人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ガザ空爆エスカレート 死者364 負傷者1400以上

f0127501_128435.gif

  ||| イスラエルのガザ空爆エスカレート |||

d0123476_1909100.jpg
イスラエルのガザ空爆エスカレート、2日間で300発以上の無差別爆撃
ガザに空前の被害、生命線のトンネル爆破。死者364負傷者1400以上


ガザシティ発 |27日土曜夜のガザ空爆開始以来3日目を迎えた29日月曜も、イスラエルは空軍爆撃機によるの過酷な爆撃作戦の手を緩めず、ガザ市内に散在するハマスの本部や関連施設を空から破壊し、徹底的な破壊をもたらした。
d0123476_1945135.jpg
More Than 364 Killed After 3-Day Barrage
Death toll spiked by Israel's airstrikes targeted Hamas power in Gaza
DECEMBER 29, 2008 EST | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
GAZA CITY, Gaza Strip — Israel turned the force of its punishing Gaza campaign toward Hamas field operatives on Monday, sending warplanes to bomb their houses in a sweep meant to tear at the roots of the militant organization.


__________________________________________________________________
DECEMBER 29, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年12月29日号
f0127501_2052197.gif

  A S S O C I A T E D P R E S S
イスラエルのガザ空爆エスカレート、死者364名 負傷者1400名以上
米国時間 2008年12月29日午後3時02分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_5412831.jpg
1. Tree-day toll: 364 killed, 1,400+ wounded
Yet even with their senior leadership in hiding, the battered Islamic militants managed to fire dozens of rockets at southern Israel on Monday. A tough-talking Israeli defense minister promised them a "war to the bitter end," as the three-day death toll in Israel's shock-and-awe offensive rose to 364.
3日間で死者364名 負傷者1400名以上
翻訳中
d0123476_1911774.jpg
2. Airbombing University, gov. compound
One Israeli strike destroyed a five-story building in the women's wing at Islamic University, one of the most prominent Hamas symbols in Gaza. Other attacks ravaged a compound controlled by Preventive Security, one of the group's chief security arms, and destroyed a house next to the residence of Ismail Haniyeh, the Hamas prime minister.
ガザ市内の大学、政府建物も爆撃
翻訳中
d0123476_195444.jpg
3. Targeted homes of Hamas officials
One of the strikes against field operatives targeted a house in Jebaliya refugee camp, killing seven people, but the Hamas activist was not there. Another hit the Jebaliya home of Abdel-Karim Jaber, a Hamas political figure, though not widely known.
ハマス政権高官の自宅をターゲット
翻訳中
d0123476_196519.jpg
4. Chipping away Hamas' foundation
Jaber, a senior administrator at Gaza's Islamic University, was not at home at the time and it wasn't immediately clear if anyone was hurt in the strike. In another air assault, an Islamic Jihad commander was killed as he was walking near his house. The targets Israel chose to strike on Monday revealed an intention to chip away at Hamas' foundation.
ハマスの施設全滅を意図した爆撃
翻訳中
d0123476_5433472.jpg
5. Israel released precision-missile video
The targets Israel chose to strike on Monday revealed an intention to chip away at Hamas' foundation. Israel carried out five separate strikes on the houses of field operatives, though there has been no confirmation that any of them were killed. And in grainy surveillance video from an overhead drone released by Israel's military, several men are seen loading a pickup truck with what the military said were medium-range Grad rockets. Moments later, a large explosion from a missile strike envelops the image.
高照準ミサイルの爆撃ビデオ公開
翻訳中
d0123476_19141996.jpg
6. Seven killed in Jebaliya refugee camp
Late Sunday, Israeli aircraft attacked a building in the Jebaliya refugee camp next to Gaza City, killing five children and teenagers under age 17 from the same family, Gaza Health Ministry official Dr. Moaiya Hassanain said. In the southern town of Rafah, a toddler and his two teenage brothers were killed in an airstrike aimed at a Hamas commander, Hassanain said. In Gaza City, another attack killed two women.
ガザ近隣の難民キャンプへ爆撃拡大
翻訳中
d0123476_19152623.jpg
7. Unprecedented destruction in Gaza
Gaza's nine hospitals were overwhelmed. Hassanain, who keeps a record for the Gaza Health Ministry, said that some of the over 1,400 wounded were now being taken to private clinics and even homes. Abdel Hafez, a 55-year-old history teacher, waited outside a Gaza City bakery to buy bread. He said he was not a Hamas supporter but believed the strikes would only increase support for the group. "Each strike, each drop of blood are giving Hamas more fuel to continue," he said.
ガザ、前代未聞の壊滅的打撃
翻訳中
d0123476_19164516.jpg
8. Most dramatic attacks on tunnels
The airbombings have cut off a lifeline that had supplied Hamas with weapons and Gaza with commercial goods. The influx of goods helped Hamas defy an 18-month blockade of Gaza by Israel and Egypt, and was key to propping up its rule. Across Gaza, families pitched traditional mourning tents of green tarp outside homes. Yet the rows of chairs inside these tents remained largely empty, as residents cowered indoors for fear of new Israeli strikes.
ガザの生命線、地下トンネル40カ所爆撃
翻訳中
d0123476_1918487.jpg
9. No end in sight of Israel
Israeli Prime Minister Ehud Olmert said it was unclear when the Gaza operation would end but told his Cabinet was "liable to last longer than we are able to foresee at this time." Hundreds of thousands of Israelis live in cities and towns in Gaza rocket range. Schools in communities in a 12-mile radius from Gaza were ordered to remain closed beyond the weeklong Jewish holiday of Hanukkah which ends Monday.
イスラエルに戦闘終結の意志なし
翻訳中 <了>
d0123476_19191859.jpg
【 米国時間 2008年12月29日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg
d0123476_3263737.jpgNBC ニュースビデオ — Dec. 29 | イスラエルのショック&オウ
Israel's 'Shock and Awe' — Death toll by air assaults spike up to 360, no ends in sight./空爆開始から3日目の29日月曜も容赦なくガザの爆撃を継続するイスラエル。国連の即時停戦要請を無視し、攻撃範囲は難民キャンプにまでますます拡大。イスラエルは当分停戦の意志なしと断言した。ガザは中東でも有数の人口密集地であり、そうした地域への絨毯爆撃というのは、ジェノサイド以外の何者でもない。


▶12/26 ガザ戦争 序章「イスラエルの最終戦争」
▶12/29 ガザ戦争-5「ガザ空爆エスカレート 死者364 負傷者1400以上」
◀12/30 ガザ戦争-6「ガザの最終戦争宣告・全面戦争へ突入するイスラエル」
◀12/31 ガザ戦争-7「ガザ空爆はジェノサイド!抗議運動世界へ拡大」
◀ 1/1 「2009年のワルキューレ/ブログの砦の同志たちへ」
d0123476_1023580.jpg

d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9137350
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9137350

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


3位になりそうです。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」ではあと少しでトップに!クリックで一押しお願いします。


d0123476_7574418.jpg
 ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


『米流時評』中東問題 特集記事リンク
by ysbee-2 | 2008-12-29 18:48 | イスラエル・ガザ戦争

ガザ戦争 序章「イスラエルの最終戦争」

f0127501_128435.gif

  ||| イスラエルの最終戦争 |||

d0123476_1895035.jpg
イスラエルのガザ空爆は、中東の全面戦争にエスカレートするのか?
オルメルトとブッシュ、両タカ派政権の最後の犠牲になったガザ市民


d0123476_18552829.gifついにイスラエルが踏み切ったガザ空爆。その兆候は先月から明らかだった。イスラエルはまず国境を閉鎖して、ガザの生命線である食糧や燃料の補給路を断った。これまでにも何度も繰り返してきたように、完全な鎖国状態にして兵糧攻めの作戦である。ガザは陸路では三方をイスラエルに囲まれているので、こういう状態になれば唯一残された関門は、エジプトとの境界の町ラファーを経由して、物資を輸送する以外ない。イスラエルの暴挙に対する報復としての、ハマスのロケット砲攻撃も当然始まる。
d0123476_18104465.jpg
ガザからエジプトへと脱出するこのルートでは、今年の1月にも大規模な越境事件が起こり、『米流時評』でも「ガザのエクソダス」という特集を組んでお伝えした。その後もそれ以前もガザは年柄年中、究極的な窮乏状態にある。イスラエル建国以来のことかも知れない。しかし、イスラエルとガザの抗争は、1948年よりも遥かに時代を遡って紀元前2000年まで振り返らないと、その憎悪と抗争の歴史の上に渦巻く、現在の中東危機の真の原因は解き明かせないだろう。
d0123476_18112362.jpg
幸い以前のガザ危機の際に、ブログ友のmeixiさんに質問されたのをきっかけに、その解答としてエントリーで上げてある記事がある。そのページでは中東におけるユダヤとアラブの確執を、時代を疾走するがごとく手短かに説明してあるので、中東問題に関心のある方はぜひご一読いただければ幸いである。 そこでの私の結論は、イスラエルがアラブ世界を叩けば叩くほど、周辺国家はイスラム精神で結束し、いずれはレバノンのヒズボラ、ガザのハマス、イラクのサドルブリゲードが、イスラエルを共通の敵として結束し、中東におけるイスラエルの存在を根本から脅かすものになるだろう・・・と予測した。

▶ 米流時評 総論「ガザの悲劇」4千年の中東民族抗争
*その他の中東関連記事のリンクはこの下に記載しました。
d0123476_1812573.jpg
また今回のガザ空爆は、2年前の夏にイスラエルがレバノンに侵攻した、忌まわしい侵略戦争の開始時点を彷彿とさせるが、今回はどうも先回のイスラエル・レバノン戦争よりも長引きそうな予感がする。レバノン戦争で、ヒズボラを敵に回しての市中のゲリラ戦で勝てなかったイスラエル。その傷跡も癒えないうちに、何故またもや、小国の封鎖に始まり大規模空爆で当然起こる虐殺に走ったのだろうか? 日本の皆さんは、きっと「なぜ今? 何の目的で? いつまで?」イスラエルが戦争を起こし、継続していくのか、その点に関する疑問が一番強いことと思う。
d0123476_18124461.jpg
米国在住なので、9/11以来テロ戦争とイラク戦争は、日常茶飯事というか毎時のニュースで追いかけてきた背景があり、中東地区の「パワーラビリンス=権力の迷宮」は、いつも基本的テーマとして扱い続けてきた。(▶関連記事カテゴリー「中東のパワーラビリンス/権力の迷宮」
政治の専門家ではないが、私ら素人にも理解しやすいという選択肢で紹介した関連記事をお読みになれば、きっとなにがしかのヒントを得られるのではないかといういささかの自負はある。伊達にテロや戦争を追いかけているのではない。恒久的平和を求めるからこそ、現在の紛争の種はどこにあるのかをいつも疑問に思い、関連した記事や文献を読み続けてきた咀嚼の結果である。
d0123476_181684.jpg
今回も時機を看て、そうしたダイレクトな疑問にお答えしていきたいと思うが、何しろ事態は火急である。イスラエルの空爆開始以来わずか3日で、取り返しのつかない甚大な人命の犠牲を、ガザはすでに支払った。目には目をのイスラム法からいけば、今回もまた、アラブ世界は決してイスラエルを許さないだろう。オルメルト政権の暴挙に支持声明を出した、これまたどうしようもない末期の悪あがきに走るブッシュ政権も、イスラム側から見れば同類項の「巨悪の枢軸」にくくられてしまうだろう。この問題は、あと3週間で米国の全権を引き継ぐオバマ政権にとって、最初で最大の外交問題の難関になることは言うまでもない。
d0123476_18163927.jpg
長い連載になりそうでもあり、膨大なボリュームの記事と写真の整理に2日もかかってしまった。ガザは以前から、世界の良心的なジャーナリストが常に注目し、世論に正義を訴えてきたエピセンター/震源地でもある。ここでは、軍事力と国際的世論をかさに着たイスラエルの横暴が、これでもかと言うほどあからさまに政治・経済体制の末端にまで行使され、パレスチナ人の生活を根源から脅かしている。イスラエルの核の威力に対して、ガザン(ガザ人)はもっぱら投石で抵抗するしかない。せいぜいの反撃の武器は、ハマスの段階でさえ屋根に穴をあけるのがやっとの、ローテックなロケット砲だ。イスラエルは現代のゴリアテに成り下がってしまったようだ。
d0123476_18173214.jpg
とりあえず、まずはガザ空爆3日目の29日の記事を「ガザ空爆による虐殺/イスラエルの最終戦争/世界から上がる非難の声」という3つのテーマに分けてお届けする。今回の空爆は、イスラエルが主張しているような「先制自衛」では決してない。ヒットラーがポーランドへ侵攻したように、ソ連がチェコを占領したように、軍事的に圧倒的なパワーを持て余す大国による周辺弱小国家への、恥ずかしくなるほど正面切っての「侵略行為」と「民族虐殺」以外の何者でもない。

【米国時間2008年12月29日『米流時評』ysbee】f0127501_6213945.jpg

◀ 次号 ガザ戦争-5「ガザ空爆3日目・死者364負傷者1400以上」へ
◀ 予告 ガザ戦争-6「ガザの最終戦争宣告・全面戦争へ突入するイスラエル」へ
◀ 予告 ガザ戦争-7「イスラエルのガザ空爆に国際的非難集中」へ
▶ 前号「全米メディアの編集長が選んだ「今年の名言」17選」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9131872
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9131872

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


5〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」がちょっとへこんでおります。クリックで喝!を入れてやって下さい。


d0123476_7574418.jpg
 ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_9574279.jpg

■ 必読 ■ 中東の歴史と現状を理解するために
米流時評 総論「ガザの悲劇」4千年の中東民族抗争


■ 特集 ■ ガザ・エクソダス
1/23 第1部 ガザの壁崩壊でパレスチナ人35万人エジプトへ越境
1/24 第2部 ポスト・ジェリコ ガザの壁崩壊が中東に及ぼす波紋
1/25 第3部 ガザ・ゲットー ガザの壁崩壊による窮乏からの脱出

■ 特集 ■ アナポリス中東平和会議 全4章
■ 特集 ■ 中東核戦争
「イランが危ない!」中東大戦争の可能性
「中東大戦争前夜?」急浮上するシリアとイスラエルの核紛争
1  戦争挑発行為?イスラエル爆撃機のシリア領空侵犯
2  中東核戦争の危機は本物か
3  「新ジェリコの戦い」イランのミサイル報復作戦
4  核のターゲットはイラク・アフガン駐留米軍
5  消された記事『中東代理戦争:シリア対イスラエル』
6-1 ホワイトハウスのウォーゲーム
6-2 「2008年核戦争の冬」チェニーのウォープラン
6-3 復讐の世紀「核のアルマゲドン」中東戦争
6-4 暴かれた大謀略・ネオコンとイスラエルの中東「核の戦略」
■ 特集 ■ 中東・イラン問題
急接近する北朝鮮とイラン、二国同盟に初調印
ブレアの再出発・中東平和外交代表
イラン警告:1分間で1万1千発ミサイル発射可能
衛星写真が証明 シリア核施設空爆後の証拠隠滅


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  |  グローバルウォー  |  イラク戦争  | テロとスパイ陰謀d0123476_1746245.jpg
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節  |  アフガン・タリバンの復活
中東のパワーラビリンス | プーチンのロシア | ユーラシアの回廊 | ダイハード中国
2008年米大統領選 | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | トンデモ北朝鮮
ビルマの赤い川革命 |  欧米の見る日本  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス


『米流時評』CURRENT ISSUE アーカイブへ
by ysbee-2 | 2008-12-26 18:24 | イスラエル・ガザ戦争

全米メディアの編集長が選んだ「今年の名言」17選

f0127501_128435.gif

  ||| The Quotes of the Year 2008 |||

d0123476_855816.jpg
AP通信/ニューズウィーク恒例・全米メディアの編集長が選んだ「今年の名言」
大統領選に明けて暮れた今年のアメリカは、ポリティカル・ローラーコースター


d0123476_18552829.gifみなさま、日本とは1日遅れのハワイから、メリー・クリスマス!
今年も1年『米流時評』の拙訳と駄文におつきあい頂きまして、ありがとうございました。心からお礼申し上げます。さて、先日も書きました風邪の余韻で、エントリーしたい記事が山のように積もっておりますが、焦らず騒がず、まずは今年の名言集を世界各国のサンタさんの写真といっしょにお届けします。

この「The Year in Quotes」は、毎年恒例でAP通信が全米のメディア編集長を対象にアンケートをとった結果の発表で、一般市民のセレクトよりも少し渋めというか、ポリティカルにディープな趣きの言葉が取り上げられることが多いです。特に今年は、オバマに明けオバマに暮れた感のある、量も質も「史上最大の大統領選」に終始したため、政治家の発言が大勢を占めてピックアップされました。
d0123476_8555152.jpg
『米流時評』でも取り上げることの多いAP通信。その理由は、この通信社がもっとも古い歴史ともっとも数多くの記者を抱えているから、ではありません。なぜなら、AP通信のニュースがいつも一番早く、左右どちらのアジェンダをも交えずに、単刀直入に事実を伝えてくれるからです。さらには、ニュースデリバリーネットワークでタイアップしている全米の地方紙へ各ニュースがダイレクトに流れるために、アメリカの一般市民がどういうニュースを受信しているか、という代表的な形態をそのまま共有できるから、という理由のためでもあります。

来年もまた「どこよりも早く・詳しく・わかりやすく」をモットーに、世界の情報をお伝えしていきたいと思いますので、引き続きご愛読くださいますよう、よろしくお願い申し上げます!
(・・・ってまだ、大晦日にはちと早いぜよ。)
【米国時間 2008年12月25日『米流時評』ysbee】

このページの写真のほとんどが今やグローバルイベントになった「クリスマス・サンタ・ラン」のスナップ/トップ:ローマのコロシアム/中:ロンドンの電話ボックス/下:東京よみうりランド

__________________________________________________________________
DECEMBER 25, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年12月25日号
f0127501_16135325.gif

 Associated Press | N E W S W E E K
AP通信恒例・全米メディアの編集長が選んだ 2008年「今年の名言集」
米国時間 2008年12月20日 | AP通信/ニューズウィーク | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_8565580.jpg
Newsweek — The Quotes of the Year 2008
Bush, the election, the economy among the top of this year's quotes
1. Barack Obama — "Rolling Stone"
"I don't do cowering."
— President-elect Barack Obama, during a June interview with Rolling Stone after securing the Democratic nomination, on the tendency of past party nominees to put up meek defenses in the face of Republican attacks—an allusion to John Kerry's failure to discredit the Swift Boat Veterans for Truth and Michael Dukakis's tepid response to the Willie Horton ads, which painted him as weak on crime
バラク・オバマ/『ローリングストーン』誌インタビュー
翻訳中
d0123476_913146.jpg
オーストラリア・シドニーの海賊船、じゃなかったスピードボートのクレージーサンタ

2. Sarah Palin — GOP Convention

"I guess a small-town mayor is sort of like a community organizer, except that you have actual responsibilities."
— Alaska Gov. Sarah Palin, taking a jab at Barack Obama's résumé at the Republican National Convention.
サラ・ペイリン/共和党全米大会立候補演説
翻訳中
d0123476_932487.jpg
ガソリン節約のため自転車でお買物 パパサンタは年中忙しい

3. Hillary Clinton — Campaign TV-ad

"It's 3 a.m. and your children are asleep. Who do you want answering the phone?"
— A campaign ad for Sen. Hillary Clinton, unveiled in February, aiming to raise doubts about Barack Obama's experience
ヒラリー・クリントン/キャンペーンTVスポット
翻訳中
d0123476_954445.jpg
別にヒラリーが意地悪婆さんと言いたい訳ではありませんが、年を取ると一言居士になるのは洋の東西を問わず

4. George W. Bush — ABC interview

"I think I was unprepared for war."
— President George W. Bush, during a November exit interview with ABC's Charlie Gibson, adding that he "didn't campaign and say, 'Please vote for me. I'll be able to handle an attack.'"
ジョージ・W・ブッシュ/ABCテレビインタビュー
翻訳中
d0123476_972714.jpg
ホワイトハウスのクリスマスに招かれたGIの子 テロ戦争もすでに8年目を迎える

5. Casey Knowles — Video battle

"I approved this ad, not the other one."
— Casey Knowles, the young girl in the stock footage from Clinton's 3 a.m. ad, in a video response endorsing Barack Obama. Knowles, who turned 18 in time to vote in November, said she disliked the ad's "fearmongering."
ケイシー・ノウルズ/ビデオスポット戦争
翻訳中
d0123476_985939.jpg
ドイツのハンブルグでは、サンタ・ランならぬサンタ・ボールを開催 エンジェルチームがかわゆい

6. Barack Obama — 44th President-elect

"If there is anyone out there who still doubts that America is a place where all things are possible, who still wonders if the dream of our Founders is alive in our time ... tonight is your answer."
—President-elect Barack Obama, on the night voters chose him to be the country's 44th—and first African-American—chief executive, before a crowd of more than 200,000 in Chicago's Grant Park.
バラク・オバマ/第44代米国大統領選出
翻訳中
d0123476_9105845.jpg
こちらもハンブルグのサンタ・ランで、紅一点ならぬ緑一点 当然目立ちたがりアイリッシュでしょう

7. Hillary Clinton — Concession speech

"Although we weren't able to shatter that highest, hardest glass ceiling this time, thanks to you it's got about 18 million cracks in it."
— Sen. Hillary Clinton, conceding defeat on June 7 in the race to become the Democratic nominee for president, emphasizing the total number of votes she had received along the way.
ヒラリー・クリントン/敗北声明
翻訳中
d0123476_9124749.jpg
韓国の「エヴァーランド」とかいう遊園地のギャルサンタ集団 商魂のたくましさにかけてはユダヤ人といい勝負

8. John McCain — Last debate

"Senator Obama, I am not President Bush. If you wanted to run against President Bush, you should have run four years ago."
— Sen. John McCain, striving to distance himself during the last debate from the current president and fellow Republican.
ジョン・マケイン/最後のテレビ討論会
翻訳中
d0123476_915810.jpg
こちらも韓国の動物園のペンギン クリスマスぐらい休ませてあげたらいいものを・・・Show must go on.

9. Michelle Obama — Media interview

"I mean, 'whitey'? That's something that George Jefferson would say."
— Michelle Obama, invoking the 1970s sitcom character to refute unsubstantiated Internet rumors that she had given a speech at her church on the "sins of whitey"
ミシェル・オバマ/取材インタビュー
翻訳中
d0123476_9165858.jpg
こちらは日本の八景島水族館 文字通り「白鯨」ですね・・・イルカですが

10. Henry Paulson — Economic forecast

"We are closer to the end of this problem than the beginning."
— Treasury Secretary Henry Paulson, delivering an optimistic economic forecast in late April, when he predicted that the credit crisis—then in its ninth month—was more than half over.
ヘンリー・ポールソン/経済予測
翻訳中
d0123476_9191364.jpg
クローニングならチャイナにおまかせ! 武漢のニセサンタ整列

11. Alan Greenspan — House Committee

"We are in the midst of an economic tsunami."
— Former Federal Reserve chairman Alan Greenspan, telling the House Oversight and Government Reform Committee in October that he was "shocked" by the depth of the financial crisis.
アラン・グリーンスパン/下院予算修正委員会
翻訳中
d0123476_921304.jpg
マニラのお巡りさんも全員サンタ化 これなら犯人もすりよってきそう

12. Tracy Morgan — Saturday Night Live

"Bitch may be the new black, but black is the new president, bitch."
— "Saturday Night Live" comedian Tracy Morgan, playing off an earlier line from his costar Tina Fey, who embraced the insult often thrown at Hillary Clinton by declaring that "bitch is the new black."
トレーシー・モーガン/サタデー・ナイト・ライブ
翻訳中
d0123476_9231415.jpg
ニューヨーク・5thアベニューの交差点をわたるブラック・サンタの一群

13. Ehud Olmert — Resignation announcement

"I am proud to be the prime minister of a country that investigates its prime ministers."
—Israel's Prime Minister Ehud Olmert, announcing his plan to resign due to an ongoing corruption investigation against him.
エフド・オルメルト/引退宣言
翻訳中
d0123476_9252220.jpg
スイス・チューリッヒのサンタはハーレー・ダヴィッドソンに乗って

14. George W. Bush — Baghdad Press

"All I can report is it was a size 10."
—President George W. Bush, lightheartedly referring to the shoe that was thrown at him by an Iraqi journalist at a joint press conference in Baghdad with the country's prime minister, Nuri al-Maliki. In the Arab world, shoe throwing is a vicious form of insult.
ジョージ・W・ブッシュ/バグダッド記者会見
翻訳中
d0123476_9385828.jpg
バグダッドのサンタ イスラムから見ると、サンタもただの不気味な白い怪人でしかないのか?

15. Barney Frank — on McCain's stunt

"It's the longest Hail Mary pass in the history of either football or Marys."
— Massachusetts Rep. Barney Frank, on Sen. John McCain's decision to suspend his campaign and return to Washington in September to help Congress approve the $700 billion bailout plan, which Frank dismissed as a political stunt.
バーニー・フランク/マケインの芝居
翻訳中
d0123476_9285396.jpg
西欧の伝統ある「ナイティヴィティ=キリスト生誕劇」にサンタが登場という、歴史の時系列を無視した構成

16. Gavin Newsom — on Gay marriage

"As California goes, so goes the nation..... whether you like it or not."
— San Francisco Mayor Gavin Newsom, celebrating the California Supreme Court's decision in May to overturn the state's ban on gay marriage—six months before voters approved a ballot initiative to amend the state's constitution and define marriage as a union between a man and a woman
ゲイヴィン・ニューソム/同性結婚について
翻訳中
d0123476_9312068.jpg
よみうりランドのサンタさんもお茶で一服 ちなみにお弁当は英語でも「BENTO lunch」

17. Mark Malloch Brown — U.N. to Zimbabwe

"This is like inviting Pol Pot to a human-rights conference."
— Former U.N. deputy secretary-general Mark Malloch Brown, on the appearance of Zimbabwean tyrant Robert Mugabe at the U.N. World Food Summit. Mugabe has been blamed for throwing his country—once the breadbasket of Africa—into a deep food crisis.
マーク・ブラウン/ジンバブエ人権問題
翻訳中 <了>
d0123476_9333848.jpg
クリスマスツリーのセールが終り、トナカイと一緒にゆったり温泉につかるユタ州のサンタ

【 米国時間 2008年12月25日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg

◀ 緊急特集・ガザ戦争「ついに踏み切った暴挙!イスラエルのガザ空爆」へ続く

◀ 次号「ヘッジファンドミステリー・史上最大の詐欺事件レポート」へ
▶ 前号「オバマノミクス-1・グローバル経済の神々の黄昏」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9113420
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9113420

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


5〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」がちょっとへこんでおります。クリックで喝!を入れてやって下さい。


d0123476_7574418.jpg
 ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_9574279.jpg


『米流時評』CURRENT ISSUE アーカイブへ
by ysbee-2 | 2008-12-25 10:00 | ニュースで一服

オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」

f0127501_128435.gif

   ||| グローバル経済の「神々の黄昏」 |||

d0123476_1444097.jpg
グリーンスパン、バーネンキ、ポールソン・・・・グローバル経済の神々の黄昏
一握りのユダヤ資本家に潰された米国経済は、オバマノミクスで救済できるか?


米国時間 2008年12月20日 | ニューズウィーク経済コラム | 訳『米流時評』ysbee
連邦金利の切り下げを繰り返し、米国経済史上類を見ないブームを不動産市場のサブプライムローンにもたらしたアラン・グリーンスパン。一昨年までFRBの御大だった彼が、今秋9月のリーマンブラザースの倒産を皮切りに始まったウォール街の凋落に対して、ついに公に非を認める口を開いたのは、10月に招聘された下院の聴聞会でのことだった。それは、70年代以来何十年もグリーンスパンが推し奨めてきたレッセ・フェール方式の自由放任経済にも、実は重大な欠陥があったのに気がついたと自らの非を認めた時だった。
d0123476_1463058.jpg
Twilight of the Capitalist Gods
Why and How the world greatest capitalism has begin to fallen?
DECEMBER 20, 2008 | Michael Freedman — NEWSWEEK | Translation by ysbee
NEW YORK — Possibly one of the clearest public statements ever uttered by the notoriously opaque Alan Greenspan came in late October, when he admitted he had "found a flaw" in the laissez-faire ideology he had promoted for decades.

__________________________________________________________________
DECEMBER 19, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年12月19日号
d0123476_841403.gif

N E W S W E E K | A N A L Y S I S
グローバル経済の神々の黄昏から、オバマノミクスの救済へ
米国時間 2008年12月20日 | マイケル・フリードマン/ニューズウィーク | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1475223.jpg
トップから順に古代ギリシャ神殿、ニューヨーク証券取引所、連邦財務局 破風に至るまで何と酷似していることか

1. Iconic sigh, 'Economic Tsunami'

"I don't know how significant or permanent it is," he told a congressional committee, "but I've been very distressed by that fact." That this icon of the financial world should falter, even if only for a moment, will live to be one of the most enduring symbols of the 2008 economic and financial crisis.
グリーンスパンの箴言「経済破綻の津波」
グリーンスパンは、下院の予算委員会の聴聞会に召還された席で、識者から長年警告が発せられていた米国経済破綻の実相を、次のように認めた。「今回の経済破綻がいかに甚大なものか、あるいはほとんど恒久化する現象なのかについてはわかりませんが、今回の状況は極めて絶望的と受け止めています」長年米国の財政を牛耳ってきた経済界の大御所が、たとえ一時的にでも「絶望的」とのたまうならば、グリーンスパンの箴言は、2008年に起きた経済財政危機をもっとも端的に象徴するもののひとつとして、ゆくゆく後世に残るだろう。

注:この公聴会でグリーンスパンが吐いた一言「Tsunami of economic distraction=経済破綻の津波」は、即日あらゆるメディア記事のタイトルに引用され、今回の不況は単なる一時的景気の下降現象ではなく、米国経済のインフラそのものを根こそぎ壊滅するような、取り返しのつかないドラスティックなシフトをもたらすもの、ひいては「米国型自由主義経済の終焉」という印象を植え付けた。
d0123476_1483959.jpg
80年代から米国経済の舵を握ったアラン・グリーンスパン元財務局長 自由放任経済の推進者だったが......

2. In the chair of FRB shrines

In more than 18 years as chairman of the Federal Reserve, he became the trustworthy face of global capitalism. "With Greenspan, we find comfort," Bob Woodward wrote in "Maestro," his 2000 biography of the central banker. "He helps breathe life into the vision of America as strong, the best, invincible."
FRB 連邦準備銀行の守護神
18年以上にわたって、FRB (Federal Reserve Board/Bank)=連邦準備銀行の議長を務めたアラン・グリーンスパンは、グローバル資本主義の信奉者を代表する顔となった。
2000年発行のこの財政界のご本尊の伝記『Maestro=巨匠』を著したボブ・ウッドワードは、(どんな状況でも)「グリーンスパンがいれば安心だった」と、米国経済界における彼の存在の大きさを表現した。「彼は、アメリカが向かうところ敵なしの世界最強で最良の国家であると言うビジョンを、経済面の具体的数字で実現するのに一役買った人物である......」
d0123476_1492625.jpg
グリーンスパンの細君はNBCニュース・ワシントンビューロー局長のアンドレア・ミッチェル。現在はMSNBCの昼のニュースショーのホストを務め、ワシントンの政治外交情報通として海外の元首も一目置く業界トップクラスの才女。

3. Fallen idols of global capitalism

But as 2009 begins America no longer looks quite so invincible. The icons of capitalism have fallen around Greenspan with such bewildering speed it bears repeating: Bear Stearns, Lehman Brothers, AIG, the Big Three automakers—all have suffered enormously.
グローバル経済の堕ちた偶像たち
しかしながら、2009年が始まろうとしている今、アメリカはグリーンスパンが活躍した時代のような、無敵の存在とは言いがたい状況に陥っている。これまで栄華の嶮を競ってきたキャピタリズムのアイコンとも言うべき金融界の巨人たち・・・ベアスターンズ、リーマンブラザース、AIG、それに自動車メーカーのビッグ3。彼らはみな未曾有の困難に直面している。
d0123476_14122864.jpg
今秋のリーマンショックは、世界の経済にも大いなる影響を及ぼした。直後に緊急招集されたG20経済サミット。

4. $50 billion fraud by ex-chair of NASDAQ

Bernard Madoff, a pillar of his community and former NASDAQ chairman, stands accused of leading a $50 billion fraud. The victims: many of the world's most sophisticated investors.
史上最大のネズミ講詐欺「マドフ事件」
さらに先週浮上した「マドフ事件」。これは、ユダヤ系資本家・億万長者の上流社会ネットワークの大黒柱で、元ナスダックの会長を務めたバーナード・マドフが、実は500億ドルにものぼる巨大なネズミ講詐欺事件の張本人として、連邦検察局から告発された逮捕された事件である。米国史上最大の「未曾有の」詐欺事件であるが、その被害者となったのは、世界でももっとも練達の個人投資家たちが多かったことも特筆に値する。

注:この史上最大の詐欺事件「マドフ事件」に関しては、被害者たちがハリウッドではスピルバーグ監督やプロデューサーのカッツェンバーグをはじめ米国実業界の錚々たるメンバーであることから、一般市民にも大きな反響を呼んでいる。後続の記事で特集して詳細をお伝えする予定である。
d0123476_19303771.jpg
連邦財務局の前で、経済救済金を企業にではなく困窮している失業者に回せと訴える抗議団体「コードピンク」

5. Astonishing 'blind faith' in Jewish capitalists

Alas, still more will fall in the months to come, names that are smaller and bigger. And in this twilight of the capitalism gods moment, the picture emerging is not one of greed, not of the Gordon Gekko variety, anyway. No, what is becoming clear is the astonishing trust the world put in a handful of gray-haired men and institutions.
一握りのユダヤ人資本家への盲目的信頼
むべなるかな、規模の大小・有名無名を問わず今後の数カ月もさらに、グローバルキャピタリズムの戦列から脱落する者が後を絶たないだろう。そしてこの「資本主義の神々の黄昏」の時にあっては、いかんせん浮上してくる強欲な被害者の実像はひとつではなく、ましてやゴードン・ゲッコー流のバラエティに富んだイメージでもない。それは被害者ひとりひとりが、たった一握りの初老のユダヤ人投資家やその投資機関に、彼らの全財産を賭するような全幅の信頼を預けたという、驚嘆に値する「盲目的信頼」そのものに他ならない。
d0123476_14113665.jpg
9月末のドイツDAX市場。ニューヨーク・ダウ市場の立て続けの暴落に右ならえで、各国の相場も軒並み急落。

6. Even a hero of investigative journalism

Even a fellow like Woodward, a dogged reporter famous in America for stories that helped bring down Richard Nixon in Watergate, seemed to believe that Greenspan, despite his lack of clarity, or perhaps because of it, was somehow omnipotent.
真相追求ジャーナリストのヒーローでさえ
われわれ真実を追究するジャーナリストのヒーロー、かつてウォーターゲート事件で時の大統領リチャード・ニクソンを弾劾し退陣に追いやった、アメリカンジャーナリズムの旗手として歴戦の強者であるかのボブ・ウッドワードでさえ、今回はすっかり騙されグリーンスパンを信じきっていたようだ。グリーンスパンもまた、ことの核心については曖昧だった。しかしだからこそ、多極的な可能性があるように錯覚されたのかも知れないが。
d0123476_14205455.jpg
ネット経由の素人投資家の激増と、お粗末な監査体制のヘッジファンド・モゲージローンのバブルが見事に炸裂

7. Significant gaps in knowledge

But now, with Alan Greenspan caught in a moment of self-doubt—and pilloried by newly confident critics—it is hardly surprising if the rest of us are questioning the received wisdom about markets, too. The people in which the market put its faith—those like Greenspan, Robert Rubin, Hank Paulson and the CEOs of the world's biggest companies—demonstrated that even they had doubts or at least significant gaps in knowledge.
事実と情報との致命的な落差
翻訳中
d0123476_14162563.jpg
アイルランドでも「Bail out Plan」 ニューヨーク市場の暴落はグローバル経済のネットワークでつながる世界各国へ波及し、世界中の政府が何らかの業界救済のつなぎ注入資金を対抗策として緊急可決した。

8. The heralded tzar of Obamanomics

Soon, a new batch of big brains will come into power. Lawrence Summers, heralded as the top economist of his generation, will become Barack Obama's chief economic adviser. Treasury watchers have called Timothy Geithner, nominated to take the department's helm, "a solid choice in many ways." And Obama himself, it is often said, has the right combination of brains and temperament to lead the United States through the crisis.
オバマノミクスのニューエコノミー・ツァー
翻訳中
d0123476_14143749.jpg
ブライダルにも不況の波。地元オハイオ州より経費が安く済むというので隣のアイオワ州で挙式した若いカップル

9. As Reagan, 'Trust, but verify'

But expecting too much from any of these individuals, or putting them on a pedestal, is perhaps the exact wrong lesson of 2008. As brilliant and well intended as they are, they, like Greenspan and Paulson and all those smart, rich guys allegedly snookered by Madoff, don't know what they don't know. No more icons, please. Trust, but verify.
レーガン流に「信じながらもウラをとる」
翻訳中 <了>

【 米国時間 2008年12月19日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg
d0123476_14152157.jpg
不況の津波はバブルのはじけた金融業界から始まり、ローンが利かなくなったので、ハウジング、クルマ、家電....と大型消費から軒並み被害に遭っている。その中で好況を伝えられるのはキャンベルなどの保存食品業界で、消費者の食費支出の切り詰めと、耐乏生活を予感した市民の「保存食品の買い貯め」傾向によるものと分析されている。

◀ 次号「全米メディアの編集長が選んだ「今年の名言」17選」へ続く
▶ 前号「ブッシュマン帝国最後の日々・Shoe must go on」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9109628
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9109628

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


5〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」がちょっとへこんでおります。クリックで喝!を入れてやって下さい。


d0123476_7574418.jpg
 ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_15363634.jpg


『米流時評』CURRENT ISSUE アーカイブへ
by ysbee-2 | 2008-12-19 14:30 | グローバルビジネス

ブッシュマン帝国最後の日々・Shoe must go on

f0127501_128435.gif

   ||| ブッシュマン帝国最後の日々 |||

d0123476_1293730.jpg
"The Last Daze of the Bushman Empire" ...... Shoe must go on

d0123476_18552829.gif皆さま、4日ぶりのエントリーです!ひと足お先に「メリー・クリスマス!」と言っておきましょう。と言うのは、昨日コメントへのレスにも書いた通り、先週クリスマスの買物に出かけた人混みで、見事に風邪を引いてしまったからであります。そこでぶりかえさないうちに、ご挨拶をしておこうという次第です。
しかし、予想外にきつかった風邪のおかげで、大掃除やらXマスパーティーやらでてんてこ舞いだったはずの週末を、しっかりと水平状態になって休みを取らねばならず……そんな訳でブログも5日近く大穴が開いてしまいました。
d0123476_12102737.jpg
熱があるうちは書き物はもちろんのこと、考え事もまとまりせん。せいぜいソファに横になってニュースを見るのが精一杯。しかし、ほんの3・4日の間に、よくもまあこんなに「クライシス」が続くものよ!と呆れるような危機的状況が、地球のあちこちでピシッ、ピシッと亀裂を入れているような案配で、四川大地震!とか、グルジア戦争勃発!のような歴史のページに残るような一大事変こそ起きてはいませんが、その気配を感じさせる穏やかならぬ動きがあちこちに看て取れます。
d0123476_12111791.jpg
その中でも注目すべき特定地域は、ムンバイテロ以来のパキスタンの孤立化。米国はオバマの時代になれば、インドとアフガニスタンの両隣から圧力を掛けるのは必至。すでにアフガンには兵力倍増の「アフガンサージ」でさらに3万人派兵を予定しました。10人のテロリストの中で唯一生き残った犯人。そのパキスタン人の自白と諜報レポートで上がっている動かぬ証拠とを突きつけて、テロ組織ラシュカレタイバだけでなく悪名高いパキスタンの軍部諜報機関 ISI も、この機会にひとまとめに攻撃作戦の対象にしようとしているような、ブッシュ政権下でのペンタゴンの最後の大きな作戦に展開する予感がします。
d0123476_12115410.jpg
アフリカでは、今やその枕詞になってしまった感のある「ダルフール危機」と「ソマリアの海賊」の2つの大きな問題も、依然としてエスカレートする一方。ところがここへまた、風邪を引いていたほんのちょっとの合間に「危機的貧窮国家」から「作戦対象敵性国」に急変したジンバブエが、ニュースのトップへ。20年以上悪化の一途をたどってきたムガベ大統領の「ジンバブエ・クライシス」が、国際社会の緊急問題として浮上してきました。これには人権擁護の立場の米国よりも、統治権で歴史的因縁の深い英国の方が、今後本腰を入れそうな兆候です。
d0123476_12122835.jpg
もちろん、9月以降のグローバル経済の恐慌への奈落は、ますます大きな傷口を開けてきて、米国の場合は連日、大会社の操業停止とか大量解雇のニュースが、経済欄だけでなく第1面の記事に上がらない日がないほど。もう一般のアメリカ人は、諦めの境地に達したのか突き抜けてしまったのか、一種の開き直りで「ゆく年=ブッシュ政権」を笑い飛ばし、「くる年=オバマ政権」の掲げるニューニューディール政策に一縷のHOPEをつなげて、1月20日の就任式までじっと我慢の姿勢を決め込んだようにも見えます。
d0123476_1213467.jpg
去年のちょうど今頃は「バグダッドに雪が降る」という、一脈の希望が見える記事を紹介しましたが、今年のバグダッドに降ったのは...... 靴でした。しかも、サイズ10の大型。ブッシュの向かうところ、敵あり...... 怨念は降るクツのごとく...... 投げるクツあれば、売るクツあり...... で、ブッシュに投げつけられた靴のメーカーには、同じ型のクツになんと37万足のオーダーが全世界から殺到しているそうな。オーナーもこの機会にと便乗して「ブッシュシューズ」と命名。この話題、ブッシュのワーストレガシーと一緒で、なかなか終わりそうにありませんね。靴辱的。
There's no business like shoe business...... Shoe must go on.
d0123476_12134223.jpg
山積みになった「グローバル・クライシス」の記事を順次紹介していきたいと思っていますが、先回のエントリーからの流れで、日本にとってももっとも深刻な「グローバル・エコノミー・クライシス」を端的にまとめた好記事がニューズウィークの新年号に掲載になるので、まずそれを「つきだし」代わりにお届けします。クリスマスシーズンなので「オードブル」ですね。タイトルに惹かれたのがきっかけです。『Twilight of the Capitalist Gods/グローバル経済の神々の黄昏』を次のエントリーでどうぞ。(ただ今翻訳中。明朝アップしますのでご了承ください。)

【米国時間2008年12月22日『米流時評』ysbee】f0127501_6213945.jpg

d0123476_16514631.jpg
d0123476_18552829.gif上の前カンブリア期ブッシュマンの肖像写真はハリー・シーラーというコメディアンが出した『Songs of the Bushmen』というアルバムに使用されたもので、レフティのブログ界では一夜にして誰もがダウンロードして、一家に一枚の秘蔵版になったといういわくつきの迷画。私にも3人のブロガーから同時に送られてきたものなので、欲しい方はどうぞコピーしてかまいません。

d0123476_16375653.jpgまた「Songs of the Bushmen」がグラミー賞のベストコメディアルバムにノミネートされたり、ホントにアメリカのエンタメ界は政治と表裏一体で動く怪物であります。ちなみに、作者のハリー・シーラーは一見フツーの「をぢさん」ですが、NBCの『サタデーナイトライブ』で売り出したコメディアンで、ラジオの長寿番組を持っていて、人気アニメ『シンプソンズ』の声優として色んなキャラクターの吹き替えをこなしたり著作もモノにしたり...と、八面六臂の才能を発揮するよろず屋コメディアンです。 ▶ ハリー・シーラー オフィシャルサイト: http://www.harryshearer.com/

◀ 次号「オバマノミクス-1 グローバル経済の神々の黄昏」へ続く
▶ 前号「クライスラーショック!全30工場を1か月閉鎖」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9099833
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9099833

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


5〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」がちょっとへこんでおります。クリックで喝!を入れてやって下さい。


d0123476_7574418.jpg
 ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_15363634.jpg


『米流時評』CURRENT ISSUE アーカイブへ
by ysbee-2 | 2008-12-18 12:24 | ブッシュと米国政治

クライスラーショック!全30工場を1か月閉鎖

f0127501_128435.gif

 ||| クライスラー全30工場を一時操業停止 |||

d0123476_1027370.jpg
クライスラーショック!ついに襲った不況の津波で全米30の全工場を一時操業停止
不況による消費者買控え直撃!サーベラスの「クライスラーGM合併交渉」も危機に


米国時間 2008年12月17日午後8時45分 | ワシントンポスト | 訳『米流時評』ysbee
ミシガン州デトロイト発 | 戦後最大の不況に襲われ格闘している米国の自動車産業では、政府の業界救済策が命脈を保つのを期待しているが、その一方で深刻な人員削減や生産カットに踏み切った。デトロイトに本社を置く米三大自動車産業のひとつクライスラー社は、全米30の全工場の操業を1か月停止すると、17日水曜発表し衝撃を与えた。

クライスラー社首脳陣 左からトーマス・ラソーダ副会長、ロバート・ナーデリ会長、ジェームズ・プレス販売部長
d0123476_18503888.jpg
Chrysler to Close U.S. Plants for A Month
Other Domestic, Foreign Automakers Also Plan Steep Production Cuts
DECEMBER 17, 2008 | Peter Whoriskey — Washington Post | Translation by ysbee
DETROIT, Michigan — Struggling U.S. automakers are launching a round of severe cutbacks as they wait for a government rescue, with Chrysler saying yesterday it will idle all 30 of its U.S. factories for a month.

__________________________________________________________________
DECEMBER 17, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年12月17日号
d0123476_841403.gif

W A S H I N G T O N P O S T
クライスラーショック! 全米の全30工場を1か月操業停止に
米国時間 2008年12月17日午後8時45分 | ワシントンポスト・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1111221.jpg
アメリカの自動車業界の首都はミシガン州のデトロイト フォード、GM、クライスラーのビッグ3の本社所在地

1. Furlough of 46,000 workers starts Friday

Chrysler's plants will furlough 46,000 workers beginning Friday, as a planned two-week holiday shutdown is extended to a full month and possibly longer. Auto plants normally shut down over the winter holiday, but the new reductions extend the usual closures.
従業員4万6千人に自宅待機
全米で30を数えるクライスラー社の全工場では、46,000名の工場就労者に対して、19日金曜から自宅待機体制を始める予定である。クリスマスを中心とした年末年始のホリデイシーズンには、同社では毎年恒例で2週間の休業期間をとっていたが、今回の自宅待機体制はその冬期休暇を丸1か月に延長して操業停止するものであり、場合によってはそれ以上に延長になる可能性もある。
d0123476_18535679.jpg
ミシガン州ウォーレンにあるクライスラー社のトラック組立て工場の退社時間 19日から全米の工場が休業へ

2. Analysis by Barclays Capital

"No one will return to work any earlier than Jan. 19," Chrysler spokesperson Shawn Morgan said. "I don't want to get into speculating about what may happen after that. We're going to continue to monitor the situation." "If I were a Chrysler worker, I'd be worried that the plant won't reopen," said Brian Johnson, an industry analyst at Barclays Capital.
1月19日以降は状況次第
クライスラー社の広報担当ショーン・モーガン氏は、今回の操業停止期間延長の事情を次のように語っている。「1月19日よりも前には誰一人仕事に戻る者はいないと、そういうことです。それ以降に何が起こるかに関しては、私どもとしては憶測する意向はございません。当社では状況を慎重に見届けていく所存です。」
一方、投資銀行バークレーズキャピタルで業界分析を専門とするアナリスト、ブライアン・ジョンソン氏は、今回のクライスラー社の決断を次のように受け止めている。「もし私がクライスラーの従業員だとしたら(休暇が終わっても)工場が再開するかどうかを、まず心配するでしょうね。」
d0123476_18523013.jpg
全米の就労者の10人に1人が何らかのかたちで自動車産業にかかわっているのが米国の実態 金融界とオート産業のメジャーな産業界の双璧からダブルパンチを受けた米国の経済は、数ヶ月では立ち直れない構造不況に陥ったようだ

3. Survival with a hanging stimulus plan

字数制限のため英文省略
サバイバルを賭けた業界再生案
9月以来ワシントンの下院で繰り広げられてきた、米国自動車産業に対する140億ドル(約1.23兆円)の救済資金を国家が貸し出す議案は、先週の上院での採決で潰されたばかりである。しかしブッシュ政権は、10月の段階ですでに予算付けをしてある金融業界に対する7千億ドル(約61.66兆円)の経済援助予算の中から、ある程度の資金を運用することも検討中と示唆した。
d0123476_10292873.jpg
世襲のビリオネアであるビッグ3の三代目経営者どもには任せられないと、下院の聴聞会でじきじきに業界労働者の窮状を訴える UAW/Union of Automobile Workers 全米自動車産業労組のロン・ゲッテルフィンガー委員長 (左)

4. Emergency plan to ease up the loss

字数制限のため英文省略
不況対策の非常手段
クライスラー社は先週まで1か月にわたって、下院の業界救済聴聞会の討議で「企業としてサバイバルするためには70億ドル(約6,166億円)が必要である」と請願してきた。また業界内においては現金残高を保持するために、同社ディーラーに対しては新車購入の顧客へのローンを差し控えるなどの不況対策を行ってきてもいた。

注:90年終盤にドイツのダイムラーベンツ社に買い取られたクライスラー社は、CIを始め全車種のデザインを一新して一時は時流をリードしたが、9/11以降は米国の消費者経済が「ちぢみ」の収斂期に入り、経営形態を下方修正に転換できなかったダイムラー社は、昨年5月にクライスラー社をグローバルインベスターとして悪名高いサーベラス社へと売却してしまった。
この時点ですでに、前世紀からのクライスラー独特のクルマづくりに賭ける情熱と伝統も、グローバル投資会社のグリード(金の亡者の強欲)に食い潰される運命にあったのだろう。私自身「もう長くはないな」という予感を持ちながら、当時のエントリーを上げていた。

▶5/15/2007 買収当時の記事「クライスラー9千億円でベンツから怪物サーベラスへ」

d0123476_18531584.jpg
5. Production cuts by GM, honda, Toyota

Ford said yesterday that it would stop production for an extra week in January at all but two of its plants because of flagging consumer demand. General Motors said on Friday that it will cut production and temporarily close 20 factories. Honda and Toyota have also announced production cuts.
GM、ホンダ、トヨタは生産削減
フォード社では昨日、年末休暇を通常よりも1週間延ばして1月の第1週まで工場を休業し、生産をストップすると発表した。ただし、全工場のうち2つの工場は例外としている。いずれにしても消費者の需要がはかばかしくないことが予測されるためである。また19日金曜にはGMゼネラルモータースでも、全米で20の工場を一時的に閉鎖して、生産休業に入る体勢である。米国のホンダとトヨタもまた、生産削減を予定している。
d0123476_18544146.jpg
6. Steep production cuts by others
The moves come as other U.S. and foreign automakers are announcing steep production cuts that will idle tens of thousands of other U.S. workers as the industry copes with withered demand for new cars and trucks. The shutdowns offer a taste of the kind of economic damage the domestic auto industry's loss could cause.
構造不況の下降スパイラル
今回のクライスラー社の一時的操業停止への動きは、米国や海外の自動車メーカーが大幅な生産削減を発表した直後のタイミングで行われた。生産削減になれば関連企業の数十万の労働者が自宅待機となり、新車に対する需要に打撃を与えるものと予測されている。またクライスラー社が皮切りとなって、そのあとにも各社で実行されるかもしれない操業停止あるいは操業短縮という窮状は、米国国内の自動車産業の売上げ損失が起こした経済的打撃を物語る象徴的なできごととして、誰もが実感しうる社会現象である。(不況 > 売上減 > 操短 > 失業 > さらなる不況)
d0123476_1045396.jpg
クライスラー社を代表する車種300Cは HEMI搭載のラグジュアリーパワーカーだが、不況の時代向けではない

7. Real touch of economic downturn

The Big Three — GM, Chrysler and Ford — employed about 240,000 U.S. workers at the end of 2007. Foreign automakers employed about 113,000 people in the United States. The U.S. auto industry's suppliers employ an additional 975,000 people, according to the Center for Automotive Research in Ann Arbor, Mich.
経済破綻のリアルな感触
米国自動車業界のビッグ3である、GM、クライスラー、フォードの3社が抱える米国内の従業員総数は、2007年末のデータでは24万人を数える。また、外国資本の自動車メーカーの米国工場に従事する物の総数は11万3千人である。さらに、米国自動車工業界へ部品や危機を納めているいわゆる周辺企業の従業員総数は、97万5千人にものぼっている。以上の数字はすべて、ミシガン州アンアーバー所在の自動車業界リサーチセンターの実態調査データによるものである。
d0123476_10455174.jpg
ホリデイセールスシーズンまで持ちこたえず潰れた、カリフォルニア州マーリン郡のフォードディーラーショップ

8. New reductions extend the holiday closures

Chrysler's plants had been scheduled to stop production from Dec. 24 until Jan. 2, but now will close on Friday and stay dark until at least Jan. 19. Two factories in Toledo that make the Jeep Liberty, Jeep Wrangler and Dodge Nitro will be closed until Jan. 26, the company said. A minivan plant in Canada and a plant in Detroit that makes the Dodge Viper will remain shut until Feb. 2.
冬期休暇の拡大だが、その後は?
ククライスラー工場では、従来の年末休暇による操業停止期間は12月24日から翌年1月2日までの10日間が通例であったが、今回は19日の金曜から1月19日までの実質32日間が休業で閉鎖となる。オハイオ州のトレド市にある、ジープリバティ、ジープラングラー、ダッジナイトロの3種の車を製造する2つの工場では、それよりもさらに長引いて1月の26日まで休業となる。またカナダにあるミニバンの工場と、デトロイト所在のダッジバイパーの製造工場は、1月を通り越して2月の2日まで操業停止が続く予定と、クライスラー本社から発表された。
d0123476_10463849.jpg
18日朝クライスラー社ウォーレン工場へ今年最後の職場へ出勤する従業員 1か月後に戻ってこれるだろうか?

9. HONDA, TOYOTA also cut production

字数制限のため英文省略
ホンダとトヨタも減産体制へ
ホンダの2008年度の売上実績は、昨年の段階で出していた業績見込を下回るものだった。その結果、次年度の生産台数を現在よりも30万台縮小する方針を立てざるを得なかった。またトヨタも、ガソリンと電力で走る燃費の極めて低いハイブリッドカー「プリウス」の売上が、有望視されていたにもかかわらず下降し、消費市場の経済環境も悪化しているため、ミシシッピ州に建設を予定していたプリウスのプラント計画を中止すると、今週早々に発表した。
d0123476_10471943.jpg
不況でも伸びる市場はまだある。2009年にハイブリッドカー「インサイト」を発売予定のホンダの福井威夫社長

10. Overall downturn across auto industry

字数制限のため英文省略
ビッグ3だけではなく業界全体の危機
下院の聴聞会へのこのこと手ぶらで出かけたビッグ3代表の稚拙な経営責任体制は、世間の失笑と批判の的となったが、その一方で外資系のカーメーカーもまた同様に、厳しい市況に打撃を受けている。カー業界ばかりでなく社会状況そのものに不況、あるいは恐慌がやってくると囁かれる現状では、大型消費は見送られる。また実際問題として、クルマを買おうと思っても購入ローンを組むことさえ難しい、クレジット業界の危機的状況が取り巻いているのも事実だ。
d0123476_1858234.jpg
クライスラー社でもトップセールスのPTクルーザーは、学生からベビーブーマーまで人気を集めるクルマだったが

11. Sales loss -25% per month

字数制限のため英文省略
売上前月比25%減・前年比28%減
クライスラー社が昨日16日に公表した資産内容によると、(金融界の経済破綻で)クルマの購入者に対して割賦ローンの貸付けが困難になったため、ここ9月以来3か月で25%の売り上げ減少をみた事実を公開した。また今年に入ってから先月までの、11か月間の売り上げを昨年同時期と比較すると、28%の落ち込みを見せたとも同社では報告している。
「困難な状況に陥っているのは、何もビッグ3だけではありません」こう言うのはアンアーバーに本社をおくオートモーティブ・コンサルティンググループのデニス・ヴィラグ社長である。「今回の不況は米国資本と海外資本とにかかわらず、米国の自動車産業界全体にとっての危機です。」
d0123476_18593916.jpg
ストができるうちはまだよかったという証拠 UAW 全米自動車業界労働組合の今夏のデモ 後方にクライスラー本社

12. Stumbling Cerberus in merger with GM

Chrysler is owned by private-equity firm Cerberus Capital Management, which bought the automaker for $7.4 billion in 2007. Chrysler and GM warned last month that they could run out of cash by the end of the year without aid from the federal government.
サーベラスが進めるGMとの合併交渉も危機に
2007年に74億ドルで買収されて以来、クライスラー社は個人投資法人のサーベラスキャピタルマネージメントが所有しているが、年末までに連邦政府から財政補助金が降りなければ資金繰りは底をつくので、9月以前からサーベラスが進めてきたクライスラー社とGMとの合併交渉(実質的にはサーベラスがクライスラーをGMに売却)も暗礁に乗り上げる事態になる。
d0123476_1053463.jpg
昨年ドイツのダイムラー社からクライスラーを買収したばかりのサーベラスだが、すでに9月にGMとの合併交渉へ

13. Midnight oil of auto industry

Now, Chrysler says, it is approaching the minimum level of cash it needs and will have trouble paying its bills after Jan. 1. Chrysler expects to have only about $2.5 billion on hand by Dec. 31, the minimum needed to pay employees and suppliers and keep the company running. The furloughs are "a grim reminder of a grim situation," Johnson said.
不況のトンネルをくぐり抜けるために
クライスラー社が弁明するところでは、今や財政状態は現金残高が底をつき、このままでは1月1日付けで支払予定に必要な会計が賄えない状況にきていると言う。現時点から12月31日までに、従業員の給料や資材の仕入れ先など、会社の営業を食いつなぐのに最低線必要とされる金額は、およそ25億ドル(約2,237億円)と試算されている。
今回同社が踏み切った「自宅待機・操業一時停止」という緊急手段は、不況と言う暗い状況を生々しく体現する象徴的なできごとのひとつと言えよう。<了>
d0123476_10542198.jpg
【 米国時間 2008年12月17日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg

◀ 次号「ブッシュマン帝国最後の日々・Shoe must go on」
▶ 前号「速報!ソマリア海賊との全面戦争を国連が承認」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9079249
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9079249

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


5〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」がちょっとへこんでおります。クリックで喝!を入れてやって下さい。


d0123476_7574418.jpg
 ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_1834518.jpg


『米流時評』CURRENT ISSUE アーカイブへ
by ysbee-2 | 2008-12-17 18:48 | グローバルビジネス

ソマリア海賊との全面戦争を国連が承認!

f0127501_128435.gif

  ||| ソマリア海賊との全面戦争 国連承認 |||

d0123476_6445250.jpg
ソマリア海賊の掃討戦、ついに全面戦争へ拡大か?国連が陸海空三軍の出兵を承認
広すぎる防衛海域に業を煮やした欧米各国、海賊の本拠地ソマリアの地上攻撃戦へ


米国時間 2008年12月16日午後7時40分 | AP通信・ソマリア発 | 訳『米流時評』ysbee
北海から海路はるばるアラビア海まで遠征していた、オランダ海軍の戦艦に搭乗している水兵は、このひと月と言うものソマリア沖の海上で、海賊船と遭遇することを期待して四六時中レーダーでの監視を怠らなかったが、これまでただの一度もそれらしき船影すらお目にかからなかった。おかげで実戦演習以外は、砲艦からただの一発も実弾を発射する機会はまだ訪れていない。
d0123476_6454465.jpg
紅海からアラビア海へと航行する世界の船舶を、武装した海のギャングが襲撃し、乗組員を人質にして巨額の身代金を要求したり、数十億ドルの積載物を略奪するなど、ここ数年で海運業界に大いなる脅威を与えているソマリアの海賊。彼らは1880マイルにわたるソマリアの海岸線に沿って、武装した快速艇で神出鬼没に現れては航行中のタンカーや輸送船を急襲し、今年に入ってからだけでも40隻以上の船舶をハイジャックし、総額28億円以上の身代金を巻き上げている。

d0123476_15155254.jpg
写真トップ:先月にはインド海軍の砲艦が発射した砲弾が見事に海賊船に命中!という快挙が報道された。しかし翌日に訂正されて再度報道された内容は、実はその砲撃は誤射であり海賊の小型のスピードボートはまんまと逃げ仰せ、砲弾が命中したのはハイジャックされた方の船だった・・・という笑えないエピソードも /下:ソマリアの海賊の本拠地ホービョのビーチからは、ハイジャックされたサウジアラビアのスーパータンカーがはるか沖合に係留されているのが見える。
d0123476_6463733.jpg
Warship on Lookout for Somali Pirates
But sailors say coast way too vast to catch or prevent all hijackings
DECEMBER 16, 2008 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
OFF THE SOMALI COAST — The Dutch sailors aboard a warship scanned the waters off Somalia for an entire month, but they never once saw a pirate — nor fired their weapons except for target practice. Pirates have made an estimated $30 million hijacking ships for ransom this year, seizing more than 40 vessels off Somalia's 1,880-mile coastline.

__________________________________________________________________
DECEMBER 16, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年12月16日号
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d P r e s s | B R E A K I N G
ソマリア海賊掃討戦が全面戦争へ拡大、国連が陸海空三軍出兵承認
米国時間 2008年12月16日午後7時40分 | AP通信・ソマリア沖発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_15163642.jpg
本格的な対地上砲撃の可能なロシア海軍の戦闘艦も、すでにソマリア沖に数ヶ月出陣している

1. Still held 14 ships with 250 crew

Fourteen ships remain held, along with more than 250 crew members, according to maritime officials. This year's attacks have included a wider range of targets, too: Last month pirates seized a Saudi oil tanker carrying $100 million worth of crude.
合計14隻、250人の乗組員がいまだ拘留中
国際海運局のデータによると、14隻の船舶がハイジャックで拿捕されたままであり、各船に搭乗していた乗組員総勢250名以上が、現在でもまだ海賊の人質になっている現状である。特に今年に入ってからの、ソマリア沖の海賊によるハイジャックのターゲットになった船にはピンからキリまであり、先月11月には100億円相当の重油を搭載したサウジアラビアのタンカーが、海賊の捕獲品となる危急な事態を迎えた。
d0123476_15185931.jpg
同じイスラム圏でも容赦なし、イランのタンカーもハイジャックされたままソマリアの河口に拉致係留されている

2. Tech-savvy enablers as sea-rangers

字数制限のため英文省略
ハイテク装備の海の突撃隊
しかし、事態を重く見た各国海軍の軍艦や哨戒艇が同海域をパトロールしているにもかかわらず、実際に拿捕された海賊はほんの一握りにすぎない。ソマリアの海賊たちは、GPSシステムや携帯を経由したイントラネット連絡など、サテライトを中継した先端のITツールを組織のコミュニケーションに活用しており、もちろん生まれ育ったソマリアの海域に関しては他国の海軍よりも精通している。しかしターゲットの船をハイジャックする時には、昔ながらの海賊同様の手段を用いるのも常である。
d0123476_630384.jpg
第2次大戦後初めてスエズ運河を通過するロシア海軍の戦闘艦 ロシアが欧米と連合戦線を組むのも大戦以来の大事

3. Their prey: massive, slow-moving ships

字数制限のため英文省略
巨大船舶ほど身動きとれず
彼らは狙いを定めた船の周りを小回りの効く高速艇で取り囲むと、先端にフックをつけた縄梯子を投げて船の甲板によじのぼり、ハイジャック活動をスタートする。11月にハイジャックされたサウジのスーパータンカーが最たる例だが、彼らが通常ターゲットにするのは巨大な船舶が多い。その理由は、船が大きくなるほど急発進や急ターンが利かないために、5〜6人の海賊が乗り込んだ小型の快速艇がフルスピードで近づくのを避けることができず、むざむざと餌食になってしまうという実情のためである。
d0123476_6395914.jpg
ソマリアの隣国イエメンの海軍哨戒艇 向こうに見えるのはイエメンの海のGメン部隊と珍しく逮捕された海賊

4. Battle ships from NATO, Russia, U.S.

字数制限のため英文省略
NATO、米・露の海軍戦艦がすでに出動
最近になってソマリア沖では、米国海軍の艦隊はもちろんのこと、NATO海軍の戦闘艦3隻とロシア海軍の艦隊の他、世界各国の海軍戦闘艦が併せて15隻以上も、この海域の哨戒にあたっている。こうした軍艦の何隻かは、海賊が輸送船を襲撃するのを未然に防いだ実績も挙げており、通常は国連の食糧輸送船のような物資輸送の生命線を警護するのに役立っている。
d0123476_15241674.jpg
NATOの戦略戦闘艦も、紅海からアラビア海にかけてのソマリア沖ですでに何シーズンも海賊船の拿捕に当たっている

5. Strategy to attack logistics of piracy

字数制限のため英文省略
海賊の活動基地を叩く掃討戦略
しかしこれだけの海軍を出動してもなお、NATOと米国海軍は「この海域は警護するにはあまりにも茫漠としており、広過ぎてとてもカバーしきれない」と認めている。さらに米国の高官の中には海運業界に対して、この海域を運航する船舶には独自の民間の警備艇をつけるべきだと示唆する者もいる。
米国政府はまた、海賊行為の問題を根本的に解決する鍵は、海上ばかりでなくむしろ陸上での対策の方にあると提案している。米国としては、この『Horn of Africa/アフリカの角』と呼ばれる地域で、国連がバックになって設立した弱体の暫定政府の許可を得て、ソマリアの海賊を陸と空から掃討したい、という思惑である。
d0123476_15331235.jpg
イスラム過激派のマフディ軍の本部前に駐留する民兵 AK-47と手榴弾を武器にトラックで移動する無政府集団

6. UNSC approved assaults by land, air, sea

The U.N. Security Council on Tuesday unanimously approved a U.S.-backed resolution proposing that all nations and regional groups cooperating with Somalia's government in the fight against piracy and armed robbery "may take all necessary measures ashore in Somalia."
国連安保理、陸海空三軍の総攻撃を承認
一方、16日火曜ニューヨークの国連本部では、海賊対策を決議する安保理事会の緊急会議が開かれたが、米国が推進した議案は次のような軍事強行手段の採択である。
「ソマリア領海における海賊行為と武装集団の強奪行為については、こうした暴力に対抗する戦闘段階においてはソマリアの地上の領地でも、掃討目的において必要とされる『あらゆる手段』をとれるよう、ソマリア政府に支援協力する全ての国家とこの地域の各種機構組織とに対して、速やかに認可協力を仰ぐものである。」
d0123476_15361686.jpg
16日国連安保理での攻撃認可採択 左からソマリアの暫定政権代表、英国のミリバンド外相、米国のライス国務長官

7. 'Significant impact on pirates activity'

To gain passage, the U.S. and other proponents had to appease Indonesia and several other council members' concerns about national sovereignty and keeping up a peace process. Rice said the resolution will have a significant impact, especially since "pirates are adapting to the naval presence in the Gulf of Aden by traveling further."
ライス長官「海賊の活動に甚大な脅威」
今回の議案採決のプロセスでは、議案提出国である米国および欧州各国は、国家主権の侵害問題や平和的手段を検討すべきと主張するインドネシアを筆頭とする議案に反対の国家代表に対して(攻撃認可案を承認するよう)採決に入る前に事前に根回しを弄しなければならなかった。
ライス国務長官は、今回の議案が安保理で満場一致で可決されたことに対して、次のような見解を述べた。「認可案の成立は、海賊の無法行為に著しい衝撃を与えるでしょう。特にこれまで海賊がそこから攻撃に出陣していた(ソマリアの領海である)アデン湾に、各国海軍が(合法的に)攻め入ることができるのですから。」
d0123476_1527075.jpg
ソマリア沖の海賊は旧大英帝国の植民地だったケニアにとっても脅威で、英国のミリバンド外相が対策に乗り出した

8. Question remains in wisdom of attacks on land

字数制限のため英文省略
ペンタゴンは軍事的解決を疑問視
しかしここで障害となるのは、いかなる国家であっても攻撃に際しては、先ず第一に国連が擁護する現地の弱体な暫定政府から許可を得なければならず、その状況はとりもなおさず「この地域ではいかなる国家のいかなる軍事行動であっても、まず最初にバン・キムン国連総長へ事前に通知すること」という必携条件が要求される訳である。
またもうひとつの難関は、米国ペンタゴン高官の中には、ソマリアの海賊に対して地上攻撃を開始するという作戦に関して疑問を持つ者がいることも事実である。その理由としては「この地域と関連する複雑な国際間の問題は、性急で安易な軍事的手段では解決できない」と米国の軍事専門家は見ているからである。
d0123476_15204978.jpg
ソマリア最大の産業がパイレーツで飛ぶ鳥を落とす勢い 新品のスピードボートを5隻ずつ積んだトラックのコンボイ

9. Navy warns civilian 'collateral damages'

It is difficult to identify pirates, and the potential for killing innocent civilians "cannot be overestimated," said U.S. Vice Adm. Bill Gortney, who commands the Navy's 5th Fleet, which has ships patrolling off the Somali coast. Others say the solution to piracy lies in a strong Somali government and an end to the country's anarchy.
空爆による市民の犠牲を危惧する米司令官
ソマリア沖のアデン湾はもちろん、インド洋を含めた広大な海域を管轄する米国海軍第5艦隊の総司令官、ビル・コートニー提督副官は、「いざ地上を攻撃するとなった場合には。一般市民と海賊との区別をつけるのは困難で、無実の市民を殺傷する危険性を過小評価することはできない」と断言する。また別の高官は、「海賊問題の真の解決は、この国の無政府状態に終止符を打てるようなきちんとした統制のとれる強力な中央政府がソマリアに確立することである」と直言する。
d0123476_15425697.jpg
ソマリアの港ホービョは海賊が本拠地を置き出陣するいわば「無法者の軍港」ソマリアでもこの町だけは景気がいい

10. No effective government in 2 decades

字数制限のため英文省略
20年続いたソマリアの無政府状態
ソマリアにはここ20年近く、統治体制が整った中央政府というものが存在せず、権力の真空地帯に生じた無法の社会状況をいいことに、海上で船舶を略奪する海賊や地上での武装組織が、ほしいままに暴力と略奪行為を繰り返してきた。アフリカ東岸海域での海賊の活動状況を偵察する部門である、東アフリカ漁業振興計画局/East African Seafarers' Assistance Programで局長を務めるアンドリュー・ムワングラ氏は、この問題に関して次のような見解を述べている。
「国際社会がソマリアにおける貧困の解消に手をつけない限り、軍事的解決は最終的には失敗に終わるだろう。われわれ(国際社会)は、軍事力の増強に資金を浪費するべきではない。社会に根ざす根本の問題を見据えようではないか。」
d0123476_15455450.jpg
国際法で国家として認定するため06年に米国が置いた暫定傀儡政府の大統領 これほど空虚なオフィスは類がない

11. U.S. forces on the Somali ground again

字数制限のため英文省略
米軍再び「ブラックホークダウン」のソマリアへ
今回の国連安保理の決議で、米軍は再びソマリアの地を踏む可能性がでてきた。過去において米軍がソマリアに進駐したのは1992〜93年のことで、首都モガディシュで軍閥のロケット砲を受けて米軍ヘリが墜落し、パイロットの死体が市内引き回しになるという悪夢の事件が起きた。また別の人質パイロットが解放されたあとは、当時のクリントン政権がソマリアからの米軍撤退という恥辱的な決定を下した苦い経験がある。
この間の一連の経過は、映画『ブラックホークダウン』に克明に描かれている。こうした過去もふまえて、米海軍第5艦隊の司令官は前述のように、ソマリアへの地上攻撃という新しい作戦を疑問視する態度を明らかにしている。
d0123476_15402160.jpg
飢餓救済の人道的立場でソマリアに介入した国連軍と米軍だが、映画『ブラックホークダウン』で周知の悲惨な結果に

12. South under control of radical Islamists

字数制限のため英文省略
イスラム過激派が支配するソマリア南部
今日ではソマリア南部の大部分が、イスラム過激派の軍閥の支配下にある。この地を支配する旧態依然のイスラム法と言えば、罪を犯した者には鞭打ちや投石、斬首刑などの残酷な公開処刑が待っており、社会に植え付けた恐怖感で住民を支配する時代を逆行する支配体制である。福祉制度や医療設備、医師も皆無に等しいので、平均寿命は46才ときわめて低い。それと言うのも生まれた子供の約半数が5才に達する前に死亡、という慢性的な飢饉と劣悪な衛生環境にあるためである。
しかしその一方では、ソマリアの海賊産業には潤沢な資金が行きわたっており、充分な訓練と武器を授かった民兵がその組織の活動を支えている。20年近く内戦状態が続き戦禍で全土が荒廃したソマリアでは、軍隊並みの重装備の武器は、定着した密輸ルートからいとも簡単に入手できているようだ。
d0123476_15495456.jpg
20年続く内戦で首都モガディシュは元より国土が荒廃し無政府状態のソマリアは世界でも最も危険な地域のひとつ

13. Threats reach over the vast waterway

字数制限のため英文省略
インド洋全域を脅かす海賊の脅威
ソマリアの南にあるケニアでは、ソマリア沖に近い領域を空軍と海軍が空と海からパトロールに当たっている。しかしこれまでは、ソマリアの領空・領海を侵犯しないよう気遣ってきたし、近隣地域との和平協力は社会安定の基盤であると、ケニア政府の高官は語る。
「ほんの数年前までは、海賊はマラッカ海峡の売り物でした。そこでインドネシア、マレーシア、シンガポール、タイの4国が協力して、2004年来海賊の横行に対して厳しい措置をとってからと言うもの、彼の海の襲撃事件は半分に減ったという良い前例がありますよ。」 <了>

【 米国時間 2008年12月16日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg
d0123476_18552829.gif【追記】アフリカの外交では今日でも、大英帝国時代に植民地だった歴史から英国の影響力が強い。今月11日にケアの首都ナイロビで開催された「ソマリアの海賊対策国際会議」に出席したメンバー。左から米国務省のマーク・リミット補佐官、英国のロード・ウェスト防衛相、ケニア駐在英国公使ロブ・マケーアの各氏。この会議で今回の国連安保理決議の草案となる「連合攻撃作戦」が発案・採択された。
d0123476_7295599.jpg
◀ 次号「号外!クライスラーショック!全30工場を1か月閉鎖」へ
◀ 12/10〜12「ギリシャ騒乱!警官の15才少年射殺に抗議デモ、欧州全土に拡大」へ

▶ 前号「スクープ!ムンバイ生残り犯人が自白したテロの全貌」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9074288
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9074288

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


5〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」がちょっとへこんでおります。クリックで喝!を入れてやって下さい。


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_15291091.jpg


『米流時評』CURRENT ISSUE アーカイブへ
by ysbee-2 | 2008-12-16 16:30 | 海賊シージャック

スクープ!ムンバイ生残り犯人が自白したテロの全貌

f0127501_128435.gif

  ||| ムンバイテロ犯人の自白調書初公開 |||

d0123476_19433671.jpg
AP通信記者がまたもやスクープ! ムンバイテロ生き残り犯人の供述書を初公開

米国時間 2008年12月13日 | AP通信・ムンバイ支局発 | 訳『米流時評』ysbee
先月末のムンバイ同時多発テロ襲撃事件で、ただ一人の生き残り犯人として拘留中のテロリストは、逮捕後警察側の厳しい取り調べで事件に関する新しい事実を連日自白しているが、当初計画を立てていたテロの筋書きでは、人質を取り立てこもってメディアを介してテロ組織の要求を発表する予定だったと供述している。この供述内容は、13日土曜の段階でAP通信の事件担当記者がスクープ入手した犯人自身の供述書のコピーによるものである。

トップ写真:10人のテロリストのうち リーダーと唯一の生き残り犯人が襲撃した、ムンバイの鉄道ターミナル駅
下:事件から2週間経った広場、右にタージホテル、左にインド門というムンバイの2大名所が静かに向かい合う

d0123476_19452192.jpg
Confession Sheds Light on Mumbai Attacks
Seven-page statement offers chilling details of the deadly three-day siege
DECEMBER 13, 2008 | Association Press — BREAKING | Translation by ysbee
MUMBAI, India — The gunman captured in last month's Mumbai attacks told police he had originally intended to seize hostages and call the media to make demands, according to his confession statement obtained Saturday by The Associated Press.

__________________________________________________________________
DECEMBER 13, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年12月13日号
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d P r e s s | B R E A K I N G
AP通信のスクープ! 全7ページのムンバイ犯人供述書初公開
米国時間 2008年12月13日午後1時14分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_2091682.jpg
インド北部の都市ラクナウの学校で、テロの犠牲者慰霊と平和への願いを込めて行われた渦巻状のイベント

1. Kasab, the lone survived terrorists

Mohammed Ajmal Kasab said he and his partner, who assaulted the city's main train station, had planned a rooftop standoff, but they couldn't find access to a roof, the statement said. The two killed dozens of people inside the station, but it's unclear if they ever held hostages.
唯一の生き残り犯人カサブ
10人のテロ攻撃犯人の中で唯一生き残った、21才のモハメッド・アジマル・カサブは、彼の相棒だった襲撃グループのリーダーと共に、ムンバイの交通機関の要であるターミナル駅を襲撃。当初の予定では、歴史的な駅の建物の屋上に上がって占拠を続ける予定だったが、屋上へ通じる入口が見つからず断念したと、供述書の中で述べている。ふたりは、駅構内の中央コンコースにいた一般の利用客に向けて機関銃を掃射。その結果、駅の現場だけで46名が亡くなったが、その時点で人質をとったかどうかは明らかにされていない。
d0123476_19544747.jpg
ムンバイ駅攻撃で唯一生き残り逮捕されたカサブ/右:犯人たちはムンバイの地理をグーグルマップで熟知していた

2. Assault initially set for Sept. 27

He said the assault, which started Nov. 26, was initially set for Sept. 27, though he doesn't explain why it was delayed. The gunmen had been told by their handlers to carry out the attacks during rush hours when the station is teeming with commuters. After reaching Mumbai, Kasab and his partner, Ismail Khan, the group's ringleader, headed to the train station by taxi.
当初は9月27日予定だったテロ攻撃
カサブの供述によると、11月26日に実行された同時テロ襲撃は、本来は9月27日に予定されていたものだったと自白しているが、どういう理由で延期されたのかまでは語っていない。
10人の選ばれた特命のテロリストたちのうちカサブとカーンの二人は、通勤客でごった返すムンバイ駅のラッシュアワーを狙って襲撃を実行に移すよう、彼らの指令者であるテロ組織ラシュカレタイバのトップから、テロ決行の使命を受けた。実際には、カサブの相棒イスマイル・カーンはムンバイテロ襲撃グループのリーダーでもあったが、ムンバイの港に密航するために略奪したボートで到着した後、二人はタクシーで夕刻のラッシュアワーで混雑するムンバイ駅へと向かった。
d0123476_1954385.jpg
テロリストが最新の機関銃を乱射したのに対し、警官は警棒と拳銃で対応。出動指令が遅れたため9時間後にようやく現場に到着した軍隊も、時代錯誤のライフルで応戦......テロ組織と政府軍の武器の歴然とした差にも批判が集中

3. Mumbai Terminal terror plot

"Ismail and myself went to the common toilet, took out the weapons from our sacks, loaded them, came out of toilet and started firing indiscriminately toward the passengers," Kasab told police. As a police officer opened fire, the two militants retaliated with grenades before entering another part of the station and randomly shooting more commuters.
ムンバイのターミナル駅襲撃計画
「イスマイルと私自身は、駅に着くなり公衆トイレへ直行して、そこでバックパックから武器を取り出し弾丸を装填した。そしてトイレからコンコースに出て、駅の中にいた乗客に向かって手当り次第に銃撃を浴びせた」カサブは警察の取調べ担当官に、駅での襲撃の手順をこう供述している。
彼らが機関銃の乱射を開始した時点で、駅の構内にいた警官のひとりが拳銃で彼らに向かって発砲したが、テロリスト二人はその警官に対して手榴弾を投げつけて応戦。そのあと駅のもう一方のウィングへ向かい、そこでもまた居合わせた通勤客に向かって、無差別に機関銃を乱射し続けた。
d0123476_19555710.jpg
特命を受けたテロリストのリーダー・イスマイルと、生き残ったカサブの2人が攻撃のターゲットにしたムンバイ駅

4. Call Chacha, Lashkar mastermind Lakhvi

The men then searched for a building with a rooftop where they had been told to hold hostages and call a contact named Chacha, whom Kasab identified as Zaki-ur-Rehman Lakhvi, the suspected mastermind behind the attacks. Chacha, which means "uncle" in Hindi.
テロ首謀者はラシュカールのチャチャ
そのあと二人は、駅舎の屋上へ上がる入口を探した。それは、彼らの指令者から人質をとって駅の屋上へ上がるようにと指示されていたからだと告白している。そのあとふたりは、組織間のコードネームで「チャチャ」と呼ばれる直接の指令者であり、この一連のテロ襲撃計画を指示した陰の首謀者と見られるザキウル・レーマン・ラクヴィに、携帯で報告を入れた。「チャチャ」とは、ヒンドゥ語で「おじさん/親父」という意味である。(ちなみにスパイ組織やテロ組織では、同志を「Brother/兄弟」、直接の指令者を「Uncle/おじさん」と呼ぶ場合が多く、各種スパイ小説や映画でもおなじみの通例である。)
d0123476_19565795.jpg
たまたま攻撃の現場のムンバイ駅に居合わせた地元メディアのカメラマンが、命がけで撮った2人のテロ犯人の映像

5. Stormed into a hospital for hostages

Lakhvi would supply phone numbers for media outlets and specify what demands the two should make. "This was the general strategy decided by our trainers," Kasab said. After failing to find a "suitable building," however, the two men instead stormed a hospital where they looked for hostages and exchanged more gunfire with police, he said.
人質をとるため病院を襲撃
ラクヴィは二人に対してメディア各社の電話番号を教え、メディアに対して伝えるべきテロ組織からの特定の要求内容を、電話を介して伝えるはずだったとカサブは自白している。「以上(人質を取り、メディアを介してテロ組織の要求を宣言)が、われわれを訓練した指導者が決定した襲撃計画の基本戦略だ」カサブは今回のテロ襲撃の目標を、こう明らかにした。
しかしながら、人質をとって屋上に昇るという本来の目的が(駅の屋上への入口が見つからず)成就できなかったため、二人は駅をあとにしパトカーを奪って逃走。駅で実現しなかった人質をとるために病院へ押し入って、そこでもまた警備の警官と銃撃戦を交わした、と供述している。
d0123476_19581467.jpg
パキスタン北西部ワジリスタン州のタリバンはアフガンへ、カシミール地方のラシュカールはインドへテロ出撃

6. Special training as terrorists

Kasab, 21, confirmed he was Pakistani national and said he was trained by Lashkar-e-Taiba, the terrorist group banned by Pakistan in 2002 and blamed by India in the attacks. He said he was given lectures on India security and intelligence agencies, as well as instruction in how to evade pursuing security forces.
ラシュカールのキャンプでテロリスト特訓
唯一の生き残り犯人、カサブの年齢は21才で、パキスタン国籍であることが確認された。彼は、2002年にテログループとしてパキスタン政府から違法の犯罪組織に認定され、インド政府が今回のムンバイテロの実行組織と指摘する「ラシュカレタイバ (ラシュカリタイバ)=ラシュカール」によって、1年以上にわたってテロリストとしての特訓を受けた、と自白している。
またその特訓の中では、インドの治安警備体制や諜報組織についても講釈を受け、攻撃目標の施設を警備している警察やセキュリティの警護体制をどうやって突破し侵入するかという、具体的方法のインストラクションも受けていたとも供述している。
d0123476_200583.jpg
ムンバイカーの歴史と伝統に対する誇りの象徴だったホテルタージ・パレス&タワーは4人の犯人に3日間占拠された

7. Asking legal aid from Pakistani consulate

Police said Saturday that Kasab has also written to Pakistani officials to request legal help. In a letter written Thursday, he asks for "legal aid" from the Pakistani consulate and to meet with a consular representative, said Rakesh Maria, Mumbai's chief investigator.
パキスタン領事に法的援助を求めた犯人
ムンバイ警察の捜査陣が13日土曜に行った記者会見では、カサブは(被告となった立場に該当するパキスタン国民としての)「合法的援助」を要求して、パキスタン政府高官に宛てて手紙を書いた事実が明らかにされた。この手紙は11日木曜に書かれたもので、その中でカサブはムンバイ駐在のパキスタン領事に宛てて「法的幇助」を懇願し、領事館の代表者と会見したいと伝えた内容が、ムンバイ警察捜査当局のラケシ・マリア捜査主任から、記者会見で発表された。
d0123476_2021927.jpg
タージホテルと並んでムンバイを代表する高級ホテル・オベロイにも2人のテロリストが襲撃して数十人を射殺した

8. Mumbai attorneys refused to defend

The letter was forwarded to India's government to relay to Pakistani officials, but it was unclear whether it had been delivered, Maria said. Pakistani officials were not immediately available for comment. A number of Indian lawyers — including a prominent group of Mumbai attorneys — have refused to defend Kasab against criminal charges amid outrage over the attacks.
カサブを擁護する弁護士見つからず
この法的擁護を求めたカサブの手紙は、ムンバイ駐在の外交官へ手渡すためにインド政府へ送られたが、ムンバイ駐在のパキスタン領事館へ届けられたかどうかまでは不明であると、捜査主任は明らかにした。また、パキスタン高官サイドからも(週末でもあり)迅速な回答は得られなかった。
また地元ムンバイの弁護士協会メンバーも含めたインド人弁護士たちの大半は、今回のムンバイテロ事件に対するインド国民の憤りが余りにも強い状況から、テロ犯罪を裁く法廷でカサブを被告として弁護することを拒否している。
d0123476_2034155.jpg
辺境自治州バロチスタンの国境の町チャマンはアフガンからの難民が多く、パキスタン中央政府の統治をはねつけるイスラム原理主義者が支配する無法地帯とも言える地域で、タリバンシンパの軍閥に所属する叛徒が民事の主権を握る

9. Islamabad required further evidences

Kasab is being held on 12 offenses, including murder and waging war against the country, but has not yet been formally charged. Islamabad has refused to acknowledge Kasab's nationality, complaining that India has yet to furnish any evidence.
さらなる証拠を要求するパキスタン政府
検察側がカサブに対して挙げる12の罪状の中には、現行犯としての「殺人罪」から「国家に対する戦争謀議罪」まで列挙されているが、現在はまだ容疑者として逮捕拘禁の身柄で、正式に告訴された訳ではない。一方、首都イスラマバードのパキスタン政府側では、「インド政府はまだ、カサブがパキスタン国民であると断定するに足る確固とした証拠を提示していない」と理由づけて、パキスタン国民としてのカサブの属性認証を拒否している。 <了>

【 米国時間 2008年12月13日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg

d0123476_18552829.gif【追記】アフガンとの国境に近いワジリスタンやバルチスタンの辺境自治州は、産業もなく痩せた山岳地帯で、中央政府に見放されたパキスタン国内でも最も貧しい地域。唯一の食い扶持は、アヘンや大麻などの麻薬栽培とテロ活動の請け負い。
警察も無力でまったく統制力のない、辺境自治区のこうした権力の真空地帯を狙って、アルカイダやタリバンなどのテロ組織が着々と根を降ろす。前途に希望を持てない若者がテロ組織に走るのを食い止めるには、地域ぐるみの産業振興と教育の徹底以外にない。少なくとも、テロ戦争の名目で戦費に費やす数十兆円の膨大な予算を、こうした地域の振興助成費や教育・福祉医療費に充てるならば、テロ戦争の根本的な解決につながるはずである。
d0123476_64313.jpg

»» 次号「速報!ソマリア海賊との全面戦争を国連が承認」へ
«« 前号「ペイリンの逆襲・グーグル検索今年のトップランク」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif 記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9066082
 TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9066082

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


5〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」がちょっとへこんでおります。クリックで喝!を入れてやって下さい。


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_15291091.jpg


『米流時評』CURRENT ISSUE アーカイブへ
by ysbee-2 | 2008-12-13 20:24 | インド・ムンバイテロ

ペイリンの逆襲・グーグル検索今年のトップランク

f0127501_128435.gif

  ||| 2008年のグーグル検索ランキング |||

d0123476_5435592.jpg
グーグルが検索用語トップリストを発表、1位はサラ・ペイリン!オバマは6位
You-Tube、FaceBook、終末戦争対応の近未来マシン ハドロンコライダーも


米国時間 2008年12月10日午後5時40分 ニューヨーク発 | 1年365日、Googleサーチのネット検索の利用件数は、毎日数十億件以上に上っているが、世界が今何に注目しているのか? 世間では今何が話題になっているのか? という世相の動向を探るには、その実相に驚くほど近いデータを提供してくれる。そのネットの巨大企業グーグルが、年末恒例のZeitgeist レポート(検索頻度データ白書)を、米国時間で10日水曜公表した。報告書は、2008年にもっとも多く検索された用語を国別・カテゴリー別にまとめたリストである。

写真トップ:エアフォースワンのタラップを降りるW。任期あとひと月で、もう誰も話題にもしない、裸の王様。
下:今年もまたiPhone G3でますますファンを増やしたApple。来年はどんな新兵器を繰り出してくるだろう?

d0123476_1752742.jpg
The Most Popular Search on Google This Year
Sarah Palin may not have won the election, but she's a fave of Google users
DECEMBER 10, 2008 | Barrett Sheridan — NEWSWEEK | Translation by ysbee
Google serves up several billion search queries every single day, giving it incredible insight into what people are thinking and talking about. On Wednesday, the Internet giant released its year-end Zeitgeist report, which lists the most popular search terms of 2008 by country and topic.


__________________________________________________________________
DECEMBER 10, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年12月8日号
f0127501_16135325.gif

 N E W S W E E K | B R E A K I N G
グーグルが検索用語のトップリストを発表、1位はサラ・ペイリン!
米国時間 2008年12月10日 | ニューズウィーク・サイト独占掲載 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_17125098.jpg
巷で一番人気だったObey Giantのオバマポスター。右はそのダミー。ちなみにDummyには死人という意味も

1. The revenge of Sarah:

It also calculates the fastest risers and queries that have catapulted in popularity within the last year. Here's a rundown of the most interesting insights from this year's report: "Sarah Palin" was the world's fastest-rising search term in 2008; "Obama" came in sixth, below "Heath Ledger" and even "Tuenti," a Madrid-based social networking site for Spanish speakers. In absolute terms, however, "Obama" was the most popular search term on Google for this year.
サラ・ペイリンの復讐
グーグルではまた、昨年から今年にかけて検索の人気度が急上昇した人物や辞句についても、数値でデータを出している。この範疇では、今年のレポートから引き出された中でも、もっとも興味深い考察が引き出される。 
「サラ・ペイリン」は2008年のデータでは、世界でも最速のスピードで一夜にして検索のトップに急上昇した名前である。「オバマ」は6番目で、急死した「ヒース・レッジャー」はマドリッド発信のスペイン語SNSサイト「Tuenti」とタイの第5位を記録した。もっとも用語検索の絶対数からいくと、グーグルで今年もっとも検索数の多かった言葉は「Obama」だったのも事実である。
d0123476_17193798.jpg
アラスカは野生動物の天国・・・と思いきや、地獄かも。全米ライフル協会正会員のペイリン知事は、PETAの宿敵。

2. Campaign buzzwords:

字数制限のため英文省略
大統領選の流行語もペイリンから
世界の人々がペイリンに寄せる関心は、その名前ばかりではない。大統領選の後半ペイリンが副大統領候補に指名されてからと言うもの、もっとも人気の高かった流行語のトップ10のうち4つまでが、彼女の口から発したものか、彼女となにがしかの関連性がある言葉だった。
maverick/マーヴェリック: ペイリンを副大統領候補に指名した共和党マケイン候補の呼称。
Bridge to nowhere: 巨大予算をかけた割には目的地のないアラスカ州の高速道路の橋。
Lipstick [on a] pig: 口紅塗っても豚は豚。お体裁をつくろっても本質は変わらない、の例え。
hockey mom: 子供のスポーツに付き添う平凡な主婦の例え。通常は「サッカー・ママ」だが、アラスカなのでホッケーママに。

しかしながら、ペイリン関連がこれだけあっても、もっとも検索数の多かった流行語は「Joe the Plumber/配管工のジョー」だった。(これも通常は「average Joe=凡人」と言う常用句をひねったもの)当人のジョーは、これだけの名声を無駄にせずに本を書く莫大な契約金を手に入れたが、もしかしたら多分2010年には、州代表の下院議員にと共和党から声が掛かるかも知れない。
d0123476_1710102.jpg
選挙で負けても話題性で勝つ!いつまでもしぶとくニュース種になる、懲りないセーラ・ALSO・ペイリン。

3. The funny side of news:

字数制限のため英文省略
SNLがニュースのカテゴリーでランク入り?
ほとんどの項目で時事問題のニュースソースのランキングは容易に予測できる。Fox、CNN、ABCなど、大手のニューステレビ局が当然その道をリードしている。しかしThe Drudge Report/ドラッジレポートや、The Huffington Post/ハッフィントン・ポスト(それにPolitico/ポリティコ)などの新規のウェブオンリーのニュースサイトもまた、トップ10のリスト入りを果たしている。

さらにニュースサイトのランキングの中で驚くのは、コメディショーの「Saturday Night Live」が9位に食いこんでいることだろう。SNLの看板コメディエンヌ、ティナ・フェイの、ペイリンと瓜ふたつのパロディは、放送開始以来33年になるNBCの老舗番組を政治批判の時事番組として評価させ、新しい息吹で盛り返した感がある。(ところで奇妙なことに、その分野の第一人者であるコメディチャンネルのジョン・スチュアートやスティーヴン・コルバートには、トップランクのどこでもお目にかからないのが不思議である。)
d0123476_1723366.jpg
この親にして・・・この子あり・・・ペイリンの両親の自宅とアラスカ州知事の執務室。Natural born killerか?
d0123476_17243124.jpg
4. China's moment:

The U.S. elections weren't the only thing dominating the world's attention in 2008. "Beijing 2008," a reference to this year's Olympic Games, was the second fastest-rising search term. Gymnastics, swimming and soccer proved to be the most popular Olympic sports on the Web. And though the International Olympic Committee took heat for its decision to drop baseball and softball from the 2012 Games, Google clickers seem to agree with the decision: "baseball" fell at the bottom of the top 10 list, behind "equestrian," "BMX" and "boxing."
注目された北京五輪
2008年の世界の注目を独占したのは、米国の大統領選ばかりではない。今夏のオリンピック大会「Beijing 2008/北京五輪」は(「ペイリン」に次いで)今年2番目に赤丸急上昇だった検索用語である。ネット上でもっとも人気のあった五輪競技としては「gymnastics/体操競技」「swimming/水泳」「soccer/サッカー」がめざましい検索数でスコアを上げた。
また、IOCが2012年の競技種目から野球とソフトボールを除外する決定をめぐって論議が加熱したのに反して、世界のネットユーザーは両種目にはあまり関心を持たなかったと見え、検索数も少なかった。「baseball」は検索数の少ないリースト10の最下層で「equestrian/乗馬」「BMX」「boxing/ボクシング」にも劣るアクセス数だった。
d0123476_17313875.jpg
鳥の巣で行われた開会式のマスゲーム。辺境民族の衣装を着けて踊ったのは、実は漢人だったという「偽五輪大会」

5. The most egotistical countries:

Americans have earned a reputation for being the globe's navel-gazers, but they're not the worst offenders—at least not on the Internet. The idea of "Googling yourself" took on national dimensions in Chile, for instance, where the most popular search term in 2008 was … "Chile."
チリはナルシスト国家?
アメリカ人は、世界でも「自己中心主義者/navelgazers=self-absorbed narcissist」的な国民として悪名を高めてきた感があるが、彼らよりももっとその傾向の強い国民が他にもいる……もっとも、インターネット上でのデータにすぎないが。その好例として、「Googling yourself」(自分はいったいネットではどうなの?とググる)連中が、チリでは国家的規模で多く見られ、この国のネット利用者が2008年に最も多く検索した言葉は……「Chile/チリ」だった。
d0123476_1734451.jpg
「11th Hour」のレオナルド・ディカプリオ。ナルシストつながりではなく、ガラパゴスつながりの写真。

6. Extreme self-absorption by UAE

The self-absorption was even more extreme in the United Arab Emirates, where an unprecedented building boom (including construction of the world's tallest tower, the Burj Dubai) has led to unprecedented interest in the Middle Eastern country—especially from within its own borders. There, "UAE" was the second most popular search, and "Dubai," one of the nation's seven emirates and center of the building bonanza, occupied two spots on the top 10, once in English and once in Arabic.
UAE ドバイも自己中の現れ
UAE アラブ首長国連邦は、こうした国民のナルシスト的傾向がさらに極端な例である。世界で一番高いビル、Burj Dubai の建築をはじめとする前代未聞の高層ビル建設ブームで、中東アラブ諸国の中では世界中から異例の注目を集めているUAEだが、この国に特に関心を持っている人々は、むしろその国境線の内側にいるようだ。
この国では、自国名の「UAE」がトップから2番目の検索数で、国内7つの盟邦国の中でも建設ブームの中心である「Dubai=ドバイ」は、検索ランキングトップ10中2つも食い込んでいる。ご丁寧にも、ひとつは英語で、もうひとつはアラビア語での「ドバイ」の検索である。
d0123476_17372080.jpg
飛ぶ鳥も落とす勢いだったドバイ開発プロジェクトも、グローバル不況のあおりでバブル崩壊は時間の問題

7. The year of Internet video:

Similarly, the Italians searched for their capital, "Roma," more than anything else save "YouTube." The Italians weren't alone in their fascination for online video. Clearly, people love putting themselves on camera—or maybe they just love videos of dogs on skateboards. In almost one third of the 35 countries charted by Google, "YouTube" ranked as the most popular search.
「You-Tube」自体が検索のトップに
似たような傾向はイタリーでも見られ、You-Tubeでのタグ検索ではこの国の首都「Roma」がダントツでトップにきている。ネット上の動画に夢中になるのは、何もイタリア人ばかりではない。You-Tubeを見れば誰の目にも明らかなように、人間サマはどうも自分自身にカメラを向けるのを好むようである。あるいは、ただ単にスケートボードに乗ったブルドッグのビデオクリップが面白いだけのことかも知れないが…… グーグルが今回データを出した35カ国のうち、なんと3分の1近い国で「You-Tube」自体がもっとも検索数の多い言葉に挙げられているのが事実だ。
d0123476_17405851.jpg
即時性のビデオクリップが時代の新しいメディアに。1億総レポーター時代に突入したきっかけはYou-Tube

8. Smorgasbord of regional SNS:

Mark Zuckerberg's brainchild, Facebook.com, was the most popular search term in four countries, including the United Kingdom and South Africa. But there are plenty of attractive alternatives, including MySpace, LinkedIn and a smorgasbord of regional competitors, like Poland's popular Nasza Klasa site. In fact, nearly half of the world's top 10 social networks came from outside the United States.
SNSの出会いサイトもランク上位
IT界の天才マーク・ズッカーバーグのブレーンの落し子である Facebook.com は、英国と南アフリカ共和国を含む4つの国で、もっとも検索数の多かったアイテムである。しかし、このSNS(Social Networking System via Social Networking Software)の世界には、Facebookの他にも数多くの人気の高い出会いサイトが存在する。
トップランクの MySpace や LinkedIn をはじめとして、ポーランドで有名な Nasza Klasa など各国が独自に繰り広げるSNSの展開は、まるで国際的お見合いバイキングの様相を呈している。実際、世界のトップ10ソーシャルネットワークの半数近くが、米国以外の国のSNSサイトで占められているくらいだ。
d0123476_17433036.jpg
友達も恋人もネットでみつける時代に。オバマの選挙キャンペーン大成功も、サイトのFacebook機能のおかげ

9. Isn't it the end of the world, yet?

As if failing banks and a rising jobless rate weren't enough to worry about, the Large Hadron Collider, a particle accelerator lying under the Franco-Swiss border, has inspired bigger fears. Doomsday-inclined scientists say the apparatus, 17 miles in circumference, could accidentally produce black holes or hypothetical particles known as strangelets, either of which would destroy the earth.
世界は終末に向かっている?
まるで銀行の破産や失業者の群れぐらいでは、この世の悩みと言うにはまだまだ足りない、とでも言うように、突然出現して世界に未知の恐怖を与えたのが「LHC=Large Hadron Collider/ラージ・ハドロンコライダー(大型ハドロン衝突型加速器)」である。これは、フランスとスイスの国境地帯に建造された、前代未聞の巨大な中性子加速装置で、この実験には国際的な素粒子物理学者が数多く参加した。
(宇宙の中心にあるブラックホールが加速的に拡大して、地球も含めた銀河系宇宙が消滅するという)世界の終末感に捕われた物理学者たちは、円周17マイル(約27キロ)の極小ブラックホールか、あるいは仮説では「strangelets/ストレンジレット」として知られている素粒子を、超高速の加速器で人工的に作り出す大掛かりな実験を9月20日に試みたが、見事に失敗した。
d0123476_1747067.jpg
『HEROES』などTVでもアルマゲドンがテーマだが、現実の終末戦争は地球温暖化による異常気象との闘いかも

10. Black hole by Large Hadron Collider

It was switched on in early September, to no disastrous effect. Such science-fiction outcomes helped make "particle accelerator" or "Large Hadron Collider" one of the fastest-rising search terms in New Zealand, Austria and other countries. The French and Swiss, despite sitting on top of the device, were strangely unworried.
ハドロン・コライダーによるブラックホール
このLHC ハドロンコライダーは、9月にスイッチが入れられ実験を開始したが、仮説で立てられていたような「disastrous effect/破滅的効果」は起きなかった。まるでサイエンスフィクションそのもののようなこの実験に関連して、「particle accelerator/素粒子加速器」とか、システムそのもの「Large Hadron Collider/巨大ハドロンコライダー」といった素粒子物理学の専門用語が、ニュージーランドやオーストラリアなどの国で、赤丸急上昇の検索用語の上位にきた。
しかし、肝心のマシンが鎮座するフランスとスイスでは検索数が少なく、ご当地のひとびとは奇妙なほど無関心で、世界の終末をまったく意に介していなかったようである。 <了>

【 米国時間 2008年12月10日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg

d0123476_17491536.jpg
ヨーロッパの科学者が共同で開発していたハドロン・コライダー。特集しようとした矢先に、実験は失敗に終わった。

d0123476_9192170.jpg【ハドロンコライダー参考サイト】
• LHCアトラス実験オフィシャルブログ:http://lhcatlasj.exblog.jp/
• LHC Grid Fest:http://lcg.web.cern.ch/LCG/lhcgridfest/



»» 次号「第5章 インドのダブルスパイが事件に関連、ますます錯綜するテロの真相」へ続く
«« 前号「ウォール街復活? オバマのNewニューディール効果」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif 記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9047870
 TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9047870

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


5〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」がちょっとへこんでおります。クリックで喝!を入れてやって下さい。


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_1834518.jpg


『米流時評』CURRENT ISSUE アーカイブへ
by ysbee-2 | 2008-12-09 12:24 | ニュースで一服

号外! ウォール街復活? オバマのNewニューディール効果

f0127501_128435.gif

  ||| ウォール街に「ニュー・ニューディール」効果 |||

d0123476_7334130.jpg
オバマの「New ニューディール」再建計画発表で、米国経済も再生へ転換か?
注入金よりも長期的抜本計画が効果的、公共インフラ再建案でウォール街復活へ


米国時間 2008年12月8日午後5時40分 ニューヨーク発 | 米国時間で8日月曜、ニューヨーク株式市場は先週の金曜から2日連続で高値を記録した。ウォール街の楽観的値動きは、バラク・オバマ次期大統領が先週後半に発表した大規模な公共事業計画に対して見込まれる需要喚起を予測したものである。通称「オバマのNew New Deal」(フランクリン・ルーズベルト大統領のニューディール計画の21世紀バージョン) と呼ばれる大規模な公共施設整備再建計画は、全米の老朽化した道路・橋・港湾・学校などの公共建築物とインフラ設備を、21世紀に対応する省エネ・クリーンエネルギー仕様に整備しつつ250万人の新規雇用を促進するという、米国経済の再生案でもある。
d0123476_13142557.jpg
金曜、月曜と2日連続の株価急騰は、投資家がこの経済再生案を全面的に支持しており、建設資材機材関連株の買いのラリーが効を奏した現れと分析されている。その結果ニューヨーク株式市場の主要銘柄は、平均株価で先週の終値から3%アップ。またブルーチップが過去1ヶ月の最高値で終わったのを受けて、ダウジョーンズの主要工業銘柄は前日比300ドル高の終値をつけ閉場した。
d0123476_1315257.jpg
写真トップ:求職難で凄い倍率 泣く子も黙るIRS=米国連邦税務局マンハッタンオフィスで就職試験を受ける応募者/当選の翌日から連日新しい米国再建案を提案し、保守派からも高い評価を受けているバラク・オバマ次期大統領

Stocks Close Strong on Obama Stimulus Plan
Proposed infrastructure spending plan helps boost optimism on economy
DECEMBER 8, 2008 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
NEW YORK — A stock market gaining in confidence shot higher for a second straight session Monday as investors bet that President-elect Barack Obama's plans to increase spending on public works projects will help lift the economy back to health. The major market indexes jumped more than 3%, and the Dow Jones industrials' nearly 300 point advance gave the blue chips their highest close in a month.


__________________________________________________________________
DECEMBER 8, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年12月8日号
d0123476_17164267.gif

   A s s o c i a t e d  P r e s s | B R E A K I N G
オバマの「New ニューディール」計画発表で、米国経済再生へ転換か?
米国時間 2008年12月8日午後5時40分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_13154342.jpg
大学は出たけれど…不景気と就職難でウォール街で求職のカードを掲げる新卒の若者。カードには「成績はオールAだけれど9万ドルの借金(奨学金の場合多し)を負っていて無職、経済救援金を私にも…」という切実なアピールが。

1. Dow gains 560 pt in 2-day rally

The rally, which gave the Dow a two-day gain of almost 560 points, extended a period of relative tranquility on Wall Street. The Dow and the Standard & Poor's 500 have risen in nine out of 11 sessions as investors have absorbed bad economic news without signs of the panic that rocked the market for much of the fall.
2日間でNYダウ平均株価560ドル増
先週来のウォール街のラリーは、ウォール街に久方ぶりに訪れた比較的穏やかな値動きの期間が続いた後で、2日間で約560ポイントアップというめざましい急騰をもたらした。ダウ主要銘柄とスタンダード&プア500銘柄は、過去11日間のうち9日間、上げを続けている。その背景には、投資家層はもう経済面での悪いニュースが流れても、今秋グローバルな市場全体を震撼とさせたような暴落のパニックに陥らなくなったからだとも解釈できる。
d0123476_13164318.jpg
2. Tribune Co. filed for bankruptcy
Tribune Co. filed for bankruptcy Monday, as expected. The privately held owner of the Los Angeles Times and Chicago Tribune, other newspapers and the Chicago Cubs and Wrigley Field, is struggling with $13 billion in debt. A steep slump in advertising revenue has hurt the company. Most of its debt stems from a complex transaction in which the company was taken private by real estate mogul Sam Zell last year.
シカゴトリビューン、LAタイムズ破産申請へ!
一方、メディアグループのトリビューンCo.は、以前から予測されていたとおり8日月曜に法人破産申請を申し立てた。米国の大手新聞であるロサンゼルスタイムズ紙とシカゴトリビューン紙を筆頭とする数多くの地方新聞のネットワークを経営し、プロ野球チームのシカゴカブズと地元球場リグリーフィールドのオーナーでもあったワンマン経営のトリビューン社は、負債総額130億ドル(約1兆2千億円)を抱え財政破綻に陥った。
d0123476_13252945.jpg
ニューヨークのIRS=連邦税務局の求人には、全米から応募して集まった求職者の長蛇の列が、数ブロック続いた

3. Drastic decline of sponsors and advertising

Tribune Co. filed for bankruptcy Monday, as expected. The privately held owner of the Los Angeles Times and Chicago Tribune, other newspapers and the Chicago Cubs and Wrigley Field, is struggling with $13 billion in debt. A steep slump in advertising revenue has hurt the company. Most of its debt stems from a complex transaction in which the company was taken private by real estate mogul Sam Zell last year.
不景気によるスポンサーと広告収入の激減
その最大の原因は、やはり不景気によるスポンサーと広告収入の激減が同社の歳入を直撃したためと受け止められている。また大元の負債額は、昨年同社が不動産王サム・ゼルによって買収されて以来、個人経営の形態になったことで、逆に資産運用が不透明になって複雑化した事態からも派生したものと、ファイナンシャルアナリストは解析している。
d0123476_17375139.jpg
シカゴの不動産王サム・ゼル。昨年トリビューン社を買ったはいいが、畑違いの経営手腕が裏目に出て倒産。
• CNBC News Video — 10/08 | Tribune Co. files for bankruptcy
| One year after investor Sam Zell took media giant Tribune Company private, holding $13 billion in debt, files for bankruptcy protection.

4. Rally overcome the worst job-loss news

字数制限のため英文省略
最悪のニュースを克服した買いのラリー
市場アナリストのエキスパートで、ハリス・ファイナンシャルグループのマネージングパートナーを務めるジェームズ・コックス氏は、経済の悪いニュースが相次ぐ中での、先週来の市場株価高騰への転換を、次のように分析する。
「多分投資家はみな、ここ数ヶ月政府が次々と経済界救済の資金投入を継続するのを見て、国は財政救済で産業界が息を吹き返すためならいかなる努力も惜しまない、という姿勢を確認できたからではないか。つい先週金曜には、11月の失業者数が最悪を記録したという悪いニュースが流れたばかりだ。にもかかわらず、この致命的ニュースを克服して金曜・月曜と立て続けに目覚ましい上げ巾を記録したのは、市場の専門家から見てもめざましい成績と言える。これで勢いづかない投資家がいるとしたら、お手上げだね。」
d0123476_13243090.jpg
ウォール街のニューヨーク株式市場は先週来続く上げの波に乗って好調な取引が続いているが、潮目になるだろうか?

5. Direct effect of Obama's stimulus plan

Obama's plan calls for the largest U.S. public works program since the creation of the interstate highway system a half-century ago. That could bolster the economy by putting thousands of people to work building schools and other construction projects. His weekend announcement gave a lift to a range of companies, from machinery makers to materials producers.
オバマの大規模公共事業計画の効果
オバマの経済復興案は、インターステーツ・ハイウェイシステム(高速国道網)が半世紀も前に建設されて以来、最大規模の米国内公共事業計画である。この計画を実施すれば、既に老朽化が問題となっている公立の学校や病院、高速道路、橋、その他の公共建築物の再建プロジェクトに数百万の労働力を駆り出し、雇用促進・歳入増加・消費促進という結果的に著しい経済活性化をもたらす計画である。
オバマ次期大統領が、先週末にメディアを介して全米の国民に公表した大規模な復興案「ニュー・ニュー・ディール」は、公共事業プロジェクトの建設現場で必要となる建設機械から資材メーカーにいたるまで、一連の建設関連企業の景気を底上げするものと期待されている。
d0123476_13173850.jpg
デトロイトのGMゼネラルモータース本社工場で、この先の新しい求職方法についてレクチャーを受ける解雇予定者

6. Two-digit surge in Alcoa, Caterpillar

Alcoa Inc., the world's third-largest aluminum producer, surged 18 percent on the news; while heavy-equipment maker Caterpillar Inc. jumped 11 percent.
建設資材機材関連株2桁の急騰
産業界好況の兆しを示す一例として、世界第三のアルミニウムメーカーであるAlcoa, Inc. アルコア社は、公共事業復興案のニュースが発表されて以来2日間の取引で、18%という目覚ましい上げ巾を記録した。また米国本社の建設重機メーカー、Caterpillar Inc./キャタピラー社は、同じ2日間に11%という2桁の高騰をみている。
d0123476_13215474.jpg
7. Close to agreement with Congress
Investors also grew more confident as the government neared a deal to dole out billions to America's three biggest automakers. The White House said Monday that it was "very likely" to strike an agreement with Congress on funneling money to General Motors Corp., Chrysler LLC and Ford Motor Co. The package is expected to total about $15 billion.
ビッグ3に150億ドルの財政援助案通過か
一方で、経済救済案の焦点となっている、米国自動車業界のビッグ3に対して政府が注入する予定の、数百億ドル(数兆円)単位の財政救済金の議案成立が近づくにつれ、投資家層の市場好転への確信も確かなものになってきている。
これを裏付けるように、8日月曜行われたホワイトハウスの記者会見では、ブッシュ政権は自動車産業の本拠地ミシガン州デトロイトのビッグ3であるゼネラルモータース、クライスラー、フォードモーターの3社に対して、資金援助を認める議案が下院を通過する件に関しては、ほとんど成立するだろうと見ている。この救済パッケージプランは、総額にして150億ドル(約1.4兆円)前後になるものと期待されている。
d0123476_20112725.jpg
オートショーで話題をさらったモーリスミニE ボンネットにはバッテリーボックスが鎮座するエレクトリックカー

8. Market picks optimistic news

字数制限のため英文省略
市場予測、楽観的空気受け入れへ
先週は、経済不況の兆候に弱まる兆しは見えていない状況を指摘するいくつかの公式レポートが公開されたにもかかわらず、市場の空気はより楽観的なものになってきている。この調子で行けば今週後半には、投資家は悪いニュースに耳を傾けようとしなくなるだろう。
その兆候を示す好例として先週金曜に労働省から発表された就労白書があるが、その内容は先月11月だけで50万人以上が職を失った、というレポートだった。しかし同時に、政府は経済活性化のためにさらなる手段をとるつもりだ、とも書かれてあり、市場の投資家は過去の暗いデータよりも、今後の明るい展望に投資家としての意気込みを賭けたようである。
d0123476_13234784.jpg
来年1月20日の大統領就任式に備えて、会場となるキャピトルヒル/上下両院前の広場や、ペンシルバニア通り1600番地の大統領官邸ホワイトハウス周辺では、見物席の造成などで大わらわ。ちなみに見物人は史上最大の400万〜500万人が当日首都ワシントンを埋め尽くすことになるらしい。オバマはあらゆるイベントの記録を塗り替えてもいる。

9. Oil prices bounced off 4-year lows

Oil prices bounced off four-year lows after OPEC's president suggested the group could surprise investors with a large production cut later this month. Light, sweet crude rose $2.90 to settle at $43.71 a barrel on the New York Mercantile Exchange. The move higher follows a global rally as investors took heart from signs the world's largest economies are redoubling efforts to revive growth.
原油価格4年間の底値から回復の兆し
一方、OPECの会長が「OPEC加盟国は今月後半には原価の大巾カットを実施して石油市場投資家に奉仕する」という方針をほのめかしたことから、4年間の底値を記録した石油市場もかなりの上げ巾で、株価回復の兆しを見せている。ニューヨーク取引市場での重油1バレル当りの価格は、前日比で2.90ドル上昇し43.71ドルまで回復した。
世界最大の米国経済が、9月以来下落の一途をたどってきた凋落状態にピリオドを打ち、底辺から復活再生しようとする景気回復への努力が本物であるという兆候を受けとめて(took heart from signs)国際市場の投資家たちもグローバルなラリーに連なる動向が、今後さらに高まるだろう。
d0123476_975314.jpg
石油取扱市場のメッカ(?)サウジアラビアの株式市場は下落の一途をたどり、ついに4年間の最低価格を記録。今回のグローバル・リセッションのあおりで、オイルダラーのアラブ系資金が投入されていたUAEの首都ドバイのメガ開発プロジェクトも資金停滞など大きな影響を受け、一部の建設工事が中止となる実質的被害もすでに出ている。

10. China to expand $586 billion stimulus

In China, government officials this week are meeting to discuss possible new steps to expand the $586 billion stimulus that is already in place. Hong Kong's Hang Seng index vaulted 8.7% to its highest close in seven weeks, while Japan's Nikkei 225 average rose 5.2%. Major European bourses also showed big gains. Britain's FTSE-100 climbed 6.2 percent, Germany's DAX jumped 7.6 percent, and France's CAC-40 surged 8.7%.
中国、54兆円の援助金にテコ入れか
アジアにおいては、今週に入って中国共産党政府がすでに議案通過している5860億ドル(約54兆円)の経済活性化予算にさらに増額する新しいステップを踏み出すための予算委員会を開く予定である。また香港のハンセン株式市場では、ここ7週間で最高の上げ巾である8.7%を記録して、好調な終値を付けた。一方日本でも、日経225銘柄の平均株価が5.2%の上昇を見た。
ヨーロッパの主要株式市場でもまた、グローバル市場の上げ潮の動きを反映して、株価の大巾上昇を記録した。英国のFTSE-100銘柄が6.2%アップ、ドイツのDAXが7.6%増、フランスのCAC-40銘柄は8.7%増と、各国市場とも軒並み高値に好転している。

d0123476_13271783.jpg
韓国も就職戦線は厳しい。大学卒業予定者を集めて開かれたソウルの「就職フェア」の会場に押し掛けた学生。

11. Analysts seeing extremely cautious base

字数制限のため英文省略
アナリストは依然厳重警戒と分析
しかし、こうした一連のグローバル市場好転のニュースにもかかわらず、今秋ベアマーケット(不況で売りに走る市況)が猛威を振るった恐怖からいまだに脱却できない大方の市場アナリストは、依然として新たな投資に対して極端に警戒する態勢を解いていない。
「もちろん、株価が上がれば当然なにがしかの利益は上がったはずですが、私の長年の勘では、今回の買いのラリーを投資家たちは本気で信じてはいないと思います」市場心理をこう分析するのは金融大手の米国の Citigroup Inc./シティグループで資産管理戦略アナリスト部長を務めるトビアス・レヴコヴィッチ氏で、次のような市場分析で締めた。
「現在は、あらゆる産業セクターのあらゆる企業が株価の乱高下を繰り返しており、従来のシナリオでは読めない展開になっています。市場の基盤を構成する投資家層=invester base の段階では、すでに何回かの暴落で景気回復への期待を裏切られた手痛い経験から、警戒心で手をこまねいてじっと待ちを続ける層が、いまだに大局を占めているのが現状です。」 <了>
d0123476_13275472.jpg
【 米国時間 2008年12月8日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg

»» 次号 ペイリンの逆襲・グーグル検索トップランキング発表
»» 予告「第5章 インドのダブルスパイが事件に関連、ますます錯綜するテロの真相」へ続く
«« 前号「第4章 生残り犯人が自白、11万5千円で請負ったムンバイテロ」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif 記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9037750
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9037750

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


5〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」がちょっとへこんでおります。クリックで喝!を入れてやって下さい。


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_6434893.jpg


『米流時評』CURRENT ISSUE アーカイブへ
by ysbee-2 | 2008-12-08 13:18 | オバマの時代
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー