人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

タグ:青海省 ( 1 ) タグの人気記事

核ミサイル基地のある中国青海省でまた強震

f0127501_128435.gif

   ||| 中国西域青海省にM6.5の強震 |||

d0123476_15493698.jpg
  チベットの東隣、中国青海省でマグニチュード6.5の強震発生
  震源地は辺境自治区のダカイカン核ミサイル発射基地の近く


d0123476_18552829.gifまたお決まりのパターンである。ところは中国西域の青海省。2005年開通の青海-チベット高速鉄道で、一躍世界の旅人のあこがれの地となった大高原。霊峰に冠雪ありて茫々たる大草原遥かなり……という辺境民族の自治州で地震発生。

この下の地図でもお判りの通り、チベット=西蔵の東隣の辺境地域だが、実はこの青海省には、デリンガ/Delinghaとダカイダン/Da Qaidamという2つの核ミサイル基地がある。これは FAS (アメリカ科学者連盟) の軍備調査機関がグーグルアースで発見した基地で、四川省の地震と核施設の時にも問題になった第812旅団司令部の関連施設がある、レッドゾーン地域。
d0123476_2038473.jpg
青海省のミサイル基地の射程距離内には、インドのカシミールやニューデリーが収まり、先月の米国・インド核開発協力条約の締結は、こうした中国やロシアの核の脅威からインドを防衛するためという解釈も成り立つ。つい2週間前にもパキスタンの辺境自治区バルチスタンでも地震があったばかりだが、あそこも核爆発実験の名所。この「地震」=「核施設」=「少数民族の辺境自治区」という密接な関係の方程式を、そのうちきっと解いてみたいと思う。それではとにかく、AP通信北京支局経由の地震のニュースをどうぞ。
【米国時間 2008年11月9日『米流時評』ysbee】

参考コラム:
▶ FAS: Extensive Nuclear Missile Deployment Area Discovered in Central China
http://www.fas.org/blog/ssp/2008/05/extensive-nuclear-deployment-area-discovered-in-central-china.php
▶ DF-21ミサイル: http://ja.wikipedia.org/wiki/DF-21

__________________________________________________________________
NOVEMBER 9, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11月9日号
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d P r e s s | B R E A K I N G
核ミサイル発射基地のある中国西域青海省で、M6.5の強震発生
米国時間 2008年11月9日午後10時44分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_15554373.jpg
6.5-magnitude Quake Strikes Northwest China
No immediate reports of casualties in the Qinghai province
NOVEMBER 9, 2008 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
BEIJING — A strong magnitude-6.5 earthquake struck in the remote Qinghai province of northwestern China on Monday, the U.S. Geological Survey said. There were no immediate reports of casualties. The quake's epicenter was 1,120 miles west of Beijing, the USGS said. It struck at a depth of 6.2 miles at 9:22 a.m. local time (0122 GMT), the agency said.


AP通信・北京支局発 |現地時間で10日月曜、中国北西辺境部の青海省をマグニチュード6.5の強震が襲ったと、米国地理調査局から発表された。現在までのところ、まだ犠牲者などは報告されていない。同局の観測発表によると、今回の地震の震源地は、北京から西へ1,120マイル (1,800キロ) 離れた青海省の辺境自治区の地下6.2マイル (10キロ) の地点と見られ、中国の現地時間で10日月曜の午前9時22分に発生した。
d0123476_1557195.jpg
中国西域のゴルムドから青海省の大平原を突っ切ってチベットのラサへ至る青海ー西蔵鉄道

2. Epicenter: 35 miles east of Da Qaidam

China's Earthquake Administration confirmed the earthquake, but said it had a magnitude of 6.3. The USGS said the quake's epicenter was 35 miles east of Da Qaidam district, in northern Qinghai. The population of the county seat, Da Qaidam town, is about 15,000 people.
震源地はダカイダンから56キロ東方
一方、中国の地震省では、地震が発生した事実を認めたものの、その震度はマグニチュード6.3と発表している。米国地震研究院の観測では、震源地は中国西域の青海省北西部にあるダカイダンから東へ35マイル (56キロ) の地点であると公表した。中国政府が公開している国勢調査によると、ダカイダン町は広域自治区全体の人口およそ1万5千人の過疎地である。
d0123476_15581994.jpg
3. Second-largest city Golmud shook
An official at the Da Qaidam administrative committee said authorities have sent 180 people to investigate the situation and that there were no reports of casualties yet. The quake was felt in Golmud, the second-largest city in the province with a population of 270,000, 100 miles south of the epicenter.
青海省第二の都市ゴルムドでも揺れ
ダカイダム自治体共産党支部の役人の談話によると、同地の公安当局は被災地の状況把握のために、公安警察180名を派遣した模様であるが、まだ犠牲者の報告は届いていないと言う。今回の地震は、震源地から南へ100マイル (約160キロ) 下った、人口27万人を擁する青海省第二の都市、ゴルムドでも強く感じられたと報告されている。
d0123476_15591594.jpg
中国西域のウルムキからチベットの聖都ラサへ至る青海・チベット高速鉄道のゴルムド駅

4. No one hurt yet, so far

Hotels in the city said they could feel the tremors but that the quake was not major enough to cause significant damage. "We felt the ground shaking for a minute earlier today and then it stopped. No one in our hotel was hurt and there was no damage," said a receptionist at Zhongshan Hotel in Golmud who refused to be named.
現在まで死者の報告なし
ゴルムド市内のホテルでも強い揺れを感じたが、目立った被害はなかった模様である。「今朝の地震では、およそ1分ほど地面が揺れるのを感じましたが、ホテル内では怪我人もなく、被害も全くありませんでした」ゴルムド市内のツォンシャンホテルのレセプショニストは、匿名の条件でこう伝えている。
d0123476_1613833.jpg
5. Sichuan Quake death toll hiked 70,000
Phone calls to government offices in Golmud rang unanswered Monday. China's far west is fairly earthquake-prone. A 7.9 magnitude earthquake on May 12 devastated parts of Sichuan province, just east of Tibet, killing 70,000 people and leaving 5 million homeless.
四川大地震は死者7万、難民5百万人
月曜の段階で、AP通信の記者は現地の政府機関に取材の電話を入れたが、返答はなかった。中国の西域地方は(ヒマラヤ山地とモンゴル平原との地殻のぶつかりあう地域であるため)地震の頻発地帯である。今年5月12日に発生したマグニチュード7.9の大地震は、チベットのすぐ東にある四川省各地に甚大な震災の被害をもたらし、死者7万人、家屋を喪失した者500万人と言う、21世紀始まって以来の震災被害を記録した。 [了]

【 米国時間 2008年11月9日 『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_20342495.jpg

The Dream - Tibet, Dunhuang, Qinghai
「夢 〜 チベット・敦煌・青海」
チベット-敦煌-青海湖を開通したばかりの青蔵鉄道など陸路の旅の映像
http://www.youtube.com/watch?v=VX1KIsSVO-U



»» 次号「オバマワールド第7章 オバマの初仕事・ホワイトハウス組閣人事」へ続く
«« 前号「速報!極東海域でロシア原潜事故、20名死亡」からの続き


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8900066f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8900066

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギー!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

by ysbee-2 | 2008-11-09 18:24 | 四川大地震と核施設
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30