人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

タグ:戦争犯罪 ( 2 ) タグの人気記事

イスラエルの戦争犯罪・白リン弾投下で国連が弾劾捜査へ

f0127501_128435.gif

   ||| イスラエルの戦争犯罪とガザの惨状 |||

d0123476_17455016.jpg
ガザ地区へのイスラエル軍 白リン弾使用で、国連人権委員会が戦争犯罪捜査へ
イスラエル軍侵攻によるガザ資産損失推定額20億ドル、想像を絶する人的被害


前号「戦士の休息/ガザ休戦とイスラエルの戦争犯罪」からの続き
イスラエル・エルサレム発 |イスラエル陸軍の発表によると、ガザ侵攻作戦の期間中にイスラエル軍が「white phosphorus weapons=白リン弾」を使用した件に関し(国際法に抵触するという)疑惑に対して、国際的公的機関(=国連人権擁護委員会)が捜査に踏み切った事実を認めた。
d0123476_14164796.jpg
Israel: All Troops Have Left Gaza Strip—2
Forces remain massed on other side of border amid shaky cease-fire
JANUARY 21, 2008 | Association Press — BREAKING | Translation by ysbee
JERUSALEM, Israel — The Israeli army also confirmed it had launched an internal investigation into allegations about its use of white phosphorus weapons during the Gaza Strip offensive.


__________________________________________________________________
JANUARY 21, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2009年1月21日号
f0127501_2052197.gif

 ASSOCIATED PRESS | BREAKING
イスラエル軍の白リン弾使用で国連が戦争犯罪捜査へ、ガザ資産損失推定20億ドル
米国時間 2009年1月21日午前7時59分 | AP 通信・ガザ現地レポート | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_14202819.jpg
1. Internal investigation into use of WP
White phosphorus is an incendiary agent used to illuminate targets or create smoke screens. International law does not prohibit its use in battle, but it can inflict serious burn wounds. U.N. officials and human rights groups have alleged Israel used it in the 22-day Gaza campaign against the territory's Hamas rulers.
国連、イスラエルの白リン弾使用を犯罪捜査
White phosphorus(ホワイト・フォスフォラス)=白リン弾は、戦場で使用される場合は、通常は敵対勢力の攻撃対象を照らし出す照明弾、あるいは着地後の白煙で敵の視界を限定する煙幕を発生する目的で用いられる。国際法では、戦闘時における白リン弾の使用を禁止してはいない。
しかしながら、白リン弾の破片が人体に付着した場合、深刻な火傷を起こす事実が知られている。国連の人権擁護委員会メンバー、及び民間の人権擁護団体は、22日間にわたるガザ侵攻作戦の期間中ガザ地区内のハマス政府関係者に対して、イスラエルがそれ(白リン弾)を使用した嫌疑があると弾劾した。
d0123476_1419128.jpg
国際世論の糾弾をよそに、イスラエルは連日白リン弾を投下。17日には堂々と国連学校へも砲撃し、死者を出した。

2. Amnesty: Using WP in Gaza 'a war crime'

Amnesty International has called Israel's firing of white phosphorus shells in densely populated residential areas of Gaza a war crime. Israel has not publicly acknowledged using white phosphorus. But in response to the claims, the military said in a statement Wednesday that an "investigative team has been established ... to look into this issue."
アムネスティ「ガザへの白リン弾砲撃は戦争犯罪」
アムネスティ・インターナショナルでは「世界でも最も人口の密集した地域として知られるガザの一般市民居住区へイスラエル軍が白リン弾を砲撃した事実は、『戦争犯罪』である」と公式の糾弾声明を出した。一方イスラエル政府では、白リン弾を使用した事実を公式には認めていない。
しかしこうした (国連や人権擁護団体からの) 非難に応えて、イスラエル軍部は21日水曜次のような公式声明を発表した。「この件に関して事実関係を調査するために、特別捜査班が編成された」
d0123476_1748556.jpg
重度の火傷を負った一般市民。避難していた学校へ空爆があり飛び出したところへ、さらに白リン弾の雨を被曝。

3. Gazans overwhelmed over the destruction

字数制限のため英文省略
巨大な破壊の実態に茫然自失のガザ市民
18日月曜の段階で、イスラエルとガザ双方の停戦が実効期間に入り、ガザの通りは空爆の危険から解かれた。(空爆の危険がとりあえずなくなったため)ガザ市民は初めて表へ出て、パレスチナ人が肩を寄せ合って住む人口密集地に対してくまなく徹底的に行なわれた「巨大なスケールの破壊の実相」を、あらためて目のあたりにした。ガザ市民の多くは、見渡す限り廃墟となった市街を眺め茫然自失の様子で、瓦礫の山を片付けようにも何処から手をつけたらいいのかわからないと嘆いた。
d0123476_14213161.jpg
国際的スキャンダルとなった地上軍の砲撃による一族虐殺が起きたザイトゥンは、一面廃墟の山で街全体が壊滅した。

4. Gaza lost nearly $2 billion in assets

With a cease-fire taking hold Monday and streets safe from air strikes, Gazans took a first close look at the large-scale destruction across their crowded territory. First estimates by independent surveyors said Gaza lost nearly $2 billion in assets during Israel's three-week war on Hamas, including 4,100 homes, about 1,500 factories and workshops, 20 mosques, 31 security compounds and 10 water or sewage lines. Many Gazans seemed overwhelmed, saying they didn't even know where to start with the cleanup.
ガザの資産損失額20億ドル
(イスラエルともガザとも関係のない)第三者機関の最初の調査では、イスラエル軍が3週間にわたってハマスに対して行なった戦闘期間中、ガザ地区がこうむった資産喪失の概況を次のように報告している。
 ・資産喪失推定総額は20億ドル相当(約1,777億円)
 ・全壊した一般住宅家屋 4,100棟 / 工場 1,500カ所 / 上下水道幹線 10カ所
 ・爆破されたモスク(イスラム教寺院)20カ所 / 警察署 31カ所

(注:ガザの場合、土地が狭いため一般住宅家屋といっても高層ビルの形態が多く、ひとつの建物に数十世帯が居住しているのが常態である。したがって倒壊家屋数の数十倍の市民が、家屋を爆破されて難民化した)
d0123476_16473341.jpg
避難先の国連学校から戻ったが、家はおろか道路も橋も空爆と砲撃で徹底的に破壊され、なすすべのないガザ市民

5. Shut out Hamas from reconstruction

Before setting off for Gaza, Ban met with Israeli Prime Minister Ehud Olmert, who told him Hamas could not be allowed to lead the reconstruction process in Gaza and thereby gain legitimacy, Olmert's office said in a statement. The U.N. and international organizations must lead the reconstruction in conjunction with the Palestinian Authority and Egypt, which has been mediating between Israel and Hamas, Olmert said.
オルメルト、ガザ復興からハマス排除を条件に
イスラエル軍の砲撃で全焼したガザの国連施設の被害実態を視察した、国連の潘基文事務総長は、その足でイスラエルを訪問し、エフド・オルメルト首相と会談した。その席でオルメルト首相は、停戦を恒久化するために次のような公式声明を事務総長に申し渡したと首相の広報官から公表された。
「ガザ地区の復興再建のプロセスにおいてハマスが主導権を得ること、すなわち合法的な統治権を得ることができないようにしてほしい。戦後の復興再建事業は、イスラエルとハマスの間に立って停戦交渉を行なった『パレスチナの代表国家(左岸のアッバース政権)とエジプトとの共同事業』として、国連と(世界銀行以下の)国際的関連組織が主導権を持って推進するべきである。」
d0123476_16124774.jpg
見渡す限り爆撃で廃墟になったガザ市郊外のムグラカ。通常は戦闘時でも宗教施設や学校は避けて攻撃しないのがルールだが、イスラエル軍は市民が避難して集まったモスクや学校をターゲットに爆撃し、1340名のガザ市民を殺した。

6. How to open Gaza's border crossings

Ban said his discussions with Olmert focused on withdrawing all Israeli troops from Gaza and how to open Gaza's border crossings. Ban is the most senior international official to visit Gaza since Hamas militants seized power in June 2007.
ガザ国境再開条件の大詰め
潘基文国連事務総長は、オルメルト首相との会談は主に「ガザからのイスラエル軍の全面撤退」について、また「ガザとの国境の関門をどのような形(タイミング・プロセス・メソッド)で再開するか」について話し合ったと語った。潘事務総長は、2007年6月にハマスが(アッバース代表のファタ政権を左岸へ放逐し)ガザ地区を制圧して以来、同地を訪れた国際的外交使節としてはもっとも権限のある人物である。
d0123476_14241250.jpg
国連人道支援部門UNRWAへ配給の食糧を求めて集まったガザ市民。しかし救援物資は先週空爆で全焼。

7. Livni asks EU for contribution

The Hamas government is not internationally recognized, and Ban was not scheduled to meet with the group, which is regarded by Western powers and Israel as a terrorist organization. Meanwhile, Israeli Foreign Minister Tzipi Livni was heading to Brussels on Wednesday, hoping to clinch a deal committing the European Union to contribute forces, ships and technology to anti-smuggling operations, officials said.
リブニ外相、EUに軍事協力要請
(ガザ地区での民主的選挙で勝ち政権を握った)ハマス政府は、国際的には国家として承認されておらず(国連総会ではアッバース政権の左岸をパレスチナ人国家として承認)、またハマスは、西側諸国とイスラエルからはテロ組織とみなされているため、当初から事務総長はハマス政権の代表者と会談する予定はなかった。
一方イスラエル政府広報官から公表された内容によると、ツィッピ・リヴニ外相はEUに対して、ガザへの兵器密輸入を防止するための戦力・巡回艇・テクノロジーを要請するために、21日水曜ベルギーのブリュッセルのEU本部へ向かった。
d0123476_1823036.jpg
度重なる爆撃による廃墟からわずかに残った遺物を運び出す、ガザ市郊外東部国境近くのザイトゥンの子どもたち

8. U.S. promised to supply equipment

Last week, the United States signed an anti-smuggling deal with Israel calling for expanded intelligence cooperation between the two countries and other U.S. allies in the Middle East and Europe. The United States promised to supply detection and surveillance equipment, as well as logistical help and training to Israel, Egypt and other nations in the region. The equipment and training would be used to monitor Gaza's land and sea borders.
米国:テロ防止の技術協力を約束
先週(12月第3週)米国は、中東における米国とイスラエル、および親米政権国家間の諜報活動の協力体制拡充を呼びかけるイスラエルと、武器密輸防止協定の覚え書きに調印したばかりである。(リブニ外相がワシントンへ飛び、ホワイトハウスでライス国務長官と調印を取り交わした。)
米国はイスラエルとエジプトほか、中東におけるイスラエル支援国家に対して、密輸探索装置やスパイ探査機といったハード機器ばかりでなく(航空機・ヘリなどの)輸送手段も支給して協力することを確約した(ブッシュ政権の最後の週に、ライス長官が調印)。一連の機器及びスタッフのトレーニングは、ガザ周辺の陸上海上の交通を監視することを目的とするものである。
d0123476_17511662.jpg
ベイトラヒヤの難民村で、空爆が止んだために4日ぶりに瓦礫の山から掘り出した子どもの亡きがらを運ぶ父親。

9. On the last day of Bush admin.

The document also calls for the United States to expand work with its NATO partners, particularly in the Red Sea, Mediterranean Sea, Gulf of Aden, Indian Ocean and eastern Africa. At the signing ceremony in Washington, Livni described the deal as "a vital complement for a cessation of hostility" in the troubled region.
ブッシュ政権の最後の置きみやげ
この覚え書きではまた米国に対して、特に紅海・地中海・アデン湾(ソマリア沖)・インド洋・アフリカ東岸に及ぶ地域で、NATOのパートナー(友軍)としての米軍の役割を拡大するように呼びかけている。ワシントンで行なわれた調印式の際に、紛争の絶えない中東における両国協力体制の協約を、リブニ外相はいみじくも「戦意を取り除くための有効措置」と表現した。
d0123476_1428772.jpg
停戦で瓦礫の中からようやく探し出したが、変わり果てた姿の叔父の死を嘆く、ベイトラヒヤの少女アヤットと家族

10. Agreement binds Obama administration

Shortly after, she said she hoped European countries, notably Britain, France and Germany, would work out similar agreements with the Israelis. Although signed by the Bush administration on its last working day, the agreement is binding on the Obama administration.
オバマ政権にも強制的に発効する協約
調印を終えてすぐに行なわれた記者会見で、リブニ外相は「英国・フランス・ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国もまた、米国と同様にイスラエルとの協約を結ぶだろう」と公けにした。今回の二国協定は、ブッシュ政権の執行期間の最終の週に行なわれた訳だが、協約は後継のオバマ政権に対しても発効するものとなっていた。
d0123476_1841232.jpg
戦略爆撃機の空爆・砲艦からの砲撃・戦車隊の爆撃でガザ地区の至るところ瓦礫の山。唯一の希望は子どもたち。

11. Still closed in the walls

Egypt and European nations have pledged to get aid into Gaza as quickly as possible, but for now, Gaza's borders remain sealed until mediators can figure a way to ensure weapons and militants are not smuggled in.
依然として国境完全封鎖解けず
エジプトとヨーロッパ諸国は、出来る限り早急にガザ救援を開始する決議をすでに決定している。しかし現時点(1月22日)ではまだ、ガザ地区内へ武器や(ハマス応援の)兵士が流入しないような方策を停戦交渉で確立するまで、ガザの国境は閉ざされたままである。
d0123476_14261198.jpg
ガザへの唯一の関門、エジプトとの国境ラファのゲート。現在は国連と赤十字の支援物資のみ通過が許された。

12. International rescue teams halted

字数制限のため英文省略
各国からのガザ救援団体も足止め
他方、戦禍に痛めつけられたガザ市民を救援するために、世界各国から駆けつけた支援団体や医師団は、地中海のへりにへばりつくように細長く伸びた小さな国ガザへ入国できるチャンスを、今や遅しと待ちかねている。両国の停戦協定が18日日曜から発効しているにもかかわらず、彼らのほとんどは、いまだに入国許可が下りるのを待っている状態である。
d0123476_126991.jpg
エジプトからの関門ラファの外側で国境が再開するのを待機する、世界各国から駆けつけたガザ救援の医師団

13. Ever-lasting problem on the border

字数制限のため英文省略
永続するガザの国境問題
昨年1月、ハマスの兵士がエジプトとの国境の壁を爆破して、ガザ危機の前哨戦とも言える国境爆破事件が発生した。それに引き続いて数万人のガザ市民が国境の壁のあちこちを突破し、エジプト側へとなだれこんだ。それ以前のイスラエルによるガザの完全封鎖で物資が極端に逼迫していたために、彼らは飲料水・食糧・煙草・ガソリン・バッテリーなどの生活必需品を買い求めてショップへ直行し、エジプト側が国境を封鎖する前に全員ガザへ戻った。
しかしイスラエルは、この騒動の最中にハマス応援の兵士や兵器がガザ領土内に持ち込まれ、その後のイスラエルに対するハマスのロケット攻撃などに用いられたとクレームをつけていた背景がある。<了>

【 米国時間 2009年1月21日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg
d0123476_14295645.jpg
イスラエルとの国境に沿ってどこまでもつづくガザとの境界壁 物理的に外界から完全に遮断されているガザ

▶ 関連特集「ガザ・エクソダス」パレスチナ人の集団越境  1/23〜1/25/2008
第1部 ガザの壁崩壊で パレスチナ人35万人エジプトへ越境
第2部 ポスト・ジェリコ ガザの壁崩壊が中東に及ぼす波紋
第3部 ガザ・ゲットー ガザの壁崩壊による窮乏からの脱出

d0123476_14321612.jpg
▶次号「オバマの百日革命-1/オバマの仕事始め・米国外交の180度転換」
▶予告:キューバと北朝鮮から早くも国交回復のプロポーズ!
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9243865
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9243865

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


おかげさまでもうちょっとで4位です。応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門ではトップまでもう一歩。クリックで応援をよろしく!


d0123476_7574418.jpg
 ニュース部門で2位です。みなさまのクリックに感謝いたします!


▶クリックして『米流時評』のガザ戦争特集記事インデックスへ
by ysbee-2 | 2009-01-21 23:46 | イスラエル・ガザ戦争

戦士の休息/ガザ休戦とイスラエルの戦争犯罪

f0127501_128435.gif

   ||| ガザ休戦とイスラエルの戦争犯罪 |||

d0123476_1719779.jpg
イスラエル軍ガザから全面撤退後も国境常駐で臨戦態勢、ハマスとの緊張消えず
国連人権委員会「イスラエル軍のガザ住民密集地区への白燐弾使用は、戦争犯罪」


d0123476_18552829.gif21日間戦争。イスラエル軍がガザへ空爆を開始してから、3週間後の終戦。2006年のイスラエルのレバノン侵攻の場合も、3週間強だった。レバノンを陸海空3軍で痛めつけたこの3段階の攻撃戦略のフェーズは、今回のガザ攻撃でもまったくそのまま繰り返された。
 1. 空爆によるインフラの徹底破壊(空港・道路・橋脚・電気水道網など)>封鎖
 2. 対抗勢力拠点とモスク・学校など公共施設の破壊、一般市民への爆撃 >虐殺
 3. 赤十字・国連施設・メディアなど、国際的救援組織・報道陣への攻撃 >隠蔽
d0123476_17222968.jpg
ガザ地区から撤退したが国境で駐屯待機する地上軍。高層ビルの建て込むガザと比べ、国境の向こう側のイスラエルには広大な土地が広がる。1948年のイスラエルの建国までは、元々は数千年の間パレスチナ人の故郷だった土地だ。

レバノンと比べて極端に狭小な地域のガザ地区には、戦闘爆撃機編隊による空爆と砲艦と戦車隊からの砲撃が集中的に投下され、生き物はおろか地層を掘り返すほどの凄絶な破壊で、まるで大空襲後の東京の焼け野原か、広島の爆心地のような様相を呈している。

これ以上砲撃目標がない、というまで徹底的に爆撃し尽くされたガザ地区へ、国連人権諮問委員会からの要望で、潘基文事務総長が現地の実地視察でガザ入りしたのが昨日20日(米国時間)。ハマスはこれにあわせて、大規模な反イスラエルのラリーを展開した。
d0123476_17232293.jpg
どなたかのブログで映画『戦場のピアニスト』の爆撃されたワルソーゲットーの廃墟と酷似していると書かれていたが、まさしくその通りで、大戦直後のベルリンやドレスデン、大空襲後の東京や爆心地広島を彷彿とさせる。これは比較的被害が軽かったガザ地区南端ラファの町。北部や東端の国境近辺の町は爆撃でさら地同様に壊滅し見る影もない。

すでに失うものは何もなく、とことんまで痛めつけられた民族ほど、そのレジスタンス精神に迷いはない。イスラエルは、ガザ地区の建物は破壊したが、パレスチナ人の闘争精神の砦を、これまでになくより強靭な高みに押し上げてしまったようだ。さらに今回は、問題になっている「人口密集地での白リン弾使用」に対して国際的糾弾が集中し、国連の人権委員会は「戦争犯罪」として調査を開始した。

日暮れて道遠し。しかし道はいまだにある。これを機会に、イスラエルの行った非人道的作戦=パレスチナ人虐殺の実態を徹底的に暴いて、二度とこのような軍事大国の暴虐が、貧しい小国の無実の一般市民に、特に子どもたちに行使されることのないよう、国連の公正中立な立場を少しでも回復していってほしいと、切に、切に、願う。

【米国時間2008年1月21日『米流時評』ysbee】

__________________________________________________________________
JANUARY 20, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2009年1月20日号
f0127501_2052197.gif

 ASSOCIATED PRESS | BREAKING
イスラエル軍ガザ撤退後も国境に常駐、国連人権委「白燐弾使用は戦争犯罪」
米国時間 2009年1月20日午後11時59分 | AP 通信・ガザ現地レポート | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_17241668.jpg
Israel: All Troops Have Left Gaza Strip
Forces remain massed on other side of border amid shaky cease-fire
JANUARY 21, 2008 | Association Press — BREAKING | Translation by ysbee
JERUSALEM, Israel — Israel withdrew the last of its troops from the Gaza Strip before dawn Wednesday, the military said, and pursued diplomatic efforts to stanch the flow of arms into the Hamas-ruled territory. The timing of the pullout reflected Israeli hopes to defuse the crisis in Gaza before President Barack Obama entered the White House.

d0123476_1725983.jpg
建国で土地を奪い、国境封鎖で生命線を奪い、空爆で命を奪う イスラエルはガザからこれ以上何を奪おうというのか

オバマ執権前にガザから全面撤退
イスラエル・エルサレム発 |イスラエルは21日水曜の夜明け前に、IDFイスラエル防衛軍の地上部隊を、侵攻していたガザ地区から全面撤退させたと発表した。またハマスが政権を握る同地域への武器の流入を遮断するために、関係各国の協力を得る外交努力を重ねていることを明らかにした。ガザ地区からの撤退のタイミングは、バラク・オバマ新大統領がホワイトハウス入りする前に、ガザでの危機的状況を終了したいという、イスラエル側の思惑を反映したものである。

d0123476_1726443.jpg
停戦でかろうじてガザ市内の一部では電気も復旧 空爆で窓ガラスのないタイ料理レストランでオバマの就任演説を見守るガザ市民。ガザ、タイレストラン、オバマ..... この構造もまたグローバル化した世界の現実の一断面ではある。

2. Still ready on the border

The military said troops remain massed on the Israeli side of the border, prepared to take action in the event of renewed militant fire. Israeli navy ships shot rounds of machine-gun fire at the beaches of northern Gaza. The military had no immediate comment on the gunboat fire.
イスラエル軍国境常駐で臨戦態勢
イスラエル軍の発表によると、ガザ侵攻に出動した地上軍の大半は、ガザ地区内から撤退したものの、イスラエル側の国境地帯に沿って駐屯を続けており、ハマスからの攻撃があった場合にはいつでも出兵できるような体制を取っている。また海上からの砲撃を展開したイスラエル海軍の戦闘艦は、ガザ北部の海岸に向かって威嚇射撃を行なったと報告されているが、軍部ではこの射撃事件に関してはノーコメントだった。
d0123476_17265565.jpg
爆撃された家屋からわずかに残った寝具を持ち出すジェバリヤ難民村の住民

3. Over 1,340 Palestinians killed

Israel sent thousands of ground troops into the Palestinian territory earlier this month as part of a bruising offensive meant to permanently halt years of militant rocket fire on growing numbers of Israelis and to halt the smuggling of arms into Gaza. At least 1,340 Palestinians were killed, more than half of them civilians, Gaza health officials and the United Nations have reported.
パレスチナ人の死者1340名以上
イスラエルは長年にわたって、ガザ地区内から発射されるハマスのロケット砲攻撃と、地下トンネルを経由するガザへの武器密輸に悩まされてきた。その元凶を一挙に断とうと、先月26日から空爆を開始、今月4日にはパレスチナ人の領土へ数千人の地上部隊を投下して、ガザ侵攻を展開してきた。その結果これまでの3週間に1340人以上のパレスチナ人が殺され、しかもその半数以上が非戦闘員である一般市民の犠牲者だった。この数字は、ガザのハマス政権の厚生省高官と、国連の現地事務局双方の報告によるものである。

d0123476_17275410.jpg
ザイトゥンの虐殺事件で、一族110人のうち70人が砲撃で殺されたサムーニ家 停戦でまた新しい遺体を発見

4. World outrage over massacre by Israel

A death toll of Palestinians has provoked international outrage. In Israel, however, the war was popular because it was seen as a legitimate response to militants who now have one-eighth of the population within rocket range. Both sides declared cease-fires that went into effect Sunday, though they remain shaky.
イスラエルの殺戮に世界の怒り
クパレスチナ人の膨大な死者の数は、国際世論に憤激を呼び起こした。しかしながらイスラエル国内では、戦争に対して賛成意見が圧倒的である。それは今やハマスのロケット砲が届く範囲が、イスラエル人口の8分の1を占める地域に及ぶようになった状況に対する、合法的な反撃と看做されているからである。しかし3週間の激しい戦闘の末、イスラエルとハマスの双方が別々に停戦を宣言し、18日日曜の時点で停戦協定は有効となった。もっとも、上述のイスラエル軍の国境待機により、今回の停戦も非常に危ういものであることは確かだ。

d0123476_17284487.jpg
イスラエルと協定しガザからの唯一の出口ラファ国境を封鎖したエジプト。レバノンの首都ベイルートのエジプト大使館には抗議のデモ隊を警戒して鉄条網が貼りめぐらされたが、そこへはイスラエルの国旗を炎上する抗議行動も展開。

5. Israel’s shelling killed 2 Gazans

Israel reported mortar shelling from Gaza on Tuesday, and the Palestinians say Israeli troops shot and killed two Gaza farmers along the border since the truce took hold.The fighting ended before Israel achieved its aims, though world leaders have pledged to assist in efforts to keep militants from restocking war-depleted arsenals.
停戦後もイスラエル軍の銃撃で2名死亡
停戦協定が発効してからもまだ、イスラエルは火曜にガザから砲撃があったと発表しており、一方ガザのパレスチナ側でもまた、イスラエル軍の銃撃で国境沿いの村の農夫2人が死亡したと報告した。イスラエルは、ハマスの戦闘用兵器再装備を阻止する目的で、各国の指導者に訴えかけてイスラエルの戦略を指示する側に付いてもらったものの(米国・エジプト・フランス等)、今回の侵攻作戦も(ヒズボラ掃討のレバノン侵攻と同様に)イスラエルの最終目標を達成せずに終わった。

d0123476_1741337.jpg
ベイトラヒヤの爆撃されたビルで遺体を手で掘って捜索するパレスチナ人/イスラエル側から見たガザの丘にかかる虹/以前に紹介した国境なき医師団のノルウェー人医師マッズ・ギルバート氏、停戦で訪れた親友とラファの国境で再会

6. U.N. inspection with Ban

U.N. Secretary-General Ban Ki-moon left the region early Wednesday after touring Gaza and southern Israel. Ban called for an investigation into the Israeli shelling of U.N. compounds in Gaza during the fighting, which he termed "outrageous." He also called militant rocket attacks against Israel "appalling and unacceptable."
潘基文国連総長、ガザの被害を視察
国連の潘基文事務総長は、先週イスラエル空軍の空爆を受けて全焼したラファのUNRWA/国連人道支援ガザ本部を訪れ、現地担当官からの訴えを聴き被害の実態を視察したあと、21日水曜午後にはイスラエル南部へと旅立った。
その前にガザの視察を終えた段階で行なった記者会見の席で、事務総長はいかに戦闘期間中であれ、(存在位置がわかっていて、攻撃目標にしてはいけないはずの)国連の支援施設をイスラエル軍が砲撃した事件に対して「outrageous=とんでもない暴虐だ」と非難し、真相究明の調査を提唱した。事務総長はまたイスラエルに向かって発射されるハマス側のロケット砲撃に対しても「appalling and unacceptable=許しがたい脅威である」と非難した。

d0123476_1741478.jpg
ラファにあるUNRWA国連人権支援部門のガザ支部もイスラエルの空爆で全焼した。国連事務総長が被害を視察

▶次号「イスラエルの戦争犯罪・国連学校に白リン弾で殺傷」へ続く
7. 国連、イスラエルの白リン弾使用を調査 /8. アムネスティ「ガザへの白リン弾砲撃は戦争犯罪」 /9.リブニ外相、EUに軍事協力要請 /10. 米国:テロ防止の技術協力を約束 /11. 米国:テロ防止のハード&ソフトを提供 /12. ガザの資産損失額20億ドル以上

【 米国時間 2009年1月20日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg

▶1/21号「イスラエルの戦争犯罪・国連学校へ白リン弾投下」へ
▶1/22号「オバマの仕事始め・ニューアメリカンエイジ開幕」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9236203
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9236203

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


おかげさまで4位になりました!応援をありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門ではトップまでもう一歩。クリックで応援をよろしく!


d0123476_7574418.jpg
 ニュース部門で2位です。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


▶クリックして『米流時評』のガザ戦争特集記事インデックスへ
by ysbee-2 | 2009-01-20 23:30 | イスラエル・ガザ戦争
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30