人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

タグ:バーンズ次官 ( 2 ) タグの人気記事

中東が変わる!米国・イラン30年ぶりに国交回復へ

f0127501_128435.gif

  ||| 米国・イラン30年ぶりに国交回復へ |||

d0123476_21431975.jpg
30年間の国交断絶をやぶる外交革命 米・イランついに国交回復へ
バーンズ米国務次官、今週末ジュネーブでイランの核担当相と会談へ


米国時間2008年7月17日午前2時50分 | ロイター通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』
ロンドン発 |米国は来月、イランとの30年間の国交断絶をやぶって、テヘランに米国の外交出先機関を設立する計画を発表する予定であるというスクープを、英国のガーディアン紙が17日木曜の朝刊に掲載した。同紙の一面トップを飾ったこの記事では、米国政府はイランの首都に、大使館開設までの足掛かりとなるような米国政府の施設を開設する予定であると書かれている。

トップ:マレーシアのクアラルンプール空港へ到着した 左からイランのモタキ外相、アフマディネジャド大統領
Report: U.S. to Establish Presence in Tehran
Article in U.K.'s Guardian says U.S. would end 30-year absence
JULY 17, 2008, 2:50 a.m. EST | REUTERS — BREAKING | Translation by ysbee
LONDON — The United States will announce in the next month that it plans to establish a diplomatic presence in Tehran for the first time in 30 years, a British newspaper said Thursday. In a front-page report, the Guardian said Washington would open a U.S. interests section in the Iranian capital, halfway towards opening an embassy.

__________________________________________________________________
JULY 17, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

  R E U T E R S | B R E A K I N G

米・イラン間に外交革命、国務省テヘランに米大使館設立準備計画
米国時間 2008年7月17日午前2時50分 | ロイター通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_18302686.jpg
1. Establish a diplomatic facility in Teheran
The unsourced report by the newspaper’s Washington correspondent said: “The Guardian has learned that an announcement will be made in the next month to establish a U.S. interests section in Tehran, a halfway house to setting up a full embassy. “The move will see US diplomats stationed in the country,” the paper wrote.
テヘランに米大使館開設までの臨時施設
情報源は明かされていないが、ワシントン駐在のガーディアン紙の記者がさる消息筋から取材した内容が次のように書かれている。
「ガーディアン紙の聴くところでは、米国政府は完全な体制の大使館を設立するまで、準備段階としての米国(国務省)の出先機関をテヘラン市内に設立する計画を、来月発表する予定である。この外交政策の大転換で、米国政府の外交官がイラン国内に常駐することになるだろう。」
d0123476_2146338.jpg
テヘラン市内のカフェでくつろぐイラン人女性

2. A remarkable turnaround in Iran policy

Senior U.S. diplomat William Burns said in testimony to Congress last week the United States was looking to opening up an interest section in Tehran but had not made a decision yet. The Guardian said the development was “a remarkable turnaround in policy by President George Bush who has pursued a hawkish approach to Iran throughout his time in office.”
ブッシュの「テヘランの壁」崩壊
米国国務省のウィリアム・バーンズ次官は、先週下院の聴聞会での答弁で「米国は将来的にテヘランに政府の出先機関を開設する意向はあるが、現時点ではまだそこまでの決断は下していない」と状況説明していた。ガーディアン紙の記事では、「今回の展開は、これまで7年半の在任期間中イランに対しては一貫してタカ派の攻撃姿勢をつらぬいてきたジョージ・ブッシュ大統領による、外交方針のめざましい転換である」と述べている。
d0123476_21475664.jpg
イスラム圏女性が全身を被う伝統的なチャドルのオーダーを受けるテヘランのテーラー/仕立屋

3. U.S. envoy joining the nuke talks

Washington said Wednesday it was sending Burns to join atomic talks with Iran this weekend to signal to Tehran and others that Washington wanted a diplomatic solution to their nuclear impasse. Iran says its nuclear work is for peaceful power generation, and not for the development of nuclear weapons as the West suspects, and has rejected conditions it give up uranium enrichment.
バーンズ次官、ジュネーブの核保安会議に出席
16日水曜米国政府は、今週末ジュネーブで開催される核保安会議に、国務省のウィリアム・バーンズ次官を出席させると発表。国務省のこの動きは、イランを始めとする核(兵器)開発国に対して(武力ではなく)外交的手段で解決を図りたいというブッシュ政権の意向を示唆する動きとして注目されていた。以前からイラン側では、同国の核開発計画はあくまで発電用の核エネルギーとしての平和利用であり、西側諸国が疑惑を抱いているような核兵器開発ではないと主張し(経済封鎖を解くために西側から要求されている)ウラン濃縮工程を断念するという条件を拒絶し続けてきた。
d0123476_21531117.jpg
テヘラン市内のオーディオショップ ドアーズのジム・モリソンやニルヴァーナのカート・コバーンのポスターも

4. 'Iran would consider any proposal by the U.S.'

On Sunday, President Mahmoud Ahmadinejad suggested Iran would consider any proposal by the United States for a U.S. interests section in the Islamic Republic, should one be forthcoming. U.S. media have reported that the State Department is considering opening an interests section that could mean U.S. diplomats returning to Tehran but operating under another country’s flag.
「イランは米国のいかなる提案も検討する意向」
去る13日日曜(シンガポールで開催されたイスラム教諸国サミットでの記者会見で)イランのマフムード・アフマディネジャド大統領は、イスラム共和国内に米国の出先機関をおくためにどちらかが譲歩するべきであるのなら、米国側からのいかなる提案も検討するつもりであると、イラン側の外交受け入れ態勢を示唆していた。また米国のメディアは、「国務省では他国の旗の元に運営されて(=他の大使館内に一時的に場所を借りたかたちで)米国の外交官がテヘランへ戻るという状況を示唆するような、米国の出先機関の開設を検討中であるようだ」と報道していた。
d0123476_21521537.jpg
テヘラン市内の歴史資料館 イランはササン朝ペルシャを始めとする古代からの遺跡や古美術品の宝庫

5. Reviving ties cut off since hostage crisis

The United States cut off diplomatic ties with Tehran during the 1979-1981 hostage crisis, in which a group of militant Iranian students held 52 U.S. diplomats hostage at the American embassy for 444 days. Iran maintains an interests section at the embassy of Pakistan in Washington. Mottaki said it serves the large Iranian community in the United States.
米国大使館人質事件以来30年ぶりの国交回復
米国は1979〜1981年のイスラム革命の最中に、イスラム強硬派のイランの学生たちが、当時のイラン王政を打倒する目的でゲリラグループを組織し、イラン駐在米国大使館を襲って、大使館員とその家族52名の米人を444日間にわたって拘留した「イラン米国大使館人質事件」が起きて以来、30年間にわたって国交断絶が続いていた。
それ以来イランは米国との外交折衝の窓口を、ワシントン駐在のパキスタン大使館を経由してかろうじて連絡を取っていた。イランのモタキ外相の説明では、今回の外交関係復活は、米国国内に在住するイラン人社会にとって、大きな前進であると表明した。 [了]

【米国時間 2008年7月17日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_21554185.jpg
イランの富士山?ダマヴァンドの霊峰を望むディジンリゾート イランでも山岳地帯には降雪がある

»» 次号「五輪最前線 自爆テロ、ハイジャック……北京の緊急テロ対策」 へ続く
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8296839
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8296839

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


あと数票で3位に、クリックで応援をよろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選

by ysbee-2 | 2008-07-17 18:20 | 中東のパワーラビリンス

スクープ!米・イランに外交革命!テヘランに米大使館設立計画!!

f0127501_128435.gif

   ||| テヘランの春 30年目の雪解け |||

d0123476_21423012.jpg
英国ガーディアン紙の一大スクープ! 米・イラン国交ついに復活
30年の国交断絶に終止符、テヘランに米大使館の前身を設立計画


d0123476_18552829.gifあっと驚いてウ〜ンとうなってしまった。最近の緊急速報や大ニュースには連日の事なので慣れっ子になったつもりだったが、これは冗談でなく、地軸の度数が変わるほどの一大ニュースだ。イランと米国の緊張した対立の壁が一挙に崩れたような感じである。スクープして一面トップで報道したのは、英国のガーディアン紙。

西側諸国のG8サミットに対抗するかのように時期を全く同じくして、マレーシアのクアラルンプールで開かれていたイスラム諸国サミット。たしかにこの席で、イランのアフマディネジャド大統領は、「今後イランはいかなる戦争もしない」という平和宣言を発して、記者会見に臨んだジャーナリストばかりでなく、イスラエルのイラン攻撃がいつ始まるかと固唾をのんでいた世界の緊張に、見事(?)なフェイントをかけた。

7/08朝 WTF! アフマディネジャドの大乱心?戦争放棄宣言
7/08夕 イスラエル自滅、米国破産で中東平和?アフマディネジャドの大妄言!
d0123476_1822660.jpg
3/11 速報!米中央軍ファロン総司令官、突然の辞任で噂されるイラン攻撃
6/21 警告!イスラエル対イラン 中東核戦争への助走
6/22 イラン攻撃は現実か?イスラエル、中東戦争への秒読み開始
6/23 イランの核に協力する中国・ロシアと中東核戦争の想定


さらには一昨日から国務省のナンバー3であるウィリアム・バーンズ次官が、イランのサイード・ジャリリ核エネルギー担当相と、19日土曜にスイスのジュネーヴで開かれる核保安の会議に同席し、その席で直接的にか間接的にかはまだ明確ではないが、会談をもつ予定だとAP通信のスクープが出たのが15日。ブッシュ政権の、特にライス長官以下の国務省側では、イランとの国交回復でこの機に一気に中東平和の駒を進めるのではないか、と噂されていた最中だった。
d0123476_18295187.jpg
07年、サウジアラビアのファイサル国王と並んで、中東アラブ諸国リーグのパワーハウス(=ドン)であるエジプトのムバラク大統領(右)と会談する、ペンタゴン和平派のロバート=ボブ・ゲイツ国防長官と米外交トップの激務を4年務めるコンドリーザ・ライス国務長官

一方で、イラン攻撃の脅しで肝を冷やさせられたイスラエルは、今週なんとガザとの捕虜交換に調印し、アラブ・ユダヤの4千年の抗争にやや一息つくのかという、こちらも180度転換の和解ムード。5人のヒズボラの殺人犯人は、ある者は20年以上の虜囚生活の末にガザへ生還した。しかし、レバノン側の祝賀気分とは明暗を分けるような、沈痛な空気がイスラエルをおおっている。それは、一昨年夏のレバノン戦争のそもそものきっかけとなった、ゴラン高原で堡俏中のイスラエル空軍兵士2名をヒズボラが捕獲した事件。戦争捕虜となった2人のイスラエル兵士は、今回の捕虜交換では国中の期待に反して、黒い棺に納まってイスラエルへ無言の帰郷をした。家族は元より、筋金入りの愛国心で知られるイスラエル国民が、このままでは黙ってはいないだろう。このニュースは昨日今日と追いかけていたので、週末にでもこれまでの経過と併せてまとめてお伝えしたいと思っていたところ。

6/24 サルコジの聖地巡礼「エルサレム分割で中東平和を」
d0123476_18231076.jpg
1/23 ガザ・エクソダス!ガザの壁崩壊で35万人エジプトへ越境
1/24 ポスト・ジェリコ ガザの壁崩壊が中東に及ぼす波紋
1/25 ガザ・ゲットー 壁崩壊による窮乏からの脱出


それよりもアフガンの戦局が急激に悪化してきて、米軍は13日日曜の戦闘で、ここ3年間で最高の一度に9人の戦死者を出した。今日はペンタゴンが、パキスタンとの国境地帯クナール州ワナットの前線基地を「ギブアップ」した、というニュース。要するに、完成してわずか3日目のアフガン最前線の護りとなるはずだった米軍の砦が、200人ばかりのタリバンに包囲されて陥落した、という惨状である。そら見たことかである。イラク戦争はあらゆる局面で米国の足を引っ張る。実はこの状況に、去年から明快な回答を提言しているのが、バラク・オバマ。これも記事はフォーマットまでできているので、あとは翻訳して明日の掲載になる予定。

6/13 タリバン大胆不敵!アフガン監獄を襲撃、囚人千名大脱走!
6/16 ランドレポートが暴露したタリバンとパキスタン政府の癒着
6/17 ランドレポートで急旋回するテロ戦争の最前線
7/14 緊急アフガンレポート・テロ戦争の最前線から
7/15 タリバンの逆襲・アフガン戦死者2400名に

d0123476_1824329.jpg
6月にイラクの駐留米軍を視察した後アフガニスタンへ周り、首都カブールでカルザイ首相とアフガン・パキスタンのテロ戦争の現況を話し合う米軍中央司令部のミューレン総司令官。この時点で、ミューレンは「イラクよりもアフガンが深刻」と悟ったに違いない。

さて本題のガーディアン紙のスクープ記事だが、ここはよくガザやレバノンのイスラムゲリラ側の報道が詳しく載るので、多分イラン側の消息筋から聞き取った情報だろう。詳細はのちほどガーディアンの元記事を熟読してお伝えするが、私のメールに入ってきたのはロイター通信からの速報。ロイターはAP通信の記事と比べいつもボリュームにして半分か3分の1の短さで、出来事の要旨を掴むには便利である。
d0123476_9443142.jpg
無言の写真からも語りかけてくるものがある。この写真は、03年にサダム政権が倒れた後初めてイラクで実施された民主選挙の不在者投票風景。スンニ派のサダム政権の弾圧を逃れテヘランへ亡命していた、イラン政権と同じシーア派のイラク人女性有権者。ということは、イラン政府はこの選挙で成立したシーア派の新生イラク政府に、選挙の結果が出る以前から肩入れしていたことになる。写真をよく見ると見えてくる真実がある……

だが「現象のディテールにこそ事の本質が現れる」という経験則を大事にする私としては、事件や事変の現場の詳細をいたずらに加工したり抽象化せず「ありのまま」に伝えるAP通信の方が、事実の具体的なイメージもわき背景もよく判るので、どうしてもそちらを優先してしまいがちである。しかし今回はともかくこのニュースを一刻も早くお伝えしたいので、未消化ではあるが端的にまとまっている、短い方のロイターの記事を訳してお届けする。
こんなどうでもいい楽屋裏の前書きはさっさと飛ばして、早く翻訳を急ぎなさい!……ハイ。

»» 次号「中東が変わる!米国・イラン30年ぶりに国交回復へ」に続く

追記:関連記事のリンクをつけたりしていたら前書きがやたら長くなってしまいましたので、本文のロイター通信の『米・イラン国交回復』の記事は次のページへ分割掲載いたしました。

【米国時間 2008年7月17日『米流時評』ysbee 記】d0123476_1023580.jpg

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8293331
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8293331

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


あと数票で3位に、クリックで応援をよろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選

by ysbee-2 | 2008-07-17 17:50 | 中東のパワーラビリンス
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31