米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

アナポリス体制の継続・どうなる?中東和平会議の行方

f0127501_128435.gif
   ||| アナポリス中東和平会議の行方 |||
d0123476_1875465.jpg

パレスチナ・中東問題解決への一歩 ブッシュ政権最終章を飾れるか

メリーランド州アナポリスで国際外交の有志を集めて開催された中東和平会議の席上で、米国のブッシュ大統領は27日火曜の開幕の挨拶で「イスラエルとパレスチナ両国が会議の実現に向けて貢献したおかげである」と両陣営の努力に対して公式に謝意を表した。
前号「アナポリスの神託・中東和平会議の結論」からの続き】
d0123476_1882761.jpg
Predicted Problems After Annapolis Peace Talks
Mideast Peace Conference holds the sign of many difficult roads ahead
NOVEMBER 28, 2007 EST | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
WASHINGTON — The United States pledged Tuesday at an international peace conference on the Mideast held in Annapolis, Md., to hold both sides to account if they do not carry out obligations.

__________________________________________________________________
NOVEMBER 30, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

 Associated Press | WASHINGTON

アナポリス体制の継続・どうなる中東和平会議の行方
米国時間 2007年11月28日 午後7時12分 | ワシントン発・AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_1893650.jpg
1. Bush's pledge to devote his term
"I pledge to devote my effort during my time as president to do all I can to help you achieve this ambitious goal," Bush told Abbas and Olmert as the three stood together in the U.S. Naval Academy's majestic Memorial Hall. "I give you my personal commitment to support your work with the resources and resolve of the American government."
ブッシュ「残りの在任期間を中東和平に捧げる」
「この中東和平という大いなる目標を達成できるように、私に残された在任期間をすべて、その協力に全力を尽くすことに捧げます」アナポリス会議の会場、米海軍アカデミーの壮麗なメモリアルホールで、ブッシュはアッバースとオルメルトに向かって、自らの和平に賭ける覚悟をこう伝えた。「あなたがたの試みがうまくいくように、米国政府からできる限りの物質的精神的援助を提供して支援するように、私個人の覚悟を賭けましょう」
d0123476_1810162.jpg
「史上最悪の大統領」の汚名を返上しようと任期の最終章に中東和平の実現を画策するジョージ・W・ブッシュ

2. 'Memory of failures weighs heavy upon us'

The two Mideast leaders were circumspect but optimistic. "I had many good reasons not to come here," Olmert told diplomats, including those from Arab states that do not recognize Israel like Saudi Arabia and Syria. "Memory of failures in the near and distant past weighs heavy upon us."
オルメルト「過去の失敗は記憶の重荷」
中東で対立してきたイスラエルとパレスチナ両国の指導者は、用心深くしかしその反面楽観的に、今回の会議に臨んだようだ。「私には、ここへ出席しないでおこうと思えばそうできる理由が沢山ありました。」オルメルト首相は、イスラエルに対してサウジアラビアやシリアとは対極の見方をするアラブ諸国からも集まった外交使節を前に、こう切り出した。「昔から今日に至るまで、和平を試みて失敗した経験が、われわれの記憶には呵責として立ちはだかっています。」
d0123476_18104718.jpg
和平協定の条件、左岸のキブツ入植者撤退の最中にシャーロン首相が急死 後を継いだオルメルトも来年で任期切れ

3. Abbas 'joint interest for us and you'

Abbas, meanwhile, recited a familiar list of Palestinian demands, including calls for Israel to end the expansion of Jewish settlements on land that could be part of an eventual state called Palestine and to release some of the thousands of Palestinian prisoners in Israeli jails. "Neither we nor you must beg for peace from the other," Abbas said. "It is a joint interest for us and you. Peace and freedom is a right for us, just as peace and security is a right for you and us."
アッバース「三国共通の恩恵」
一方アッバース大統領は、パレスチナ人おなじみの要望のリストを読み連ねた。その中にはもちろん、左岸パレスチナ臨時政権の領土内のユダヤ人入植部落の拡張に終止符を打つようにイスラエルに呼びかけることや、イスラエルの監獄に留置されている4千人以上と言われるパレスチナ人捕虜の解放なども、当然含まれている。
「我が国も貴国も、相手にだけ平和を要求しなくてもよい。それはどの国にとっても共通の恩恵となり得る。ちょうど平和と安寧を求めるのが万人の権利であるのと同じように、平和と自由を求める行動は、われわれが生来持つ権利である。」パレスチナ左岸代表アッバース氏はこう声明で明らかにした。
d0123476_18112856.jpg
エジプトと並ぶ親米アラブ国家ヨルダンのアブドゥラ国王 (右) と会話を交わすパレスチナ左岸代表アッバース

4. Pledge to hold both sides accountable

The United States has pledged to hold both sides to account if they do not carry out obligations under the peace talks. Bush has held Mideast peacemaking at arms' length for most of his nearly seven years in office, arguing that conditions in Israel and the Palestinian territories were not right for a more energetic role.
米国「平和はお互いの責任」
米国は、平和会議の名の下に両国が何の拘束条件をも持ち出さなければ、両方の立場を尊重して任せることを誓った。ブッシュはこれまでの7年間に近い在任期間中、イスラエルとパレスチナの領土問題における現況について討議するのは(テロ戦争の指導者という)よりエネルギッシュな役割と比べると、自分にはふさわしくないという判断を下してきた。従って中東平和に関してはそのほとんどの期間を、何度かそれに近い位置まで行くチャンスがあっても、平和使節の役割をあえて敬遠してきたようである。
d0123476_1812478.jpg
たった2日間の和平会議でだったが錚々たる外交のベテランが顔をそろえ、出だしとしては成功した中東和平会議

5. Bush's answer to criticism

Arab allies, among others, have warned that the Palestinian plight underlies other conflicts and feeds grievances across the Middle East, and have urged the White House to do more. Bush seemed to answer the criticism Tuesday, giving detailed reasons why the time is now. He said Israeli and Palestinian leaders are ready to make peace, that there is a wider and unifying fight against extremism fed by the Palestinian conflict and that he world understands the urgency of acting now.
会議批判者へのブッシュの反応
他の国家の仲でもとりわけアラブの盟友は、パレスチナの危機は他の国家同士の紛争を招き、中東全域に不穏の種をまくものとして、警告を発してきた。火曜の段階で、ブッシュはこうしたパレスチナ問題への批判に対して、なぜ今がその潮時なのかを詳しく説明することによって、回答を用意できたように見える。
ブッシュいわく、イスラエルとパレスチナのリーダーは、平和を築く用意ができたのだと説明する。その時点にいたるまでには「パレスチナ紛争によって増殖した感のあるイスラム強硬派と、彼らに対する広汎な統一戦線(テロ戦争)が存在するので、現時点で緊急に平和的解決の手段をとるべきだと世界が認識している」とも語った。
d0123476_18125512.jpg
イスラエルのエフド・バラク元首相 クリントン時代にPLOアラファト代表との和平会談が失敗した苦い経験を持つ

6. 'Something positive on the horizon'

Later, in an interview with The Associated Press, Bush spoke of the importance of giving beleaguered Palestinians something positive to look forward to—and he sketched a grim alternative. Without a hopeful vision, he said, "it is conceivable that we could lose an entire generation—or a lot of a generation—to radicals and extremists. There has to be something more positive. And that is on the horizon today."
「ポジティブな兆候に望みを託す」
その後のAP通信のインタビューにおいて、仲間として組めるパレスチナ人に対して、将来に希望が持てるような何かを与えることの重要性を、ブッシュは力説した。さらには、そうしなかった場合の不気味な未来の構図も描いてみせた。彼は逆説でこう説明する。
「将来への希望を持てるビジョンが存在しなければ、われわれは一世代まるまる失うことになるだろう。あるいは下手をすれば幾世代も、過激派や強硬派の軍団に彼らを奪われてしまう。だから、彼らよりもずっとポジティブな何ものかを与えなくてはいけない。そしてその希望が、今日水平線から昇りつつある。」
d0123476_181343100.jpg
イスラエルのオルメルト首相とホワイトハウスで歓談するブッシュ お互いユダヤ人同士で国家的にも支援しあう仲

7. Second, third conference ahead

Negotiating teams will hold their first session in the region in just two weeks, on Dec. 12, and Olmert and Abbas plan to continue one-on-one discussions they began earlier this year. In addition, many of the same nations and organizations attending Tuesday's conference will gather again on Dec. 17 in Paris to raise money for the perpetually cash-strapped Palestinians.
2週間内に第2・第3の会議を予定
翻訳中
d0123476_18151469.jpg
開催前夜の招待ディナーで初めて同席したイスラエルのオルメルト首相(左)とパレスチナ左岸代表アッバース(右)

8. Israel faces other disputes

To attract Arab backing, the Bush administration included a session in the conference devoted to "comprehensive" peace questions — a coded reference to other Arab disputes with Israel. Syria came to the conference intending to raise its claim to the strategic Golan Heights, seized by Israel in 1967, and Lebanon wanted to talk about its border dispute with Israel.
シリア問題を抱えるイスラエル
翻訳中
d0123476_18143446.jpg
シリアとの国境地帯ゴラン高原には、9月のシリア核施設空爆前後からイスラエル軍が常駐待機して有事に備えている

9. Sign of the difficult road ahead

Rice told reporters that Syria and Lebanon spoke up, but she gave no details. But in a sign of the difficult road ahead, Abbas' speech was immediately rejected by Hamas, the militant Palestinian faction that stormed to power in the Gaza Strip in June, a month before Bush announced plans for the peace conference.
ともに国内に和平への難問が控える両国
翻訳中
【米国時間 2007年11月30日『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_18162924.jpg
グリーンの旗はガザ地区のパレスチナを席巻するイスラム軍団ハマスのシンボル 今回の会議にはこぞって反対

»» 次号 緊急時事「米国の見る日中首脳会談・福田政権の対中友好のリスク」へ

d0123476_1023580.jpg
d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6661826
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6661826

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースで3位に入りました!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今18位。がんばらなくては!
d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-30 18:24 | 中東のパワーラビリンス

アナポリスの神託・中東和平会議の出した結論

f0127501_128435.gif
   ||| アナポリス中東和平会議の結論 |||
d0123476_6392498.jpg
アナポリス中東和平会議が採択したイスラエル・パレスチナ共同宣言

米国時間 2007年11月28日 | ワシントン発/AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳
アナポリスサミットが開催された翌28日水曜朝、ブッシュ大統領はイスラエル・パレスチナ両国の元首とともに再び公式の舞台に姿を現し、長年滞っていた中東和平会談を再開する同意に漕ぎ着けてから、わずか24時間後に長年の懸案だった和平交渉が再開できたことを誇らしげに宣言した。
前号「アナポリスの謀略・元NATO総帥を中東特使に指名」からの続き】

d0123476_6401886.jpg
What is the Outcome of the Annapolis Summit
U.S. pledged 'road map' peace plan on Middle East after conference
NOVEMBER 28, 2007 EST | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
WASHINGTON — Earlier Wednesday — just 24 hours after securing an agreement to resume long-stalled Mideast peace talks — President Bush met again with Israeli and Palestinian leaders to ceremonially inaugurate the negotiations.

__________________________________________________________________
NOVEMBER 29, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

 Associated Press | WASHINGTON

中東和平会議が採択したイスラエル・パレスチナ共同宣言
米国時間 2007年11月28日 午後4時00分 | ワシントン発・AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_64144.jpg
1. Agreement 'a hopeful beginning'
After meeting individually with Palestinian President Mahmoud Abbas and Israeli Prime Minister Ehud Olmert, the three men appeared briefly together in the White House Rose Garden, where Bush called Tuesday's agreement "a hopeful beginning."
「共同宣言は中東の新しい時代の始まり」
ブッシュ大統領は、パレスチナのマフムード・アッバース大統領とイスラエルのエフド・オルメルト首相とそれぞれ個別に会談した後で、2日目の舞台をホワイトハウスのローズガーデンへと移して再び三者そろって記者団の前へ顔を見せ、前日火曜に成立した和平会談への承認を「希望の持てるスタート」と評価する声明を発表した。
d0123476_6425321.jpg
中東関連各国から外交使節50名が参集したアナポリス平和会議 開幕のハイライトはイスラエルとパレスチナの握手

2. 'Yesterday is not important as tomorrow'
"One thing I have assured both gentlemen is that the United States will be actively engaged in the process," Bush said. "We will use our power to help you as you come up with the necessary decisions to lay out a Palestinian state that will live side-by-side in peace with Israel." "No matter how important yesterday was, it's not nearly as important as tomorrow and the days beyond," he added.
ブッシュ「過去より明日が大事」
「私が両国の紳士に再確認したのは、米国は今後も中東の和平交渉において積極的にかかわっていくことになるだろう、ということである」とブッシュは念を押した。「パレスチナ人の国家がイスラエルと平和的に共存していけるような状況を作り出す上で、必要な決断がなされる場合には、我が国はそのパワー(軍事力)を行使するのにやぶさかではない。……たとえ過去の歴史がいかに大事であっても、明日からその先へと続く未来に比べたら、それほど重要なことではない。」
d0123476_6432349.jpg
アナポリス共同声明に対して「アッバースはパレスチナ代表ではなく無効」の声明書に署名するガザのパレスチナ議員

3. No handshakes in the Rose Garden
Bush said, "I appreciate your courage and leadership." But unlike their three-way handshake on Tuesday, the leaders did not shake hands in the Rose Garden. "It's an honor to call you friends. And it's an honor to have watched you yesterday as you laid out your respective visions for something we all want, which is peace in the holy land." The three then went back into the White House to formally begin the talks.
終幕の舞台はホワイトハウス・ローズガーデン
「私は両者の勇気とリーダーシップに心から感謝したい」とブッシュは表明したが、前日火曜の舞台上で見せたような三者そろっての握手は、今回のローズガーデンでの記者発表では行なわれなかった。「両者を友と呼べることを名誉に思います。そして昨日両者から公表された宣言『聖なる土地に平和をもたらす』という、われわれが全員待ち望んでいたご高見を提示されたことは、尊敬にたえません」ブッシュの平和会議の締めの言葉の後、三者は改めてホワイトハウスの中へ戻って、会談を再開した模様である。
d0123476_6435127.jpg
ホワイトハウス中庭のローズ・ガーデンで会議の終幕となる記者会見を行なうオルメルト、ブッシュ、アッバース

4. Rice, 'they are now ready to go'
After meeting their own low expectations for the Annapolis conference amid intense skepticism, Bush administration officials crowed with delight on Wednesday. "What has been remarkable about this process is that they are now ready to go," Rice told ABC during a round of TV interviews Wednesday morning in which she praised unprecedented support for the peace process from Arab states. "It's going to be hard, but you had support in that room that you had not had from Arab states in the past," Rice said on NBC.
ライス長官「両国とも和平交渉に対応」
今回のアナポリス中東和平会議に対しては、各方面から成功を疑問視されており、ブッシュ政権自体も開会前はそれほど成果を期待していなかったのが事実だが、終盤の水曜の時点では政府関係者は会議の順調な成り行きに喜びを隠しきれない様子であった。
「今回の会議を運営するにあたって目覚ましい特徴は、今や全員が(平和実現に対して)その気であるということです。」ライス長官は水曜朝、ABCテレビのモーニングショーのインタビューで、アラブ諸国からも和平交渉への支持を受けるというかつてない快挙を賞賛した。またNBCテレビの朝の番組Today Showのインタビューではこう語っている。
「和平交渉は、今後難航することもあるでしょう。でもこれまで過去においてはありえなかった、アラブ諸国も(米国の提案した和平会議に)参加して会議の開催を支持してくれたのですから。」
d0123476_6444355.jpg
ホワイトハウスの Oval Roomを訪れたイスラエル側のキーパースンでパレスチナ外交担当のサエブ・エレカット

5. Continuous pact talk with biweekly meetings
After inaugurating the negotiations at the White House, the two sides have agreed to continue with a meeting in the region on Dec. 12, Rice said Tuesday. Bush, along with Rice, had earlier salvaged a "joint understanding" between the Israelis and Palestinians, who had remained far apart on the details of the statement until the last minute.
今後も隔週で両国間の和平会談を継続
ホワイトハウスで和平交渉再開を公式発表した後、イスラエル・パレスチナ両国は12月12日に中東で次回の会談を継続して持つことに合意したと、ライス長官から火曜発表された。ライスの発表に加えてブッシュ大統領もまた、イスラエルとパレスチナの間では会議の始まる直前まで、共同宣言の細部に関してかなりの相違があったとはいうものの、早くも「相互理解」を復活できたと評価している。
d0123476_6451696.jpg
「パレスチナ人の笑顔」という稀な状況 イスラエルの捕虜だった彼らの息子が恩赦で釈放されるという朗報のため

6. Bush appreciated for both efforts for pact
Bush said in the Rose Garden, "I appreciate the commitment of these leaders, working hard to achieve peace. I wouldn't be standing here if I didn't believe that peace was possible, and they wouldn't be here either if they didn't think peace was possible."
ブッシュ、両陣営の会議実現努力に感謝
ローズガーデンでの記者発表では、ブッシュはこう評価していた。「私は、両国の指導者が平和を実現するために邁進したその尽力に感謝したい。もし平和は実現可能だと信じなかったら、私は今日ここにこうして皆さんの前に立つ事もなかったでしょう。同様に、彼らも平和の実現を信じたからこそ、ここにこうして並んでいるのです。」
d0123476_645495.jpg
アナポリスサミットには国際外交の重鎮も出席 首相退職後は英国の中東特使ブレアとバン・キムン国連事務総長

7. 'Beginning ... not the end'
But with prodding from the American side, Olmert and Abbas — troubled leaders with fragile mandates for peace — told international backers and skeptical Arab neighbors they are ready for hard bargaining toward an independent Palestinian state in the 14 months Bush has left in office. "This is the beginning of the process, not the end of it," Bush said after reading from the just-completed text the statement that took weeks to negotiate and yet sets only the vaguest terms for the talks to come.
「和平への道は始まったばかり」
しかし米国側から指摘されているのは、これまで和平協定をまともに守ってこなかった問題の多い指導者であるオルメルトとアッバースには、和平計画の筋書き通りならばブッシュが大統領職を去ってから14カ月以内に、パレスチナを独立国家として承認する難題が控えているということである。
「今回は和平交渉の始まりであって、結論ではない。」
ブッシュは、担当秘書が直前まで練り直していた原稿をこう読み上げたが、この最終宣言にいたるまででさえ内容の確認に何週間もかかり、おまけに今後の会談から予想される結論もあいまいな語句で表現せざるをえなかったことも事実である。
d0123476_6462143.jpg
イスラエルの首都テルアビブの広場を埋めたユダヤ人右派のデモ隊 パレスチナとの和平に反対し徹底抗戦を訴える

»» 次号 「アナポリスの予兆・和平会議後の中東世界」に続く
【米国時間 2007年11月29日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6659654
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6659654

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースで3位に入りました!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今18位。がんばらなくては!
d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-29 12:15 | 中東のパワーラビリンス

アナポリスの謀略・中東特使に元NATO総帥抜擢

f0127501_128435.gif
 ||| 中東特使に元NATO統合司令官を指名 |||
d0123476_1444364.jpg

アナポリス中東和平会議の最中も、イスラエルが連日ガザ地区を空爆
共同宣言採択で得意満面ライス長官、中東特使に元NATO総帥を使命


d0123476_18552829.gif「平和会議の真のターゲットはイラン」 米国、イスラエル、そしてサウジアラビア。シリアをおびき寄せたこの3国が一体次に何を企んでいるのか?それはイラン攻撃しかないように私には思える……平和会議と称してイランを孤立化させ米英の石油利権の優位を確保するための、NATO拡張会議に過ぎないのではないか?

d0123476_137868.jpgつい昨日27日に、今回のアナポリス中東和平会議に対するブッシュ政権の本当の思惑を、こう書いたばかりだった。「NATO拡張会議」とは、いくら戦争屋ブッシュ政権に対してもちょっと言い過ぎかなと思っていたら、眉につけた唾の乾く間もなく今日28日午後になって、私の推測を100%裏付けるニュースがあがってきた。しかも、待ってましたと言わんばかりのライス長官の間髪を入れぬタイミングで。

記事を読み進むにつれ、やはり私の目に狂いはなかったと思わされた。つまり今回の会議の究極の目的は、NATO戦略と密着した外交政策、即ち「中東に対する新しい軍事戦略」なのである。
イラク戦争で疲弊し国際世論が厳しい米軍を直接配備するのではなく今後継続して開かれる和平会議で採択されるだろう(まだ誰も口にしていないが)NATO軍とイスラエル軍の「中東共同治安維持軍」を、「中東和平」の名目で創設し維持するという想定。

d0123476_6414449.jpgその総帥として元NATO軍総司令官だった米軍の退役将軍を差し向ける、というシナリオである。多分、Middle East Peace Forceとか、Mideast Peace Corpとでも名付けるのだろう。またもやBig Bold Lie。和平会議という名の元に堂々と開かれた中東戦略会議。いかに軍事音痴でもここまで明からさまにガザとイランへの侵略準備態勢を示されては、それ以外考えられないではないか。
折しも和平会議の会期中でも、イスラエルはガザ地区のパレスチナに対して空爆を続けていた。オルメルトの本意もまた明からさまである。イラク戦争の泥沼で一度は反古になったネオコンの「中東ニューワールド構想」のロードマップが、ネオポリスの新しい託宣を得て復活したようだ。以下はその内幕。NATOの鎧が「和平会議」という僧衣の下からあらわになった記事である。  
【米国時間 2007年11月28日『米流時評』ysbee 記】

右上:米国東海岸のチェサピーク湾に面した歴史ある軍港アナポリスで開催された中東和平会議 その焦点はイスラエルとパレスチナの和平協定 いうなればアラブとユダヤの4千年の確執の解決を試みようという大それた施策である
右下:ブッシュをはさんで会場のアナポリス海軍大学キャンパスを闊歩するオルメルト首相と左岸のアッバース代表

__________________________________________________________________
NOVEMBER 28, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

  Associated Press | WASHINGTON

ライス国務長官、中東特別大使に元NATO統合司令官を使命
米国時間 2007年11月28日 午後4時00分 | ワシントン発・AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_1383870.jpg
Rice Taps Ex-NATO Official as Mideast Envoy
Commander chosen following U.S.-hosted Israeli-Palestinian peace talks
NOVEMBER 28, 2007 EST | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
WASHINGTON — Secretary of State Condoleezza Rice tapped a former NATO commander on Wednesday to serve as a special envoy for Middle East security, moving quickly to maintain momentum coming out of this week's international conference that launched new Israeli-Palestinian peace talks.

アナポリスサミットの好機に乗じた動き
28日水曜、米国国務省のコンドリーザ・ライス長官は、前NATO総司令官を中東の防衛体制を統括する特別大使として任命した。この指名は、イスラエル・パレスチナ間の新しい和平への話し合いがスタートした、今週のアナポリス中東和平会議から導き出された中東状況へ割り込む好機を逃さない、米国の素早い対応として注目される。
d0123476_14444980.jpg
米国の歴史よりも古い300年の伝統を誇るアナポリス海軍アカデミー パパブッシュは海軍出で縁が深い

2. Retired Marine Corps general Jones

She said James Jones, a retired Marine Corps general, was "the person we need to take up this vital mission." "I believe we need an experienced leader who can address the regional security challenges comprehensively and at the highest levels and who can provide the full support of our government to the partners as they work to meet their responsibilities," Rice said.
中東特使に元NATO総帥
ライス長官は今回の米海兵隊の退役将軍ジェームズ・ジョーンズの人選について「この重要な使命を遂行するためにわれわれが必要とする人物である」と評価した。「中東の防衛について、総括的にしかも高度なレベルで統率できる経験ある指導者。米国政府が中東での我が国のパートナーに対して、彼らの防衛責任が全うできるように万全の支援体制を指揮するリーダーシップをとれる人物。われわれは中東においては、彼のような存在を必要としていたと認識しています。」ライスはジョーンズ元司令官の抜擢をこう説明した。
d0123476_14523075.jpg
米海兵隊退役将軍でNATO連合軍統合本部長を務めた国際感覚のある軍人ジェームズ・ジョーンズ元統合司令官

3. Envoy to monitor interaction between forces

Jones, standing at Rice's side for the announcement in the State Department's historic Treaty Room, said he looked forward to returning to the region as a special envoy for Middle East security. "I look forward to doing whatever I can to assist," Jones said. State Department spokesman Sean McCormack said earlier that the job involves monitoring the development of Palestinian security services.
中東の防衛体制を監督する特別大使
ワシントンの国務省の中でも由緒ある「Treaty Room=協定の間」で、ライス長官の傍らに立って紹介を受けたジョーンズ氏は、中東特使としてこの地域に再赴任するにあたっての抱負を、次のように述べた。「お役に立つ事であれば何でもする所存です。」
国務省のショーン・マコーミック広報官は、この記者発表に先立って「中東特使の職務には、パレスチナ地区の防衛体制の開発を監督することも含まれる」と紹介していた。
d0123476_13105477.jpg
中東和平会議開催地として白羽の矢の立った300年の歴史を持つ米国海軍の軍港メリーランド州アナポリスの街並み

4. Compromises from both sides

The recently revived U.S.-backed "road map" peace plan quickly foundered after it was presented in 2003. The reason of quick reverse is because the Palestinians did not rein in militant groups and Israel did not freeze all construction in West Bank settlements, as it had pledged to do.
イスラエル・パレスチナ両国の違約に終わった過去
近年復活した「中東ニューワールドへのロードマップ」を基盤に米国が提案した和平案は、2003年に中東関連各国に提示された直後に轟沈した。当時の和平案が即刻没になった理由は、パレスチナでは国内のゲリラ軍団の蜂起を抑えきれず、またイスラエルではパレスチナ左岸入植地区の建設作業凍結が完結しなかったという実態に終わり、両国が和平提案で合意した条件が実現にいたらなかったためである。
d0123476_13131897.jpg
普段は閑静な港町のアナポリスも、今回のサミットに際しては一般住宅街まで爆発物探索の警察犬がくまなくチェック

5. The reason of casting Jones

Bringing Jones, the retired NATO general with expertise of international coordination, in to closely follow the process is designed to assure that the newly resumed peace talks don't languish because promises are broken.
過去の失敗を克服する強気の人選
元NATO統合軍司令官として国際間の軍事協力体制のエキスパートであるジョーンズ退役将軍を、中東和平への道のりの要員として組み入れた事実は、「過去の協定を守れなかった事実が今回新たに復活提案された和平会議に水を差すものではない」という米国側の強気の姿勢を裏付けるように、あえて意図されたように解釈できる。
d0123476_13135374.jpg
会場周辺のチェサピーク湾にも、水中に爆発物がしかけられていないかチェックするフロッグメン部隊が出動

6. Security coordination between U.S., Israel, Palestine

One focus would be how those forces interact with neighboring security services, including Israeli authorities. He said the special envoy would work closely with the U.S. security coordinator for the Palestinians, Lt. Gen. Keith Dayton, who has been working in the region for two years and will remain in his post.
米・イスラエル・パレスチナ各軍の統合監理
この役職のひとつの焦点は、イスラエル防衛軍も含めたパレスチナ周辺国家の軍隊が、各自の防衛体制の間でどのように連携できるかという点である。この点についてジョーンズ氏は、パレスチナ担当の米軍の防衛指導官キース・デイトン司令官と綿密に連携をとって、特使としての職務を果たしたいと述べた。デイトン司令官は、パレスチナを主眼とする中東地区で2年以上職務についており、今後も同じポストを継続する予定である。
d0123476_820267.jpg
今年夏のガザ紛争で、パレスチナは西欧寄りの左岸アッバース政権とイラン寄りのガザ・ハマス政権に完全に分裂

7. Current career of Mr. Jones

Jones, who ended his 40-year career in the Marines last February, will remain in his current job as president of the U.S. Chamber of Commerce's Institute for Energy. Last summer he headed a congressionally chartered panel that studied the readiness of Iraq's army and police.
ジョーンズ氏の退役後のキャリア
ジョーンズ退役将校は、昨年2月に海兵隊での40年の経歴を終えて退職し、現在は米国商工会議所本部のエネルギー研究機関の会長を務めており、この職は今後も兼任する予定である。また昨年の夏には、下院が提唱した「イラクの自衛軍と警察組織の準備態勢研究会」において、各部門別パネラーの統合役として、会を主導した経歴を持つ。
d0123476_1374119.jpg
【米国時間 2007年11月28日 訳『米流時評』ysbee】
d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6655229
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6655229

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースで3位に入りました!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今18位。がんばらなくては!

d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  |  欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 大事故・大災害  | 世界不思議探検
グローバルビジネス | アップル vs MS  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-28 13:36 | 中東のパワーラビリンス

アナポリスの奇跡!中東平和会議は陰謀か?

f0127501_128435.gif
 ||| アナポリスの奇跡?中東平和会議陰謀論 |||
d0123476_1628561.jpg

パレスチナ問題世紀の解決なるか?アナポリス中東平和会議への疑惑

d0123476_18552829.gif何が奇跡かって?それはですね、「中東」と「平和」がひとつのセンテンスに納まる事がまず不可能ということですね。それを米海軍の由緒ある軍港アナポリスで開催、というのが手術台の上の蝙蝠傘とミシンです。しかもそれを呼びかけたのがブッシュ政権だというのが、今までの外交感覚からしてまずありえない設定です。
d0123476_16293233.jpg
プロデューサー・ライス
さらにこの会議の前宣伝として、プロデューサー役の国務省とコンドリーザ・ライス長官が大々的にうたっていたのが「イスラエルとパレスチナの和平協定への第一歩」。聖書よりもはるかに旧いアラブとユダヤの闘争が、ここへきて大団円を迎えたら、マホメッドもキリストも兜を脱ぎます。おまけにとどめを刺すかのように、最後の土壇場で参加の手を上げたのが、なんとシ・リ・ア! 
イランのアフマディネジャドが「アサドよ、おまえもかーっ!」と絶叫しているのが聞こえます。
d0123476_8395265.jpg
国防総省タカ派から国務省ハト派へのパワー変換
中東関係の要人が一堂に会した今回のアナポリスサミットが、もし本気で「中東の平和」のための布石として大時代な和平への円卓会議を主唱したのなら、私も9/11以来の7年間の「戦争屋ブッシュ」への怨念を反古にしてもいいでしょう。もしかしたらある時点で、彼を牛耳っていた副大統領チェニーからの乳離れができて、ネオコンタカ派がつくったペンタゴン運営の保育器から這い出して、国務省ハト派のライスの乳母車に乗り換えたのかも知れない。
d0123476_12515147.jpg
助け舟はパパブッシュ
ブッシュにその方向を示したのはもちろんパパブッシュであり、DCパワーとして後押ししたのは、ラムズフェルドとすげ替えられたロバート・ゲイツ国防長官を筆頭とする、父親が大統領だった時代の側近の面々。再来年1月に次期大統領へ国政のバトンを渡す前に、非難ごうごうの国際世論を少しでも挽回して「米国史上最悪の大統領」の悪名を返上しなくては、という思惑なのでしょう。もちろん、共和党の大統領選に対する選挙対策の要素もあります。
d0123476_16301498.jpg
戦争屋ブッシュの最終楽章
もし本当に中東の平和が実現すれば、ブッシュはホモサピエンスをとばして突如救世主に進化し、共和党への支持が20%以上は失地回復できるでしょうから。ただし、レーガンもクリントンも2期目の最後の年に、同じように中東に平和をと試みて、共に見事に失敗しています。
とにもかくにも本当に中東平和を模索するなら、核開発で一番問題になっているイランと、単独でも話し合いを始めるのが最短の道のはずです。東アジアで北朝鮮に対して行なったヒル次官の外交政策を、イランに該当してもいいのでは?なにしろアフマディネジャドは昨年来、米国との直接の話し合いを何度も打診してきていたのですから。
d0123476_16311273.jpg
エルサレム二都物語
さはさりながら、これまでの彼らのやり方を知っているだけに、やはりこのあとに何が控えているか先が読めてしまうのが辛い。まずはオルメルト首相のイスラエルとアッバース大統領のハーフ・パレスチナがしゃんしゃんと手を打って和平協定……までは、アッバース政権がガザから遁走した時点でできあがっていた筋書きでしょう。なにしろ先月半ばにオルメルトが「エルサレムをパレスチナと二分してもいい」という驚愕の「二都物語」を提案したあたりから、これは非常にクサイ成り行きだぞ、と警戒していたら、今回の中東平和会議ではそれを凌駕する「アラブとユダヤの合同結婚式」的な、文字通り外交舞台での大芝居になりました。
d0123476_16313638.jpg
アッバースの「似非パレスチナ」とハマス
問題はその先です。今後最終的に予定される「イスラエル・パレスチナ共同宣言」あるいは奇跡的にうまくいけば「恒久的平和協定」の締結。たとえ漕ぎ着けても、多分ガザで困窮の極地にあるハマスが、この協定はアッバースの「似非パレスチナ」が了解した契約だから無効である、とごねるでしょう。アッバース政権は、ガザから遁走した先の左岸で、パレスチナ代表権を「西側諸国だけ」から取り付けた欧米傀儡政権にすぎないのは現実だから、そう指摘されても仕方がない。
そうなると、ハマスに肩入れするお隣レバノンのヒズボラも黙ってはいない。ナスララがガザの真性パレスチナであるハマスへの支援を、イランに仰ぐ事態になる。レバノンも現在戒厳令下の政治危機にあるので、一触即発の好戦的な雰囲気が、ガザ・イスラエル・レバノンと中東の地中海沿岸一帯に、引火性ガスのように充満しているのが現状。
d0123476_1630454.jpg
キャスティングカード・シリア
もし局面がそのように展開すれば、極めて微妙で影響力の大きいのがシリアの出方です。これまでは、シリアは中東ではイランの弟分だったので、欧米諸国とイランが対立する時点では当然ながらアサド政権は、いつもイランの背後でバックアップ役として立ち回っていた。しかし、そのシリアが今回のアナポリスサミットに参加したということは、ここにいたってシリア自身がとんでもない番狂わせのジョーカーに変身したことになります。いえ、イランに対しては裏切りの変節です。
d0123476_8423688.jpg
会議の黒幕はサウジ?
いったい全体米国がどういう条件をつけてシリアを釣ったのか。(9月の核施設爆撃問題が絡んでいるかも)単にオブザーバーという名目であってもやはり出席する事自体が会議の存在を承認した事実になるので、当初から招待リストから外されたイランとしてはシリアの参加は面白くないこと甚だしいはず。どうも、シリアの前に会議へ参加の手を挙げた「サウジアラビア」が、私は今回の黒幕というか、第2の石油戦争前哨戦の胴元のような気がしてなりません。米国、イスラエル、そしてサウジアラビア。シリアをおびき寄せたこの3国が、いったい次に何を企んでいるのか?
d0123476_16322267.jpg
平和会議の真のターゲットはイラン
それは「イラン攻撃」しかないように私には思えるのです。平和会議と称してイランを孤立化させ、米英の石油利権の優位を確保するための、NATO拡張会議に過ぎないのではないか?
7年間ブッシュ政権に騙され続けた経験から、現時点ではそんなふうにしか受け止められません。しかし、もし万がひとつにでも、本気で平和のための石を積む行為なのだったら……その時こそマジでこのタイトルを捧げましょう。
「アナポリスの奇跡!中東平和会議はブッシュの最初にして最後の、唯一成功した施策だった。」
d0123476_8431597.jpg
とてもまともに受けとれない嘘寒い共同声明を長々と聞いたため、鼻白みの極地でわが老竹の心もひん曲がってしまったようです。戯文にて誠に失礼をつかまつります。(次回は真面目)

【米国時間 2007年11月27日 『米流時評』ysbee 記】
»» 次号から「アナポリスの奇跡・中東平和会議」前後編連載  d0123476_1023580.jpg

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6644685
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6644685

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースで4位です。もうひと息でベスト3!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11位。応援よろしくお願いします!

d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  |  欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 大事故・大災害  | 世界不思議探検
グローバルビジネス | アップル vs MS  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-27 16:40 | 中東のパワーラビリンス

乗り越えられるか・ハリリ暗殺以来の国家危機

f0127501_128435.gif
 ||| レバノン政府軍の大役・国家危機克服 |||
d0123476_10592744.jpg
大統領おき逃げ戒厳令の国家非常事態を中立保持の政府軍が治安制圧

米国時間 2007年11月26日 | ベイルート発/AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳
前号「レバノン戒厳令2・権力の空白地帯」からの続き:
ラフード大統領は2期9年にわたる在任期間中、一貫して強硬なシリア派の立場を通したが、23日で任期を完了し退陣した。彼の政権の座からの退出は、国会の多数議席を占める反シリア派にとっては、首相職と同時に大統領職も反シリア派で固めたいという、長年の政局のゴールに一歩近づいた段階を迎えたわけである。反シリア親欧米派を率いるシニオラ首相の政権は、この空白の大統領の座も与党選出候補で埋め、最終的に「シリアのレバノン支配」に対してピリオドを打とうと画策している。
Lebanon PM Tries to Calm Presidentless Nation
Army leaders say they will stay out of politics, keep streets secure
NOVEMBER 25, 2007 EST | Associated Press — LEBANON | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — The departure of Lahoud, a staunch ally of Syria during his nine years in office, was a long-sought goal of the government installed by parliament’s anti-Syria majority. The government has been trying to put one of its own in the post and seal the end of Syrian dominance of Lebanon.

__________________________________________________________________
NOVEMBER 26, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_197311.gif

 A s s o c i a t e d P r e s s | L E B A N O N

05年ハリリ暗殺以来の国家危機に一大局面 反シリアが覇権か
米国時間 2007年11月25日 午後7時37分 | ベイルート発・AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_1113895.jpg
6. Both sides are locked in
Opposition Christian politician Michel Aoun warned against the cabinet taking over the role of the presidency. The fight has put Lebanon into dangerous and unknown territory. Both sides are locked in bitter recriminations, accusing the other of breaking the constitution, and they are nowhere near a compromise candidate.
こう着状態の親米派・シリア派の対立
野党側のキリスト教政党代表ミシェル・アウン氏は、シニオラ内閣が(国民や議会の認証も得ずに)大統領職を兼任するのは違憲行為であると非難する声明を発表した。こうした与野党の激しい対立抗争によって、レバノンの政局はきわめて危険な未知の領域に突入したように見える。両サイドから相手側のとった措置(ラフードの戒厳令、シニオラの大統領職兼任)を違法行為であると糾弾する、険悪なこう着状態が続いている。この状態では、大統領候補者に関して意見の一致をみることは一朝一夕にはなさそうである。
d0123476_1122177.jpg
野党サイドのキリスト教政党代表ミシェル・アウン氏 シニオラ内閣が大統領職を兼任するのは憲法違反だと非難

7. National crisis after Hariri assassination
International pressure and mass protests after the assassination of former Prime Minister Rafik Hariri forced Syria to withdraw its troops from Lebanon in 2005 after 29 years. Many in Lebanon blamed Syria for Hariri’s killing but Syria denied it.
05年ハリリ元首相暗殺以来危機の続くレバノン
2005年に国民的英雄と敬愛されたラフィク・ハリリ元首相暗殺された直後、事件の背後で動いたと見られるシリアに対して国際的非難が集中し、数十万人規模の国民的抗議デモが首都ベイルートで繰り広げられた結果、シリアは最終的にそれまでの29年間の政治的軍事的介入に終止符を打って、レバノン領土内から軍隊を撤退した。レバノン人の多くはいまだに、シリアがハリリ暗殺の黒幕だと非難するが、シリア側はこの見方を真っ向から否定している。
d0123476_1125992.jpg
昨年11月に車を運転中にスナイパーの狙撃で暗殺された若手の工業相ピエール・ゲマイエル氏。右の写真中央はその父親。一番右あごひげの男性は一昨年車輛爆破テロで暗殺されたハリリ元首相の息子で将来を期待されるハリリJr.
レバノンではここ2年間で十数人もの閣僚や有力政治家がテロに倒れている「Assassins' Kingdom=暗殺の王国」でもある。犯人はシリアの諜報から送られたと推測されているが、不明のままお蔵入りになるケースが多い。


8. Army has kept nation together
On Saturday, army chief of staff Maj. Gen. Shawki al-Masri visited the Presidential Guards at Baabda Palace near Beirut and said the army command will strengthen security measures when needed as it “did in the past years.” The army will face a tough challenge maintaining the peace in the coming days and weeks amid the sectarian-charged atmosphere and persistent reports of proliferation of small arms among individuals and political parties.
戒厳令の軍隊出動で治安は一応安定
戒厳令施行翌日の24日土曜の段階では、レバノン政府軍の総司令官であるシャウキ・アルマスリ将軍自ら、ベイルート近郊のバアブダ地区にある大統領官邸を訪れ「軍隊の命令下で過去数年間実施してきたように、必要とあれば警戒態勢をさらに強化して時局に対応するつもりだ」と戒厳令下での軍部の態勢を明確にした。体制・反体制(親米対親シリア)の対立抗争で、この先数日か数週間か先の読めない時局にあって、国家の治安を維持するという難題に軍隊が直面することが予測されるため、警備にあたる軍隊は、個人や政党の如何を問わず小ぜり合いや銃の所持などを徹底的に取り締まる方針を継続すると伝えている。
d0123476_1134298.jpg
与野党の拮抗対立で大統領が決まらず、権力の空白状態が出現 こういう局面に軍部指導者は中立を保って治安を確保

9. United army surviving a series of crisis
So far, the 56,000-member military has successfully kept this tiny, fractious country together, surviving one crisis after another since the February 2005 assassination of Hariri. In the past two years, the army has emerged as a neutral force, protecting and separating pro- and anti-Syrian groups and maintaining order during angry protests and funerals.
国家危機の克服に5万6千の軍隊が一役
一応現在までのところ、5万6千名のレバノン軍を総動員して戒厳令の厳戒態勢にあたっているため、2005年2月のハリリ暗殺事件以来、この紛争の絶えない中東の小国に次々と継起した国家的危機も何とか乗り越え、市民戦争の分裂も見ずにサバイバルしてきた経過がある。
過去2年間のレバノンの「国土全域での治安維持」という難局で、シリアシンパと反シリア派との正面衝突を避け、暗殺に対して怒りを爆発させた数十万の抗議デモや、葬儀に参列した数万の群衆を「威圧ではなく保護する立場」で暴動を起こさせずに鎮圧する実績を重ねてきた結果、レバノン政府軍は中立公正な立場を貫く実質的勢力として一目おかれるようになってきた。
d0123476_1142721.jpg
昨年夏イスラエルの空爆により突発したレバノン戦争で、レバノン南部は大打撃をこうむった。写真はベイルートのダウンタウンで、ヒズボラの本部周辺も空襲による爆撃を徹底的に受け潰滅状態。しかしそのすぐ翌日には爆撃跡地に「Made in USA」のバナーを張るしたたかさもうかがえる。女性たちは被災者の救援に向かうヒズボラの女性党員。

10. Army general, 'Listen to the call of duty'
In January, the army imposed a curfew to quell Shiite-Sunni clashes that killed 11 people. Army commander Gen. Michel Suleiman has ordered his soldiers to ignore politics and “listen to the call of duty.” But the open-ended political crisis raises the question of how long the under-armed and over-stretched army can continue to hold.
軍総司令官「国防の任務に徹する」
今年1月には、シーア派とスンニ派の衝突で11人が死亡した事件があったが、軍隊は戒厳令の厳戒態勢の元に、両派の間にそれ以上の抗争が暴発するのを防いだ。今回の戒厳令に際しては、政府軍総司令官のミシェル・シュリーマン将軍が指揮下の兵士全員に「政治の動きは無視して動揺せず、兵士としての義務に忠実に対応せよ」と至上命令を下した。しかし、終局の見えない政治的危機にあっては、こうした軍隊による制圧と表面上の安寧がいつまで継続できるのか、疑問視する意見もあるのも事実である。
d0123476_1151259.jpg
ダウンタウンにはシリア派ヒズボラの本部もありテロ・暗殺と紛争が絶えないベイルート市内をパトロールする警備兵

11. Army united against sectarian violence
Experts say the army will be united unless Lebanon endures major sectarian violence — especially fighting between Sunni and Shiite Muslims — over an extended period. “Then it will start to fracture,” said retired Lebanese army general Elias Hanna.
軍の統一で国家危機は乗り越えられるか?
今回の国家的危機に対して、レバノン情勢の専門家は次のような見方をしている。「レバノンが市民戦争のような大規模な分裂抗争を防げれば、特にスンニ派対シーア派のイスラム教徒の宗派争いを長い期間避ることに成功すれば、レバノン政府軍も(パレスチナ軍とは違って)統一を保って存続できるだろう」という意見である。しかし、政府軍の退役将校であるエリアス・ハンナ氏は別の見方をとる。「スンニとシーアの争いを生き延びたとしても、そのあとでまた別の抗争が控えているだろう」と言うのである。
d0123476_1155128.jpg
昨年12月12日ベイルート市中央のアルアミン・モスク(左上ブルーのドーム)とその広場を埋めた反シリア派のデモ隊

12. Intrication of multi-layered sectarian confricts
He said the conditions today are different from those at the onset of the 1975-90 civil war, which pitted Christians against Muslims and saw the military splinter along sectarian lines. Unlike then, Lebanon political tensions are now fractionalized more along Sunni-Shiite lines, with Christians divided.
二重三重の対立抗争が控える政治危機の難局
彼はその推論を次のように説明する。「今日のレバノン情勢は、1975年から90年まで15年間続いたレバノン市民戦争とは状況が異なる。あの頃は単純に、レバノン国内のキリスト教徒とイスラム教徒の間の分裂抗争で、軍隊はその間隙が明らかだったので作戦が立てやすかった。しかし当時とはちがって、今日のレバノン国内の政局危機には、スンニ対シーアのイスラムの宗派抗争の上に、さらにキリスト教政党の分裂抗争が重なった、複雑で難しい問題が控えているので、混迷した政局危機の解決は一筋縄では行かないだろう。」[了]

【米国時間 2007年11月26日 訳『米流時評』ysbee】
»» 次号 「アナポリスの奇跡1・中東平和会議開幕」へ続く

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6637701
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6637701

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11〜14位。応援よろしくお願いします!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  |  欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 大事故・大災害  | 世界不思議探検
グローバルビジネス | アップル vs MS  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-26 11:21 | 中東のパワーラビリンス

レバノン戒厳令-2「大統領不在・権力の空白地帯」

f0127501_128435.gif
   ||| 大統領不在で権力に空白地帯 |||
d0123476_14462471.jpg
ラフード任期満了後任立たず、レバノン大統領不在で権力に空白地帯

米国時間 2007年11月25日 | ベイルート発/AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳
前号「ベイルート・戒厳令の夜」からの続き |24日土曜レバノンでは次期大統領を選定できなかったため、国家元首不在のまま空転する政治危機を乗り越えようと、議員達が国会で悪銭苦闘していた。その間フアド・シニオラ首相は「政府軍が国家の治安にあたっているおかげで、レバノンの現状は無事である」と強調した。一方軍指令部は政治的紛争には一切かかわらないことを明らかにし、あくまで国家治安体制に専念した結果、軍隊が時局安定を維持する最良のつてとして、頼みの綱となっている。
前号:ラフード大統領任期満了の当日まで後継者選出の議会投票が行なわれたが、ヒズボラをはじめとする野党が棄権し次期大統領の座は文字通り空白のまま。混乱を予期したラフードは期限切れの2時間前に戒厳令を発して退位した。

Lebanon PM Tries to Calm Presidentless Nation
Army leaders say they will stay out of politics, keep streets secure
NOVEMBER 25, 2007 EST | Associated Press — LEBANON | Translation by ysbee
BEIRUT, Lebanon — Prime Minister Fuad Seniora assured his country Saturday that the military was in control of the streets while lawmakers struggled to overcome a political crisis that has left the country without a president. The army made clear it will stay out of politics, emerging as the country’s best hope for stability.

__________________________________________________________________
NOVEMBER 25, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_197311.gif

 A s s o c i a t e d P r e s s | L E B A N O N

ラフード任期満了後、レバノン大統領不在で権力に空白地帯
米国時間 2007年11月25日 午後7時37分 | ベイルート発・AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_1447147.jpg
1. Beirut calm after turmoil
Beirut remained calm Saturday and shops opened for business following a tumultuous day that intensified fears of street violence between supporters of Saniora’s U.S.-backed government and the opposition led by the Shiite militant group Hezbollah and backed by Syria and Iran.
ベイルート、政治的嵐のあとの静けさ
政局混乱のただ中で、退陣する大統領から最後に発令された戒厳令の夜。米国をバックにするシニオラ親米政権支持派と、シリアとイランを背後に控えるシーア派軍団ヒズボラが主導する反体制派との間で、市街戦が展開されるのではという極度の緊張がピークを迎えた日だった。しかし一夜明けた24日土曜のベイルートは落ち着きを取り戻し、市内のショップも通常通りの営業を再開した。
d0123476_1447422.jpg
ベイルート市内の高級ブティック街も戒厳令直後の政局不安による紛争を怖れて軒並み閉店状態

2. Seniora's first statement
After months of trying, the two rival camps were unable to agree on a compromise candidate to succeed pro-Syrian President Emile Lahoud who stepped down Friday night, leaving a political vacuum. In his first comments since Lahoud left office, Saniora defended his government, saying it will continue to function according to the constitution.
シニオラ首相、空白後最初の声明
与野党両陣営は親シリア派エミール・ラフード大統領任期満了後の後継者を指名するべく、今日にいたるまで数カ月にわたって画策していたが両者の歩み寄りは見られず、ラフード氏は権力の真空地帯を後に残したまま、金曜真夜中に大統領の座を去った。25日朝ラフード氏が大統領官邸を去って以来初めてシニオラ首相は所信声明を発表したが、その中で彼は自分の率いる内閣の立場を擁護し、今後も憲法の認める通り、大統領の臨時代行として執権機能を続けることを明らかにした。
d0123476_1450035.jpg
戒厳令発令直後の23日金曜の夜中から24日未明にかけては与党支持派の群衆が繰り出したが無事に終了

3. Cabinet takes executive power
In the absence of a president, Saniora’s cabinet, which the opposition considers illegitimate, takes executive power under the constitution. “Our main goal in the coming stage, which we hope will not take longer than few days, will be to exert all possible efforts ... to end this situation as soon as possible,” said Saniora.
親米派シニオラ内閣が執権を代行
大統領不在の状況では、野党は憲法違反だと看做しているにもかかわらず、憲法で定められた通りにシニオラ内閣には代理執行権が発生する。「数日以上は続かない事を期待しているが、次の段階におけるわれわれの主たる目標は、あらゆる努力を払って極力すぐにでも、この非常事態を終了することである。」シニオラ首相は、戒厳令後初の所信表明でこのように語った。
d0123476_14523262.jpg
親米・新仏派で知られるフアド・シニオラ首相(右) ベイルート駐在の米国大使と歓談

4. 'There is absolutely no need for emergency'
He dismissed a declaration by Lahoud, who before departing the presidential palace at midnight Friday said the country was in a “state of emergency” and he was handing over security powers to the army. “There is no state of emergency, and there is no need for that,” Saniora said. “There is absolutely no need for any Lebanese to be concerned about the security situation. The army is doing its work and is in full control of the situation on the ground.”
シニオラ「戒厳令の必要性は皆無」
ラフード前大統領が、23日金曜の真夜中に大統領官邸を去る直前に「我が国は非常事態にある。したがって治安の権限はすべて軍部に預ける。」と宣言した内容について、シニオラ首相はその有効性を認めようとせず、次のように発言した。
「非常事態などどこにも存在しないし、またその必要もない。現時点では、いかなるレバノン人も、治安状況について心配する必要はまったくない。軍隊がその任務をまっとうし、国内の治安は完全に制圧され無事である。」
d0123476_14551570.jpg
戒厳令の夜も明けようとしている24日土曜未明のベイルート市内 通りに繰り出した群衆も三々五々解散した

5. Accusation on Hezbollah of obstructing election
Hezbollah and its opposition allies have been able to stymie the government’s hopes by repeatedly boycotting parliamentary votes for a new president, as they did Friday afternoon, leaving it without the required quorum. Pro-government Christian leader Samir Geagea accused Syrian-backed Hezbollah of obstructing the election. “We will not let Syria control again Lebanese politics no matter what happens,” he warned at a news conference.
キリスト教与党、投票棄権のヒズボラを非難
ヒズボラを初めとする野党各党は、後継者の大統領を選定しようとあせる政府の思惑を、議会投票を何度も繰り返して棄権することによって、新大統領選出の可能性を打ち砕いてきた。金曜の午後も彼らはその常套手段を実行し、有効議席数に満たないまま投票は成立せずに終わった。
政府与党のキリスト教政党党首サミール・ギーギー氏は「シリアをバックとするヒズボラが今回の選挙妨害に対して責任がある」と非難した。
「われわれはたとえ何が起きようとも、シリアがレバノン政界を牛耳るような状況を二度と再び許してはならない。」ギーギー氏は記者会見で、国民に向けてこのように警告を発した。
»» 次号 「レバノン戒厳令-3「政局分裂で政府軍結束」へ続く
d0123476_14572346.jpg
レバノンの与党は北部の都市中産階級を票田とするキリスト教政党 シニオラ首相とベイルートキリスト教会枢機卿

【米国時間 2007年11月25日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6632451
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6632451

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11〜14位。応援よろしくお願いします!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!

d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  |  欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 大事故・大災害  | 世界不思議探検
グローバルビジネス | アップル vs MS  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-25 15:12 | 中東のパワーラビリンス

レバノン政治危機・大統領不在で非常事態宣言

f0127501_128435.gif
    ||| 戒厳令の季節・レバノン編 |||
d0123476_1943137.jpg
 権力の真空地帯出現 政府軍の管理下で国家非常事態宣言発令
 レバノンのラフード大統領、後継者不在のまま任期終了し降壇


d0123476_18552829.gifまたもや戒厳令です。9月のビルマでの「軍事独裁政権・血の粛清」に引き続き、今月3日にパキスタンのムシャラフ大統領が発令して、国家的弾圧の端緒となった「独裁者の悪弊」。国家非常事態を宣言すれば、一時的に憲法を保留して軍事的制圧が可能な治安体制を優先できるため、政敵や反対派の基本的人権を省みる事なく弾圧できる、という「全体主義的警察国家」の最悪のパターンが現出します。
d0123476_195178.jpg
パキスタンの一連のニュースは「戒厳令の季節」というタイトルの元に3週間特集しましたが、スタートしてたった4日後に、今度はコーカサス地方の小国グルジア共和国でも戒厳令。ここもまた、ブッシュの息のかかった親米派大統領サーカシヴィリの不祥事が国民の反感を買い、国会前の広場に数十万人の市民が連日連夜泊まり込みで、平和的な抗議のSit-inを継続。その結果政権側では最終的に、群衆弾圧目的の体制的裏付けでしかない万事休す的な処置として「国家非常事態宣言」を発し、その後はお決まりの暴力的弾圧と摘発の嵐。(記事は用意してありましたが、パキスタンの動乱の勢いに「負けて」保留にしてあります。来週遅ればせながら掲載予定。)
d0123476_196489.jpg
また今週の週末には以前から危惧されていたレバノンの政界の分裂が深刻化し、後継者が決まらないままラフード大統領が任期満了で辞任。その後の権力の空白期間にヒズボラ勢力の蜂起などを怖れた大統領は、国家非常事態を宣言して治安の全権を軍司令部の手中に預けたまま降壇しました。しかしどの国の場合でも、戒厳令の厳戒態勢が弾圧体制にリンクして逆に騒擾を引き起す結果を招いており、今回のレバノンでの戒厳令でも、とりわけヒズボラという最強ゲリラが国会内部にさえ収まっている状況なので、一触即発で暗殺かテロか、何が起るか予断を許さない緊迫の政情です。まずは1日遅れですが、事実関係の把握をニュース速報から。

【米国時間 2007年11月24日 『米流時評』ysbee】


__________________________________________________________________
NOVEMBER 24, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_197311.gif


 A s s o c i a t e d P r e s s | L E B A N O N

レバノン大統領任期終了 後継者なきまま国家非常事態宣言発令
米国時間 2007年11月23日 午前4時27分 | ベイルート発・AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_19101110.jpg
Lebanon Leader: Nation in ‘State of Emergency’
President leaves post with no chosen successor, tells army to keep order

Associated Press—LEBANON | Translation by ysbeed0123476_1991642.jpg
NOVEMBER 23, 2007 EST | BEIRUT, Lebanon — Lebanon's political tumult intensified as President Emile Lahoud said the country is in a "state of emergency" and handed security powers to the army before he left office Friday without a successor. The rival, pro-Western Cabinet rejected the declaration.


▶首都ベイルート中央部のモスクのある広場にもレバノン政府軍のタンクが出動し、24時間の警戒体制にあたっている

2007年11月23日 |レバノン・ベイルート発
23日金曜をもって任期を終え、後任者の決まらないまま官邸を去るレバノンのエミール・ラフード大統領は、国家治安の全権を政府軍指導者に託し、レバノン全土を対象に「国家非常事態宣言」を発令した。しかし彼の政敵である親米派の内閣は、この戒厳令発効を拒絶している。

1. Pro-Western VS. Pro-Syriad0123476_9344743.jpg
Lahoud's final announcement created new confusion in an already unsettled situation, which many Lebanese fear could explode into violence between supporters of Prime Minister Fuad Saniora's Western-backed government and the pro-Syria opposition led by the Shiite militant group Hezbollah. The departure of Lahoud, a staunch ally of the Syrian regime during nine years in office, was a long-sought goal of the government installed by parliament's anti-Syria majority, which has been trying to put one of its own in the presidency.
▶親シリア派の代表エミール・ラフード大統領 2期9年の任期を終え官邸を去る

親米派与党対シリア派野党の対立する政局d0123476_9414749.jpg
ラフード大統領在位期間の最後の宣言は、すでに不安定な様相を示していたレバノンの政局に、さらに新たな混乱をもたらした。今日までのレバノンの政情は、西欧諸国が背後に控えるフアド・シニオラ首相支持派と、シーア派の軍団ヒズボラを筆頭とする親シリア派の野党との間で、対立が激化して武力衝突を引き起すのではないかと、多くのレバノン国民が危惧していた状況である。
したがって、強固なシリア派として9年間国家元首を務めたラフード氏が大統領の座を去ることは、とりもなおさず議会内の反シリア派与党が長らく待ち望んでいた、連立する元首の座を親欧米政権で独占するという、完全な国家覇権の目標に一歩近づいたことになる。彼らは首相だけでなく大統領も、反シリア陣営から立てようと狙っていたのであるから。
▶レバノンの親米・親ヨーロッパ派内閣の筆頭シニオラ首相

2. Nation into dangerous, unknown territory
Hezbollah and other opposition groups have blocked legislators from electing a new president by boycotting ballot sessions, leaving parliament without the required quorum. The fight has put Lebanon into dangerous, unknown territory: Both sides are locked in bitter recriminations, accusing the other of breaking the constitution, and they are nowhere near a compromise on a candidate to become head of state.
大統領不在で未知の危険な領域へ
ヒズボラを始めとする野党のシリア派各党は、国会での議会投票をボイコットして新しい大統領が選出されるのを阻止した。この結果、国会は必要とされる最小限の議員の出席数に充たず、流会となった。レバノンの政局における両派の対立抗争によって、この国はいまだかつて経験した事のない、危険な領域へと踏み込んでしまったようだ。
対立する両陣営ともお互いに双方の戦法を「憲法違反だ」とののしりあい、今回の危機を相手のせいにしようと汲々としている。この調子では、国家元首の候補者を指名する上で意見の一致が見られることは当分ありそうにない。
d0123476_19105830.jpg
11月23日のラフード大統領の任期満了までに立候補したが決定票を得られなかった、ドングリの背比べのレバノン次期大統領選候補者:上列左から ナシブ・ラフード/閣僚のひとりミシェル・アウーン/同じく閣僚ブツロス・アルブ/司法相シャルル・リツク/下列左から 閣僚ロベール・ガネム/前財務通商相ダミアノス・カタール/前閣僚ミシェル・エッデ/アラブ銀行連盟・レバノン銀行協会両方の会長ヨセフ・タラベイの各氏

3. Military generals remain neutral
The army command refused to comment on the developments. The military, under its widely respected chief, Gen. Michel Suleiman, has sought to remain neutral in the political chaos. The capital was calm, and all sides were vowing to avoid violence.
政治危機の渦中で中立を保つ軍司令部
一方、レバノン政府軍の首脳部は、今回の緊急な政局の危機に関しては沈黙を守っている。レバノン政府軍は軍部全体が、広く国民にも敬愛されるミシェル・シュリーマン将軍の指揮下にあり、今回の混乱の政局からは一歩引いて中立を保っている。どの党派に属する者も武力衝突は避けたいと表明しているせいもあり、首都バアブダは平穏を保っている。
d0123476_19144426.jpg
任期切れ直前の22日にラフード大統領官邸で軍首脳部と記念写真 左から2人目がシュリーマン政府軍総司令官

4. Military in place against aggressors from both sides
Even before the president’s vague announcement, the military was in place to guard against the two sides’ supporters taking the conflict to the streets. On alert for days, hundreds of soldiers stood with tanks, armored personnel carriers and jeeps in the area around the downtown parliament building as well as on roads leading into Beirut.
不穏分子はどちら側でも摘発の軍の警備体制
レバノン政府軍の治安部隊は、ラフード大統領が非常事態を宣言する以前からベイルート市内要所の警備について、市街地での武力衝突に加わる者はどちらの陣営であれ検挙する取締体制を敷いていた。戒厳令の敷かれる数日前から、バアブダ市中心部の国会周辺やベイルート市内へ通じる主要道路には、数百人の軍隊がタンクや装甲車、軍用ジープの傍らに立って、すでに警戒態勢をとっていた。
d0123476_12361359.jpg

5. Lahoud: Seniora's government 'unconstitutional'
Lahoud stepped down when his term expired at midnight, smiling as he reviewed an honor guard on the way out of the presidential palace in the Beirut suburb of Baabda. “My conscience is clear,” he told reporters. “Lebanon is still well.”
d0123476_19152539.jpgBefore getting into his car to go, he blasted Saniora’s government, calling it “illegitimate and unconstitutional. They know that, even if Bush said otherwise.” In the capital, some 2,000 government supporters gathered in a Sunni Muslim neighborhood cheered his departure, setting off fireworks, beating drums and shouting, “Lahoud Out!”

ラフード「シニオラ政権は憲法に反する」
ラフードは23日真夜中に大統領の任期が切れた時刻に退位を果たしたが、ベイルート郊外のバアブダ地区にある大統領官邸から最後の退出に向かう時点で、儀仗兵の閲兵を行なって退任の儀式を完了した。
「良心に誓って言うが、レバノンはいまだに健全だ」と、辞任にあたっての感想を記者団に述べた。しかし官邸から去る車に乗り込む際には、シニオラ首相の内閣について次のように不満をぶちまけた。「シニオラ内閣は非合法で憲法に反する。たとえブッシュがそれを否定しても、彼らはそのことをちゃんと承知している。」

6. Stepping down without successor
His departure left the presidency vacant after parliament failed again to convene earlier Friday to vote on a successor. Lahoud’s vaguely worded final statement, two hours before midnight, wasn’t a formal declaration of a state of emergency, but he enflamed tempers with his reference to a “state of emergency” in Lebanon. “Because a state of emergency exists all over the land as of Nov. 24, 2007, the army is instructed to preserve security all over the Lebanese territory,” the presidential spokesman, Rafik Shalala, said.
後継者なしの降壇で軍隊に管理一任
ラフードの出立は、レバノンの大統領の地位を空白のままに残した。23日金曜朝早くに行なわれた最後の後継者指名投票でも、またもや結論を出すにはいたらなかった。ラフードのあいまいな用語で埋まった非常事態宣言は、期限の切れる真夜中までわずか2時間というぎりぎりの土壇場で発令されたものだが、戒厳令としての公式宣言ではなく、辞任の声明文の中にレバノン国内にすでに敷かれている「非常事態」体制をもち出すことで、シニオラ内閣への憤懣を吐露した結果となった。
「2007年11月24日の時点で、国内全土に非常事態が存在しているために、政府軍はレバノン領土内全域で警戒態勢を維持するよう指示されました。」これが、大統領広報官ラフィク・シャララ氏から発表された声明である。
»» 次号 レバノン戒厳令-2「空転する政局、空白の大統領の座」へ続く
d0123476_10222930.jpg
【米国時間 2007年11月24日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6627519
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6627519

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11〜14位。応援よろしくお願いします!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  |  欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 大事故・大災害  | 世界不思議探検
グローバルビジネス | アップル vs MS  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-24 18:48 | 中東のパワーラビリンス

英雄伝説「パキスタンの明日に賭けるイムラン・カーン」

f0127501_128435.gif
 ||| 戒厳令下の英雄 イムラン・カーン 後編 |||
d0123476_15432356.jpg
イムラン・カーン:逃走するヒーローが命を賭けるパキスタンの明日
ムシャラフ独裁政権弾圧の手を逃れて逃亡中のヒーロー独占会見記2


d0123476_18552829.gif【英雄伝説】 
英雄はひとりでは生まれない。英雄は大衆の瞳の光芒の中で誕生する。
英雄は生か死かの選択を迫られ、それでもなお命を賭して
自ら信じるものを守り続けようと覚悟したとき、この世の光源となる。
世界が混沌の渦に飲まれ「独裁と弾圧」という狂気が闇を支配するとき、
その権力に真っ向から闘いを挑む者は、魂の発光体となる。
その光が闇を照らし明日へと向かうとき、ひとはそれを、ヒーローと呼ぶ。

d0123476_12122359.jpg
Interview with Imran Khan — Part-2
‘Tomorrow never die’ — The cricket legend, politician running for life
NOVEMBER 14, 2007 EST | Newsweek — Web Exclusive
By Ron Moreau/PAKISTAN | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — The young are our biggest constituency, and I think we have a structure there with the students. So I have to come out into the open to mobilize the students, which I'll do at Punjab University [Wednesday]. I have a way of sneaking in. I'll try to get out [afterward] if possible. I have one or two exit routes. I'll be with my running shoes.


米国時間 2007年11月14日 | By ロン・モロー/ニューズウィーク 独占インタビュー
前号からの続き |戒厳令下逃走中のイムラン・カーンへの独占インタビュー後編
カーン:若者はわが党支持者の最大の部分を占める有権者です。すでに学生の間では、われわれは確固とした支持組織ができたと思います。そういう背景があるので、私は学生たちの前へ出て直接呼びかけるつもりです。それを明日14日水曜、パンジャブ大学でやるつもりです。
【訳:『米流時評』ysbee】

__________________________________________________________________
NOVEMBER 23, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 N E W S W E E K | S P E C I A L

英雄伝説イムラン・カーン Part-2:逃亡者がヒーローに変わる時
2007年11月14日 | By ロン・モロー/ニューズウィーク サイト独占掲載 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_12125540.jpg
What can the students do?
I have a way of sneaking in. I'll try to get out [afterward] if possible. I have one or two exit routes. I'll be with my running shoes. But if I don't [escape] it doesn't matter. We've had successful student movements in the past, in 1968 and 1977, that have brought governments down. Since then the students have gone completely dormant. But the students are key to this whole thing.
パキスタンのために学生はいったい何ができますか?
警察の目をくぐって大学へ潜入する手はあります。決起集会のあとでも、できれば逃げおおせたいとは思っていますが。ふたつの出入口の一方は確保してある。明日もランニングシューズをはいて行きますよ。でも万が一無理だったとしても(逃げられなくても)、それはもう問題じゃない。
われわれパキスタン人は、過去1968年と77年に学生運動で成功した。2回とも政府を倒した。そのとき以来、学生運動は完全に冬眠期に入っている。しかし今回も、学生が一連の抗議運動の鍵になっています。
d0123476_16371013.jpg
When I gave a lecture [to students the day the emergency was announced on Nov. 3] the talk became a demonstration movement. The students stood behind me and said we will join your protest. In my opinion all the signs are there. I think the students are ready. Even faculty is starting to protest. It's just the beginning.
はじめに予兆ありき
11月3日非常事態が宣言された当日、私は学生に講義していたんですが、話し合いからそのままデモ行進に盛り上がって行ったんですよ。学生たちは私のあとをついて立ち上がり「あなたの抗議運動に参加します」と言ってくれた。私に言わせれば、すべての予兆はそこにあった。学生たちはすでにそうする覚悟はできていたんだと思う。大学の職員たちまでいっしょになって抗議運動を始めたくらいですからね。それがそもそもの始まりです。
d0123476_12132911.jpg
Why should Pakistanis take you seriously when your party is small and you are your party's only member of parliament?
My party has the fastest-growing vote bank in Pakistan. My own personal ratings are very high. If there were a direct presidential election I'd probably do well. But if we fight this next election this party will become a force.
あなたの政党はまだ少数党だし、国会議員は唯一あなたしかいませんが、なぜパキスタン国民はあなたの言う事を真剣に受け止めるべきなのですか?
私の政党は、パキスタンでももっとも急成長している票田を抱えています。私自身の個人的人気は、非常に高く評価されている。もし現在国民が直接投票できる大統領選があったら、多分私は良いところまで行くでしょう。しかしたとえそれが不可能でも、次回の選挙で善戦できれば、この党はパキスタンを動かす勢力になります。
d0123476_15353415.jpg
The reason people supported [the deposed Supreme Court Chief Justice Iftikhar Mohammad Chaudhry] is because he defied the dictator. People looked upon him as genuine opposition to Musharraf. Similarly, my vote bank is increasing simply because people perceive me as someone who is not going to compromise.
最高裁主席判事を追放したムシャラフに対する国民の反感
パキスタンの国民がなぜ(ムシャラフに追放された最高裁主席判事のイフティカール・モハンマド・チャウドリー氏を)支持し続けるのかという理由は、彼が独裁者を糾弾したからです。人々は彼の事を、ムシャラフに立ち向かう生粋の果敢な野党として尊敬したからです。それと同じように、人々は私の事を決して裏切らないやつだと受け止めているという、たったそれだけの理由で私の票田もぐんぐん伸びています。
d0123476_1844301.jpg
For 11 years I've been saying there can be no democracy or prosperity without an independent justice system. My Movement for Justice is based on an independent judiciary.
Suddenly all the lawyers [who were] supporting Chaudhry adopted me, welcomed me with garlands and took me on their shoulders. That's how the party has taken off. We will do well in the next election. And we will become a player in the next assembly and a national party.

パキスタンの司法制度と三権分立の確立について
この11年間というもの、いつも私はこう言い続けてきました。司法制度が三権分立で独立していない限り、この国には民主主義も繁栄もありえないって。私の党「Movement for Justice=義運党」は行政から独立した司法制度というものを、方針の基盤にしていますから。そんなわけで、チャウダリーを支持する全国の弁護士や判事たちが私を推薦してくれた。今年の年次総会では、名誉のレイをさずかって歓迎され、文字通り彼らのスクラムの上に担ぎ上げてくれたんです。それが、わが党がどうやって躍進できたかといういきさつです。これから先、来年の年次総会でも国家の正常化に一役買う存在になって、国民的政党に躍進しますよ。
d0123476_12154211.jpg
Are you frustrated by the Bush administration's seemingly continued solid support for Musharraf?
Militancy and radicalization in Pakistan are increasing at such a phenomenal rate now that we actually think that our future is at stake. All thanks to Musharraf. And for this one man, Bush is going to sacrifice 160 million Pakistanis as if they were sheep? He is worse than the shah of Iran. If he succeeds in imposing Musharraf for another five years, who is going to take up the space? The mosques and the militants. They are spreading.
ブッシュ政権のムシャラフに対する固い支持は続くように見えますが、不満じゃないですか?
パキスタンの軍事制度とムスリム強硬派の過激化は今やあまりにも歴然としているので、実際われわれの未来は風前の灯火のように思えてしまいます。すべてはムシャラフのおかげです。ブッシュ大統領は1億6千万のパキスタンの国民を、羊かなにかのように犠牲にするつもりなのですか?
彼(ムシャラフ)はかつてのイランの国王(パーレビ)よりもひどい(専制君主だ)。もし彼が、また5年間ムシャラフ政権を据え置きするのに成功したら、誰が勢力を伸ばすと思いますか?
モスク(イスラム急進派)とゲリラ(タリバン)、彼らが拡大するだけです。
d0123476_1216499.jpg
What's your solution for extremism and terrorism?
Terrorism is our biggest concern. It's so big that our country is likely to implode. Musharraf is perceived as a pro-American, anti-Islam man on an American mission. So what you are seeing in [the tribal territories of] Waziristan and [neighboring] Swat is that people are siding with the other side against the Pakistan Army.
イスラム原理主義とテロリズムの問題に対するあなたの解決法は何ですか?
テロリズムは、わが党最大の関心事です。問題は余りにも大き過ぎて、爆発寸前です。ムシャラフはパキスタンでは、アメリカのミッションに就いている反イスラム的親米派の人物ととらえられています。だから、あなたがたアメリカ人が(テロリストの温床の民族自治区)ワジリスタンや(その隣の)スワットで目にしている現象は、そこの地元民が自国パキスタン政府軍の敵側に味方するという、とんでもない事態なのです。
d0123476_18325934.jpg
Pakistani soldiers are dying, and no one is mourning them. The Pakistan Army must be withdrawn from the tribal area and negotiations opened with the people. It's not too late. The aerial bombing is just driving more people to support the other side. It's not a winnable war and there's no end in sight.
アフガン国境地帯民族自治区のゲリラを制圧するには?
パキスタンの兵士たちがゲリラの襲撃で毎日命を落としているというのに、誰もそれを痛ましいと思わない。パキスタン軍は民族自治区から撤退して、政府は軍事制圧よりも自治区住民との直接交渉を始めるべきです。まだ遅過ぎはしません。今やっているようなあの地域への空爆は、さらに多くの地元の住民に政府への反感を抱かせ、敵側に走らせるだけです。それでは永遠に勝ち目のない戦争になってしまい、どこまでもいっても際限がありませんよ。
d0123476_12172784.jpg
But hasn't Musharraf tried peace deals with the militants before?
Fundamentalism in Pakistan is a lot easier to deal with if there is a genuine democratic government, and not one that is perceived as a stooge of the Bush administration. The minute people realize that the government does not have a foreign agenda they will listen.
でもムシャラフはこの前、自治区のゲリラと和平協定を結んだばかりではないですか?
ブッシュ政権の傀儡としてしか受け止められていない現在の政府ではなくて、もし仮に真に民主的な政府が存在したら、パキスタンのイスラム原理主義者は、もっとずっと扱いやすくなりますよ。その政府が外国の方針に染まっていないとわかったら、即座に彼らは言う事を聞くようになるでしょう。
d0123476_1853940.jpg
The Americans are making a mistake. They think Musharraf is the solution because the army under his control. But how long can he keep the army under control the way the army is taking such a beating. They are giving up without a fight. I think it's a matter of time before the army rebels against him. It's unsustainable.
アメリカの冒している過ち
アメリカ人は過ちを冒している。彼らは、軍隊をコントロールしているのでムシャラフにつくのが解決策だと思っている。しかし、昨今のように軍隊がやられる一方だと言うのに疑問も抱かず、どれだけ長く自分たちの指揮下においておけば気が済むんでしょう。一部の兵士などは、ゲリラと闘わずに投降してしまうし。このままでは、そのうち軍隊が彼(ムシャラフ)に対して謀反を起こすのは、時間の問題だと思います。もう持ちこたえられない限界にきてますから。  [了]
d0123476_12265990.jpg
【米国時間 2007年11月23日 訳『米流時評』ysbee】

»» 『米流時評』緊急特集 「パキスタン・戒厳令の季節」
第1章 「ダークスーツ革命」  司法権の独立を守るため立ち上がった弁護士たち
第2章 「ホワイトスカーフ革命」 民主主義のためブット女史を支持する女性たち
第3章 「アイボリータワー革命」 独裁弾圧に抗議してカーンを支援する学生たち

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6620273
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6620273

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11〜14位。応援よろしくお願いします!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  |  欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 大事故・大災害  | 世界不思議探検
グローバルビジネス | アップル vs MS  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-23 12:32 | パキスタン戒厳令の季節

英雄伝説1「戒厳令下のヒーロー イムラン・カーン」

f0127501_128435.gif
 ||| 戒厳令下のヒーロー イムラン・カーン |||
d0123476_1513165.jpg
イムラン・カーン:伝説のクリケット名手が英雄に生まれ変わる時
ムシャラフ独裁政権弾圧の手を逃れて逃亡中のヒーロー独占会見記


d0123476_18552829.gif【英雄伝説】 
独裁者が軍隊を駆って民衆を蹴散らすとき、勇気ある者は沈黙を破る。
闇の中に響く真実の声。
その声は光のごとく、闇の隅々までを照らす力となる。
声は光となり、閉ざされた者のこころを照らす。
光は民から民衆へと語り継がれ、ひとつのかたちとなる。
そのかたちが群衆の前に姿を現すとき、ひとはそれを、英雄と呼ぶ。


Interview with Imran Khan — Part-1
‘It’s Just the Beginning’ — The cricket legend, politician running for life
NOVEMBER 14, 2007 EST | Newsweek — Web Exclusive
By Ron Moreau/PAKISTAN | Translation by ysbee
In an exclusive interview with NEWSWEEK shortly before Pakistani police caught up with him, Imran Khan discusses the emergency, his plans to mobilize students and how the nation feels about Musharraf.

d0123476_845885.jpg
米国時間 2007年11月14日 | By ロン・モロー/ニューズウィーク 独占インタビュー
ラホーレ・パキスタン | パキスタンのクリケット界伝説のヒーロー、イムラン・カーン。ニューズウィークが敢行した独占インタビューは、2週間逃亡生活を続けていた彼をパキスタン警察が逮捕する直前に行なわれたものである。現地特派記者のロン・モローの質問、今回の国家非常事態について、彼が巻き起こした学生の抗議運動について、そしてパキスタンの一般民衆はムシャラフをどうとらえているのかについて、カーンは忌憚なく語る。 【訳:『米流時評』ysbee】


__________________________________________________________________
NOVEMBER 22, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 N E W S W E E K | S P E C I A L

イムラン・カーン:伝説のクリケット名手が英雄に生まれ変わる時
2007年11月14日 | By ロン・モロー/ニューズウィーク サイト独占掲載 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_15135141.jpg
A vociferous opposition politician
Imran Khan, the Pakistani cricket legend and now vociferous opposition politician, hardly looked like a hunted man. Sitting in a supporter's comfortable Lahore home and dressed in a freshly pressed white salwar kameez, Khan, 55, appeared and sounded confident.
反対派を代表する政治家のひとり
イムラン・カーン。パキスタンのクリケット界では伝説の名手、そして現在はムシャラフ政権に真っ向から対立する、反対派を代表する政治家であるが、どう見ても国家警察の目を逃れて逃亡中の人物には見えない。ラホーレの支持者のひとりである知人の閑静な自宅で、ぱりっとプレス仕立ての白いサルワール・カミーズ(パキスタン風のパジャマのような男性の衣服)を身にまとった今年55才のカーンは、インタビューに対して一貫して堂々と落ち着いて語ってくれた。
d0123476_15212236.jpg
Hero at large to organize the united front
He has been quietly meeting with members of the small Movement for Justice Party he founded 11 years ago, with some students and with other opposition politicians who remain at large in an effort to unite their fractious forces and kick-start a public protest movement against Musharraf and his emergency.
独裁に反対する統一戦線のヒーロー
彼は11年前に設立した小規模の自分の政党「Movement for Justice Party=正義運動党」のメンバーや、数人の学生運動のリーダー、反体制派のほかの政治家たちと密かに会合を持ち続けていた。反対派の政治家たちも、彼と同じく弾圧の手から逃走中の身であったが、これまでばらばらだった反政府側の政治活動をひとつにまとめて、ムシャラフと彼の取り巻き連中に対抗して、国民的な抗議運動を展開するきっかけを作ろうと努力しているそうである。
d0123476_8495650.jpg
Fugitive life of superstar for 11 days
For 11 days, ever since the police burst into his home early in the morning of Nov. 4, the day after Pakistani President Pervez Musharraf announced emergency rule, he had successfully eluded the security forces by surreptitiously moving to a different house daily and largely avoiding talking on his cell phone.
お尋ね者はスーパースター
パキスタンのペルヴェズ・ムシャラフ大統領が国家非常事態宣言を発令した直後の11月4日未明、彼の自宅を警官隊が急襲した。それ以来この11日間というもの、彼は発信地がばれる携帯を使うのを避け、毎日違う家で眠り転々と居場所を変えて、軍警察の厳しい捜索の網をくぐり抜けてきた。
d0123476_8551456.jpg
Exclusive interview with a running hero
In an exclusive interview yesterday, which turned out to be his last before he was arrested today at Lahore's Punjab University following an ugly encounter with Islamist students, he talked with NEWSWEEK's Ron Moreau about his plans to challenge the president. Excerpts:
逃亡中のヒーローへの独占インタビュー
昨日(11月13日火曜)実施できたニューズウィークの独占インタビューの中で、カーンはニューズウィーク誌のロン・モロー特派記者の質問に答え、今後の計画やムシャラフ大統領への挑戦などについて忌憚なく語ってくれた。以下その抜粋:
(もっともこの翌日14日にラホーレのパンジャブ大学で行なわれた、イムラン・カーンを支持する学生の反政府総決起集会の直後に、一部のイスラム急進派の学生の裏切り行為の密通で彼は警察に逮捕されてしまったので、結果的にこのインタビューがこれまでのイムラン・カーンに対する最後のインタビューとなってしまったことも付け添えておく。)
d0123476_15324680.jpg
このインタビューのまさに翌日、イムラン・カーンはラホーレ最大のパンジャブ大学で決起集会をひらき熱狂した学生の先頭を切ったが、裏切り者の密通で警察の手に渡された。この事件のユダ役は、ムシャラフが敵対していたはずのイスラム急進派の学生だったのが、皮肉な現実というか新しい疑惑の種である。

NEWSWEEK: How did you escape from the police [on Nov. 4]?
Imran Khan:
At 1:30 in the morning these cops suddenly burst in my house. They were very rough and rude with my 85-year-old father and me. I asked to see an arrest warrant, which they didn't have. I had a feeling they were going to take me in straightaway. That's when I took the decision that I'd better get out. I went out the back, jumped over two back walls and made it to a cousin's house.
Since then I've been moving everyday. Obviously he [Musharraf] had learned a lesson from the Burmese generals of severe repression: beat up and put everyone in jail, and then a few days later say everyone's with me because no one's in the streets.

ニューズウィーク: 11月4日の警察の逮捕からどうやって逃げたんですか?
イムラン・カーン: 
夜中の1時半に警察の連中が突然うちに押しかけて来たんですよ。私の父親は今年85才なんですが、彼らは親父と私に対して手ひどく乱暴に振る舞ったんです。むっときた私が「逮捕するなら令状を見せろ」とたずねたんですが、彼らはそんなもの持っちゃいなかった。
私はその場で「やつらは俺をこのまま連れてくに違いない」と直感したんで、とっさに逃げた方が良いとその場で判断しました。そこで彼らを入口で待たせたまま、私は自宅の裏庭へ走り出て、隣との境の塀を次々に2つ跳び越えて、従兄弟の家まで逃げたんです。
それ以来ですよ。こうやって毎日移動しながら、やつらから逃げている次第です。
やつ(ムシャラフ)がビルマの独裁将軍の過酷な弾圧から打つ手を教わったというのは見え見えですね。たてつく者はぶちのめして、一人残らず監獄にぶちこむ。それから何日か経ってからこう言うでしょう。誰もが自分の側についてるってね。そりゃそうでしょう、通りには反対派は誰も残っちゃいないんですから。
d0123476_15234666.jpg
What's your plan of action underground?
I've had a few narrow escapes. Lahore is such a big city I have so many places to go, because basically everyone is anti-Musharraf here. I'm organizing my own party and trying to launch a students' movement to fight for democracy.
I'm tying up with Qazi Hussain Ahmed [the leader of the Islamist Jamaat-e-Islami party] and [exiled former prime minister] Nawaz Sharif. We have decided to go into an electoral alliance, trying to get everyone to boycott the elections [which Musharraf has announced will be held under emergency rule before next Jan. 9].

地下に潜伏して計画しているこれからの活動はどんなものですか?
私はあぶなくもう一歩で捕まる目に何回か逢ってますが、かろうじて逃げられました。ラホーレは隠れる場所がそこらじゅうにありますよ。というのも、基本的にはこの街の誰もが反ムシャラフ派なんですから。
私は今自分の政党を組織して、学生の間に民主主義のために闘う運動を展開しようとしているところです。(イスラム政党ジャマアル・エ・イスラミ党のリーダー)カジ・フセイン・アハメドや(亡命中の前首相)ナワズ・シャリフとも、反ムシャラフで共闘しようと話し合っています。こうやってわれわれは、選挙に対して共同戦線を組織することに決めました。つまり、国民の誰もが選挙をボイコットするように運動を展開する予定です。(来年1月9日に行なわれる予定のこの選挙に関して、ムシャラフは当日まで戒厳令実施を続けると言っている。)
d0123476_15333872.jpg
To restore justice, protect human rights
This election will be a total fraud unless the emergency is lifted and the Supreme Court is restored. We don't recognize these present puppet judges. If the [former judges] aren't [reinstated] then Musharraf will have achieved his aim of the emergency; to install his own judges. With his own judges he can rig the elections and muzzle the media and finally get a puppet parliament.
司法の独立と基本的人権の復活を目指して
戒厳令が解除になって最高裁判所判事が元に戻らなければ、今度の選挙は完全な詐欺ですよ。われわれは、ムシャラフが勝手に選んだ現行の傀儡判事を認めません。もしも従来の正当な判事たちが復帰できないのであれば、そのとき初めてムシャラフは非常事態宣言を敷いた本来の目的を達成したことになるでしょう。つまり(テロリスト対策ではなく)最高裁判所を自分の息のかかった判事だけで固めるという目標です。法律を承認するのが傀儡判事であれば、選挙結果を操作したり報道を圧殺したり、最終的には傀儡内閣をでっちあげたり、好き勝手にやりたい放題になるでしょう。
d0123476_933972.jpg
Can you bring in Benazir Bhutto to your alliance?
If Benazir joins us in boycotting the elections then the polls have no credibility. But there's a lot of suspicion here. What we don't want is for her to use us as a bargaining chip and then cut another separate deal for herself with Musharraf. We need to know what is the game she is playing, because her credibility with us is low.
ベナジール・ブット女史をあなたの味方につけることは可能ですか?
もしベナジールが選挙をボイッコットしてわれわれの戦列に加わるなら、そうなれば投票はまったく無効になるでしょう。しかし、その件に関しては沢山の疑問点があります。
われわれがそうなってほしくないと警戒するのは、彼女が我々を存続のための取引条件として利用して、そのあとで独自にムシャラフとの談合に走ったりしないか、という点です。
われわれは今回の運動で彼女がどんな役割を果たしたいのか、率直に知りたいです。これまでの実績では、彼女への信頼度は低いですから。
d0123476_965868.jpg
Now she says her party will likely boycott the polls.
If Benazir makes a categorical statement about a boycott, then, of course, we have a tremendous opportunity of mobilizing Pakistanis, because people will get the impression this is a joint front. That will put a lot of pressure on Musharraf.
彼女は今や選挙投票をボイコットするとまで言っていますが
ただし、もしベナジールが選挙のボイコットに関して具体的な条件付きで声明を出したなら、その時にはもちろん受け入れて、パキスタン国民を動かすとてつもないチャンスが実現できる可能性を、われわれもつかむことになります。なぜなら、国民は「これは民族統一戦線だ」という印象を受けるでしょうから。そうなれば、ムシャラフにとって大打撃になることは間違いないです。
d0123476_9313937.jpg
But can the opposition get together in the face of Musharraf's emergency?
We have to. He is in control because opposition parties do deals with him. Qazi, Nawaz and I have been saying that without a street movement this guy is not going to go. Everything he [Musharraf] has promised he has reneged on.
ムシャラフ政権の戒厳令下の弾圧に会いながら、それでも反対派を統一することは可能ですか?
そうしなくては。彼は反対派それぞれと個別に談合していたから、制圧できていたんですよ。カジやナワズ、私が今まで言ってきたのは、大衆が通りに出て反対運動を展開しない限り、あいつは絶対に辞めようとはしないだろう、ということです。やつ(ムシャラフ)は約束した事を片っ端から破ってきました。
d0123476_9234896.jpg
Lesson from the history of dictators' regime
He is clearly not going to leave power voluntarily, so that's why we need a street movement. That's the only thing that dictators in the past have been affected by and what the army looks to. When the army realizes that he has become a liability, it will get rid of him.
歴史上の独裁者の運命からの教訓
やつが自分から進んで権力の座を離れる、なんてことがないのははっきりしてます。だからこそ、われわれは街に出て運動を展開する必要があります。それが唯一、歴史上の独裁者が脅威を抱く効果があり、軍隊の目を醒ます現実だったのです。軍隊が独裁者は彼らにとっても足枷でしかないことに気がつけば、その時には暴君を見捨てるでしょう。
d0123476_9252136.jpg
Sudden surprising oppression
But he took us by surprise and put everyone in jail. There's no leadership left. And they've really beaten up people this time. The workers have really been thrashed. There have even been broken bones. Even women human rights workers were shoved around.
前例を見ない突然の過酷な弾圧
しかし、やつが我々をびっくりさせたのは、突然に誰もかもを一斉に投獄したことです。だから、反対運動のリーダーシップをとる者が一掃されてしまった。おまけに今回は、彼らは実際にひとびとを暴力的にぶちのめしてますよ、運動家は文字通りずたずたに暴行されたし。骨が折れるまで打ちのめされた者もいますよ。女性や人権擁護主義者のおとなしい運動家まで、強引に引きずり回されたし.....。
d0123476_9243587.jpg
»» 次号「イムラン・カーン インタビュー」後編へ続く
【米国時間 2007年11月22日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6610392
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6610392

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11〜14位。応援よろしくお願いします!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-22 15:48 | パキスタン戒厳令の季節

戒厳令の季節 第1章 パキスタンのダークスーツ革命

f0127501_128435.gif
 ||| 第1章 パキスタンのダークスーツ革命 |||
d0123476_12561129.jpg
三権分立・民主主義の基本精神擁護のため立ち上がった弁護士たち

2007年11月13日 | ロン・モロー/ニューズウィーク特約 | 『米流時評』ysbee 訳
これで5日間で2度目の自宅拘束命令で、パキスタンの前首相ベナジール・ブットはまたもや禁足処分で身動きできなくなってしまった。先週金曜には、イスラマバードの彼女の自宅に対して自宅収監命令が下され、鉄条網と完全武装の機動隊が幾重にもその周囲を包囲して、その日に予定されていた軍都ラワルピンジでの抗議デモを、ブット女史が先導するのを阻止した。

Pakistan's Black Suits Revolution
What is happening now in Pakistan is the social revolutions in multi-sphere.
By Ron Moreau | Newsweek — Web Exclusive | Translation by ysbee
NOVEMBER 13, 2007 — For the second time in five days, former Pakistani prime minister Benazir Bhutto finds herself under house arrest. Last Friday she was hemmed in inside her Islamabad residence behind coils of barbed wire and a phalanx of Pakistani riot police to prevent her from holding a political rally in the nearby army garrison town of Rawalpindi.

__________________________________________________________________
NOVEMBER 19, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 N E W S W E E K | S P E C I A L

第1章 パキスタンのダークスーツ革命 立ち上がった弁護士たち
2007年11月13日 | By ロン・モロー/ニューズウィーク サイト独占掲載 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_12565844.jpg
1. 'Sub-jail' by detention order
Today's lockup was an eerily similar replay but on a larger and harsher scale. This time she was not even allowed to come out of her house and address the large gathering of local and international media waiting at the barricades. She was sealed tight inside the comfortable home of one of her top aides in Lahore's tony Defense Housing Authority (DHA).
自宅逮捕処分により「亜・収監」
今日(13日火曜)の自宅拘禁は先回と気味の悪い程似たパターンだったが、動員された軍警察の人数も厳しさも一段とスケールを増した感がある。ブット女史に関しては、今回は逗留中の知人の家から一歩も出る事を許されず、したがって先回のように、自宅周辺を包囲したバリケードまで集まった群衆や海外の報道陣に向かって、スピーカーで演説することは不可能になった。ラホーレ市内の軍用高級住宅街の一角にある、彼女の参謀のひとりの瀟洒な自宅の内部に、厳重な警戒の元に拘束されている。
d0123476_12581336.jpg
ラホーレ市内のブット逗留先の住宅周辺に近づく者は誰彼の区別なく一斉検挙にあい護送車で収監された

2. Trapped in super-tight security
Police padlocked the house's gate, pasted on it two seven-day detention orders that declared the house a "sub-jail," and rolled up a police pickup truck to block it further. The cops cordoned off the street running in front of the house with more barbed wire, farm tractors tied to wagons piled high with sand, and large cargo trucks.
前代未聞の厳戒態勢で遮断
軍警察は、問題の家の門を施錠しその門に7日間の禁固処分の令状を2枚貼り付け、その家が「留置所に準ずる」状態を宣言した。さらにはその先への侵入を防ぐため、警察の装甲車をくり出して道路をさえぎってしまった。周辺の通りを警備するために配置された警官以外は、鉄条網をさらに二重三重にはりめぐらし、砂を山盛りに積んだトラクターやダンプカーを道路遮断用に横付けにして、住宅の周囲に鉄壁の防御態勢を敷いた。
d0123476_12584657.jpg

3. Entire neighborhood blocked
The entire quiet, upper-middle-class neighborhood was tightly sealed, preventing anyone from getting out or in. Police even forced neighbors to sign documents saying they would not talk to the media or allow them into their houses. In a plaintive e-mail Bhutto's information secretary Sherry Rehman said it all: "We are trapped in here." Bhutto and a handful of her senior aides are stuck for at least one week, it seems.
近隣全域の通行遮断
その邸宅周辺は普段は閑静なアッパーミドル階級の住宅街だが、今日は厳重な警戒網が敷かれ、その地域への通行の出入りは一切禁止された。警察側ではさらに、近隣の住民すべてに「報道陣の取材や訪問を受け付けない」という宣誓書に署名までさせるという念の入れようであった。ブットの広報担当秘書であるシェリー・レーマン氏からのメールが、その状況の全容を物語っていた。
「われわれは罠にはまってしまって身動きできません」この調子だと、ブットと一握りの側近は、この場所で少なくとも1週間はカンヅメになりそうな様子である。
d0123476_12592483.jpg

4. Lame excuse as usual
Government officials gave the lame excuse that the super security clampdown was for her own good, leaking news that a suicide bomber was on the loose, a terrorist similar to the killer who blew himself up next to her motorcade in Karachi last month, killing some 140 people, a fraction of the tens of thousands who had turned out to welcome her back from eight years in exile. But no one was buying that.
苦しい弁解「テロ対策の特別警護」
パキスタン政府高官は、今回の2度目の弾圧に対して苦しい言訳をこじつけている。いわく「超」のつく厳戒態勢はブット自身の身の安全のためであると弁明し、そうした理由は自爆テロリストがラホーレ市内に潜入したという情報がテロリスト側から漏れてきたからだと説明した。
またこのテロリストは、8年間の海外亡命生活から帰国したブット元首相を歓迎するために繰り出した数十万人の人出を狙い、140人以上の死者を出した先月のカラチ市内のパレードでの自爆テロ犯人と同じようなテロリストだと説明した。しかしパキスタンの誰も、ムシャラフ政権のそんな言訳を真に受けはしない。
d0123476_12595398.jpg

5. 8-year rule may end by 10-day-old emergency rule
Pakistani President Pervez Musharraf was pulling out all stops to prevent her from launching her "long march," a slow-moving vehicle caravan from Lahore to Islamabad along some 250 miles of the historic Grand Trunk Road. Bhutto was hoping that hundreds of thousands of Pakistanis fed up with Musharraf's eight-year rule and the 10-day-old emergency rule would turn out to greet her or join her campaign.
8年の軍政を10日間の戒厳令が終幕へ
パキスタンのペルヴェズ・ムシャラフ大統領は、ブット女史が提唱した「ロングマーチ」を彼女が主導して出発するのをなんとしてでも阻止するために、あらゆる方策を尽くしているようだ。そのマーチというのは、歴史的にも有名なグランド・トランクロードの250マイルの道のりを、ラホーレから首都イスラマバードまで車の隊列を組んでゆっくりと行進する、という主旨であった。
ブット女史の思惑としては、その行進の道すがら、ムシャラフの8年間の独裁と10日間の戒厳令にうんざりしたパキスタン国民が、彼女の抗議行動を応援あるいは行進に参加するために、歓迎パレード以上の数十万人の人出を記録することを期待していた。
d0123476_1302547.jpg

6. Won the day, lose the battle
The president and his men were even more determined to scotch it. Musharraf won the day, shutting Bhutto indoors and largely keeping protesters off the streets. But he could be losing the battle. "He should be building bridges to the opposition, not burning them," warned one influential Pakistani businessman. Indeed, it is nearly impossible to find anyone outside Musharraf's inner circle and his hard-core political allies who have a good word to say about the president or his emergency.
戦術に勝って戦略で負けた将軍
ムシャラフ大統領と彼の腹心は、この弾圧で強硬姿勢を続けることにさらに意を固くしたようである。ブットを屋内に閉じ込めて活動を阻止し、ほとんどの通りから抗議の人並みを排除したという意味では、たしかにムシャラフは今日の作戦では勝ったかもしれない。しかし、彼はこの民主化の闘いでは敗北を喫するだろう。
「大統領は反対派との架け橋を築くべきで、焼失するべきではない」こう警告するのは、パキスタンの有力な実業家である。まさにその通り。反対派以外では、政権内部のほんの一握りの仲間内や少数の支持派の政治家連中の間では、大統領や戒厳令に関して直言する者は誰一人見当たらない。
d0123476_1305534.jpg

7. 'Conscience against martial law'
"No one wants this military dictatorship," said one DHA resident, a petroleum engineer. "All Pakistanis who have a conscience resent him and his martial law." Another neighbor, a well-dressed housewife, was equally outraged at the heavy security presence and its goal of keeping Bhutto and her supporters off the streets. "I don't support Benazir," she said, "but I don't like Musharraf, and I don't like her being treated this way."
「戒厳令と良識の闘い」
「パキスタンの誰ひとりとして、こんな軍事独裁制を望んではいない」こういうのは今回の邸宅の近所に住む住民で、石油会社のエンジニアである。「良心をもったパキスタン人なら誰でも、ムシャラフと戒厳令に対して苦々しく思ってますよ。」
またもうひとりの住民は、小ぎれいな服装の主婦だが、厳重な警戒態勢とブットや支持者の行動阻止とに対して、同じように怒りをぶちまける。「私はベナジール(ブット)を支持してませんよ。でもムシャラフはいけすかない。彼女がこんな風に扱われるのはいやですね。」
d0123476_1314157.jpg
【米国時間 2007年11月19日 訳『米流時評』ysbee】

»» 『米流時評』緊急特集 「パキスタン・戒厳令の季節」
第1章 「ダークスーツ革命」  司法権の独立を守るため立ち上がった弁護士たち
第2章 「ホワイトスカーフ革命」 民主主義のためブット女史を支持する女性たち
第3章 「アイボリータワー革命」 独裁弾圧に抗議してカーンを支援する学生たち

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6564668
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6564668

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11〜14位。応援よろしくお願いします!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  |  欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 大事故・大災害  | 世界不思議探検
グローバルビジネス | アップル vs MS  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-19 10:24 | パキスタン戒厳令の季節
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー