人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ムンバイ テロの決算・タージホテル陥落

f0127501_128435.gif

   ||| タージ陥落でムンバイテロ終結 |||

d0123476_8342069.jpg
  60時間の死闘の末、人質篭城のテロリスト最後の砦 タージマハルホテル陥落

d0123476_18552829.gifムンバイの同時テロ襲撃発生から延々60時間経った28日金曜(日本時間で29日土曜)インド政府軍のコマンド特殊部隊が、タージマハールホテルを虐殺の砦にしてたてこもったテロリストの、最後の3人をしとめて、足掛け4日間の市街戦に終止符を打ちました。

手榴弾と機関銃でホテルのコリドールを駆け抜け、宿泊客を手当り次第に撃ち殺したテロリスト。命からがら脱出した生存者の話では、彼らは顔面に笑みを浮かべながら後ろ手に縛った人質の頭部に、次々と銃弾を撃ち込んでいったそうです。「Pure evil!」と吐き捨てるように言った脱出者の声が脳裏でエコーしています。ホテルの生き地獄を生き抜いた宿泊客の談話や、惜しくも殺された犠牲者のストーリーは、このあとに続けてご紹介したいと思います。
d0123476_8364770.jpg
また戦闘が終結してほっとする間もなく始まった、テロリストの正体を追求する国際捜査陣の推理や、テロ専門の諜報関係者の談話では、やはりこのテロ攻撃の影にパキスタンの黒幕の暗躍があった模様。テロリストのネットワークを暴く諜報の『CSI ムンバイ』を続編でお届けします。
まずはともかく、壮麗なタージホテルがテロ戦争の戦場となった『ムンバイ・テロの決算』を。

[米国時間 2008年11月28日『米流時評』ysbee]

__________________________________________________________________
NOVEMBER 28, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11月28日号
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d  P r e s s | B R E A K I N G
60時間の死闘の末、テロリスト人質篭城の最後の砦 タージホテル陥落
米国時間 2008年11月28日午後11時16分 | NBCニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_8354656.jpg
Troops Search India Hotel After Rampage Ends
Bush pledges full support as India probes attacks that killed 196
NOVEMBER 29, 2008 | NBC News — BREAKING | Translation by ysbee
MUMBAI, India — A 60-hour terror rampage that killed 196 people across India's financial capital ended Saturday when commandos killed the last three gunmen inside a luxury hotel while it was engulfed in flames. Authorities searched for any remaining captives hiding in their rooms and began to shift their focus to who was behind the attacks, which killed 18 foreigners including six Americans.

ムンバイテロ最後の攻防戦終結
インド・ムンバイ発 |60時間にわたるテロリストとの死闘の末、200名近い犠牲者を出したインド経済の首都ムンバイの戦闘は、インド陸軍のコマンド部隊が炎上した最高級ホテル・タージマハール内部に立てこもった最後の3人のテロリストを射殺して、終結を迎えた。
ムンバイ警察当局は、まだホテル客室内に隠れている宿泊客の救出確認を急いでいるが、6名のアメリカ人を含む18名の外国人も犠牲となった今回のテロ襲撃の背後にいるのは何者か?という犯人究明に捜査の焦点をあてる方向へシフトし、事件の原因解明へ踏み出した。
d0123476_92984.jpg
テロリストが宿泊客を人質に取って立て篭ったタージホテル 機関銃を据えて習いを定めるインド政府軍の狙撃兵

1. Seized the World Heritage Taj

Orange flames and black smoke engulfed the landmark 565-room Taj Mahal hotel after dawn Saturday as Indian forces ended the siege in a hail of gunfire, just hours after elite commandos stormed a Jewish center and found six hostages dead.
炎上した世界遺産のタージホテル陥落
世界遺産にも指定され「ムンバイの星」と謳われ同市のンボルだった、壮麗なタージマハール・ホテル&タワー。この565室を擁する超高級ホテルは、テロリストが宿泊客を人質に立て篭って以来、強固な要塞と化した。このタージホテルを戦場に、テロリストの侵入占拠から3日目の土曜の朝が明けたあと、インド政府軍の特殊部隊は、ホテル内部から機関銃を発射するテロリストと激しい銃撃戦の応酬を交わした。
別のテロ襲撃現場であるナリマンハウス(インド訪問のユダヤ人の立寄り場所として有名)では、エリートコマンド部隊が空から劇的な奇襲作戦をかけて犯人を射ち倒し3日間の包囲を終結したがこちらでは6人の人質が遺体で見つかった。
d0123476_1264713.jpg
ムンバイのユダヤ人センター・ナリマンハウスで2日間の篭城を続ける犯人を包囲し、空から奇襲するコマンド部隊

2. Driven by Black Cats, India's best commandos

字数制限のため英文省略
精鋭「黒猫」コマンド部隊が突撃
それから数時間後に、タージホテルへの軍隊の突撃が開始された。篭城していたテロリストは、ホテルのオーシャンフロントの一角に火を放ち、1・2階からはと猛炎が吹き出した。「The Black Cats」の愛称で親しまれる精鋭のコマンド部隊は、ホテル内部を部屋から部屋へと逃げ回る犯人たちとイタチごっこを繰り返した末、最終的に追いつめた。
テロリストたちは、26日水曜夜の攻撃の第一波で手榴弾を投げ込み突入したが、機関銃を乱射して殺害した宿泊客の死体に工作をしていた。ある者の口中には手榴弾を詰め込み、ある者の死体の下には爆弾を隠して、警官や兵士がホテル内へ入って死体に触れたら爆発するように卑劣な工作が仕掛けられていた。
d0123476_1293243.jpg
3昼夜市街戦の戦場と化したタージホテル テロリストはこのホテル全体を爆破し5千人殺害する計画だった

3. Nine attackers killed, one arrested

字数制限のため英文省略
最後のテロリスト9人死亡、1人逮捕
襲撃を挙行したテロリストたちは、当初およそ40名ほどと見られていたが、水曜夜ムンバイ市内の合計10カ所を襲撃した。彼らは海から上陸し、市の中心にあるターミナル駅で混雑した人混みに機関銃を乱射し、一般市民数十名を殺害。その際に駅構内の警察の派出所を襲撃して警官を殺害し、警官のユニフォームを身につけてパトカーで逃走するという、大胆不敵な作戦を実施した。
しかし3日間の攻防のあとで最後に残った篭城の砦が、タージマハールホテルだった。「ホテル内部に立て篭った犯人は3人で、われわれは全員をやっつけた。」インド国防軍の中でも精鋭のコマンド部隊のJ・K・ダット司令官は、戦闘終結の状況をこう説明した。
d0123476_8371714.jpg
テロ襲撃・人質篭城・爆破炎上・銃撃戦と、60時間ぶっ通しで市街戦の戦場となったホテルのエントランス

4. Historic terror as 'India's 9/11'

Nine of the attackers were killed, a tenth caught alive. He told interrogators they wanted to go down in history for an "Indian 9/11", and were also inspired by the bombing of the Marriott hotel in Islamabad in September, Times Now TV said, quoting an unidentified defense ministry official.
「インドの9/11」として歴史に残るテロ
ムンバイ市ばかりでなく世界を震撼とさせたテロ実行犯人は全部でわずか10人で、そのうち9人は警察や軍隊との戦闘で狙撃され死亡。最後の一人は生け捕りになった。
このたった一人の生き残り犯人が警察の尋問を受けて自白した内容では、「インドの9/11」として歴史に残るような大事件を起こすつもりだったらしく、また9月にパキスタンの首都イスラマバードで起きた、マリオットホテル爆破事件からもヒントを得たようであると、匿名の内務省高官が語ったと、Times Nowテレビの報道は伝えている。
d0123476_930944.jpg
世界のツーリストの憧れ「ボンベイの星」と謳われたタージマハールホテル この世界遺産も二度火に包まれた

5. Plan to kill total of 5,000

Local news channel NDTV also reported the captured militant told investigators the gang aimed to blow up the Taj hotel and hoped to kill a total of 5,000 people. It is thought that the terrorists underestimated the strength of the building's stone exterior.
ホテル爆破で5千名の大量殺人計画
また地元のニュースチャンネルNDTVでも、生け捕りになった犯人が捜査官に自白した内容を伝えているが、そちらの報道内容では、犯人一味はタージマハールホテル全体を木っ端微塵に爆破する計画だったらしく、5千名の一般市民を大量殺人するのが最終目標だったと語ったと伝えている。しかし結果的には、内部に侵入してから仕掛けた爆薬を爆破しても、強固な石造建築のタージホテルは崩壊せず、内部からの火災でホテルの一角が二度炎上するにとどまった。
d0123476_839148.jpg
事件発生当時ホテル最上階ではセキュリティ問題のエキスパートが集まり、国際フォーラムを開いていた最中だった

6. Survivors and booby traps left by militants

Explosions continued rock the Taj hotel after the battle as soldiers blasted open doors and detonated explosives found on the gunmen as they swept the hotel once more looking for survivors and booby traps left by the militants. Some hotel guests were still believed to be in their rooms.
恐怖の牢獄と化した客室
最後の犯人が殺されて戦闘が終結したあとも、タージマハールホテルには何回となく爆発音がとどろいた。一連の爆発は、それ以上の犯人が隠れていないかどうか兵士たちが鍵のかかった客室のドアを開けるために爆破したり、前述の死体に隠された爆発物が起爆したり、また生存者捜索の際に爆発を起こすようテロリストによってあちこちに仕掛けられたブービートラップに兵士が触れて爆発を起こしたことによるものである。さらにはまだ相当数の宿泊客が、兵士とテロリストの区別がつかないので戦闘終結の事態が納得できず、恐怖のあまり客室に閉じこもったまま出て来ない現状だという。
d0123476_12104722.jpg
ムンバイハーバーのウォーターフロントで占領されたもうひとつのラグジュアリーホテル・オベロイトライデント

7. Many guests hiding in their rooms

字数制限のため英文省略
60時間の地獄を生き抜いた生存者
「彼らはまだ恐怖におののいています。なので、われわれがドアの外から客室に向かって出てくるように言っても拒絶して、軍隊の身分証明書を示して安心させようとしても、しばらくは戦闘が終わった事実を信じられないでいます」コマンド部隊のダット司令官は、宿泊客のトラウマをこう語った。
一方捜索班の警察犬は、豪華ホテルの客室に遺体が残留していないかどうか嗅ぎ回り、手術用のマスクをつけた担当スタッフが、ホテル内のあちこちに散乱した死体を搬出している。戦闘が激しく展開していた時点では、まだ多くの宿泊客が客室をロックして閉じこもっていたが、兵士たちの説得で、次々に部屋から惨劇の現場となった廊下へと姿を現した。
d0123476_8394225.jpg
オベロイトライデントホテルの上階 手榴弾の爆発で壊れたウィンドーから生き残った宿泊客が見える

8. 'Blood, blood everywhere'

"The blood, everywhere the blood," an American woman called Patricia told NDTV channel, choking back tears. "And when we came down to the lobby, all the hundreds and hundreds of policemen were standing there looking so fried and so sad."
生存者「そこらじゅう血の海」
「血だらけ、もうそこら中、血の海!」生存者のひとりでパトリシアさんと名乗るアメリカ人女性は、NDTVチャンネルの取材に、嗚咽をこらえてこう語った。「部屋から出てロビーへ降りたら、それこそ何百人という警官が呆然と立ち尽くしていて、みなひどく悲しそうな顔をしていました」
d0123476_840344.jpg
タージマハールホテルの厨房は屠殺場と化したと言う /左:厨房で奇跡的に生き延びて救出されたコックたち
右:救出されたあとも恐怖感が抜けず取材に答えられない生存者。脱出者はみな一様に生き地獄だったと表現する


9. Many bodies not recovered yet

字数制限のため英文省略
未確認の死体続出の恐れ
またNDTVの報道によると、タージホテルの4階と6階は、爆破されたあとに起きた2度の火災によって、床が陥没していると言う。遺体捜索の担当官の談話では、消失した部分の客室にいて焼死した宿泊客の遺体が、今後かなりな数で発見されるのは間違いないと語っている。
一方ホテルの外部では、客室に閉じ込められ人質となったゲストの家族たちがひとかたまりになって、当事者が無事な姿で現れることを心待ちにして立ち尽くしている。彼らのほとんどは、水曜の事件勃発以来キャンドルを点して、家族の無事を祈り続けてきた。
d0123476_8411058.jpg
家族の身元確認のため遺体安置所と化したセントジェームズ病院を訪れた犠牲者の遺族 死者の数は今後も増える模様

10. Well-planned, well-prepared

字数制限のため英文省略
周到に練られた計画と実戦訓練
テロ襲撃の犯人たちは準備周到で、かなり以前からある特定のターゲットをあらかじめ選定していたと見える。また長い篭城と戦闘に備えてその間のエネルギーを保持するためか、大きな袋入りのアーモンドを携帯していた。終結後に押収された犯人のバックパックのひとつからは、400発の弾薬も発見されている。
インドは近年、イスラム狂信派のジハディストによるものと思われるテロ攻撃が頻発し、社会不安の要因になってきていた。しかし今回の一連の襲撃は、きわめて高度な計画と連係プレーによる作戦で、しかも随分大胆な戦略である。
d0123476_8414877.jpg
ムンバイの鉄道ターミナル、チャトラパティ・シヴァージー・ターミナル駅でAK47の機関銃を乱射したテロリスト

11. Checked in hotel weeks before

Several newspapers said some of the militants had checked into the Taj hotel days or weeks before the attacks, while the Times of India said they had rented an apartment in the city a few months ago pretending to be students.
事件の数週間前からホテルに逗留
現地の新聞のいくつかが報道する内容では、犯人たちはタージマハルホテルに襲撃決行の数日前、あるいは数週間前からチェックインしていたと伝えているが、タイムズオブインディア紙の記事では、彼らが学生の身分を偽って、数ヶ月前からムンバイ市内の賃貸アパートで過ごしていたと報道している。
d0123476_8422673.jpg
バスケットに乗って決死の消火作業 当初は内部から狙撃されるため消防車が到着しても消火作業ができなかった

12. With long stint of commando training

An army general said the gunmen appeared to be very familiar with the hotel's layout and were well trained. "At times we found them matching us in combat and movement," one commando told the Hindustan Times. "They were either army regulars or have done a long stint of commando training."
長期の特殊軍事訓練を経たテロリスト
インド陸軍のある司令官の談話では、テロリストたちはホテル内の配置に精通しており、武器の使用に関しても熟達していたと言う。また実際の戦闘に立ち会ったコマンド部隊の司令官がヒンドゥスタンタイムズ紙に語った内容は、次のようなものである。「彼らの戦闘能力と作戦行動での敏捷な動きは、われわれコマンド部隊の実力と匹敵するものだった。彼らはさながら現役の兵士か、さもなければ特殊部隊のコマンドとしてのトレーニングで長期間鍛え上げたプロのようだった。」
d0123476_843261.jpg
事件発生の翌朝28日、ムンバイの同時襲撃テロ事件を伝える現地の新聞 タイトルは「War Zone Mumbai」

13. 18 Foreigners of 11 countries killed

字数制限のため英文省略
11カ国の外国人18名が犠牲に
ムンバイ市内のユダヤ人センター、ナリマンハウスを運営するニューヨーク出身の米国籍ユダヤ人ラバイ(ユダヤ教の長老)ガヴリエル・ノーチ・ホルツバーグさんと妻のリヴカさんは、水曜にテロリストが襲撃して篭城して以来人質になっていたが、2人とも死体となって発見された。しかし、夫妻の一人息子で土曜に2才の誕生日を迎えるモシェ君は、人質になっていた使用人の女性が警察の突撃で逃走する際に、素早く部屋に飛び込んで子供を抱えてビルの外へ逃げ出したために助かっている。
夫妻の他にも、ドイツ人、カナダ人、イスラエル人、英国人、イタリー人、日本人、中国人、タイ人、オーストラリア人、シンガポール人の合計18名の外国人が、今回の襲撃事件の対象となって殺されている。負傷者は、28日金曜夜までの段階で295名にのぼった。 »» 続く
d0123476_8433950.jpg
タージホテルから60時間ぶりに救出された宿泊客 今後のインターナショナルなホテルの保安強化体制は必然の流れ

【 米国時間 2008年11月28日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg

»» 次号「速報!インドでまた爆破テロ、アッサム州の列車爆破」へ続く
«« 前号「速報!インド・ムンバイで同時多発テロ発生!」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8993719
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8993719

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_15291091.jpg


『米流時評』CURRENT ISSUE アーカイブへ
by ysbee-2 | 2008-11-28 08:45 | インド・ムンバイテロ

速報!インド・ムンバイで同時多発テロ!犯人画像ほか現場写真

f0127501_128435.gif

 ||| インド・ムンバイで同時多発テロ発生 |||

d0123476_858726.jpg
速報!インド・ムンバイで同時多発テロ発生!市内8か所爆破テロで80数名死亡 
犯人はラグジュアリーホテル タージマハルとオベロイで人質を捕り篭城、炎上中!
テロ組織デカン・ムジャヒディーンから、ニュースメディアへ 犯行声明のメール


d0123476_18552829.gif明日からサンクスギビングデーで4日間のホリデイウィークエンドを迎える米国では、一般家庭では盆と正月が一緒に来るようなご馳走の支度に大わらわの日。しかし、テロリストは、こういうソフトなシーズンを狙うものですよ。朝っぱらから「インドのムンバイで同時多発テロ発生!」ときました。もう、なんでこんな時に!

d0123476_10231037.jpg【第1報:午前9時】8カ所以上で同時多発の爆破テロとくれば、間違いなくアルカイダ系のテログループによる「コーディネート・テロ」のよう。今回の攻撃ターゲットとなったのは、欧米人に人気の高いタージホテルやホテルオベロイなど、国際的にも評価の高いファイブスターホテル数カ所。ケーブルのニュースチャンネルは全て、現地からの中継を流しながら、米国諜報のプロや軍事専門評論家が控えて解説中。今現在でもホテルのあちこちから火の手があがり、猛煙を上げて炎上中。

【第2報:午後1時】当初の臨時ニュースでは死者80名・怪我人250名だったのが、30分ほど前にいきなり急増して「負傷者800名!」市内の救急病院がひっくり返るような騒ぎで、数が確定しない様子。解説者も「犠牲者は数百人になるだろう」と予測。現場から命からがら逃げ出した現地市民の目撃談では、犯人はホテル内の客に「イギリス人か?アメリカ人か?」と訊ねて回り、英・米人は人質として拉致されたよう。噂では、その場で射殺されたとも……
d0123476_8585684.jpg
【第3報:午後4時】CNNをつけっぱなしにしてニュースをチェックしていますが、事態は一向に好転せず。確認した死者数は85名に増えましたが、負傷者は125名に減りました。テロ襲撃現場の常で、情報は錯綜をきわめている模様。
トップの写真からも伺えるように、20世紀初めの創業以来105年の歴史を誇るタジマハールホテルは、威風堂々とした壮麗な建物ですが、相変わらず煙に包まれ……(消防車が全然見えない)一方、ホテルオベロイのアーケードに立ち並ぶ、ヨーロッパの名門ブランドのブティックが次々映し出され……(これじゃ狙われる訳だわ)ヴィトンのショップの上からはホテル客室からシーツが垂れ下がり……(何人かはこれを伝って逃げたんだろうな)…… もう、次々と映し出される画面に見とれておりまして、翻訳する暇がありませんです。しかし早く上げなくては!
d0123476_951340.jpg
【第4報:午後5時】日本の海外ニュースをチェックしましたら「日本人も2名死傷」と出ていて驚きました。何か天然ガス取扱いの三井の商社マンのようですね。インドもそうですが、パキスタン、アフガニスタンと、やはり地政学的に顕著な場所では、商社マンと諜報とテロリストの暗躍がシンクロして活発なようです。二つのホテルのほかに、犯人は市内の病院も襲撃して立てこもりましたが、こちらは小児科か産婦人科のようで、ご婦人と子供さんが人質になっていて、しかしその数は一向にわからないという……関係者や家族は気が気ではなく、一睡もできなかったんじゃないでしょうか。

【第5報:午後5時15分】たった今、現場からの中継を続けているCNNの画面でバンバーンと銃声が……全部で7発撃たれたそうです。犯人のものなのか警察なのか、すぐには判りません。CNNを見れる方は、どうぞスイッチオンして見てください。それから、病院で人質になっていた婦女子が解放された、というニュースも。しかし、情報の真偽を確認するまでは安心できません。
d0123476_13102877.jpg
ところで、ムンバイは聖なる汚い川 (?) ガンジスがインド洋に流れ込む、昔からインド洋貿易の要港だった古い歴史を誇る商業都市。マハラシュトラ州の州都にあたり、人口から言うとインド第一の都市で、その数1900万人。昔はボンベイと呼びましたが、これは大英帝国の植民地時代からの呼称なので、95年に旧来からの現地読みであるムンバイに再度改名したそうです。特に昨今は、IT産業の台頭が目覚ましく、インド映画産業の俗称ボリウッドもムンバイが本拠地。日本企業も60社以上進出しているとか。今回の事件の影響は、色んな産業に影を落としそうですね。

事態がどんどん進展するに連れて、このあとの記事も時々刻々と更新になってますので、随時更新アップいたします。表示した時刻はハワイ時間で、日本よりも5時間早いです。1日遅れですが。
[米国時間 2008年11月26日『米流時評』ysbee]

__________________________________________________________________
NOVEMBER 26, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11月26日号
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d  P r e s s | B R E A K I N G
速報!インド・ムンバイで同時多発テロ発生!市内8か所爆破テロで80名死亡
米国時間 2008年11月26日午前11時59分 | NBCニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1312753.jpg
ムンバイ駅のテロ爆破現場から警察の手で救出された子供 しかし、この子の親はいったいどうなったのだろう?

Terrorists Attack in Mumbai, Hold Westerners
At least 80 people killed in gun, grenade attacks on hotels, train station
NOVEMBER 26, 2008 | MSNBC News — BREAKING | Translation by ysbee
MUMBAI, India — Terrorists armed with automatic weapons, bombs and grenades attacked at least eight sites in Mumbai on Wednesday and were holding Western hostages at two luxury hotels, authorities said. Police and Indian media reported at least 80 people were killed and 900 wounded.

インド・ムンバイで同時多発テロ発生
インド・ムンバイ発 |現地時間で26日水曜夜、インドの近代的商業都市ムンバイで、機関銃や爆弾、手榴弾で武装したテロリストが、少なくとも8カ所以上を同時に襲撃。この同時多発テロの襲撃犯人たちは、国際的にも著名なムンバイ市のふたつのホテル、タージマハルとホテルオベロイに数十人の西欧人のホテル客を人質に取って篭城中と、地元ムンバイ警察から発表があった。同警察とインド国内のテレビニュースの報道では、このテロ襲撃事件で少なくとも80名が死亡。250名以上が負傷したと伝えている。

[注:その後、情報は二転三転し、負傷者の数がいきなり800名になったかと思えば、その2時間後には125名に縮小するなど、現場の警察情報にかなりの混乱が見られる。逆に死者は87名へと増えた。現地では一夜明けたというのに、人質の数はいまだ皆目掴めていない。]
d0123476_8592936.jpg
爆破のあった現場のひとつ、ムンバイの鉄道のステーション構内 死者も負傷者も確認の度に数が増える

2. Targeted popular places for the Westerners

The gunmen targeted five-star hotels, a popular restaurant, a police station, a crowded train station and other sites in India's financial capital in attacks that began late Wednesday and continued into Thursday, police and witnesses said. Explosions were heard at the Taj Mahal Palace & Tower hotel, and an ensuing fire engulfed the top of the landmark building early Thursday.
欧米人に人気のある場所がターゲットに
機関銃や手榴弾で武装した犯人たちは、インド経済の中心であるムンバイ市内で、ふたつのファイブスターホテルや、著名レストラン、病院、交番、鉄道の駅などをターゲットにし、水曜深夜から木曜朝にかけて爆破や銃撃などの襲撃を展開。ホテルや病院では人質をとって立て篭っている。木曜未明には、タジマハール・パレス&タワーホテルで大きな爆発音がしたあと、同市のランドマークにもなっている由緒ある建物の最上階は、燃え盛る炎と猛煙に包まれた。
d0123476_1313040.jpg
タージマハールのアーケード街ルイヴィトン 上階からシーツやカーテンを伝って避難する宿泊客にやっとハシゴ車が

3. Five-star hotels: Taj and Oberoi blazed

Screams could be heard and enormous clouds of black smoke rose from the century-old waterfront edifice. Firefighters were spraying water at the blaze. Meanwhile, army troops began moving into another hotel, the Oberoi, thought to contain hostages. "We have reports of 80 people dead and at least 250 injured. Many have serious injuries and the toll will go up," P.D. Ghadge, a police officer in the main control room in Mumbai, told Reuters.
ムンバイのシンボル、タージマハールホテル炎上
数世紀にわたってインド洋のウォーターフロントにそびえ立つ由緒あるクラシックホテル、タージマハール・キャッスル&タワーは、テロリストが侵入し火を放った最上階から黒煙が激しく立ち上り、内部に取り残されたホテル客の悲鳴が飛び交い、駆けつけた消防士たちが必死で消火の水を放出する。一方でインド陸軍の武装した兵士の一隊は、宿泊客が人質になっていると思われるもうひとつのホテル、ザ・オベロイへと向かった。
「現在までの報告では、80名が死亡、少なくとも250名が負傷した模様だが、負傷者の多くは瀕死の重傷であり、犠牲者の数は現在よりももっと増えるだろう」ムンバイ警察の総合司令室で検死担当官のガッジ医師は、ロイターの取材に答えてこう報告した。
d0123476_9531277.jpg
爆破現場から搬出される負傷者 その数も当初の250人から800人へ急増したが、現在は125人に減少

4. Police continuing to battle the gunmen

A.N. Roy, a senior police officer, said police were continuing to battle the gunmen. "The terrorists have used automatic weapons and in some places grenades have been lobbed, the encounters are still going on and we are trying to overpower them," he said. At least four suspects were killed by police in two incidents when they tried to flee in cars, State Home Secretary Bipin Shrimali said.
武装したテロリストと戦闘状態の警察
ムンバイ警察のA.N.ロイ部長は、警察側と武装した犯人との戦闘はいまだに継続中だと報告した。「テロリストは機関銃を使用し、ある現場では手榴弾を投げ爆破している。犯人との衝突は今後も当然あるが、なんとか制圧するよう努力している最中である」
警察の制圧の結果これまでに少なくとも2カ所で4人の容疑者が、車で警察の追跡を逃れようとしたところを警察に襲撃されて死亡したと、国家保安局のビピン・シュリマリ長官から報告された。
d0123476_13195224.jpg
CSIムンバイ 逃走しようとした犯人は警察に包囲され死亡 犯人の靴や犯行に使用したAK47が路上に散乱

5. e-mail statement by Deccan Mujahideen

Home Minister R.R. Patil said nine others were arrested.The arrests come as heavily armed gunmen attacked a pair of luxury hotels, a crowded train station, a police station and other targets in Mumbai, and took people hostage early Thursday. An organization calling itself the Deccan Mujahideen sent an e-mail to news organizations claiming responsibility for the attacks. Terrorism experts said they had not previously heard of the group.
デカン・ムジャヒディーンから犯行声明
インド政府のR.R.パティル内相からは、警察は死亡した4人の容疑者の他に9名を逮捕したと発表された。木曜早朝の逮捕の内容は、ムンバイ市内のふたつのラグジュアリーホテル、混雑した鉄道のターミナル駅、警察の出張所、人気の高いレストラン、病院、映画館などへの武器や爆発物使用による襲撃と、その場に居合わせた一般市民を人質にした容疑によるものである。
犯行を実行に及んだ組織は、自らを「Deccan Mujahideen/デカン・ムジャヒディーン」(デカン高原の聖戦士)と呼び、今回の同時テロ攻撃を実行したのは自分たちであると明らかにした犯行声明のメールを、地元のニュースメディアに送っていた。しかしテロリズム研究の専門家たちは、いまだかつてそのような名前のテログループは聞いたことがない、と語っている。
d0123476_1316611.jpg
現場の防犯カメラが捉えた犯人の映像 目撃者の話では一見ティーンエージャーに見える若者たちだったらしい

6. Alert for U.S., U.K. passport-holders

Among those killed in the attacks was Hemant Karkare, chief of the police anti-terrorist squad in Mumbai, Indian television reported. The U.S. State Department said all U.S. diplomats in India were safe, but officials were still trying to account for any Americans who may have been staying in the hotels and other targeted areas. "At this point, we are unaware of any American casualties," said State Department deputy spokesman Robert A. Wood.
警察、英米人に厳重警戒を警告
一連の襲撃で死亡した犠牲者の中には、ムンバイ警察署のテロ対策軍団の司令官を務めるヘマント・カルカレ氏も混じっていたと、インドのテレビニュースでは報道している。
また米国国務省からは、インド駐在の国務省管轄の外交官はみな無事だったと発表があったが、ホテルに宿泊客として滞在していたか他の現場に居合わせたかもしれない一般の米国人に関しては、いまだにその安否を確認中だとも明らかにした。「現在の時点では、われわれのところへはまだひとりのアメリカ人の犠牲者も報告されておりません」国務省のロバート・A・ウッド広報次官は、記者団の取材に答えてこう報告している。
d0123476_9572857.jpg
爆破で負傷した背中を示すムンバイ市民 英国人・アメリカ人は人質か殺害の対象に

7. Trying to account for Americans

Gunmen opened fire on two of the city's best-known luxury hotels, the Taj and the Oberoi. The attackers specifically targeted Britons and Americans, witnesses said. The attackers were holding an unknown number of Western hostages at both locations, media reports said. NDTV reported gunmen asked for U.S. and U.K. passport holders to be pulled aside.
英人・米人を誰何(すいか)し人質として連行
武装したテロリストは、ムンバイ市でももっとも著名なラグジュアリーホテルの双璧、タジマハールホテルとホテルオベロイに侵入し、宿泊客に銃弾を放った。侵入者は、特にイギリス人とアメリカ人をターゲットにしたと、襲撃現場の目撃者は語っている。彼らは両方のホテルで、はっきりした数は不明だが相当な人数の欧米人を人質にとっていると、ニュースメディアは伝えている。現地NDTVのレポートによると、犯人らは米国と英国のパスポート所有者を選んで連行したと言う。
d0123476_1015288.jpg
露地裏に逃げ込んだ犯人を追いつめるムンバイ警察の狙撃手 しかしクルマのアンチックなこと!昭和30年代です

8. Attack on police station in the terminal

Assailants also attacked a police station, the crowded Chhatrapati Shivaji Terminus station in southern Mumbai and Leopold's restaurant, a Mumbai landmark. The motive was not immediately clear but Mumbai has frequently been targeted in terror attacks, including a series of blasts in July 2007 that killed 187 people.
混雑した鉄道の終着駅派出所も襲撃
暗殺者たちはまた、ムンバイ市南部にある世界遺産としても有名な、人ごみでごった返すチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅や、19世紀からのムンバイ名物レストラン、レオポルズ・カフェ、警察の派出所、映画館、病院なども同時に襲撃した。今回の同時テロ攻撃の動機はまだ定かではないが、ムンバイ市はこれまでにもしばしばテロ攻撃の対象となってきた。その中には、2007年7月の連続爆破事件があり、その時には187名が犠牲になっている。 »» 続く
d0123476_9595969.jpg
爆破でドアが損傷したターミナル駅構内の交番オフィスで現場検証するムンバイ市警察

【 米国時間 2008年11月26日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg


MSNBC News Video | Gunmen Open Fire In Mumbai


CNBC News Video | Terrorist Attacks in Mumbai Kills over 100

»» 次号「ムンバイ テロの決算・タージホテル陥落」へ続く
«« 前号「速報!タイ反政府デモ隊がバンコック空港を占拠!」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8980075
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8980075

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_15291091.jpg


『米流時評』CURRENT ISSUE アーカイブへ
by ysbee-2 | 2008-11-26 09:06 | インド・ムンバイテロ

タイ反政府デモ隊がバンコック空港を占拠!

f0127501_128435.gif

  ||| 反政府デモ隊バンコック空港を占拠 |||

d0123476_17105854.jpg
タクシンの傀儡政権打倒を要求して、タイ反政府デモ隊がバンコック空港を占拠!

d0123476_18552829.gif昨日お知らせした、草莽全国地方議員の会主催の「国籍法改正に反対する緊急国民集会」第1回は、砂防会館で行われ、満員の盛況だったようです。ブログのお仲間でも、『 家族がいちばん』の練馬のんべさんが参加され、エントリーで報告してらっしゃいます。

また議員への抗議FAXも効果的と言う事で、上述の練馬のんべさんの他にも、『賭人の独り言』の藤田達男さん、『新へっぽこ時事放談』のへっぽこさん、『陸奥月旦抄』の茶路主さん、『貼る・ノート2』coto matocaさん、『!うにまろ!日記』のunimaroさん(全記事推奨)……その他にも数多くのブロガー諸氏のエントリーに、詳細な送付先リストが掲出されています。
残り時間あとわずか。どんな行動でも重みを増します。ぜひ彼らのページの情報を参考に、反対する方は意思表示をしましょう。先の国民集会は、今晩その第2回目が議員会館で開かれています。諸兄のレポートをお待ちします。
「国籍法改正」に反対する緊急国民集会・第2回
 日 時:平成20年11月26日(水)午後4時~5時
 会 場:衆議院第2議員会館第1会議室
     ※整理券を先着100名の方に受付で配ります(3時45分配布開始)
 主 催:国籍法を考える会
     〒102-0093 東京都千代田区平河町 2-16-5-302 高池法律事務所気付
     080-5086-2963(藤本)090-7725-6256(福永)

d0123476_17114656.jpg
__________________________________________________________________
NOVEMBER 25, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11月25日号
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d  P r e s s | B R E A K I N G
タクシン政権打倒を要求して、タイ反政府デモ隊がバンコック空港を占拠!
米国時間 2008年11月25日午後0時15分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_17122873.jpg
Thai Protesters Storm Bangkok's Main Airport
Departing flights canceled as the political crisis takes a violent turn
NOVEMBER 25, 2008 | MSNBC News — BREAKING | Translation by ysbee
BANGKOK, Thailand — Anti-government demonstrators swarmed Bangkok's international airport late Tuesday — halting departing flights — as opponents and supporters of Thailand's government fought running battles in the streets of the city.

d0123476_17132365.jpg
反政府デモ隊が首都空港を占拠
タイ・バンコック発 |現地時間で25日火曜タイの首都バンコックで、現政権はタクシン前大統領の傀儡であるとして、体制に反対する一般市民の共闘グループ PAD(市民民主連合)のデモ隊が、機動隊の警備線を突破してスバルナプミ国際空港に突入。空港ビル内のメインコンコースに座り込んで占拠したために、バンコックから離陸するエアラインが全機キャンセルになる騒ぎとなった。またバンコック市内でも、体制擁護派と反対派のPADとの衝突と小競り合いが随所で展開した。
d0123476_2085324.jpg
空港占拠の前日、打倒タクシンの傀儡政権を訴え、首都バンコックの国会周辺を行進するPAD(民主人民連合)のデモ隊

2. Armed demonstrators seized airport

Minutes after outbound flights at Suvarnabhumi International Airport were suspended, hundreds of demonstrators — some masked and armed with metal rods — broke through police lines and spilled into the passenger terminal.
d0123476_20103073.jpg
反政府デモ隊が首都空港を占拠
タイを代表するスバルナプミ国際空港を離陸するフライトが差し止められてから数分後に、数千人のデモ隊は(ある者はマスクで顔を隠しある者は鉄パイプを持参)機動隊の警戒線を破って、ターミナルの乗客用コンコースへなだれ込んだ。
d0123476_2061086.jpg
3. Blocked highway access to airport
There were chaotic scenes at Suvarnabhumi, gateway for the 13 million tourists who visit every year, when protesters broke through lines of hundreds of shield-toting riot police. Using trucks and cars, demonstrators also blocked highway access to the airport, the transportation hub for millions of tourists who visit the country each year.
d0123476_2052242.jpg
デモ隊、空港への高速をブロック占拠
年間の利用客1300万人を数える国際空港のゲートウェイは、デモ隊の最前列が数百人の強化プラスチックの盾で武装した機動隊の列と衝突した時点で、一時騒然となった。数で圧倒し警戒線を突破したデモ隊は、トラックやクルマを障害物代わりに高速から空港への乗り入れ口をブロックし、毎年海外からこの国を訪れる膨大な数の観光客が利用する、エアラインへのアクセスを遮断した。
d0123476_204971.jpg
都市部のインテリ層を基盤に一般市民からの広汎な支持を受けるPAD 空港への進入路もすべてブロックして占拠

4. Temporarily stop flights out of airport

Airport manager Serirat Prasutanon said airport authorities tried unsuccessfully to negotiate with the protesters. "For the safety for passengers, we have to stop flights out of the airport temporarily until the situation returns to normal," he said in a statement.
d0123476_2025137.jpg
デモ隊の占拠で、離陸便は全便がストップ。キャンセルの払い戻しや可能な便の問合せでごった返すカウンター

エアラインの離着陸を一時的にストップ
同空港支配人のセリラット・プラスタノン氏は、空港側ではデモ隊に撤退するよう交渉したが
失敗に終わったと語っている。「旅行者の安全のために、状況が正常に戻るまで、空港側では離陸するフライトをストップせざるをえない」支配人は空港側の対処をこう表明した声明を発表した。
d0123476_17181720.jpg
デモ隊の占拠で離陸できなくなったツーリストは、空港内で足止めを食っている

5. Bewildered travelers by airport invasion

He said incoming flights were operating and that the provincial governor asked the army to help police. Travelers in the airport seemed bewildered. "This is the first time I have seen anything like this. I am glad that it did not turn out violent," said Daniel Garmona, a tourist from North Carolina who was waiting for a flight back to the U.S.
d0123476_2015375.jpg
ものものしいヘルメットの機動隊の隊列と出くわしたらツーリストならば、すわテロリストか?と戦慄が走る

空港占拠に驚愕のツーリスト
プラスタノン支配人は、さらに「着陸便フライトのオペレーションは受けつけている。バンコック広域自治区の知事は、警察の機動隊を援助するためにタイ国軍隊に緊急出動を要請した」と報告した。
一方、同空港の利用客は、事態の進展に驚いているようだ。「こんなのは初めて見ましたよ。デモ隊が暴れたりしなかったのは不幸中の幸いです」米国への帰国便を待っていたノースカロライナ州からのツーリスト、ダニエル・ガルモーナさんは、占拠事件に対する驚きをこう語った。
d0123476_2004684.jpg
デモ隊の空港占拠摘発で、空港内を移動する武装警察の機動隊にツーリストも驚愕

6. Serious conflict between pros and cons

The terminal invasion capped a dramatic day that also saw the People's Alliance for Democracy (PAD) protesters firing on pro-government supporters on a major road leading to the old airport to the north of the city. Footage aired by public broadcaster TPBS showed at least two PAD security guards firing half a dozen rounds from handguns.
d0123476_20184291.jpg
体制派と反対派に深刻な対立
25日火曜は、バンコック市の北にある古い空港へと通じる首都圏のメインストリートで起きた、PAD 市民民主連合のデモ隊の一部が政府擁護派に発砲するなど、物騒な事件が続いた一日だったが、空港占拠事件はそのトップにくる、政局に影響する大事件となった。発砲事件は、国営メディアのTPBSが事件当時の様子をビデオに納めており、PADサイドの警備要員が小銃で6発発射した一部始終が映っていた。
d0123476_2020832.jpg
首都のあちこちで体制擁護派と反対派の小競り合いが発生 /右:小銃発射事件の現場ビデオ、やや疑惑が湧く設定

7. Demonstration with King's portrait

The PAD said they were attacked first with planks and stones. At least 11 people were hurt, a city emergency services official said. Earlier, thousands of PAD members waved plastic hand-clappers, flags and portraits of King Bhumibol Adulyadej, while others slung razor wire across the four-lane access road.
d0123476_17284579.jpg
プミポン国王の写真を掲げて行進
PAD の代表者はこの発砲事件に関して、最初に角材や投石で攻撃してきたのは体制擁護派の方だと主張している。こうした一連の両派の衝突で、少なくとも11人が負傷したと、バンコク市の救急部門から報告があった。この日の午前中には数千人の PAD のメンバーが、プラスチックのハンドクラッパーや国旗、さらにはプミポン国王の肖像写真を掲げてバンコク市内をデモ行進したが、その一方でデモ隊の一部は、空港へ通じる4車線の道路に張り巡らされた鉄条網を切断する作業を終えていた。
d0123476_19571966.jpg
現政権打倒をスローガンに掲げる反対派の連合 PADは、熱心なプミポン国王擁護者のナショナリストが多い

8. 'Seizure airport until Somchai quits'

"Our goal is to shut down Suvarnabhumi airport until Somchai quits," PAD spokesman Parnthep Pourpongpan said of the protest, aimed at Prime Minister Somchai Wongsawat, who returns on Wednesday from an Asia-Pacific summit in Peru. He would not land at Suvarnabhumi, a spokesman said.
d0123476_19562675.jpg
25日バンコックの空港に突入し、メインコンコースを埋め尽くした PAD のデモ隊 政府が解散するまで占拠の予定

PAD: ソムチャイ政権解散まで空港占拠
「われわれのゴールは、ソムチャイ首相が退陣するまで、スバルナプミ空港を閉鎖することです」PAD 市民民主連合のパーンテップ・プルポンパン広報担当は、今回のデモの目的がソムチャイ・ウォンサワット首相の退陣にあると表明した。ウォンサワット首相は、現在ペルーで開かれているAPECサミットに出席しているが、26日水曜にはタイへ帰国する予定だった。タイ政府広報官の発表では、首相は帰国する際にはスバルナプミ空港を利用しないと、当初の予定を変更したようである。 »» 続く
d0123476_17304963.jpg
不正横領を断罪され国外に亡命したタクシン前大統領夫妻 現在はUAEのドバイやアブダビに逗留しているという噂d0123476_1023580.jpg

【 米国時間 2008年11月25日 『米流時評』ysbee訳 】
■ OBAMA TODAY ■ d0123476_14501313.jpg
 24日指名内定のオバマ次期政権国防省閣僚( )内は前職
・国防長官 ロバート (ボブ)・ゲイツ(現 国防長官)
・大統領軍事顧問 ジェームズ (ジム)・ジョーンズ
(現 国務省次官/元 NATO統合司令官)
»» 次号「速報!インド・ムンバイで同時多発テロ!80名以上死亡」へ続く
»» 予告「タイ動乱続編・タイ王政擁護保守派PAD、憂国の国民運動」
«« 前号「ポストグルジア紛争・尾を引くグルジアとロシアの対立」へ


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8976714f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8976714

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


『米流時評』Current Issues
by ysbee-2 | 2008-11-25 17:36 | タイの民主革命

ポストグルジア紛争・尾を引くグルジアとロシアの対立

f0127501_128435.gif

  ||| ポストグルジア紛争のコーカサス |||

d0123476_1551247.jpg
サルコジ仲介の和平協定実効せず、グルジア紛争後も尾を引くコーカサスの対立
ロシア軍撤退後も南オセチア・アブハジアに4千名駐留継続、危機体制変わらず


d0123476_18552829.gif今日のエントリーは昨日のグルジアのサーカシビリ大統領狙撃事件の続きですが、その前に一昨日のエントリー「亡国への傾斜に警世の一閃!今からでも遅くない」の祈りが届いたような、国籍法改正に反対する集会のお知らせです。25日夜(今日だ!)と26日夕方に東京で開催されます。主旨に賛成される方はぜひ参加を!

フリーチベット・フリー東トルキスタン運動でも熱心に活躍してらっしゃる、愛国派無所属を標榜する熱血の政治家、荒川区議会議員小坂英二さんのブログからの転載です。

荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感より

「国籍法改正」に反対する緊急国民集会・第1回
 日 時:平成20年11月25日(火)午後6時半~8時半
 会 場:砂防会館別館3階(六甲)
 主 催:草莽全国地方議員の会(代表 松浦芳子)草莽なでしこ隊、
     誇りある日本をつくる会、「国籍法」を考える会
 問合せ先:草莽全国地方議員の会  電話&Fax 03-3311-7810(松浦)

「国籍法改正」に反対する緊急国民集会・第2回
 日 時:平成20年11月26日(水)午後4時~5時
 会 場:衆議院第2議員会館第1会議室
     ※整理券を先着100名の方に受付で配ります(3時45分配布開始)
 主 催:国籍法を考える会
     〒102-0093 東京都千代田区平河町 2-16-5-302 高池法律事務所気付
     080-5086-2963(藤本)090-7725-6256(福永)
d0123476_15332471.jpg
トップ:今夏ロシア軍侵攻の南オセチアを逃れ、着の身着のままで首都トビリシにたどりついたグルジア人の避難民
ロシア軍の侵略行為に反対する「Stop Russia!」と大書したバスのバナーサイン。日本なら「Stop China!」か


__________________________________________________________________
NOVEMBER 24, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11月24日号
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d  P r e s s | B R E A K I N G
ロシア軍、南オセチア・アブハジアに4千名駐留継続、危機体制変わらず
米国時間 2008年11月23日午後4時06分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1513761.jpg
Georgian, Polish Presidents' Motorcade Fired on
The shots allegedly come from the breakaway province of South Ossetia
Continued from the previous issue — Relations between Russia and Georgia have been deteriorating for several years. The Rose Revolution in 2003 was a popular uprising against elections that were seen as fraudulent.
前号「狙撃!サーカシビリ危機一髪!グルジア、ロシアを非難」からの続き
グルジア・トビリシ発 |ロシアとグルジアの関係は、ここ数年最悪になってきていた。2003年のグルジアのバラ革命は、従来の親ロシア政権の政治腐敗が不正選挙となって露呈した政局に対して、若者を中心とした一般市民が怒りの声を上げ、数十万人の市民が蜂起して連日デモを展開した結果、旧体制が崩壊した典型的民主主義革命だった。
d0123476_19522531.jpg
10. Newly-born democratic nation in Caucus
It drove President Eduard Shevardnadze, a former Soviet foreign minister, from office and ushered pro-Western Saakashvili into power.
新生民主主義国家グルジアの新しい顔
この時には旧ソビエト連邦の外相で、ソ連崩壊と共に連邦国家のひとつだったグルジアの元首に収まっていた、エデュアルド・シェヴァルデナーゼ大統領が官邸から放逐され、代わりにその後民主的再選挙で当選した親欧米派の、ミハイル・サーカシビリ現大統領が、新生民主国家グルジアの新しい顔となった。
d0123476_15222888.jpg
左:オクスフォード卒の若手外交官でトルコ大使だったグリゴル・ムガロブリシビリ。サーカシビリは彼を旧体制親露派のラドー・グルゲニーツェと差し替え外相に抜擢。その独裁者的行政に批判も強い /中:11日ワルシャワのポーランド独立90周年記念式典で、ドイツのメルケル首相の後ろで歓談するウクライナのユフシェンコ首相とサーカシビリ /右:13日にロシアとの和平仲介役であるフランスのサルコジ大統領をエリゼー宮に訪問したサーカシビリ

11. War broke out over South Ossetia

The war broke out when Saakashvili launched an offensive Aug. 7 to regain control of South Ossetia. Russia sent in troops which quickly routed the Georgian military.
南オセチア統治をめぐるグルジア戦争の勃発
今年の夏のグルジア紛争は、南オセチア自治州の統治権を回復しようとしたサーカシビリ大統領が、8月7日にグルジア陸軍を南オセチア領内に差し向けて、叛徒に対して攻撃を開始した時点で勃発した。それ以前から南オセチア住民にロシアの市民権を与えるなどして、同州のロシア帰属を図っていたモスクワ政府は、グルジアの攻撃を待ちかねていたように、ほとんど同時に国境を越えて南下。紛争地区の南オセチアだけにとどまらず、グルジアの首都トビリシへ至る道路網の要衝であるゴリの町を、陸海空から全面攻撃し、ゴリ市は見る影もなく崩壊し陥落した。
d0123476_18513470.jpg
意図的に一般市民を無差別攻撃で空爆した、凄絶なロシア軍の侵略攻撃。空からいきなり爆弾が降ってくる恐怖。

12. Fueled the New Cold War situation

The war and Moscow's subsequent recognition of the two breakaway regions have badly strained Russia-west ties.
グルジア紛争で表面化した米露の新冷戦
一時は首都トビリシが包囲される危機的状況まで陥ったが、サーカシビリ大統領の西側諸国へ窮状を訴え、米国とEU諸国がグルジア支援に回った。特にフランスのサルコジ大統領がモスクワへ出向き、メドベージェフ大統領を説得し、一時的休戦にこぎつけた。しかし、ロシアはその後、南オセチアとアブハジアの両自治州を、独立国家として認めることを承認したため、両州はグルジアに帰属すると主張するグルジアとの対立が続いたままである。この紛争によって、東欧MDSを計画中の米国とロシアは、ますます溝を深め、一時は新冷戦再開を噂される危機的状況も派生した。
d0123476_19343630.jpg
休戦協定を締結後も最前線のロシア兵は攻撃を続けた 捕虜になり目隠しで連行されるグルジア兵

13. 4,000 troops in S. Ossetia, Abkhazia

Russia recognized South Ossetia and another breakaway Georgian province, Abkhazia, as independent nations after the war and deployed nearly 4,000 troops to each region, a much bigger presence than before the conflict.
南オセチア・アブハジアに4千ロシア兵駐屯
翻訳中
d0123476_1543384.jpg
8月11日、グルジア全土を蹂躙したロシア軍も一応撤退。しかし南オセチアには紛争前より大量に駐留を続ける。

14. incident demonstrates weak truce

The truce plan, brokered by French President Nicolas Sarkozy, called for Russian troops to withdraw from areas outside South Ossetia and Abkhazia, but they have remained in several areas controlled by Georgia before the war, including the area around the town of Akhalgori, near which the firing was said to have occurred.
実効力の弱いサルコジ仲介の和平
翻訳中
d0123476_15362924.jpg
15. Georgian critical on mishandling the war
Saakashvili's popularity has dwindled as critics have charged him with authoritarianism and with mishandling the war with Russia. This year's anniversary was marked with little jubilation. A former ally used the occasion to launch a drive to unseat Saakashvili.
サーカシビリの不手際に批判
翻訳中
d0123476_19423014.jpg
グルジア戦争の戦死者は圧倒的に一般市民が多く、総数1500とも2000名以上とも言われる

16. Truce has little effect for peacekeeping

Polish president Kaczynski said the incident demonstrated the weakness of the French-brokered truce. he truce agreement has ended Russia's August war with Georgia over South Ossetia. But Kaczynski said, "it does not reflect reality."
サルコジ仲介の和平条約、実効なし
翻訳中
d0123476_15141433.jpg
11月11日ワルシャワの陸軍学校で実施されたポーランドの独立90周年記念式典に列席した来賓の自由主義国家元首。前列一番左にアフガニスタンのカルザイ、一人おいてドイツのメルケル、その後ろにウクライナのユフシェンコ

17. Russian troops still in the both provinces

Kaczynski criticized the European Union and NATO which, he said, have failed to take united action to counter what he described as Russia's attempt to rebuild the Soviet empire. "Today, it's not too late yet, but tomorrow it might be," he said.
南オセチア・アブハジアに遺留するロシア軍
翻訳中
d0123476_1563594.jpg
8月の南下侵略時に南オセチアからグルジアの首都トビリシへ侵攻する途中で地雷が爆破したロシア陸軍の戦車d0123476_1023580.jpg

【 米国時間 2008年11月24日 『米流時評』ysbee 】
■ OBAMA TODAY ■ d0123476_14501313.jpg
 24日指名発表のオバマ次期政権の経済閣僚( )内は前職
・財務長官 ティモシー・ガイトナー(元 財務長官補佐官)
・筆頭経済顧問 クリスティーナ・ローマー
・国家経済諮問局長 ローレンス・サマーズ(元 財務長官補佐官)
・国内政策諮問局長 メロディ・バーンズ
 右端はジョー・バイデン次期副大統領
d0123476_15575676.jpg
»» 次号 特集「チベットの未来を決定する亡命者代表会議」へ続く
«« 前号「狙撃!サーカシビリ危機一髪!グルジア、ロシアを非難」へ


d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8972632f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8972632

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


『米流時評』Current Issues
by ysbee-2 | 2008-11-24 16:04 | グルジア紛争

狙撃!サーカシビリ危機一髪!グルジア、ロシアを非難

f0127501_128435.gif

   ||| 狙撃!サーカシビリ危機一髪 |||

d0123476_20121971.jpg
サーカシビリ危機一髪!グルジア難民キャンプ慰問の帰路、危うく狙撃さる
仏仲介の和平協定実効せず、南オセチア・アブハジアにロシア兵4千名駐屯


グルジア・トビリシ発 |現地時間で23日日曜夕刻、グルジアのばら革命5周年の記念式典に出席のため訪問中のポーランドのカチンスキー大統領と、同国のサーカシビリ大統領が載った車輌の近辺へ、数発の銃弾が発砲される事件が起きたと、グルジア政府当局から発表された。この事件では幸い怪我人こそでなかったが、銃撃はグルジア国内の南オセチア自治州の非武装地帯から撃ち込まれたと報告された。
d0123476_20135812.jpg
Georgian, Polish Presidents' Motorcade Fired on
The shots allegedly come from the breakaway province of South Ossetia
NOVEMBER 23, 2008 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
TBILISI, Georgia — Shots were fired near the motorcade carrying the presidents of Georgia and Poland on Sunday — the fifth anniversary of Georgia's Rose Revolution — Georgian officials said. No one was hurt in the shooting. Georgian officials said the gunfire came from the breakaway Georgian province of South Ossetia.

__________________________________________________________________
NOVEMBER 23, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11月23日号
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d  P r e s s | B R E A K I N G
サーカシビリ危機一髪!グルジアとポーランド大統領の車輌に狙撃
米国時間 2008年11月23日午後4時06分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_20144490.jpg
1. Warning the danger of Russian occupation
Georgian President Mikhail Saakashvili, who led the pro-Western 2003 uprising but whose popularity has waned in recent months regarding the aggressiveness of Russian troops who are still remaining in the autonomy province of South Ossetia.
南オセチアのロシア軍占領に警告
2003年にグルジアの首都トビリシを席巻した、西側自由諸国への歩み寄りを求める市民蜂起「グルジアのばら革命」。ロシアからの政治的圧力を脱却する目的で巻き起こった社会変革運動だが、この改革を組織指導し、革命後の民主選挙による投票で初の西側寄りの大統領に選出されたのが、現職のミハイル・サーカシビリ大統領である。しかしグルジア紛争の発端をつくり、市民に多大な犠牲を払わせた結果となった戦争責任を問われ、昨今の大統領に対する国民の支持率は低迷気味である。大統領は、紛争一時休止後も南オセチアを占領し続けるロシア軍の危険性について、国際社会に警告を発していた。
d0123476_2163288.jpg
熱心なキリスト教徒としても知られるサーカシビリ一家、サンドラ夫人と2人の息子エデュアルドとニコロスと共に教会で礼拝 /11月7日首都トビリシの国会前で、サーカシビリの戦争責任を追及する1万人が参加した抗議のデモ隊 /11月22日、バラ革命5周年の前夜にテレビから国民に民主化の意義と一致団結を訴えるサーカシビリ大統領

2. Dealing with unpredictable people

Saakashvili blamed Russian troops in Georgia's breakaway province of South Ossetia. "Frankly, I didn't expect the Russians to open fire," he said at a news conference with Polish President Lech Kaczynski.
サーカシビリ「予断を許さぬ相手」
こうした背景の中で起きた今回の発砲事件について、サーカシビリ大統領は「グルジアから切り離された自治州である南オセチアに紛争後も駐留を続けるロシア軍に責任がある」と糾弾した。「正直言って、私はロシア軍が発砲してくるなどとは考えてもみませんでした」大統領は、ポーランドのカチンスキー大統領と同席しての共同記者会見で、こう述べた。
d0123476_20154349.jpg
紛争勃発後ロシアの猛攻が続き、一時は首都包囲の危機に追い込まれ米とEU諸国に支援を仰いだサーカシビリ大統領

3. Witnessed Russian soldiers in near

"The reality is you are dealing with unpredictable people. They weren't happy to see our guest and they weren't happy to see me either." Kaczynski said the shots were fired from only about 30 meters (100 feet) from the motorcade. He said it was not clear if the gunfire was aimed at the motorcade or shots were fired into the air.
現場から30メートルにロシア兵士
「しかし現実は、予断を許さない連中を相手にしているということです。彼らはグルジアへ国賓が訪れる事を快く思っていないし、私の姿を見るのが不愉快なのでしょう。」サーカシビリ大統領はこう付け加えた。一方、ポーランドのカチンスキー大統領は、銃弾は大統領の車輌からわずか30メートル位しか離れていない距離から撃ち込まれたと説明した。また、今回の発砲が車輌を狙ったものか単なる流れ弾かは、定かでないとも語った。
d0123476_20192070.jpg
チェコと並んで米国のMDS施設を計画中のポーランド。グルジアの前にスロバキアを訪問のカチンスキー大統領。

4. 'Fire was opened on Georgian territory'

"I know from their shouting that they were Russians; I also know from the president of Georgia that there are Russian outposts on that territory," Kaczynski said. "Fire was opened on Georgian territory, and territory that until August this year was controlled by the authorities in Tbilisi," he added. "Today, it's not too late yet, but tomorrow it might be," he said.
カチンスキー「発砲はグルジア領土で起きた」
「彼らが叫んでいた言葉から察して、ロシア人だと言うのはわかっている。また、グルジアの大統領から、あのへんの領土にはロシア軍の歩哨基地があることも聞いていた。発砲は明らかにグルジア領地内で撃たれたものだ。その領地と言うのは、今年の8月まではトビリシのグルジア政権の配下にあった土地である。」
グルジアを訪問中に今回の事件に出逢ったポーランドのカチンスキー大統領はこう述べて、次のようにくくった。「今日は、まだ遅すぎないかもしれないが、明日ではもう遅すぎるだろう」
d0123476_20231782.jpg
8月の侵攻当時グルジア中央の要衝ゴリの市中で、ロシア軍に出くわし仰天する市民。侵略はそれほど急だった。

5. South Ossetia, Russia denied allegation

But Irina Gagloyeva, a South Ossetian spokeswoman, denied that shots were fired in the area, Russia's RIA Novosti news agency reported. The Russian troops based in South Ossetia denied involvement, in a statement carried by the Russia's INTERFAX news agency.
南オセチア、ロシア駐留軍、狙撃を否定
しかし南オセチアの自治州政府広報官であるイリーナ・ガグロエバ女史は、この地域で発砲事件があったこと自体を否定したと、ロシアの国営メディアRIA ノヴォスチニュースでは報道している。また現在南オセチアに駐留しているロシア軍は、この事件にかかわり合いはないと否定している。その声明文は、同じくロシア国営のインターファクス社のニュースによって公開された。
d0123476_20265084.jpg
規律の悪さでは定評のあるロシア軍は、侵略先のグルジア領土内で略奪・暴行・殺人とほしいままの暴行を働いた

6. Moscow insisted there's no shot

Russia's deputy foreign minister, Grigory Karasin, insisted that no shots has been fired, and the Russian Defense Ministry, in statements carried by Russian news agencies, dismissed the Georgian allegations as a "provocation." The circumstances of Sunday's incident remained unclear as night fell.
モスクワ政府、グルジア側の嫌疑を否定
一方ロシア政府側では、外務省のグリゴーリ・カラシン次官は、この件に関して1発の銃弾も発射されていないと主張した。またロシア軍部からも、ロシア兵士が撃ったと言うグルジア政府の嫌疑を、「グルジアの挑発行為」であるとして却下する声明が発表された。23日日曜の南オセチア発砲事件の真相は、夜のとばりが降りるとともに闇に包まれたままである。
d0123476_20305288.jpg
休戦になったものの、爆撃で町のインフラを徹底的に破壊されたため、数ヶ月停電の続いたグルジア北部ゴリの町

7. Conflicted witness viewpoints on Incident

Even Georgian officials differed among themselves. Interior Ministry spokesman Shota Utiashvili said the shots were fired as the motorcade approached a Russian military checkpoint near the Akhalgori in South Ossetia. But lawmaker Marika Verulashvili said the incident happened as the motorcade approached a Georgian police checkpoint near the breakaway province after visiting a camp of Georgian refugees.
難民キャンプ訪問後、目撃者の証言にも差異
被害を被った当事者のグルジア政府関係者でさえ、事件当時の見解が食い違っている。事件当時ふたりの大統領に同行していたグルジア政府内務省のショータ・ウチャシビリ広報官は「南オセチア領土内アカルゴリ近郊の、ロシア軍の歩哨地点に一行の車輌がさしかかった時点で、数発の銃弾が発砲された」と語っている。しかしながら、同じく同行したマリカ・ヴェルラシビリ国会議員の談話では「一行の車がグルジア人の難民キャンプを慰問のため訪問したあと、南オセチアと接するグルジア警察の歩哨地点に近づいた際に発砲が起きた」と異なった内容を伝えている。
d0123476_20331034.jpg
ロシア軍の侵略でグルジアの軍港ポチへ疎開したグルジア人で南オセチア住民。現在でも数万人が難民キャンプに

8. Parliament accuses occupation forces

Georgia's Security Council chief Alexander Lomaia criticized Russia over the gunfire. "We are facing the aggressive and irresponsible behavior of the occupation forces," he said in televised remarks. Georgia's Parliament speaker, David Bakradze, urged the international community to condemn the shooting, saying it "shows what kind of treacherous power we are facing."
グルジア議会、ロシアの挑発行為を非難
ロシア軍部の宿敵であるグルジア国防会議のアレクサンドル・ロマイア委員長は、今回の発砲事件はロシアに非があるとし「われわれは、休戦調停後も不当な占領を続けるロシア軍の、無責任で挑戦的な行動と対峙せざるをえない状況にある」と、テレビ画面を介して告発した。
さらにグルジア国会のデヴィッド・バクラゼ議長は、国際社会に対して発砲事件を非難するよう呼びかけ、こう表明した。「今回の事件は、わが国が国際協定を公然と無視するような裏切者の権力と闘っていることの証しである」 »» 続く
d0123476_20364750.jpg
ロシアの侵略と占領に反対して、首都トビリシの自由の広場で開催の抗議集会に参集した、数十万のグルジア市民d0123476_1023580.jpg

【 米国時間 2008年11月23日 『米流時評』ysbee 】
d0123476_14501313.jpg■ OBAMA TODAY ■  22日指名内定が明かされた、オバマ次期政権の閣僚予定者。正式発表は米国時間で24日月曜です。( )内は前職。

・財務長官 ティム・ガイトナー(元 財務長官補佐官)
・連邦準備局頭取  
・大統領経済補佐官 ラリー・サマーズ (元 財務長官補佐官)
・国務長官 ヒラリー・クリントン (現 NY州選出民主党上院議員)
・商務長官 ビル・リチャードソン(現ニューメキシコ州知事/元国連大使)

»» 次号 特集「チベットの未来を決定する亡命者代表会議開催!」へ続く
«« 前号「亡国への傾斜に警世の一閃!今からでも遅くない」へ


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8968896f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8968896

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

by ysbee-2 | 2008-11-23 20:48 | グルジア紛争

亡国への傾斜に警世の一閃!今からでも遅くない

f0127501_128435.gif

   ||| 亡国への傾斜「日本の夜と霧」 |||

d0123476_1682274.jpg
 警世の一閃: 西村幸祐氏「国籍法改正案に反撃を! It's not too late!」
 うにまろ氏「国籍法、対馬、郵政株凍結、りそな、暗殺【国家反逆罪国会】」


d0123476_18552829.gif私は地球のおへそのようなハワイに住んでいるので、メディア環境はどっぷり米国型である。そういう条件なので、時々刻々のニュースは東部と同時間帯にテレビでチェックできるが、翻訳の対象にしているワシントン発の政治問題やニューヨーク発の時事・経済ニュースは、米国の東部時間から5時間ずれた時間帯で受け取ることになる。(夏場のサマータイムには6時間)

ニューヨークタイムズやワシントンポストの、翌日の朝刊向けのまっさらな記事がそれぞれのサイトに上がるのが東部時間の午前0時過ぎ。しかしハワイ時間ではそれよりも5時間前の午後7時なので、翻訳してブログ記事にするには最適な時間帯となる。しかも、日本時間では日にちは翌日でも、時間帯はそれよりもさらに5時間前の午後2時。夜9時過ぎからエントリーする記事にとりかかって午前1時頃アップロードしても、日本ではまだ午後8時。つまり、それ以降は読者の皆さんが一番多く読まれる時間帯にあたることになる。
d0123476_1691541.jpg
そんな特殊なタイムラグ環境も、私が長いこと(といっても06年からの3年近くにすぎないが)ブログを続けられてきた条件のひとつに違いない。しかし、ダイレクトに英語のニュースや記事に触れられるおかげで、グローバルな時事問題には聡くなったとはいうものの、故郷を離れてから来年で20年目になるので、日本の政局に関する知識は皆無にひとしく、まさにガイジン並みになってしまった。

ただし、日本の中にいると見えない実態が、外部の離れた目からはきわめてくっきりと見える場合もある。特にここ数年、極めて顕著になってきた日本の社会全体の「夜と霧」。それはもはや保守とか革新の畑を、党派別という畦で分けられる種類の黒白(こくびゃく)ではなく、政治とはまったく異質の境界からすっぽりと日本をおおっている、目に見えない巨大な煙幕のような暗黒の存在である。
d0123476_16104554.jpg
すでに米国では、この10数年の間にネオコンが猖獗を極めた結果、テロ戦争と特にイラク戦争でつまづいて、巨大な墓穴を掘った。国民の知性を冒涜したブッシュ政権の痴呆政治が帰結した、当然の結果である。ただ、アメリカの伝統である健全な保守主義が、改革を標榜するオバマの基本思想を裏付けている事実に目を向けてほしい。彼は党のためではなく、アメリカの国を形成する原点である、国民ひとりひとりのために闘って勝利を勝ち得たことを。

日本をすっぽりと包み込んで、メディアぐるみ国民を盲目にさせている元凶。それは、ユダヤ資本にほかならない。すでに小泉内閣の無茶苦茶な改革時点で、日本人が気がつくべきだったこと。自民党にも民主党にも、無限の財源で投資を約束するユダヤ財閥の投資家と無条件でつるんだ議員が累々と存在する。特に日本の場合には「財界」「派閥」と言う便利な人脈があるので、トップを釣り上げてしまえばあとは芋づる式である。
d0123476_16114745.jpg
そうして結果的にはまんまと、それまで何十年も手つかずだった国民の汗と努力の結晶である郵便貯金の巨大な財源を、彼らの手の届く民有化という形態で解放してしまった。あの時点でのすべての改革は、みな現在の経済的閉塞状況の端緒となっているはずだ。しかも、改革の現場を担当した当事者は、謎のテロリズムで封殺されてもいるようだ。

なにしろ日本のニュースメディアの記事をサイトで読んでも、あれは全国スケールの回覧板でしかない。いつ、どこで、誰が、どうした。それでお終いである。事件の背景の分析や、ことに至るまでの科学的実証検分のかけらも伝えられていない。米国には、そうした事件や時事の解析を専門に追求する「Investigative journalist (捜査ジャーナリスト)」というプロが存在し、映画や小説よりもスリリングな世界の実相を暴いてみせてくれる。ウォーターゲイト以来の伝統が、現在も取材の現場で発揮されているのだ。
d0123476_7124659.jpg
こう書くと、まるで米国礼賛主義者のようだが、実際には逆である。米国のジャーナリズムも、地に堕ちた時点を体験した。米国がイラク戦争へ無謀にも突き進む時点で、数人のトップ記者がブッシュ政権のホワイトハウスと癒着して提灯記事を書いていた事実が暴露され、アメリカ人のジャーナリズムに対する信頼感は掃き溜めに一掃された。

だが、問題はその後の反動である。逆に権威に屈せずに、そうした癒着を探り出してわれわれの目の前に突き出してくれた一連の記者が存在したからこそ、ブッシュ政権の「イラク戦争開戦事由の大嘘」が明らかになった。全体主義的傾向をあからさまに示す権力への抵抗として「真実の追求」だけを最終目標に据え、国益に反することでも国民にありのまま伝えてきたジャーナリストのおかげで、アメリカ人は目を覚まされた。

上下両院の議員さえ、まんまと騙されてイラク戦争へのゴーサインにめくら判を押したのである。オバマはそれに猛反対したわずか一握りの議員のひとりだった。そして、アメリカ国民の大部分を占める良識ある一般大衆は、そうした彼の判断力に全幅の信頼を預けたのである。もちろん、民間の一般のブロガーも警鐘を鳴らし続け、米国の民主主義は、テロの脅威で脅された8年の暗黒時代の苦節の末に、今日のオバマと民衆の勝利へとつながった。
d0123476_16124695.jpg
つまり米国から見習うべきは、一度徹底的に痛めつけられなければ、極楽トンボのメディアに視界を遮られた状態では、安穏と言うぬるま湯の中から抜け出そうとする目覚めた者も少数派に甘んじざるをえない……かくして、安楽な日常を享受している一般人の耳に警鐘が届かなければ、緩慢な死を意識することもなく、国家は死に至るのだ、という史実である。

すでに何度となく目撃してきたはずの、彼の国の隷属国家へと、日本が傾斜していく危険な兆候。特にその著しい例が、今年4月の長野の中国人席巻事件「4.26 Nagano」と、今回の外国人日本国籍取得法の改悪である。細かいことはもちろん私などよりも、長らく記事を連載されている諸兄のブログに詳しい。皆さん憂国の焦眉をそのままに切実な危機感を吐露してらして、心が痛い。みな傑作である。その中でも特に、肝に銘じて読んでもらいたいと思う記事がふたつある。

ひとつは真性のジャーナリスト、真実追求の闘士、西村幸祐氏。氏の名著『反日の構造』『反日の超克』は、「反日」という目に見えない日本の夜と霧を、初めて統括して糾弾した警世の書として日本人全員が読むべき、国家救済の方法論の書でもある。氏のブログ『酔夢ing Voice』もまた、随時日本の国家としての背骨に警杖を打ちおろす名記事を上げられることでは定評があるが、特に必読なのが今月の一連のエントリーである。

▶11/04 田母神空幕長の告発を封殺する、恐ろしい全体主義
▶11/05 祝!オバマ大統領誕生。日本は独立へ踏み出せ。
▶11/12 田母神前空幕長の国会証言が、中継されなかった理由(全証言掲載)
▶11/12 米中発「世界大恐慌」と日本の再生
▶11/21 報道規制で抹殺される、北京の民衆抗議活動
▶11/21 国籍法改正案に反撃を! It's not too late!


もうひとつは、海外在住者ならではの醒めた視点で事の実相を追求する気迫のブロガー、unimaro氏のブログ『!うにまろ!日記』。特に11/18以来連投のエントリーは、読む方がたじたじとなる義憤である。正しい怒りを浴びてもらいたい。特に11/22の【国籍法は合憲だった】国籍法、対馬、郵政株凍結、りそな、暗殺【国家反逆罪国会】 は必読である。

▶11/18 【復活の日は?】日本史上最低の日本【参議院議員に!!】
▶11/18【自民民主公明+警察】麻生日本反逆政権というか反逆者だらけ?【VS一部日本国民】
▶11/19 誰?サハリン1の契約内容吟味しなかった馬鹿官僚は?
▶11/19 国籍法の戦い
▶11/20 【媚びる創価】自民起死回生の唯一の方策!【悠々選挙、妨害なし!】
▶11/20 国籍法の戦い-改
▶11/21 【参議院議員名簿】違憲ではない!嘘判決【反逆三府】
▶11/22 【国籍法】今こそ政界再編の時期【郵政株・対馬】
▶11/22 【国籍法は合憲だった】国籍法、対馬、郵政株凍結、りそな、暗殺【国家反逆罪国会】

d0123476_16134440.jpg
長々と書いたが、ともかく現時点では私の記事などどうでもいい。日本が永久に変わってしまう危険な飛び込み台の、飛び板の切っ先に立たされていることを自覚して、行動を起こしてほしい。議員に対してたった一通のメールを送ることでもいいから。両氏とも今からでも遅くはないと叫んでいる。まずともかく、危機的状況に目を覚ますこと。すべてのムーブメントは、そこから始まる。
d0123476_1023580.jpg
【 米国時間 2008年11月21日 『米流時評』ysbee 】
d0123476_14501313.jpg■ OBAMA TODAY ■  昨日指名内定が明かされた、オバマ次期政権の閣僚予定者。正式発表は米国時間で24日月曜です。( )内は前職。

・財務長官 ティム・ガイトナー(元 財務長官補佐官)
・連邦準備局頭取  
・大統領経済補佐官 ラリー・サマーズ (元 財務長官)
・国務長官 ヒラリー・クリントン (現 NY州選出民主党上院議員)
・商務長官 ビル・リチャードソン(現ニューメキシコ州知事/元国連大使)

»» 次号 特集「狙撃!サーカシビリ危機一髪!グルジア、ロシアを非難!」へ続く
«« 前号「ソマリア海賊の猛威 1週間で8隻ハイジャック!」へ


d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8962933f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8962933

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

by ysbee-2 | 2008-11-21 16:36 | 欧米の見る日本

ソマリア海賊の猛威 1週間で8隻ハイジャック!

f0127501_128435.gif

  ||| ソマリア海賊、タンカー2隻を解放 |||

d0123476_17124731.jpg
ソマリア海賊の猛威、インド洋上のシーレーンで1週間に船舶8隻を略奪!
香港籍のタンカー2隻釈放、サウジのスーパータンカーに身代金24億円要求


d0123476_18552829.gifしっかり風邪を引きました。原因はオバマ疲れでしょう。何しろこの2年間、ず〜〜〜っと応援してきたもので、ついにVictoryにたどりついた安心風邪? いや、ブッシュ政権の悪霊の憑きが落ちた悪寒からかも。そんなわけでチベット特集を連載する予定が4日ずれこんでおります。こちらは長編なのでまずは緊急のニュースから。このところ実際の戦争並みに熾烈なソマリア海戦の進展です。

昨年来、ソマリア沖の海のハイジャック事件で悪名をとどろかせているソマリアのパイレーツ。今年に入ってからその傍若無人ぶりは留まるところを知らず、最近ではこの1週間で8隻の船舶を略奪する始末。中でも世界にショックを与えたのが、先週土曜にハイジャックされたサウジアラビアのスーパータンカー「シリウススター号」拿捕事件。スーパーと名のつくだけあって、搭載していた重油は100億円相当だそうで、とんでもない大物を狙ったものです。スケールの比較で言うと、石器時代の狩猟民族が、石斧でマンモスをやっつけて引きずってる感じでしょうか。
d0123476_17135084.jpg
捕獲はしたものの、このタンカーは特殊なメンテナンスを必要とし、常態が保たれないと爆発の危険性とかも発生するので、海賊は見切りをつけて比較的「安値」の身代金を受け取って解放したそうです。それが今日のニュース。それ以上に、ここ一連の海賊事件で明らかになってきた不可解な「海運のシンジケート」が浮かび上がってきています。

だいたい先月騒ぎのきっかけになった、ウクライナの輸送船のハイジャック事件。この船にはロシア製のタンクが搭載されていたと言う、不気味な事実。その行き先やいかに?(ペンタゴンからのコメントがない不思議)さらには、香港に船籍を置くタンカーが先週ハイジャックになっていましたが、その所有主はイランという、これまた不可解な関係。タンカーに搭載していたのが化学薬品というのが、非常に気になります。(まさか核の素材、イエローケーキじゃないだろうね。CIAよ、海上は管轄外なのか?)

一連の謎の輸送船は、こういった軍事関係の搭載物を、いったいどこの国で積んでどこへ行こうとしていたのでしょうか? 何かとんでもなく危険な物資を積んだ謎の輸送船が、そこらじゅうの海上を右往左往しているようなイメージが湧きますが、いずれその実態を明かした記事が上がってくるまで、しばしは警察の事件報告書のような、ちと野暮なレポートをどうぞ。

[米国時間 2008年11月20日『米流時評』ysbee]

__________________________________________________________________
NOVEMBER 20, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11月20日号
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d  P r e s s | B R E A K I N G
ソマリア海賊の猛威、インド洋上シーレーンで1週間に船舶8隻を略奪!
米国時間 2008年11月20日午後0時56分 | AP通信・ソマリア発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_3312786.jpg
Somali Pirates Pocket at Least $1.67 Million
For Somalis, piracy is seen as sure bet to a better life
NOVEMBER 20, 2008 | NBC News — BREAKING | Translation by ysbee
MOGADISHU, Somalia — Somali pirates released two hijacked ships after ransoms were paid, U.S. military officials said Thursday. The deals emerged as Britain warned that paying for the release of hostages risks encouraging more piracy.

ソマリアの海賊ハイジャック船2隻を解放
ソマリア・モガディシュ発 |現地時間で20日木曜、ソマリアの海賊は要求した身代金が支払われたあと、ソマリア沖でハイジャックした2隻の船舶を解放した、と米軍の同地域担当官から発表された。この身代金支払の取引は、英国が「ハイジャックで捕虜になった人質と引き換えに身代金を支払うことは、海賊を増長させ危険を増すばかりだ」と警告を発したのと相前後して行われたものである。
d0123476_17195531.jpg
海賊対策の海軍の防衛体制を説明する英国政府のボブ・エインズワース防衛相(左)と英連邦委員会ロブ・マケーア氏

1. Hong Kong chemical tanker Released

NBC News reported that the Great Creation, a Hong Kong-flagged chemical tanker seized on Sept. 18, was released after a $1.67 million ransom was paid. The Genius, another Hong Kong-flagged chemical tanker which was hijacked Sept. 26, was also returned in exchange for an unknown sum. Earlier this week, pirates released the Stolt Valor, a Japanese chemical tanker after paying hijackers $2.5 million.
イラン所有・香港船籍のタンカーも解放
NBCニュースの報道によると、9月18日に海賊に拿捕された香港船籍の化学薬品搭載のタンカーGreat Creation号は、人質の身代金167万米ドル (約1億5800万円) が支払われたあとで解放されたと伝えている。また9月26日にハイジャックされていたもう一隻の香港船舶の化学薬品タンカー、ザ・ジーニアス号は、金額は不明だが要求された身代金と引き換えに解放になった模様である。それ以前にも今週始めには、日本船籍の化学品タンカー Stolt Valor号が250万ドル (約2億3700万円) を海賊に支払って釈放されている。
d0123476_17243353.jpg
船の国籍は香港だが所有者はイラン(政府?)という謎の船舶、搭載していたのは化学薬品というこれもまた疑惑の種

2. Pirates hijacked 8 ships in a week

Gunmen from the chaotic Horn of Africa country grabbed world headlines with Saturday's spectacular capture of a huge Saudi Arabian supertanker loaded with $100 million worth of oil, the biggest ship hijacking in history. Since seizing the Sirius Star oil tanker, pirates have hijacked at least three other ships, maritime officials say.
ソマリア海賊、1週間で8隻の船舶を略奪
「Horn of Africa=アフリカの角」と呼ばれる、紅海からアラビア海へと開けるインド洋に面した国ソマリアの海のギャングたちは、先週土曜にサウジアラビアの巨大なタンカーをハイジャックするという途方もない略奪行為で、世界中のメディアのトップ記事で報道された。このスーパータンカーは時価100億円相当の原油を満載しており、歴史上最大の船舶ハイジャック事件の記録となった。このスーパータンカー「シリウススター号」を略奪してからこれまでにも、海賊たちは少なくともあと3隻の船舶を捕獲したと、海運情報の担当官は報告している。
d0123476_17252938.jpg
海賊船はマザーシップを本部とする艦隊編成。写真のようなスピードボートが陽動作戦で狙った船を襲撃し拿捕する。

3. Saudi supertanker seized 450nm of Mombasa

The Saudi Arabian tanker was seized 450 nautical miles southeast of Mombasa, Kenya — far beyond the gangs' usual area of operations. It was believed to be anchored near Eyl, a former Somali fishing village that is now a well-defended pirate base. The supertanker's owners are in ransom talks with the pirates who are reportedly demanding $25 million for its release.
ケニア沖830キロでスーパータンカー略奪
サウジのタンカーは、通常は海のギャングたちの活動範囲ではない、ケニアの首都モンバサの南東はるか450海里 (約830キロ) の洋上で捕獲された。タンカーは海賊に連行されたあと、元々はソマリアの一漁村だったが現在では海の砦のような海賊船の本拠地となっている、エイルの港近くの洋上に停泊しているものと推測されている。サウジのスーパータンカーの所有者は、釈放するための身代金をめぐって海賊と話し合いの最中だが、噂では釈放の条件として2500万ドル (約23.7億円)を要求されている模様である。
d0123476_17262661.jpg
100億円掃討の重油を満載した、リベリア船籍でサウジアラビア政府所有のスーパータンカー、シリウススター号

4. Captivating 200 hostages, a dozen ships

Somali gunmen are believed to be holding more than 200 hostages and about a dozen ships in the Eyl area, including a Ukrainian vessel loaded with 33 tanks and other heavy weapons. An associate of the gang holding that ship, the MV Faina, said they rejected a $2.5 million ransom offer this week. "The pirates and a broker met in the forest between Galkayo and Haradheere ... but the pirates stood by their demand for $8 million," the associate, Hussein Hassan, told Reuters.
エイル港に人質200人と十数隻の船
ソマリの海賊は、彼らの砦となっているエイル港の近隣の海上に、あわせて十数隻の船舶に総勢200名以上の乗組員の人質を搭載したまま、係留しているものと思われている。その中には8月末に捕獲されたままの、ロシア製の33台の戦車や重装備の兵器を積み込んだウクライナ船籍の貨物輸送船 MV Faina号も含まれている。この船の釈放交渉では、今週に入ってから250万ドル (約2.37億円) の身代金を払う申し出があったが、海賊側ではこれを拒否したと言われている。
「海賊と人質交渉のブローカーは、ソマリアのガルカヨとハラディエールの中間にある森の中で取引交渉に臨んだが、海賊側は彼らが当初から要求している800万ドル (約7.6億円) の線を崩さなかった」海賊側の消息筋であるフセイン・ハッサン氏は、交渉の模様をこのようにロイター通信の記者に語った。
d0123476_17272026.jpg
訪問先のローマで記者会見するサウジ政府外相のアルファイサル王子とイタリー外相のフランコ・フラティーニ外相

5. The neck of Africa-Asia sea lane

The Gulf of Aden, off Somalia, connects to the Red Sea, which in turn is linked to the Mediterranean by the Suez Canal. The route is thousands of miles and many days shorter than going around Africa's Cape of Good Hope. But scores of attacks in Somali waters this year have driven up insurance costs for shipping firms, and even made some companies divert cargo around South Africa's Cape of Good Hope.
紅海からインド洋へのシーレーンのネック
アフリカ北東部の沿岸でソマリア沖に位置するアデン湾は、地中海からスエズ運河を介して紅海へ、そしてインド洋へとつながる、世界でももっとも海運量の多い地域に挙げられる海の要衝地帯である。この海上ルートは、スエズ運河が開通する以前にとられていた、アフリカ大陸の南端にある喜望峰を回ってたどるコースよりも、何千マイルも何十日も航路を短縮できていた。
しかし、今年に入ってからのソマリア沖での海賊の襲撃が頻発するに及んで、運輸保険会社はこの海域を利用する運航会社に対して、保険金額の引き上げをせざるをえなくなってきている。運輸会社の中には、輸送船に南アの喜望峰航路をとらせて、ソマリア沖の航行を避けるよう航路を変更した会社も出てきている。
d0123476_17301634.jpg
ソマリア沖の海賊討伐のためインド洋上をパトロールするヘリ2機装備のドイツ海軍フリゲート艦カールスルーエ号

6. Shipping firms avoid Gulf of Aden

Danish shipping firm A.P. Moller-Maersk A/S has ordered some of its vessels to avoid the Gulf of Aden as a result of the spate of hijackings. Ships "without adequate speed," mainly tankers, will sail the long route around Africa unless they can join convoys with naval escorts in the gulf, group executive Soeren Skou said.
ソマリア沖のアデン湾を迂回する運航会社
デンマークの運航会社APモーラー・メルスク社では、海上ハイジャック事件が頻発した結果、アデン湾の航行を避けるよう、同社の船舶に支持を下したと言う。主にタンカーの多い同社の船舶は、安全性重視のために航路を伴走する哨戒艇の警備がつかない限り、長い航路をとるために必要な高速が出せないとはいうものの、アフリカの南端を回るコースをとらざるをえないと、ソーレン・スコウ取締役は同社がやむを得ない処置に踏み切った状況を説明している。
d0123476_17312386.jpg
今月11日、インド洋上を運航するジャグ・アルナヴ号に伴走して警護する、インド海軍の戦闘艦タバール号。
タバール号は、18日火曜にソマリア沖のアデン湾海域で遭遇した海賊船に砲撃し、見事命中して轟沈させた。


7. Moscow suggests internatioal forces

Forces from NATO, the European Union and elsewhere are trying to protect vessels on one of the world's busiest shipping routes, linking Europe to Asia. Some nations seek a more robust response and say the hijackings will continue without political reconciliation onshore, where an Islamist insurgency rages. Moscow has suggested international forces should help it attack the pirates' land bases.
ロシア政府、海賊討伐の連合戦線を提案
一方、NATOとEU、その他各国から派遣されたこの海域を哨戒する海軍は、ヨーロッパとアジアを直結する世界でもっとも交通量の多い海路のひとつであるこの地域のアデン湾洋上で、航行する船舶を守るために警護についている。その中でもいくつかの国家では、海賊に対して現在よりももっと面と向かった攻撃をするべく、方策を模索している。
その根拠は、ソマリアの陸の部分ではイスラム過激派の暴虐行為が度を増してきており、ソマリアが内戦にピリオドを打って無政府状態を解消しない限り、海賊行為はいつまでも続くだろうという推論にある。モスクワのロシア政府は、ロシア海軍が海賊の陸上基地を攻撃する際には、各国が国際的な連合軍の共同作戦で協力するべきだと、海賊に対する共闘態勢を提案しているほどである。
d0123476_17365318.jpg
インド洋上を哨戒中に海賊船を捕獲し、ケニアのモンバサ港に入港する英国海軍のフリート艦、ウェーブナイト(波涛の騎士)号艦上のオートライフル狙撃手。この拿捕で海賊のメンバー8名が逮捕され、モンバサの法廷で裁かれる。

8. U.K. refuse to pay ransoms

A Russian news agency said on Thursday that more Russian warships would go to the region. British Foreign Secretary David Miliband said it was vital the international community stand firm against the "scourge" of hostage-taking. He said Britain won't pay a ransom for two Britons being held by pirates off the east African coast. "Payments for hostage-taking are only an encouragement to further hostage taking," he said.
英国は身代金要求を拒絶
ロシアのニュースメディアが20日木曜伝えた内容によると、現在以上の数のロシア海軍の戦闘艦をこの海域へ投下する予定であると言う。他方、英国のデヴィッド・ミルバンド外相は次のような英国の意向を明らかにした。
「人質を取るような卑劣な攻撃に対しては、国際社会は断固として闘うことが肝要である。英国は、アフリカ東部の海域で海賊に拉致された2人の英国人の釈放に関して、身代金を支払うつもりは毛頭ない。身代金を支払えば、彼らはますます図に乗って略奪を繰り返すようになるばかりだ。」ミルバンド外相は、身代金交渉に応じない英国の決意を、こう明らかにした。 [了]
d0123476_17522433.jpg
英海軍のフリート艦に拿捕され、ケニアの首都モンバサの海上保安部で尋問を受ける、8名のソマリア人海賊
d0123476_1023580.jpg
【 米国時間 2008年11月20日 『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_14501313.jpg■ OBAMA TODAY ■  これまでに指名内定が明かされた、オバマ次期政権のホワイトハウス担当官と閣僚予定者です。( )内は前職

・司法長官     エリック・ホルダー(元 司法長官補佐官)
・保健福祉長官   トム・ダッシル(元 民主党下院代表)
・国土安全保障長官 ジャネット・ナポリターノ(現 アリゾナ州知事)
・大統領首席補佐官 ラーム・エマニュエル(現 下院民主党幹事長)
・大統領上級顧問  デヴィッド・アクセルロッド(オバマキャンペーン本部長)
・大統領報道官   ロバート・ギブズ(オバマキャンペーンメディア部長)
・大統領広報補佐官 デビッド・プルーフ(オバマキャンペーン広報部長)

»» 次号 特集「チベットの未来を決定する亡命者代表会議開催!」へ続く
«« 前号「オバマのチャイナフリーFDA改革・禁中国汚染食品!」へ


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8954502f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8954502

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

by ysbee-2 | 2008-11-20 18:24 | 海賊シージャック

オバマのチャイナフリーFDA改革・禁中国汚染食品!

f0127501_128435.gif

  ||| オバマのチャイナフリーFDA改革 |||

d0123476_18352933.jpg
 オバマ新政権の FDA改革で輸入ストップになる 中国汚染食品
 ブッシュの中国輸入品放任政策にメス、安全基準の引き上げに


d0123476_18552829.gifこういう改革を、ず〜〜〜〜っと待ち望んでいたのですよ。この8年間!
以前の記事で、オバマの公約は良いことづくめだけれど、実際に良い理念の元に練られた良い政策を約束しているのだから、信じたいと思うのは人の子として当然……と何度か書いてきた。

まず、オバマの原点である、悪質なロビー政治の撤廃。政治家の誰もがそうしたいと思っても、政治活動資金をロビイストの献金に頼らざるを得ない従来の政治のシステムでは、お題目に終わっていた。80年代以降、有力ロビイストグループがますます勢力を加圧する一方で、その圧力は米国の政策を左右するワシントンの癌としてはびこり、一般国民とスーパー資産階級との著しい乖離を生み出し、米国社会の基礎を成していた中産階級の地盤沈下を招いた。
d0123476_18301255.jpg
ほとんどの政治家が、この悪弊を治療不可能な政治の既得体質として放置してきたが、ここにそれを改革しようと志す大胆な理想を掲げた、政治の冒険家が現れた。その無謀な試みを、ネットを介した無限のSNS=ソーシャル・ネットワーク・システム形成へと実現して成功したのが、バラク・オバマである。
d0123476_18313353.jpg
プランニングのエキスパート、デヴィッド・アクセルロッドを策士に、マーケティングの鬼才、デヴィッド・プルーフをプロデューサーに据え、米国のトップSNS、Facebookの創設者をクリエーティブに抱え、若干20代のコピーライターをスピーチライターに起用した、これまでの旧態依然とした選挙運動をコンセプトから末端のポスターまで一新する、新しい時代の新しい世代にアピールする、まったく新しい魅力的な政治キャンペーンの創造に成功した。
d0123476_18322047.jpg
キャンペーンを展開する中でオバマが訴え続けてきた「CHANGE」が、文字通りそのキャンペーン自体で実現され成功を見た訳だが、では実際の政策における「CHANGE」はいかなるものになるのか? その端的な例を示す良いケースが、FDAの改革である。FDAは日本で言えば厚生省。食品と医薬品の管理を司る、国民の健康を左右する重要な部門である。
[補: 厚生省は現在は厚生労働省だが、誰がこんな無茶苦茶な構造改革をやってしまったのか? どだい一緒くたにできる省庁じゃないだろうが! いまだに一連の構造改悪には腹が立つ。]
d0123476_1833276.jpg
しかしブッシュ政権下では、中国から輸入される数限りない汚染食品や欠陥医薬品に対する規制は皆無と言っていいほど野放しになり、国民もすでに諦めと自主警戒の態勢が身に付いてしまった。ところが、ここへオバマの公約があり「輸入された汚染食品や欠陥製品に対しては厳しく取締り、場合によっては輸入制限もやむなし」という思い切った施策に踏み切るというのである。これはまさにエポックだ!
d0123476_18334147.jpg
この改革は、中央政府の小規模化と自由放任経済を謳う共和党の政権下では、基本的に不可能な施策だった。だが、もうそういった「利益と命を引き換え」にするようなブッシュの無謀なギャンブラー施策では、新しい世紀をサバイバルできないこともわかった。オバマ政権の元では、ありとあらゆる行政の省・局・部門を通じて、根本から現行政策の見直しと改善が進行するだろう。
d0123476_1834229.jpg
汚染食品の排除、場合によっては輸入禁止も辞さないという、国民の健康第一のオバマの対中国姿勢を、日本政府も大いに見習うべきではないか? どこまで徹底できるかは現場の管理体制の対応にかかってくるが、少なくともトップがそういう号令をかけることが可能になったのだ。
フツーの人間のフツーの常識がそのまま通用する当り前の健全な社会への回帰。8年もの暗黒時代の扉を破って、オバマの改革が、今フルスピードで始まった。

[米国時間 2008年11月16日『米流時評』ysbee]

__________________________________________________________________
NOVEMBER 16, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11月16日号
d0123476_17164267.gif

  A s s o c i a t e d  P r e s s | P O L I T I C S
オバマ新政権の FDA改革で輸入ストップになる 中国汚染食品
米国時間 2008年11月6日午後5時37分 | AP通信・米国政治ニュース |  訳『米流時評』ysbee

d0123476_18291345.jpg
Obama Likely to Boost FDA Oversight of Imports
Agency stumbled under Bush, but may have more power with new president
NOVEMBER 6, 2008 | Associated Press/MSNBC.com | Translation by ysbee
WASHINGTON — The Food and Drug Administration, bedeviled by a salmonella outbreak and tainted medicine from China, is likely to monitor imports and fresh produce more closely under an Obama administration.

安全性重視の輸入品規制へ
ワシントン発 |米国のFDA/食品薬品管理局は、昨年来中国からの輸入食品によるサルモネラ菌の蔓延や、汚染された医薬品の被害を放置してきたため、米国市民から悪評をかこっていたが、オバマ新政権へと体制が移行するにあたって(ブッシュ政権下での野放し状態の管理体制から)輸入品および生鮮食品に対する品質管理体制をより強化する方向へ転換するものと期待されている。
d0123476_18374389.jpg
私の好きなオバマ写真のひとつ。オバマ番の記者もしょっちゅう目撃したらしいが、どんな田舎町のどんな「食堂」で食事しても、その後始末を自分できちんとやるらしい。母親と祖母のしつけが厳しかったらしいが、その片鱗の現れ。

2. New powers to control tobacco

With President Bush no longer a roadblock, health officials also can expect new powers to control tobacco, from cigarettes to the recently introduced smokeless products called snus. President-elect Obama, a former smoker struggling to avoid relapse, is a sponsor of legislation giving the FDA authority to control, but not ban, tobacco and nicotine.
新しい煙草規制法の見込み
ブッシュ大統領がVETO=大統領拒否権を発動して、改革への道を遮ることもなくなる。FDAの健康管理のトップに就任する者もまた、従来の煙草からつい最近市場に出回ったsnusと呼ばれる煙の出ない製品まで、健康を害する成分に対して、タバコ規制法に新しい改訂条項を加えるだろうことが期待できる。オバマ次期大統領自身は、現在は禁煙をつづけている元スモーカーだが、FDAの責任者がタバコとニコチン成分に対して、禁止するのではなく、ある程度の規制ができる権限を持たせる法案を議院通過させようとした提案者でもある。
d0123476_18422667.jpg
有名な「オバマシューズ」の写真。モデルのような長身の体躯なのにお洒落には無頓着だとミシェル夫人は嘆く。愛用の靴も靴底に裏打ちして修理したもの。しかもすり減って穴があく手前。このノンシャランさがオバマの魅力の一端。

3. FDA stumbled under Bush

Long seen as the government's premier consumer protection agency, the FDA stumbled under Bush. Recurring drug and food safety lapses came against a backdrop of shrinking budgets and long periods without a permanent leader. In Congress, a senior Republican complained the FDA had gotten too cozy with industry.
ブッシュ政権下で劣化したFDA
消費者保護の省庁として長らく政府のトップ機関と見なされてきたFDA=連邦食薬品管理局だが、ブッシュ政権下でその権威は失墜した。FDAを恒常的に指導するリーダーの欠如と予算縮小を背景に、食品と医薬品の安全性を定期点検する基本的体制自体が崩壊した。この惨状に、上下両院の議会では共和党の長老議員からさえ、FDAは業界とあまりにも癒着し過ぎていると、批判の声が上がっていた。
d0123476_1847116.jpg
サインのデザインを見るところ、立候補して間もない昨年春の写真。場所はオバマの緒戦で初勝利をもたらしたアイオワ州のフェアファックス

4. Quick appointment of FDA commissioner

字数制限のため英文省略
FDA新局長の任命が急務
オバマは周囲から、FDA=米国食薬品管理局のコミッショナーを早急に指名するべきだと急かされている。その候補としてすでに6人以上の名が挙がっている。ワシントンの議会以外の地方の専門家では、オハイオ州クリーブランドクリニック病院の心臓外科医スティーブン・ナイッセン博士、元FDAウーマンズヘルス部長でオバマの選挙キャンペーン参謀のひとり、スーザン・ウッド女史、そしてバルチモア広域自治体の保健衛生部長、ジョシュア・シャーフスタイン博士などが主要候補に挙がっている。

[注: オバマの圧力団体は、ブッシュの石油ロビーや軍需産業ロビー、クリントンのユダヤロビーやチャイナロビーといった、絶大なるパワーを振うワシントン既存のロビイストとは関係のない一般市民ひとりひとりである。ネットやブログを通じてダイレクトなコミュニケーションが可能になった、オバマのバーチャル民主革命の効果は、今後計り知れなく効いてくると思える。]
d0123476_18511591.jpg
こちらもアイオワ州のバーリントン。かつては繊維産業の盛んだった町だが、安い中国製品に押されて地方都市の工場は津波に飲まれるように閉鎖していった。没落する中産階級の救済がオバマの政策の最優先課題である。

5. Priority for Obama's FDA: Food safety

字数制限のため英文省略
オバマFDAの最優先事項は「食品安全」
オバマ新政権下でのFDAにとっては、食品の安全性が最優先課題である。
「オバマ氏は、市民が日常口にする食品が安全である事を確認するのは、一国の政府にとって基本的な役割であると考えています。ですから現在われわれ管理者の側が、そのような当たり前のことを確かめられる位置に置かれていない現状を、非常に危惧しています。」
オバマの選挙参謀首脳のひとり、ネーラ・タンデン氏は、オバマの食品安全に対する姿勢をこう述べた。だがオバマには、民主党が多数を占め議会運営の主導権を握る立法府の下院が控えているので、オバマが大統領に就任後は「輸入製品の安全性検査体制の強化」を法制化したがっている民主党議員を多く抱える下院が、法案をスムーズに可決できる立法プロセスの実現が期待されている。

[注: 民主党が大量議席を獲得した2006年の総選挙以降の米国の政局は、たとえ新しい法案が上下両院を通過してきても、最終的に法案に署名するブッシュが反対政党の共和党の立場をとってVETO=大統領拒否権を連発したため、新しい議案の成立がままならなかった「ねじれ政局」が、2年間も続いていた。しかし、来年1月の大統領就任式と上下両院での新しい議会が発足すれば、これまで棚上げになっていた数多くの「Good Plans」が矢継ぎ早に承認される状況が期待できる。その中にはもちろん、国民の悲願だったイラクからの米兵撤退案も含まれる。]
d0123476_185359100.jpg
昨年2月、イリノイ州の州都スプリングフィールドで大統領選の立候補宣言をする直前のオバマファミリー

6. Only fractional inspection now

字数制限のため英文省略
現行はほんの一部の検査のみ
輸入食品の中でたったひとつアンタッチャブルだったセクションが、オバマ次期政権の元では検査を受ける事になる。それは海外プラントの製薬工場で製造された医薬品である。この部門は(クリントン〜ブッシュ政権下)ここ数年というもの、FDAの検査監理官がチェックできていなかった、唯一の部門である。これまでは、ブッシュ政権を説得できなかったために実現不可能だった議案「FDA検査官の人員を増やす予算付け」のため、民主党議員はすでにこの業界にある程度の経費を負担させることも検討している。もちろん、オバマ政権の元では快諾を得て実行に移されるだろう。
また今夏全米で大問題になった、ほうれん草や生鮮野菜の汚染問題に関して、前述の参謀タンデン氏は「オバマ氏は、生鮮食品の流通経路を追跡チェックするシステム導入案に対しても、受け入れの姿勢でいます」と伝えている。
d0123476_18564256.jpg
田舎町の演説会場にはよく学校の体育館などが使用される。ステージへ上がる直前に懸垂にトライするスポーツマン・オバマ。バスケットボールの腕前はプロはだし。

7. Swing back to protect public health

字数制限のため英文省略
健康な時代への揺れ戻し
生鮮食品の流通経路のチェックは、今夏 野菜に繁殖したサルモネラ菌の蔓延が全米で大騒ぎになった際に浮上した問題点である。それというのも、当初はカリフォルニア産の汚染トマトと目されていたサルモネラ菌汚染のルートを追求していった結果、元凶はメキシコ産のとうがらし (レッドチリペッパー) だった事実が判明したからである。しかも、その原因が判明するまでFDAは1か月以上も費やし、世間から呆れられた事実がある。
「オバマ政権では、国民の健康を保護する方向へと、時の振り子の振れ戻しがあるでしょう」こう言うのは、以前FDAのトップである長官職を務め、現在は退役しているウィリアム・ハバード氏である。「オバマ次期政権が選挙公約で告げてきた改革の予告は、食品安全の分野、特に輸入食品と医薬品の安全性に関して、飛躍的に進歩した規制が予測できるいい前兆です。」
d0123476_1902990.jpg
11月11日のベテランズデー(退役軍人と戦没者に感謝する日)にイラク戦争の空軍ヘリパイロットで、砲撃で両足を失ったタミー・ダックワースに付き添って無名戦士の墓に献花したオバマ。ダックワースはイラク戦争に反対する兵士のひとりで、傷痍軍人の社会復帰を保証する制度推進運動のリーダー。

8. Less toxic/addictive tobacco

字数制限のため英文省略
より毒性・麻薬性の少ない煙草へ
オバマ政権下で通過するだろうと期待されている新しいタバコ規制法案の条件では、本来の煙草成分やニコチン成分には手をつけないが、製造過程でより人体無害な麻薬性の低いタバコを生産するように、FDAの煙草監理担当当局が規制事項を変更できるようになる。
この法案は、下院が提案可決したあと、上院でも超党派で審議可決されたが、最終段階のホワイトハウスでは、ブッシュ大統領はVETO=大統領拒否権を発動して、議案への最終署名を拒否したため成立していなかった議案である。このタバコ規制法案=Tobacco Bill の共同提案者のひとり、エドワード・M・ケネディ上院議員は(マサチューセッツ州選出民主党)、1月に下院の新議会が開催されたら直ちに議案の審議通過を押し進めるよう、大いなる意欲で望むとその覚悟のほどを語っている。もうひとりの共同提案者がオバマ自身であることから、タバコ規制法案の即時通過は疑う余地がない。
d0123476_1984623.jpg
これもまだ選挙戦初めの頃フィラデルフィアの床屋で。今は人出が物凄く警備もものものしいので、こんな和気あいあいの気さくな写真は無理。

9. Newest treatment by stem-cell research

字数制限のため英文省略
バイオ医学による画期的治療開発
さらにFDAは、バイオ医学の分野でも、オバマ次期政権から新たなパワーを授かることはまちがいないと見られている。バイオ医学の提案する治療法は、化学薬品からではなく生体細胞増殖などの高度な科学的テクニックによって、これまでは治療不可能だった症状に対して、刷新の医薬品開発や医療技術面での画期的な進歩を図るものである。
こうした時代を画する医療の進歩を待ち望んでいた科学者や医療関係者全員が、これまでブッシュ政権下では禁止されていた、バイオ医薬品に対する抜本的な調査と許認可をFDAができるようにする法改定の草案を、オバマ次期政権が下院と目的をいつにして創造するだろうと期待している。 [了]
d0123476_1023580.jpg
【 米国時間 2008年11月16日 『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_19121396.jpg
オバマもミシェル夫人もハーヴァード大の法学部出身で一見エリートかと受け止められるが、実は両人とも親が裕福ではなかった苦労人。夫妻の間には10才のマリアと7才のサッシャの2人の娘がいる。選挙戦の遊説中どこの演説でも地球上の子供たちの未来のために健康を冒す汚染食品や環境汚染を排除すると、公約の中で主張してきた。早くブッシュと交代して「オバマのニューディール」と言われる政策の数々を、一日も早く実現してほしいものである。

d0123476_14501313.jpg■ OBAMA TODAY ■  今日午後の段階で、オバマ次期政権の法務長官が指名になりました。その人物は以前の予測記事でもお伝えしたエリック・ホルダー氏。黒人として初の法務長官登場になります。「初めて」というのは、オバマらしい良い傾向だな………その調子で、オールドモンスター・クリントンの登用はなんとか避けてほしいものですが。
2008年の大統領選はオバマの登場ですべての記録が塗り替えられた。特に18〜39才の若年層の政治運動への参加は目覚ましく、ブッシュの亡国政治に絶望していた若者たちはクールなオバマのキャンペーンに飛びついた。また GOTV=Go To Vote という投票推進運動も盛んで企業も応援した。これはタレントが自主参加したGAPのGOTV広告。
d0123476_192499.jpg
»» 次号「クリントン家のダーティビジネス 諸悪の根源ロビー政治改革」へ続く
«« 前号「速報!ソマリア海賊が日本の貨物船をハイジャック」からの続き


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8940701f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8940701

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

by ysbee-2 | 2008-11-16 20:10 | オバマの時代

速報!ソマリア海賊が日本の貨物船をハイジャック

f0127501_128435.gif

   ||| ソマリアの海賊、日本の貨物船を襲撃 |||

d0123476_23215122.jpg
ソマリア沖のインド洋海域で海賊が日本の貨物船をハイジャック
韓国外務省消息筋情報:乗組員の安否不明、23名のうち5名が韓国人


米国時間2008年11月15日午後8時 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee
韓国・ソウル発 |海賊の船舶ハイジャック事件の頻発しているインド洋のソマリア沖海域で、乗組員23名を乗せた日本の船舶が武装した海賊に襲われ、この貨物船はハイジャックされたと韓国政府の外務省高官からの談話で公表された。乗組員の中には5名の韓国人が含まれている。
ハイジャックされた時点の状況や乗組員の消息など、詳しい情報はまだわかっていない。この高官の談話によると、乗組員を釈放するために海賊が身代金を要求しているかどうか、という情報に関しても、まだ入ってきていないと言う。
d0123476_23234474.jpg
Gunmen Seize a Japanese Cargo Ship off Somalia
No word on 23 crew aboard; attack comes despite increased security
NOVEMBER 15, 2008 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
SEOUL, South Korea — A South Korean foreign Ministry official says gunmen have hijacked a Japanese cargo ship carrying 23 crew, including five South Koreans, off the coast of Somalia. The condition and safety of the crew were not immediately known.

__________________________________________________________________
NOVEMBER 15, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11月15日号
f0127501_457513.gif

 A s s o c i a t e d P r e s s | B R E A K I N G
ソマリア沖のインド洋海域で海賊が日本の貨物船をハイジャック
米国時間2008年11月15日午後8時 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_15193549.jpg
1. Frequent hijacking off the coast of Somaliad0123476_15165372.jpg
Somalia, has had no functioning government since 1991, is the world's top piracy hotspot. It is located along the Gulf of Aden, which connects the Red Sea and the Indian Ocean and is one of the world's busiest waterways with some 20,000 ships passing through it each year.
ソマリア沖で頻発する船舶ハイジャック
ソマリアは1991年の内戦以来、中央集権が機能しない無政府状態にあるが、海賊の横行する海域としては世界でももっとも危険な国である。ソマリアは、アラビア半島とアフリカ大陸に挟まれた海の隘路である紅海がインド洋へと開けるアデン湾に沿った「アフリカの角」と呼ばれる地域の国だが、沖合のハイジャックの頻発する海域は年間2万隻以上の船舶が通過する、世界でももっとも交通量の多い海域を擁している。
d0123476_23261627.jpg
9月にハイジャックされたウクライナ国籍の貨物輸送船には、旧ソ連時代のタンクが積んであったと言う謎も浮上

2. Well-organized well-funded pirates

Somali pirates are trained fighters, often dressed in military fatigues, using speed boats equipped with satellite phones and GPS equipment. They are typically armed with automatic weapons, anti-tank rockets launchers and various types of grenades.
軍隊並みに武装した海賊
ソマリアの海賊は、しばしば本格的軍服を着用したりするが、この国で数十年も続く内戦のために、本格的戦闘の訓練を受けた兵士の能力を持つ近代的戦闘要員である。船舶を襲撃する兵器としては、サテライトを経由した携帯とGPS探査設備を備えたスピードボートを駆使している。使用する兵器は主にオートライフル (機関銃) やタンク攻撃用の本格的ロケット砲で、その他各種の手榴弾も用いている。
d0123476_23264795.jpg
ハイジャックで海賊が獲得した身代金は今年の1月〜9月だけで30億円以上にのぼる、ソマリア最大のビジネス

3. Korean ship captivated and released in October

In October, 22 sailors — eight South Koreans and 14 citizens of Myanmar — were released following a month of captivity after their South Korean shipping company paid a ransom to Somali pirates. South Korea has said it is considering dispatching navy vessels to waters off Somalia to fight rampant piracy.
10月にも韓国船をハイジャック
今年10月にも、8名の韓国海軍兵と14名のミャンマー市民を乗せた韓国船が、ソマリア沖でハイジャックされた。その後ひと月近く韓国の船舶会社と海賊との間で身代金の交渉が続いたが、最終的に要求通りの身代金を払って全員釈放された事件があった。韓国政府は、万一の場合にはソマリア沖に海軍の戦闘艦を派遣して海賊と海戦を交える場合も想定していたと伝えられている。
d0123476_232857100.jpg
4. Collaborative junction by NATO and U.S.
NATO has sent three ships to the Gulf of Aden to help the U.S. Navy in anti-piracy patrols and to escort cargo vessels. The European Union has said at least four warships backed by aircraft will begin policing the dangerous waters in December
NATO・米軍の共同掃討作戦
9月にはウクライナ国籍の貨物船がハイジャックされたが、それ以前からソマリア沖の海域で海賊からシーレーンを守る哨戒を続け輸送船団を警護していた米海軍の援軍として、NATOはインド洋の東アフリカ沿岸海域のアデン湾に3隻の戦艦を派遣した。またEUでもこの危険な海域を警備する目的で、来る12月に戦闘機を搭載した戦艦を、少なくとも4隻配備する予定だと発表している。
d0123476_2331749.jpg
5. Marital force with high-tech equipment
The EU flotilla will eventually take over the NATO patrols. Despite the increased security, attacks have continued unabated off Somalia. There have been more than 80 attacks this year in the African waters.
ハイテク装備の海軍並の戦闘力
EUの海上軍は、その後NATOの役割を交代する予定だと公表している。しかし、こうした海上での連合警備体制が強化されてきたにもかかわらず、ソマリア沖の海賊によるハイジャック事件の発生は一向に衰えをみせていない。アフリカ沿岸で起きた船舶襲撃事件は、今年に入ってからだけでもすでに80件以上にのぼっている。 [了]
d0123476_23294426.jpg
d0123476_1023580.jpg
【 米国時間 2008年11月15日 『米流時評』ysbee 訳 】
»» 次号「オバマ新政権・第3章 オバマのフリーチャイナ!FDA制度改革」へ続く
«« 前号「オバマ新政権・第2章 オバマ紳士録・後編 クリントンが国務長官?」へ


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8931866f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8931866

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギー!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

by ysbee-2 | 2008-11-15 23:19 | 海賊シージャック

オバマ紳士録・後編 クリントンが国務長官?

f0127501_128435.gif

    ||| オバマ新政権 紳士録・後編 |||

d0123476_11278100.jpg
  国防長官はコーリン・パウエルか? 国務長官はクリントンか、ケリーか?
  党派を越えたベストメンバーの最強内閣と噂されるオバマ新政権の人事予測


d0123476_18552829.gif昨日の記事でもお伝えした通り、ヒラリー・クリントンがオバマ次期政権の国務長官にリストアップされたというニュースは、米国では一昨日13日夕 (日本時間で金曜昼) のNBCニュースでワシントン支局のベテラン政治デスクであるアンドレア・ミッチェルが、まさにスクープそのもののショックウェーブを伴って公表した。

たしかに、クリントンが国務長官に?というのは、オバマを選挙戦の始めから支援してきた支持者にとっては、歓迎できない衝撃である。予備選であれだけ痛めつけられてきたネメシス=宿敵に、塩どころか砂糖の山を送る行為じゃないか!とか、オバマの立脚点であった「腐敗したロビー政治の根絶」と真っ向から対立する、ロビイストべったりの旧クリントン体制を許すのか!といった、怒号に近い糾弾の声が、DailyKos.com や MoveOn.org といったリベラルのブログに渦巻いた。
d0123476_11275280.jpg
当初懐疑的だったNBC以外のニュースメディアも、ヒラリー・クリントン当人が直接シカゴのオバマオフィスを訪問した事実が確認された時点で、一斉にクリントンへの追っかけが始まった。ヒラリー本人は、別のフォーラムでの記者会見でシカゴ訪問は認めたが、それが噂されているような「国務長官職への面接試験」ではない、と婉曲に否定した。

しかし「国務長官になるつもりはない」という意志の否定ではなかったので、彼女がなるかもしれないという憶測はますます度合いを深めている。副大統領のジョー・バイデンの場合も、特別補佐官のラーム・エマニュエルの場合も、メディアに噂が広まった時点では一旦否定したが、どちらもそれから間もなく、噂通りに指名を公開した。
d0123476_846611.jpg
ブッシュの招集で、昨日から首都ワシントンで開催されているG20先進国経済サミットは、フランスのサルコジを始めとする各国首脳が一堂に顔をそろえ、昨夜はマンダリン・オリエンタルホテルで最高級の晩餐会が開かれた。グローバル恐慌を避けるための経済救済会議だというのにこの贅沢なメニューはなにごと!と、心あるニュースショーの槍玉に挙がったりしていた。色眼鏡をはずして見ても、このタイミングではブッシュへの送別会パーティーというイメージが拭いきれない。

そんな経緯もあるが、出席者の胸中にある今回のサミットの焦点は、どうもワシントンではなくシカゴであるらしい。今日発行のどの新聞でも、各国首脳の訪問の真の目的は「オバマとの初会見」にあると報じていた。しかも肝心のオバマはこのサミットには出席していないというのにである。すでにフランスのサルコジ大統領や、英国のブラウン首相、ドイツのメルケル首相を始めロシアのメドベージェフ大統領にいたるまで、オバマに対して祝辞とともに、来春以降の各国の対米関係の見直しを打診し、好意的なアドバイスを申し出たと伝えられている。
d0123476_8213341.jpg
さらに西側諸国ばかりでなく、中東アラブ諸国、アフリカ(念のため、国ではなく数多くの国家を内包する大陸としての総称)、そして共産圏諸国の指導者からも、大いなる期待をもって国際社会での活躍を待望されるオバマ次期大統領。彼の率いる新しい政権が、ブッシュの残す破滅と混乱の社会をどう再建していくのか、その解答の片鱗が早くも開票の翌日から次々に公開されている。

新年早々1月20日の就任式直後から目白押しになるだろう、無策に等しいブッシュドクトリンからの火急な基本政策の転換。さらには「もう3年遅いよ」と絶望視されているものの、なんとか鎮火しなければならない経済危機解決案。こうした一連の、米国の未来へのレールを180度変換するホワイトハウスの操車場で、実施段階の詳細プランに入ったと噂される次期オバマ政権のブレーン。彼らは現在シカゴの次期政権準備事務所「プレ・ホワイトハウス」で作戦会議の真っ最中である。
d0123476_11294225.jpg
一連の再建案は順次紹介するつもりだが、まず来年1月の大統領就任式に先駆けて、オバマ新政権の主要スタッフとなるべき閣僚の候補者としてリストアップされているメンバーを紹介したい。どの人物が最終的に任命されるかは年内に明らかになると思う。当初の昨日の記事が余りにも長くなってしまったので、前後編に二分した続編をこの下に掲出します。また記事がネットに掲載になったのは10日以上も前なので、内容にタイムラグがあることをご了承ください。

【米国時間 2008年11月14日『米流時評』ysbee】


d0123476_15494742.gif d0123476_15471938.gif d0123476_10141436.gif
__________________________________________________________________
NOVEMBER 14, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11月14日号
d0123476_17164267.gif

    A s s o c i a t e d  P r e s s
オバマ革命 第2章 Who's Who? オバマ政権紳士録・後編
米国時間 2008年11月3日 | AP通信/ハフィントンポスト |  訳『米流時評』ysbee

d0123476_11474666.jpg
来年1月20日の innauguration 大統領就任式に備えて、早くもステージ造りの工事が始まったDCのキャピトル。ブッシュからオバマ第44代大統領へと全権委任される世紀のイベントをひと目見ようと計画する市民は200万人とも噂され、すでに当選翌日にはワシントン中のホテルの予約が完売したという。地元シカゴでもオバマツアーブーム。

President-Elect Reaches Out To Former Rivals
History offers lessons as Obama considers including Clinton and GOP

Secretary of State—1: Sen. John Kerry
Sen. John Kerry is reported to be aggressively advocating for this spot in Obama's cabinet, and indeed, no sooner had he won re-election to the Senate last night than "he refused to rule out the possibility he might give up his...seat for a position in the Obama administration," the Boston Globe reported.
国務長官☆選外: 2004年大統領選候補 ジョン・ケリー 現 上院議員
2004年の大統領選で、現役大統領のジョージ・W・ブッシュと闘って惜敗したジョン・ケリー上院議員(民主党マサチューセッツ州選出)は、その年の民主党大会でオバマに基調演説のチャンスを与え、全米スケールの政治のステージへオバマをデビューさせた「発見者」である。この経緯があったために、時としてケリーは「John the Baptist=洗礼者ヨハネ」と冗談めかして呼ばれることもある。(洗礼者ヨハネ=John はキリストが待望の救世主であると洞察し、世に告げた人物)

上院でもベテランの先達としてオバマを盛り立ててきた、民主党の大先輩にあたる。こうした間柄からケリー上院議員は、オバマ内閣での国務長官のポジションに就く意欲を積極的にアピールしてきた、と伝えられている。また実際にも、昨夜4日にマサチューセッツ州の上院議員に再選されるや否や、「オバマ政権内の主要な長官職のために、上院議員の椅子を後継の候補者に譲る可能性はありえなくもないと意志表明した」と、地元のボストングローブ紙は報道している。
d0123476_2292235.jpg
Sec. States—2: Dick Luger
Another Republican reportedly in the hunt was Sen. Dick Lugar, who worked with Obama closely on legislation to secure loose nuclear weapons in former Soviet nations.
国務長官☆選外: リチャード・ルーガー 現 上院議員
国防長官候補として名の挙がっているコーリン・パウエルやチャック・ヘーゲルといった、共和党の重鎮として、もうひとり忘れてはならない人物が、ディック (リチャード)・ルーガー上院議員である。彼は上院の外交委員会や軍事防衛委員会で、重要議案の審議を徹底することで知られている良識派だが、2年前にはイリノイ州から選出されたばかりだった新米のオバマ議員に、上院システムと軍事外交の手ほどきを授けた賢人として知られる。

特に、旧ソ連邦崩壊後の核兵器の拡散を防ぐ目的の議案を共同提案し、オバマに大役を授けて成功させた立役者でもある。冷戦時代からの軍事外交体制を把握しているベテランであり、地味ではあるが戦時の国務長官としては適役の、実力派候補に挙げられていた。しかし選挙が明けた5日水曜の時点で、ルーガー本人はオバマの配下に任命されるケースはないと否定した。
d0123476_2210459.jpg
Sec. States—3: former U.N. Ambassador Richard Holbrooke
But Lugar ruled out serving under Obama on Wednesday. Other names in the running: former U.N. Ambassador Dick Holbrooke, current foreign policy adviser Susan Rice and Greg Craig, another top Obama foreign policy adviser.
国務長官☆選外: リチャード・ホルブルック 元 国連大使
ほかにも国務長官にふさわしい人物として、クリントン時代の国連大使だったリチャード (ディック)・ホルブルック氏や、オバマのトップ外交顧問であるスーザン・ライス女史やグレッグ・クレイグ氏が候補に上げられている。
d0123476_22111719.jpg
Sec. States—4: Senator HIllary Clinton
It so happens that Obama and New York Sen. Clinton share a reverence for "Team of Rivals," Doris Kearns Goodwin's book about how Lincoln brought foes into his fold. Obama, clearly a student of Lincoln, spoke of it several times. Now past could be prologue. Obama is considering Clinton for secretary of state or another senior position, meeting John McCain on Monday to see how his Republican presidential rival might help him in the Senate, and sizing up one-time opponents in both parties for potential recruitment. (This paragraph is from the article of Associate Press, "President-Elect Reaches Out To Former Rivals" issued on Nov.13)
国務長官★決定: ヒラリー・クリントン 現 上院議員
翻訳中
d0123476_22122641.jpg
Treasury Secretary—1: N.Y. FRB President Tim Geithner
For, perhaps, this most important position, Obama has a slew of options. New York Federal Reserve Bank president Tim Geithner, "a protege of Clinton-era Treasury Secretary and Obama campaign adviser Robert Rubin," is reportedly under serious consideration. As Politico notes, "Geithner began raising the alarm about risks associated with the credit derivatives market years before the current crisis."
財務長官★決定: ティム・ガイトナー 現 ニューヨーク連邦準備金頭取
翻訳中
d0123476_124437.jpg
Treasury Secretary—2: Larry Summers
Larry Summers, who served as Secretary of the Treasury during the last year-and-a-half of the Clinton administration, is another name garnering a lot of attention. Within economic circles, he is widely regarded as uniquely capable for the job. Moreover, for the last month, he has been at Obama's side, advising him on the market turmoil. But his nomination could spark some protest over the poorly-worded remarks he made about women in academia while president of Harvard University.
大統領財務顧問★決定: ラリー・サマーズ 元 財務長官
翻訳中
d0123476_1251477.jpg
Treasury Secretary—3: New Jersey Governor Jon Colzine
And his reputation as being intellectually abrasive and combative might make him a difficult fit for an Obama staff built around no-thrills unity. Another official frequently mentioned is former Federal Reserve chairman.
財務長官☆選外: ジョン・コルザイン 現 ニュージャージー州知事
翻訳中
d0123476_1262589.jpg
Treasury Secretary—4: Paul Volcker
Paul Volcker, who has been a key endorser of the Obama candidacy in these tough economic times. At the same time, Obama could turn to Warren Buffet, though there is little indication that the Oracle of Omaha wants the job.
大統領財務顧問★決定: ポール・ヴォルカー 現 経済顧問
翻訳中
d0123476_1272648.jpg
Attorney General—1-Eric Holder
And sources say that she wouldn't mind the move to D.C. What may end up deciding the appointment, however, is that Eric Holder — who served briefly as AG under Bill Clinton and headed Obama's vice presidential search committee — doesn't want to go through the rigors of a confirmation process and could take himself out of the running.
司法長官★決定: エリック・ホルダー 元 司法長官補佐官
翻訳中
d0123476_15262569.jpg
Attorney General—2: Deval Patrick
司法長官☆選外: デヴェル・パトリック 現 下院議員(イリノイ州選出民主党)

d0123476_1527298.jpg
Secretary of Homeland Security — Janet Napolitano
Janet Napolitano seems in line for this key-ranking position, which became a controversial post under the stewardship of Alberto Gonzales. The current Governor of Arizona is close with Obama, having endorsed his candidacy early on.
国土安全保障長官★決定: ジャネット・ナポリターノ 現 アリゾナ州知事
翻訳中
d0123476_1281947.jpg
Secretary Of Energy: 1—Dan Reicher
エネルギー省長官 候補: ダン・ライチャー Google CEO
d0123476_7423353.jpg
Secretary Of Energy: 2—Ed Rendell
エネルギー省長官 候補: エド・レンデル 現 バージニア州知事
d0123476_7434293.jpg
Secretary Of Energy: Arnold Schwarzenegger, James Woolsey, Jason Grument, Steve Westly, Pete Domenici
エネルギー省長官 候補: アーノルド・シュワルツェネッガー 現 カリフォルニア州知事 /ジェームズ (ジム)・ウールジー 元 CIA長官 /ピート・ドメニチ /ジェイソン・グルメント /スティーブ・ウェストリー


Secretary Of Agriculture: Tom Vilsack
農務省長官 候補: トム・ヴィルサック 現 下院議員

d0123476_1294100.jpg
Secretary Of Education: Caroline Kennedy, Joel Klein
教育庁長官 候補: キャロライン・ケネディ[故 ジョン・F・ケネディ大統領の長女]

d0123476_7472953.jpg
Secretary Of Environmrnt: Robert Kenedy Jr.
環境庁長官 候補: ロバート・ケネディJr[故 ロバート (ボビー)・ケネディの長男]

d0123476_7481235.jpg
Competent, non-rigid, above partisanship
But, from conversations with Washington insiders and in-the-know Democrats, it seems clear that the process of dwindling down the long lists of potential cabinet members has already begun. And the names emerging represent the type of politics that Obama has preached: competent, non-rigid, and above partisanship.
無敵の超党派政権を目指して
翻訳中
[以上、リストアップされた人物の名前は数多くあるが、噂の段階は排除して、主要なポジションに就くと思われる確実なラインの人物に絞って明記した。]
d0123476_1023580.jpg
【 米国時間 2008年11月14日 『米流時評』ysbee 訳 】
»» 11/16「オバマのチャイナフリーFDA改革・禁中国汚染食品!」へ
»» 次号「速報!ソマリア海賊が日本の貨物船をハイジャック」へ続く
«« 前号「New New Deal-2: オバマの初仕事・ホワイトハウスの組閣人事・前編」へ


d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8928258f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8928258

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギー!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

by ysbee-2 | 2008-11-14 12:00 | オバマの時代
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー