコジのフランス
欧米の見る日本 | ダイハード中国 | トンデモ北朝鮮 | ビルマの赤い川


いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位です。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュースでベスト10内。応援よろしくお願いします!

by ysbee-2 | 2007-10-24 06:45 | 大事故・大災害

カリフォルニア大火で太平洋岸1/4焼失!100万人避難

f0127501_128435.gif
||| 避難民百万人史上空前のカリフォルニア大火 |||
d0123476_1251275.jpg

LAマリブビーチからサンディエゴまでカリフォルニア沿岸1/4焼失
南カリフォルニア一帯、史上空前の大火3日目 住民100万人が避難


米国時間2007年10月23日 | カリフォルニア州サンディエゴ発 | 『米流時評』ysbee訳
【カリフォルニアインフェルノ第1報】 21日日曜午後、夕カリフォルニア州ロサンゼルスの太平洋岸マリブビーチから出火した山火事は、暴風雨以上の瞬間風速が時速100マイル(秒速44メートル)という空前の烈風にあおられ、瞬く間に太平洋岸の山肌を舐めつくすように広がり、月曜にはオレンジカウンティ、サンディエゴへと燃え広がった。その結果3日目の23日火曜夜になってもまだ各地で燃え続け、カリフォルニア州全海岸部の4分の1を焼失。住民100万人以上が避難するという米国史上始まって以来の、南北戦争時代のアトランタの大火に次ぐ前代未聞の大火災となった。(訳者加筆)
Fire Evacuations Grow as 1,300 Structures Burn
Ferocious winds continue to hamper firefighters; blazes claim 2nd victim
OCTOBER 23, 2007 EST | MSNBC News Network | Translation by ysbee
SAN DIEGO, California — Faced with unrelenting winds whipping wildfires into a frenzy across Southern California, firefighters conceded defeat on many fronts Tuesday to an unstoppable force that has chased an estimated 1 million people away.

__________________________________________________________________
OCTOBER 23, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

M S N B C N E W S | B R E A K I N G

南カリフォルニア一帯史上空前の大火3日目 住民百万人が避難
米国時間 2007年10月23日午後4時6分 | MSNBCニュース・現地特報 | 『米流時評』ysbee訳


d0123476_17285225.jpg
地図の赤い部分が焼失したエリア/観測衛星から撮影したカリフォルニアの上空 強風で白煙がたなびいている

1. Two died, 45 injured including 16 firefighters
The blazes bedeviled firefighters as fires roared from mountain passes to the edges of the state’s celebrated coastline, spreading so quickly that even hotels serving as temporary shelters for evacuees had to be evacuated. Two people have died and 45 people have been injured, including 16 firefighters. By day three, more than a dozen wildfires had burned more than 1,300 homes and businesses and set more than 583 square miles ablaze — an area larger than New York City.
d0123476_17323032.jpg
極度の乾燥と空前の強風で山火事の火の粉が住宅地に飛び火、豪邸がものの10〜20分で焼け落ちる火勢

死者2名・負傷者45名、うち消防士16名
消防士の必死の消火活動にもかかわらず、山火事の火の手は丘陵の尾根から、ハリウッドセレブリティの豪邸が建ち並ぶカリフォルニアの風光明媚な海岸線へと燃え移った。火の勢いがあまりにも早く、一時は避難場所に指定されていたホテルにまで火の手が迫ったため、一旦避難していた住民たちがさらにそこから逃げ出さねばならない有様だった。今回の大火災では、死者2名、負傷者45名を数えたが、この負傷者の中には16名の消防士も含まれている。火曜で3日目を迎え、前部で12カ所以上の大規模な山火事で、1300戸以上の住宅やオフィスが焼失し、583平方マイル(約15万ヘクタール)の土地が焼きつくされた。(範囲にしてニューヨーク市全域の約2倍、首都ワシントンD.C.の約8倍相当)

2. A quarter of California coast ablaze
Fully a quarter of the California coast was ablaze. Flames climbed halfway toward the Nevada line, chewing through chunks of seven counties and devastating numerous communities. This destruction may only be the start for the region. With forecasts calling for hotter temperatures and fierce wind gusts, the flames were proving nearly impossible to fight. Moreover, "dry and windy conditions will continue in southern California through Wednesday," the National Interagency Coordination Center said in its fire forecast.
d0123476_1253669.jpg
カリフォルニア海岸部の1/4が炎上
カリフォルニアの海岸線の、実に4分の1が炎に包まれたことになる。火の手は内陸へも延び、ネヴァダ州との州境まであと半分に迫っており、これまでに7つのカウンティ=郡という広域にわたって燃え続け、多くの市町村を灰塵に帰した。今回の災害は、もしかしたらまだ始まったばかりなのかもしれない。今後気温はますます上がり突風の吹きすさぶ天候が、予報で出されているので、火の手を消し止めるのはほとんど不可能に近い状況が明らかになっている。それにもまして、「今後水曜までずっと、南カリフォルニア地方には乾燥した強風の天候が続くでしょう」と米国統合調整センターでは、今後の火災の予測を踏んでいる。

3. Bush declares 'State of Emergency'
President Bush, who plans to visit the region Thursday, declared a federal emergency for seven counties, a move that will speed disaster-relief efforts, White House press secretary Dana Perino said. "The president wants to travel to California to witness firsthand what the people there are going through with these wildfires," Perino said. "He wants to ensure that the state and local governments are getting what they need from the federal government and he wants to make sure to deliver a message in person to the victims that he has them in his thoughts and prayers."
d0123476_12545765.jpg
高速道路も見る間に火の手に阻まれる 避難途中のトレーラー車も横転大破するほどの風速40メートル以上の烈風

ブッシュ、カ州を非常事態地域に指定
ブッシュ大統領は木曜日に被災地域を訪れる予定であるが、カリフォルニア州の7つのカウンティ=郡を「Federal Emergency=連邦非常事態指定地域」に指定した。この動きは災害救援活動を迅速に行なうためであると、ホワイトハウス広報官ダナ・ペリーノは記者団に発表している。
「直接現地を目の当たりに見て、人々が山火事を通して味わった体験を実感するために、大統領は直接カリフォルニアへ出かけたいと申してます。被災者が連邦政府に何を望んでいるのかを、国と地方自治体とが把握するのを大統領自身の目で直接確かめ、さらに現地の被災者に対して『あなた方のことを常に念頭に置いて善処する』というメッセージを、じかに伝えたいそうです。」ペリーノ広報官は、今回の災害に対するブッシュの意向を以上のように説明した。

4. Thousands of million-dollar homes destroyed
The state's insurance commissioner estimated that the fires have likely caused several hundred million dollars worth of damage to home and business properties. "In South Lake Tahoe, where we just finished working with the victims there over the last several months, you had 254 homes destroyed at a total cost of $150 million," California Insurance Commissioner Steve Poizner said. "Here the damage is much more widespread, more than a thousand homes destroyed so far, plus, you know, scores of businesses." "This is just a terrible disaster; it's going to be one of the worst ever," he said, adding the total destruction would easily be in the hundreds of millions of dollars.
d0123476_1331861.jpg
セレブが軒を並べる高級住宅地で有名なマリブビーチ沿いの住宅平均価格は3億円 火災で軒並み灰塵に帰した

コーストライン数億円の豪邸数千戸焼失
カリフォルニア州の保険監査理事会では、今回の大火災で一般住宅や商用施設がこうむった被害は、多分数億ドル(数百億円)にのぼるものと推算している。「われわれはちょうど過去数ヶ月にわたって、サウス・レイク・タホエで行なってきた別件の被害調査を終了したばかりですが、その結果によると254戸の住宅の火災で総額1.5億ドル(約180億円)に達しています」理事長のスティーブン・ポイズナー氏は、被害額の試算基準をこう説明した。
「今回のカリフォリニア沿岸の被害は、レイク・タホエよりもはるかに広域で、目下のところ数千戸におよんでおり、おまけに、お察しのように相当数の商業施設が含まれていますから、前例をはるかに上回るでしょう。これはまさしく恐怖の大災害そのものです。多分史上最悪の災害のひとつになるのは間違いないです」ポイズナー氏はこう予測を語り、被害総額はゆうに数億ドル(数百億円)に上るものと試算している。

5. 'One of the worst disaster ever'
Three new fires erupted overnight. A fire that struck Ramona, a city outside San Diego, had destroyed 650 structures. Some 200 more buildings burned in a fire just south of Potrero, across from the Mexican city of Tecate. A blaze near Fallbrook, on the eastern edge of Camp Pendleton, wiped out another 500, or three buildings for every one firefighter allocated to it. The entire town of 30,000 was evacuated and another 2,500 homes were threatened there.
d0123476_1257326.jpg
沿岸の丘陵地帯は夏場は乾燥し山火事が頻発するので有名 今回はさらに記録破りの強風という悪条件が重なった

史上最悪の災害のひとつ
22日月曜の夜半から翌23日早朝にかけて、さらに新たに3つの地域で山火事が発生。そのひとつはサンディエゴの近郊都市ラモーナを襲い、一挙に650戸の住宅を焼き尽くした。またメキシコ北端のテケート市と国境を接するポトレノ市の南部では2百数十戸が焼け出され、米軍基地キャンプ・ペンドルトンの東端にあるフォールブルックの近郊でも、500戸以上が焼失した。これはカリフォルニア州の消防士全員が消火活動にあたっても、一人が同時に3戸以上消火に当たらねばならない勘定になる。フォールブルックでは3万人の全市民に避難命令が出され、さらに2500戸以上の住宅に延焼の怖れが出ている。

6. Governor, 'do everything we can help'
In the Santa Clarita and Simi Valley areas, 900 homes were threatened. A third fire near Pauma Valley forced evacuations there. East of Los Angeles, at least 100 homes were destroyed Tuesday in the mountain community of Running Springs. Nearby, a two-front fire destroyed at least 160 homes in the Lake Arrowhead area, the same mountain resort community where hundreds of homes were lost four years earlier. “It’s just sad when you see that,” Gov. Arnold Schwarzenegger said at a news conference after touring the area. “We have to do everything that we can to help these people ... to help them get back on their feet as quickly as possible.”
d0123476_1322132.jpg
カリフォルニア州は普段からボランティア活動が盛ん シュワルツェネッガー州知事も自ら避難所で救援活動

シュワルツェネッガー「被災者救援に最善を尽くす」
州南部のサンタクラリタとスィミバレー一帯では、900戸の住宅が猛火の危機にさらされている。3番目の火の手はポーマバレーに迫っており、全住民が避難を余儀なくされた。ロサンゼルスの東側では、山手のラニングスプリング地区で少なくとも100戸以上が焼失。その近くのレイク・アローヘッド地区でも160戸以上が、二手に分かれた猛火に挟まれて燃え尽きた。この地区は今回に先立つ事4年前に、同じく山火事による大火で数百戸を焼失した地域である。
カリフォルニアのアーノルド・シュワルツェネッガー州知事は、被災地域を空と陸から視察したあとで、詰めかけた報道陣の記者会見で次のように表明した。「現場を見ると心が痛みます。われわれは今回罹災した人々を救援するために、できる限りのことをしなければならない。彼らができるだけ早く元通りの生活をとり戻すのを助けるために。」
d0123476_12185050.jpg
日曜午後から連続3日間、昼夜ぶっ通しで猛火と闘う消火活動に、疲労困憊して路上で仮眠をとる消防士たち

»» 「カリフォルニアインフェルノ」第2報へ続く 
【米国時間 2007年10月23日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6436454
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6436454

次号予告:アルメニア人虐殺問題でトルコ、米と決裂/ミャンマー軍事政権に日本もついに経済制裁/
/イスラエルのオルメルト首相提案:ユダヤとアラブのエルサレム二都物語

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代 | グローバルウォー | イラク戦争 | テロとスパイ陰謀
中東・権力の迷宮 | ブッシュと米国政治 | プーチンのロシア | サルコジのフランス
欧米の見る日本 | ダイハード中国 | トンデモ北朝鮮 | ビルマの赤い川


いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位です。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュースでベスト10内。応援よろしくお願いします!

by ysbee-2 | 2007-10-23 17:25 | 大事故・大災害

クルドPKKの橋梁爆破でトルコ軍12名戦死

f0127501_128435.gif
||| クルドPKKの橋梁爆破でトルコ兵12名戦死 |||
d0123476_10415692.jpg
17日水曜の国会でイラク・クルド地区へのトルコ軍攻撃合法化
PKKに対する実質的宣戦布告以来、トルコ兵に初の戦死者12名


トルコ・シルナック発 |21日日曜早朝、トルコとイラクの国境近辺で、クルド人独立派ゲリラがトルコ政府軍を襲撃、この戦闘で陸軍兵士12名が戦死した。この事件によって、トルコ政府は以前にも増して、イラク国内に基地を張るゲリラに対して、攻撃の手を強めるものと予想されている。クルド出身のイラクのタリバニ大統領は、19日土曜の段階でクルド人ゲリラに対して武器を捨てて国外に退去するよう命じたが、トルコの副首相はこれに対して、もはや言葉だけでは充分ではないと批判し「われわれ(トルコ)は、イラクが、PKK=クルド独立派ゲリラに対して、断固とした軍事的手段をとるように望む」という強硬な声明を出した。
Kurdish Rebels Ambush Iraq Border, Killing 12
Turkey faces increasing pressure to attack; Iraq president orders peace
OCTOBER 21, 2007 EST | Associated Press / MSNBC.com | Translation by ysbee
SIRNAK, Turkey — Kurdish rebels ambushed a military unit near Turkey’s border with Iraq early Sunday, killing 12 soldiers and increasing pressure on the Turkish government to stage attacks against guerrilla camps in Iraq. Iraq’s president, a Kurd, ordered Kurdish guerrillas to lay down their weapons or leave, but Turkey’s deputy prime minister said words were no longer enough: “We are expecting concrete steps from them.”

__________________________________________________________________
OCTOBER 22, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

A s s o c i a t e d P r e s s|BREAKING

PKKイラク国境の橋梁爆破、クルド戦線初のトルコ軍戦死者12名
米国時間 2007年10月21日午後0時1分 | トルコ国境発現地速報/AP通信 | 訳『米流時評』ysbee


d0123476_1059244.jpg
イラク国内のクルド自治区は、米軍侵攻後サダムの迫害がなくなりむしろ安定化したが、トルコ側のクルド地区の独立を標榜するPKKの活動が活発化し、トルコの国境地帯の治安を脅かしてきた。


1. Blewing up bridge with 12-vehicle convoy
The soldiers died when rebels blew up a bridge as a 12-vehicle military convoy was crossing it, less than three miles from the Iraq border, CNN-Turk television said. Deputy Prime Minister Cemil Cicek said the military had circled a group of rebels, killed 23 of them and were shelling their positions. “Our anger, our hatred is great,” Turkish Prime Minister Recep Tayyip Erdogan said on national television. He said the government would take “an approach that is calm, far from agitation and based on common sense.”
d0123476_10595310.jpg
左:トルコ東南部の山岳地帯でクルド独立運動のゲリラ活動を展開する PKK/トルコ政府軍の国境警備隊


12台の装甲車を橋ごと爆破
CNNトルコ支局の報道によると、戦死した兵士たちはイラク国境からわずか3マイルの地点で、12両編成の軍用車を連ねて走行していたが、橋を渡っていた最中にゲリラ部隊が橋ごと爆破したので死亡した、と伝えている。トルコのチェミル・チチェック副首相は、記者会見で戦闘の模様を次のように述べている。「襲撃を受けた軍隊はゲリラグループを包囲して、そのうちの23名を殺した。その後も包囲を続けている」また、トルコのレチェップ・タイップ・エルドガン首相は、国営テレビで「われわれの怒り、われわれの憎しみは大きい。しかし、トルコ政府は常識的立場に立って熟慮し、アジテーションとは距離をおいた手段をとるだろう」と語った。

2. Turkish soldiers captured
A Kurdish rebel group also claimed its guerillas had captured a number of Turkish soldiers hostage. Cicek declined to comment on the claim, saying “the clashes are still underway.” Iraqi President Jalal Talabani urged the separatist Kurdistan Workers’ Party, or PKK, to stop their attacks amid fears an incursion would destabilize the relatively peaceful autonomous Kurdish region in northern Iraq.
d0123476_1823888.jpg
壁にかかる写真とこの下のクルド人女性の持つ旗にあるのはPKKクルド労働党リーダー、アブドゥラ・オカラン党首


戦闘で数人のトルコ兵PKKの捕虜に
また21日の戦闘に際して、クルド人ゲリラグループは、トルコ政府軍兵士数名を捕虜として拉致したと語っている。チチェック副首相は「戦闘はいまだ継続中である」と語り、この件に関するコメントを避けた。一方イラクでは、クルド出身のタラバニ大統領が、「トルコ軍のイラク・クルド地区への侵攻は、今までイラクの中でも比較的平穏を保ってきた北部のクルド自治区を争乱に巻き込む」として、トルコからのクルド人自主独立を標榜するPKKクルド労働党に対して、トルコ軍への攻撃を直ちに止めるよう勧告した。

3. 'Should leave Iraq to Kurdistan'
“But if they insist on the continuation of fighting, they should leave Iraq to Kurdistan, and not create problems here. And they should return to their countries and do there whatever they want,” Talabani said at a joint news conference with Kurdish leader Massoud Barzani.
d0123476_1824080.jpg
トルコとイラクが南北に国境を接する山岳地帯の辺境に住むクルド人:昔から少数民族としてアラブ人からもトルコ人からも疎外された迫害の歴史を持つ。PKKは「トルコ労働党」の頭文字。


タラバニ「イラクからクルディスタンへ去れ」
「しかし、それでも彼らが闘争を続けると主張するならば、この地でこれ以上問題を起こさぬよう彼らはクルディスタンへ去り、イラク政府に保護されているクルド自治区から出ていくべきだ。彼らの土地クルディスタン(トルコ南東部山岳地帯)へ戻って、そこでどうとでもやりたいようにやればよろしい。」状況収拾のため、バグダッドからイラク北部クルド自治区の首都スレーマニヤへ飛んだタラバニ大統領は、自治区の首長マスード・バルザーニ氏との共同会見で、イラク政府側の意見をこう表明した。

4. Pressure on the U.S., Iraq
Turkey has been pressing the U.S. and the Iraqi government to crack down on rebels who have found haven in the remote, mountainous areas of northern Iraq. The United States opposes any unilateral action by Turkey, fearing it could destabilize the most stable part of Iraq. But Cicek rebuffed Talabani’s call. “Statements do not satisfy us, there has been nothing left to say, we are expecting concrete steps from them,” Cicek said. Talabani tempered his strong words, however, acknowledging the difficulties in controlling the rebels who operate from bases in northern Iraq. “The leaders of PKK are not within our reach. They are based in Kurdistan’s rugged mountains and the Turkish army, with all its might, was unable to dislodge or capture them,” Talabani said.
d0123476_18264062.jpg
米国下院外交委員会での「アルメニア人虐殺」の史実承認には、ナショナリストだけでなくトルコへの冒涜行為として国民の大半が憤激。10月半ばには各地で反米の抗議デモが盛り上がった。


トルコ、米国とイラクにプレッシャー
トルコは米国とイラク政府に対して、イラク北部のクルド自治区の辺境の山岳部をゲリラ活動の拠点とするクルド独立派PKKを制圧するように圧力をかけていた。それというのも、米国はイラクの中でももっとも安定した地域であるクルド自治区が紛争に巻き込まれるのを怖れ、トルコによって行なわれるいかなる単独軍事行動にも反対してきたからである。しかしトルコのチチェック副首相は、タラバニ大統領のPKKに対する呼びかけを、にべもなく却下した。「イラクの声明はまったくお話にならない。PKKとは、もはや話し合いの余地はない。われわれが期待しているのは、断固とした行動あるのみだ」チチェック副首相はあらためて、トルコ側の強硬姿勢を明らかにした。

5. PKK based in rugged mountains
Talabani tempered his strong words, however, acknowledging the difficulties in controlling the rebels who operate from bases in northern Iraq. “The leaders of PKK are not within our reach. They are based in Kurdistan’s rugged mountains and the Turkish army, with all its might, was unable to dislodge or capture them,” Talabani said.
d0123476_11351100.jpg
写真左:問題解決のため故郷クルド自治区の首都スレイマニヤに急行したタラバニ首相/右:米国とイラク政府を相手にPKKとの紛争と「アルメニア人虐殺」史実問題で急激に対立を深める最中のトルコ政府を、なぜかシリアのアサド大統領が訪問。アサド(右から二人目)を丁重に扱うエルドガン首相(一番右)の態度に注目。シリア・イラン・ロシア路線への歩み寄りか?


タラバニ「険しい山岳地では侵攻も難航」
トルコ側のこの発言に対してイラクのタラバニ大統領は、イラク北部を拠点として作戦を展開するゲリラを、トルコ国内にとどまって制圧することの難しさをよく知っているので、感情的な応酬は控えた。「PKKのリーダーたちは、われわれの手の届くところにはいない。彼らはトルコ国内のクルディスタン地方の険しい山岳地帯に本拠地のキャンプを張っていて、たとえトルコ陸軍が総力を挙げて闘ったところで、彼らを根絶したり、捕虜にすることすら、きっとままならないでしょう」タラバニ氏は、トルコ軍のPKKへの侵攻の結果を予測してこう語った。

6. Border of Turkey, Iraq, Iran
字数制限のため英文省略
d0123476_1125645.jpg
国境地帯へ向かう軍用トラックに乗ったトルコ陸軍コマンド部隊/小学生の登下校も国境警備のトルコ兵に守られて

トルコ・イラク・イランの接する国境地帯
今回の襲撃事件は、トルコ・イラク・イランの3国が国境を接するトルコ国内ハッカリ地方のダグリカというトルコ人部落の近辺で、トルコ軍によるゲリラ掃討作戦が開始された直後の、21日の真夜中を回った時点で起きた。ハッカリ地方は隣接するシルナック地方の東にあり、PKKとトルコ政府軍との紛争が頻発していたもうひとつの地域である。
「かなりの人数のPKKのゲリラがわが国へ国境を越えて侵犯し、ダグリカの町の近くで、歩兵部隊に向かって三手に分かれた攻撃をかけた。その結果、我が軍の12名の兵士が戦死、16名が負傷した。」軍部からは以上のように発表された。また、当初の攻撃を受けた箇所よりは南の地点で、現時点でもなお戦闘状態が続いている、と補足された。トルコ軍が国境を越えてイラク領土内へ侵入したかどうかに関しては、一切報道されていない。

7. Off-limits area by Turkish military
字数制限のため英文省略
d0123476_1132460.jpg
国境地帯は立入禁止となり戒厳令状態 戦闘用のタンクがそこかしこに、偵察ヘリが上空を飛ぶ完全な戦闘準備態勢

国境付近トルコ軍によって立入禁止
イラク北部PKKのスポークスマン、アブドゥル・ラーマン・アルチャドルチ氏は、ゲリラ側には一人の戦死者もいないと、犠牲者の噂を否定した。この地域へ取材に向かおうとする報道陣の車は、トルコ軍が主要道路に設置した検問所でU-ターンを余儀なくされている。国境に沿った辺境地帯の大部分は、すでにトルコ軍によって立入禁止となっている。
「21日日曜の朝7時頃に、トルコ軍がイラク領土内に15発前後の砲撃を開始した」と、イラク国境警備隊のフセイン・ラシッド中佐が報告している。砲撃はもっぱらアマディヤ市近郊のマティーン山地に集中して打ち込まれた。ラシッド司令官は、昨今の国境付近での緊迫した情勢のために、付近の村落住民はすでに避難したあとだったと伝えている。

8. Turkey expects U.S. taking actiond0123476_1114877.jpg
The Iraqi region of Amadiyah is roughly opposite the Turkish town of Cukurca, in Hakkari province. Rebels are active near Cukurca, about 30 miles from the location where the soldiers died Sunday. On Saturday, Erdogan said Turkey expected the United States to take action against the PKK but would take its own measures if it saw no results in the fight. The U.S. lists the PKK as a terrorist organization and has condemned its attacks in Turkey. However, Washington has called on the Turkish government to work with the Iraqis. Rebels periodically cross the border to stage attacks in their war for autonomy for Turkey’s predominantly Kurdish southeast. More than 30,000 people have died in the conflict that began in 1984.

トルコは古代キリスト教がヨーロッパへと伝播する橋渡しの要衝アナトリアにあった。昔からヨーロッパとアジアの東西文明の、またキリスト教とイスラム教の南北宗教世界の交差点でもある。


トルコは米軍介入でPKK攻撃を期待
翻訳中

【米国時間 2007年10月22日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6428058
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6428058

次号予告:アルメニア人虐殺問題でトルコ、米と決裂/ミャンマー軍事政権に日本もついに経済制裁/
/イスラエルのオルメルト首相提案:ユダヤとアラブのエルサレム二都物語

__________________________________________________________________

いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位です。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュースでベスト10内。応援よろしくお願いします!

__________________________________________________________________
||| 中東核戦争 特集記事 |||
d0123476_8345660.jpg序 章 中東核戦争前夜?急浮上するシリア対イスラエル核紛争
第1章 戦争挑発行為?イスラエル爆撃機のシリア領空侵犯
第2章 シリア対イスラエル 中東核戦争の危機は本物か
第3章 新・ジェリコの闘い イランのミサイル報復作戦
第4章 核のターゲットは駐留米軍 国連とEUの経済制裁
第5章 消された記事『中東代理戦争・シリアvsイスラエル』
第6章 囁かれる中東核戦争
   中東核戦争6.1 ホワイトハウスのウォーゲーム
   中東核戦争6.2 2008年核戦争の冬・チェニーのウォープラン
   中東核戦争6.3 復讐の世紀・中東戦争「核のアルマゲドン」
   中東核戦争6.4 暴かれた大謀略・イスラエルとネオコンの中東核の戦略
第7章 驚愕!原爆搭載機 B-52飛行事件は米空軍内のクーデターか?


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代 | グローバルウォー | イラク戦争 | テロとスパイ陰謀
中東・権力の迷宮 | ブッシュと米国政治 | プーチンのロシア | サルコジのフランス
欧米の見る日本 | ダイハード中国 | トンデモ北朝鮮 | ビルマの赤い川

by ysbee-2 | 2007-10-22 10:48 | ユーラシアの回廊

イラン警告:1分間で1万1千発ミサイル発射可能

f0127501_128435.gif
 ||| イラン、ミサイル1万1千発で反撃と警告 |||
d0123476_8453370.jpg

イラン、ミサイル軍事力で仮想敵国の米国・イスラエルの攻撃に警告
いかなる攻撃を受けても、ミサイル1万1千本を1分以内に発射用意


米国時間 2007年10月19日 | イラン・テヘラン発・AP通信現地速報
20日土曜イラン革命軍の司令官は国営テレビの番組で「いかなる攻撃を受けてもイランはその直後1分以内に、仮想敵国の基地へ向けて1万1千発のミサイルを打ち込む能力がある」と発言した。
Iran Says It Can Fire 11,000 Rockets in a Minute
Warns that 'enemy bases' would be targeted after any possible attack
OCTOBER 20, 2007 EST | Associated Press/BREAKING | Translation by ysbee
TEHRAN, Iran — Iran is capable of firing 11,000 rockets into enemy bases within the first minute after any possible attack, state-run television quoted a top Revolutionary Guards Corps commander as saying Saturday.

__________________________________________________________________
OCTOBER 21, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

A s s o c i a t e d P r e s s|BREAKING

イラン軍事力で威嚇、仮想敵軍へミサイル1万1千本瞬時発射能力
米国時間 2007年10月20日午後8時46分 | テヘラン発現地速報/AP通信 | 訳『米流時評』ysbee


d0123476_847215.jpg

1. Firing ability of 11,000 missiles in a minute
Gen. Mahmoud Chaharbaghi, the missile commander of the Guards, said Iran has identified all enemy positions and was prepared to respond in less than a minute to any possible attack. "Enemy bases and positions have been identified. ... The Guards ground force will fire 11,000 rockets into identified enemy positions within the first minute of any aggression against the Iranian territory," the television quoted Chaharbaghi as saying.
d0123476_8481856.jpg
仮想敵国軍隊に1万1千発のミサイル発射可能
イラン革命政府軍のマムード・チャハルバギ将軍は、エリート精鋭軍Qods=コッズのミサイル担当司令官であるが「イランは敵側の配陣をすべて掴んでおり、いかなる攻撃を受けた場合でも1分以内にただちに反撃する用意はできている」と語ったと伝えられた。「敵陣の各基地と兵器の装備は確認されている..... イラン領土内に対していかなる侵略があったとしても、革命軍の地上部隊はそれから1分以内に、確認されている敵の位置に1万1千発のロケットミサイルを打ち込む事ができる。」イラン国営テレビは、以上の内容をチャハルバギ総司令官の発言として報道した。

2. 245,000 U.S. troops surrounded Iran
Chaharbaghi did not specifically identify the bases or the enemy and did not refer to arch foes Israel or the United States by name. But the U.S. has 40,000 troops on various U.S. bases in other Persian Gulf countries and 20,000 in Mideast waters. Another 160,000 U.S. troops are in neighboring Iraq and about 25,000 are in another one of Iran's neighbors, Afghanistan.
d0123476_8485879.jpg
中東・アフガン一帯に24万5千名の米軍配備
チャハルバギ総司令官は、敵陣とはどの国のどの基地を具体的に指すのかは特定しなかった。またイランの仮想敵国がイスラエルなのか米国なのかも名指ししなかった。しかし、米国はペルシャ湾一帯の国家に敷設してある米軍基地各所に4万名の陸軍を、また中東地域の海上に2万名の海軍を常時配備している。そのほかに、16万名の米国連合軍(陸軍・海兵隊・国家治安部隊)をイランの西隣のイラクに、また2万5千名をイランの東隣のアフガニスタンに配備している。

3. Iran's rockets cover the entire region
Iran's semiofficial Fars news agency also quoted Chaharbaghi as saying that Iran's radar-avoiding rockets cover the entire Persian Gulf and the entire Iran-Iraq border. Both on state-run TV and in Fars, he only used the word rocket, not missile. A rocket is normally an unguided weapon whereas missiles usually have guidance systems. Chaharbaghi was quoted by Fars as saying that rockets with a range of 250 kilometers 155 miles will be delivered to the Guards ground force soon. He didn't elaborate.
d0123476_8493033.jpg
中東全域をカバーするイランのミサイル攻撃能力
イランの半国営新聞FARSニュースの報道によると、チャハルバギ司令官は「西側のレーダーに感知されない仕様を施したイランのロケット(ミサイル)の射程距離は、ペルシャ湾一帯からイラン・イラク国境地帯にいたる一円をカバーしている」と語ったと伝えている。国営テレビの放送内容とFARS紙の記事内容の両方とも、通常は「ミサイル」と表現される部分を、司令官は「ロケット」という言葉だけを用いていた。一般的用法としては「ミサイル」が誘導装置のついた兵器を意味し、「ロケット」は誘導装置のない兵器を指す。FARS紙の報道によれば、司令官の説明では、射程距離250キロのそれらのロケット(ミサイル)は、イラン革命政府軍地上部隊の各基地へまもなく配送される予定である。それ以上の詳細は発表されなかった。

4. Alarming over the possibility of war
Iran has periodically raised alarms over the possibility of war, particularly when the West brings up talk of sanctions over Tehran's rejection of a U.N. Security Council demand that it halt uranium enrichment. Tensions are high between Washington and Tehran over U.S. accusations that Iran is secretly trying to develop nuclear weapons and helping Shiite militias in Iraq that target U.S. troops. Iran denies the claims. Washington has said it is addressing the Iran situation diplomatically, rather than militarily, but U.S. officials also say that all options are open.
d0123476_850873.jpg
核問題紛糾で戦争の可能性を警告
イランはこれまでにもたびたび、戦争の可能性について警告を発してきた経緯がある。特に、ウラン濃縮工程を廃絶せよという国連安保理の要請を、イラン政府が無視する事で繰り返される、経済制裁加圧の議案を西側が提出するたびに、常に中東戦争の危機が語られる状況を作ってきた。
特に、米国は「イランがイラクの駐留米軍をターゲットとするシーア派軍団に対して、武器を供与したり、内密裡に核兵器開発を進めている」と非難している件の真偽をめぐって、米国政府とイラン政府の間の緊張はこれまでにないほど高まっている。しかし米国の糾弾する内容を、イラン側ではすべて否定している。米国政府はイランとの関係を、軍事的手段ではなく外交的方策を用いて解決しようとしているが、政府高官が明らかにしている状況では、その一方で対応策として全ての手段を用意している(all options are open=軍事手段もあり)とも述べている。

5. Contingency plans to bomb Israel
Last month, a top Iranian air force general said Iran has drawn up contingency plans to bomb Israel should the Jewish state attack Iran. He made the comments days after French Foreign Minister Bernard Kouchner said that the international community should prepare for the possibility of war in the event Iran obtains atomic weapons, although he later stressed the focus is still on diplomatic pressures.
d0123476_8503614.jpg
イスラエルに対する仮想空爆プラン
先月の段階でイラン空軍の一司令官は、「万一イスラエルがどうしてもイランを攻撃するべきだと決定した場合には、前もってイスラエルを空爆する仮想の攻撃計画が、イラン軍にはすでにできあがっている」と明らかにした。この発言は、フランスのベルナール・クーシュネル外相の国際的発言を受けて立ったもので、「国際社会は、イランが核兵器を入手すれば戦争になりかねないという可能性に、充分に対処する用意を心がけるべきだ」というクーシュネル発言の翌日に、対抗する意見として報道陣に漏らされた内容であった。もっともクーシュネル外相は、その後すぐに「焦点はいまだ外交手段にある」と強調して、発言内容を緩和した。

6. Iran denounces Bush's WWIII warning
Iran on Thursday denounced a warning by U.S. President George W. Bush that the Iran's nuclear activities could lead to World War III, saying the statement was warlike rhetoric geared at diverting U.S. attention from White House failures in Iraq. The White House said Bush was simply making "a rhetorical point" when he suggested that if Iran could make nuclear weapons, it could lead to World War III.
d0123476_8515192.jpg
ブッシュの「第三次世界大戦」発言を非難
イランは18日木曜、前日米国のブッシュ大統領が発した「イランの核開発の動きは、第三次世界大戦へと導くおそれがある」という警告に反論して「ブッシュの宣言は、イラク戦争でのホワイトハウスの失敗から米国民の目をそらせようとする意図でもたらされた、挑戦的な詭弁にほかならない」と決めつけた。これに対しホワイトハウス側では、ブッシュ大統領は「イランが核兵器を製造できるようになれば第三次世界大戦へと導く可能性がある」という言葉通りを意図したものであり、「論旨」を明確にするために端的に表現しただけだと応戦した。

7. Qods warns U.S. base as targets
Another top Iranian Revolutionary Guards commander warned last month that U.S. bases around Iran would be legitimate targets. "Today, the United States is within Iran's sight and all around our country, but it doesn't mean we have been encircled. They are encircled themselves and are within our range," Gen. Mohammed Hasan Kousehchi told IRNA in September.
d0123476_8522745.jpg
「ミサイル攻撃目標は中東の米軍基地」
イラン革命政府軍精鋭部隊コッズのもうひとりの司令官は、すでに先月の段階で「イラン周辺諸国の駐留米軍基地は、すべてイランの仮想敵としてのターゲットである」と警告を発している。
「今日米国はイランの視野内にあって、わが国周辺の諸国に駐留している。このことは、わが国が米軍に包囲されたということではない。むしろ逆に彼らはイラクやアフガニスタンでは、叛徒という敵にとり巻かれて点在しており、全ての米軍基地がわが国のミサイルの射程距離内にある」モハンメド・コウセヘチ司令官は、9月の段階で国営放送IRNAを通じてこう威嚇的発言を行なった。

8. Showing off its military might
字数制限いっぱいのため、この段落の英文原文を省略します。
d0123476_6282119.jpg
卓越した軍事力を誇示
イランは先月の革命記念日に、魚雷、無人スパイ偵察機、そしてイラン国産の新型爆撃戦闘機にいたるまでパレードに参加して、その軍事力を披露した。近年イランでは、国産のシャハブ3型ミサイルを改良し、射程距離を半径約2000キロ(1250マイル)まで延ばし、その結果イスラエルまで攻撃可能な範囲となり、しかも核弾頭搭載が可能となった。
しかし、これに対する米国側の受け止め方として、先月米軍の中東地区最高司令官である海軍のウィリアム・ファーロン提督は、イランは自ら鼓吹するほどの強力な軍事力はまだ備わっていない、と見る見解を示してこう述懐した。「イランは、国家として実質的にはまだそれほど強力ではないと思う。軍事的な面で観ても、あるいは経済的、政治的な面でも、恐るに足らない。」

【米国時間 2007年10月21日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6420742
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6420742

次号予告:アルメニア人虐殺問題でトルコ、米と決裂/ミャンマー軍事政権に日本もついに経済制裁/
/イスラエルのオルメルト首相提案:ユダヤとアラブのエルサレム二都物語

__________________________________________________________________
||| 中東核戦争 特集記事 |||
d0123476_8345660.jpg序 章 中東核戦争前夜?急浮上するシリア対イスラエル核紛争
第1章 戦争挑発行為?イスラエル爆撃機のシリア領空侵犯
第2章 シリア対イスラエル 中東核戦争の危機は本物か
第3章 新・ジェリコの闘い イランのミサイル報復作戦
第4章 核のターゲットは駐留米軍 国連とEUの経済制裁
第5章 消された記事『中東代理戦争・シリアvsイスラエル』
第6章 囁かれる中東核戦争
   中東核戦争6.1 ホワイトハウスのウォーゲーム
   中東核戦争6.2 2008年核戦争の冬・チェニーのウォープラン
   中東核戦争6.3 復讐の世紀・中東戦争「核のアルマゲドン」
   中東核戦争6.4 暴かれた大謀略・イスラエルとネオコンの中東核の戦略
第7章 驚愕!原爆搭載機 B-52飛行事件は米空軍内のクーデターか?

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代 | グローバルウォー | イラク戦争 | テロとスパイ陰謀
中東・権力の迷宮 | ブッシュと米国政治 | プーチンのロシア | サルコジのフランス
欧米の見る日本 | ダイハード中国 | トンデモ北朝鮮 | ビルマの赤い川


いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村では国際政治部門でただ今2位です。
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュースでベスト10内。応援よろしくお願いします!

by ysbee-2 | 2007-10-21 09:04 | 中東核戦争
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー