人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

タグ:GM ( 4 ) タグの人気記事

時代はハイブリッドカーへ/BIG3ゾンビ部門摘出再生案

f0127501_128435.gif

 ||| 2009年 NEWカーの NEWコンセプト |||

d0123476_19212981.jpg
 時代はグリーンカーへ、エコ重視のハイブリッドカーとエレクトリックカー展開
 ビッグ3生き残りを賭けた会社再生案、ゾンビ部門とサバイバル部門の切り離し


d0123476_18552829.gif前号からの続き:.....しかしデトロイトの自動車業界は、お通夜を前にした喪主のような沈痛な雰囲気から抜けられない様子.....先々週ホワイトハウスで開かれた協議会では再建案のプレゼンが通らなかったようで、GMの代表取締役は退陣を余儀なくされた。つまり、クビ。ただし24億円のお手盛り退職金付きだが.....

政府からの財政支援を受けるためのこの措置が、論争の的になったのは言うまでもない。しかし、しかしである。「オバマ政権は強硬過ぎる」という批判の声が巻き起こるか?と思われたその翌日急遽実施された世論調査のデータでは、むしろ反対の結果が。その大手術を「よくやった」という庶民の喝采が聞こえるような数字が出た。なんと国民の7割以上が、この大裁断をポジティブな施策として評価したのだ。
d0123476_19235632.jpg
2009年ニューヨーク国際モーターショーの会場となったマンハッタンのジェーヴィッツ・コンベンションセンター

たしかにAIG役員の巨額ボーナス問題で、常識では思いもつかない資本家という人種の「自分さえ儲ければよし」とする強欲さに懲りたのか、デトロイトの米国自動車メーカーのビッグ3に対しては、オバマ政権は誠に厳しく「高圧的」とも言える姿勢で対処している。

しかし今回ばかりは、民主党の支持層の基盤でもある「オート・ユニオン」自動車業界の労働組合 UAW (Union of Automobile Workers) が強すぎるのが裏目に出て、逆に早期の大裁断をはばんでしまった結果にも。こうなれば、やはり会社破産法で申請して、競合の海外メーカーと比べて格段に優遇されてきた社員厚生のある部分(退職金・年金など)をカットしなければ、生き残れないことも明らかになったらしい。

たしかに金融バブルという米国経済の癌に対しては、思い切った摘出手術を施さなければ、本体の合衆国そのものが破綻におちいってしまうので、この際瀕死の病人に決死の覚悟で大手術を施しているような案配。
d0123476_19244363.jpg
GM特有のガタイのでかいごついスタイリング 相変わらず同じ路線を死守するので、政府にもサジを投げられたGM

ビッグ3のもうひとつ、クライスラー社では、イタリーのフィアット社との合併交渉が進められている最中で、今回のモーターショーでもクライスラーの代表取締役ジム・プレスは、フィアットの新車に乗って登場。たちまち会場の取材陣に取り囲まれ質問攻めに逢っていた。まあ、ここまで堂々と派手な演出をするのだから、合併話は八分通りまとまったのだろう。

ところで、いつもタイムリーな話題を、きびきびした文体とコンパクトにまとまった記事で休みなくエントリーしてらっしゃる、masaさんのブログ『本質』。もう足掛け3年のおつきあいになるが、国内政治はもちろん、海外の時事もいち早くピックアップされていて、ほとんど万遍なくといっていいほど守備範囲が広い。

海外ニュースの速報でも、私がある素材を翻訳して上げてからTBを取りに伺うと、すでに同じテーマが掲載になっていることもしばしばで、つかみ所がよく機敏である。昨年秋からの経済危機に関しても一般的なわかりやすい取り上げ方で、「経済はどうも」と敬遠なさる方でも端的で読みやすいブログだと思う。
d0123476_19252723.jpg
買収統合される予定のイタリーのフィアット社の新車から登場したクライスラーの社主ジム・プレス氏にプレス集中

d0123476_16412651.jpgその『本質』の4/8号では、今年の第1四半期(1〜3月)の各自動車メーカーの各月販売台数データを列記している。数字は嘘をつかない。驚くばかりの落ち込みだ。
•『本質』4/08号 「GMが破産法申請か? 3月のアメリカ自動車販売台数」

     そこで破産間近を噂されるGMについて触れ、その結論としてこう結んでいた。
     負債額が巨大なので、現在のままだとたしかに可能性はあるかも、の空気である。
    「結局、最終的にはアメリカビッグ3の統合になりそうな気がします。
     3社が統合して、『USA Motors』へ。」


【米国時間 2009年4月9日『米流時評』ysbee 】

d0123476_1539544.jpg
APRIL 9, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年4月9日号
d0123476_841403.gif

  M S N B C | E C O N O M Y
ニューヨーク国際モーターショー<2> 時代はハイブリッドのグリーンカーへ
米国時間 2009年4月8日午前10時46分 | ローランド・ジョーンズ/MSNBC | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_19294094.jpg
マンハッタンで開催の2009年NY国際オートショー かなりのスペースを占めて展開されたSCIONのブース
Automakers Put on A Brave Face in N.Y.
Car event comes as domestic industry remains in a shambles
APRIL 8, 2009, 10:46 a.m. | By Roland Jones — MSNBC.com | Translation by ysbee

1. Detroit automaker's last lust
NEW YORK, N.Y. — Press coverage isn’t something Detroit’s big automakers have lacked over the last few months, as every twist and turn in their efforts to salvage their failing businesses has grabbed the attention of the world’s media.
デトロイト自動車産業最後の望みを賭けて
前号『NYモーターショープレス速報第1報』からの続き
スポットライトを浴びての華々しい記者発表......この数ヶ月というもの、デトロイトの自動車メーカーに欠けていた何かとは、こうしたクルマ業界特有のポジティブな演出だった。つい昨日まで、米国の自動車産業が世界のメディアの耳目を集める話題と言えば、企業の財政危機から再生しようと力を尽くしても八方ふさがりの状況、という業界危機だったからだ。
d0123476_1930279.jpg
BMWのハイブリッドカー 今回のモーターショーのキーワードは「ハイブリッド」と言えるほどどのメーカーも開発

2. Final countdown for GM and Chrysler

In the latest news event, the Obama administration said at the end of March that the turnaround plans GM and Chrysler had presented to Congress earlier this year hadn’t gone far enough. He imposed a tough timeline for them to turn their operations around.
破産か再生か、秒読みのGMとクライスラー
ごく最近ニュースになった話題だが、オバマ政権は3月の末に「GMとクライスラーは、今年前半には(6月末までに)議会の委員会へ再建案を提出するように」という課題を自動車業界へ要請した。しかし、これでもまだ充分ではなかったようで、単に計画書だけでなく営業実績データも報告するよう、期限付きで指示した。
d0123476_19311546.jpg
Hyundaiのブランニューカー「NUVIS=ヌーヴィス・ガルフウィング」 Hyundaiのネーミングはなかなか

3. Not so optimistic future for Big 3

GM has the term until June 1 to restructure or face the threat of bankruptcy, while Chrysler was given a 30-day deadline to forge a partnership with Italy’s Fiat or go out of business. IHS Global Insight’s Bragman isn’t optimistic either deadline can be met without the automakers going into some form of bankruptcy.
ビッグ3にとって悲観的な観測
万一GMが6月1日までに会社再建の目処が立たなければ、破産の危機に直面することになる。一方クライスラー社には30日の期限が告げられたが、その間にイタリーのフィアット社との合併が成立しなければ、こちらもまたビジネス終了である。(前号でも登場のコンサルタント法人)IHS グローバル・インサイト社のアナリスト、ブラグマン氏は、両社とも破産の危機に陥らずにその締切までこぎ着けられるかどうかさえあやしいと、悲観的観測をとっている。
d0123476_19341121.jpg
キュートなデザインとグリーンエンジンで若い層受けをねらった「SCION=シオン IQ マイクロ」

4. Hammering out pacts with constituents

The two companies must hammer out pacts with their various constituents. Those include creditors, the United Auto Workers union and a national network of dealerships protected by a byzantine system of state franchise laws.
既存のしがらみへの大断行
ビッグ3からフォードをのぞいたGMとクライスラーの両社とも(重役会や組合・退職者組織など)社内のさまざまな内部組織との契約や約定を、一から見直して改訂しなければならない。
こうした対象の中には、債権者(creditors)をはじめ、UAW/全自労(United Auto Workers/全米自動車業労働者組合)やさまざまな内部組織との契約が含まれるが、特に全米のディーラーネットワークに関しては、各州で千々に異なるフランチャイズ契約の州法にしばられるため、まるでビザンチン風モザイクのような複雑怪奇な法規制の問題が発生するのは目に見えている。
d0123476_19345830.jpg
ファクトリーから会場に到着、点検を受ける2シーターのウルトラコンパクトカー「パッション・カブリオレ」

5. Possibility of 'limited bankruptcy filing'

“For GM to work out those sorts of agreements outside of court and within 60 days is just not doable,” Bragman said. “So many things have to happen for them to become viable companies, and I think this can only happen quickly through a limited bankruptcy filing.”
「限定部門破産申請」の可能性
「GMが訴訟などの法廷騒動まで持ち込まれずに、これらすべての組織とわずか60日間のあいだに相互了解の結論に達するなどという芸当は、ともかく出来る訳がありません。会社として生き延びるようになるためには、余りにも沢山の問題を解決しなければならないからです。私の見るところでは、もしそれが可能だとしても、それは限定的な会社更生法の適用を受けた場合だけ初めて可能になると思います。」ブラグマン氏は、GMとクライスラーのサバイバルの可能性について、こうした悲観的分析で結論づけた。
d0123476_19355233.jpg
米国ではスポーティーな耐久車としてアウディ並みの人気のスバル・アウトバック 米国のスバルはCMがうまい

6. 'Dead old' and 'survival new' sections

A plan to split the automaker into a new company made up of its most successful units, and an “old company” of its less-profitable parts, is gaining momentum and is seen as the company’s best configuration for the future, according to reports.
「ゾンビ部門」と「サバイバル部門」の切り離し
現行の巨大産業の自動車メーカーを、将来有望な「サクセスフル・ユニット」とプラス計上の見込めない「オールド・カンパニー」とに分割して、ゾンビ部門からサバイバル部門を切り離そうとする「法人分割」プランが再生案の主導権を握っており、企業の将来を切り拓くための最良の方程式と考えられる、と委員会に提出した報告書には書かれていた。
d0123476_19373637.jpg
三菱の電動カー「iMi-EV」の2010年ニュータイプ 電源となるグリーンステーションの需要も見込める

7. 'Bad GM' may go to Section 363

Using a specific part of U.S. bankruptcy laws known as Section 363, the company’s creditors and the union can take a stake in a new, leaner “Good GM.” The rest of the company would be bundled into a “Bad GM,” which would include failing brands such as Hummer and Pontiac and would remain in bankruptcy.
「病めるGM」部門は破産申請か
「セクション363/第363条例」と呼ばれる米国の破産申請法の特例を適用すれば、申請した法人と利害関係のあった債権者と組合は、分割して再建される新しい法人の「まともなGM」部門へ、継続して契約が引き継がれることになる。(注:仕入れ先と労働力の確保、という実質的営業機能の存続)
しかしそれ以外の諸々の契約や約定は、すべて「病めるGM」部門と一緒に、破産の棺桶で埋葬される憂き目を見る。GMにおけるそうした「ゾンビ部門」とは、ハマーやポンティアックといった落ち目のブランドであり、これらの部門は破産申請の道をたどると見られている。
d0123476_9573271.jpg
GM・ビュイックのコンセプトカー「テラン・クロスオーバー・ヴィークル」…って水陸両用? 大洪水用か?

8. Chrysler's survival with split-company deal

This bad company would also take on GM’s billions of dollars of debt, the proceeds of which would be used to pay back the creditors of the old company. A similar split-company deal would be worked out for Chrysler.
クライスラーも「患部摘出」で生き残り案
企業の病める部門は、現時点で数百億ドルにのぼっているGMの負債も道連れに破産処分の対象となるが、旧法人が既存の債権者に対して返済していた支払は、そのまま存続して再生した新しい会社へと引き継がれる。これと似たような「企業分割のサバイバル手術」は、クライスラー社に対しても応用できるだろう。
d0123476_19392965.jpg
クラシックともモダンともつかないユニークなフォルムの日産の「CUBE/キューブ」アメリカでの人気は未知数

9. Probable bankruptcy procedure for GM

GM is now in “intense” and “earnest” preparations for a possible bankruptcy filing, a source familiar with the company’s plans told Reuters Tuesday. GM’s Chief Executive Fritz Henderson said recently that the company prefers to restructure out of court, but could go through a bankruptcy procedure if that is required.
破産は避けられない運命のGM
ロイターがGMの内情に通じた消息筋から聴きだした話として、GMはサバイバルの可能性のある破産申告の準備として、今や短期集中方式で真剣に申請書類を作成している最中と伝えられている。この件に関して、GMのフリッツ・ヘンダーソン代表取締役は、最近次のような談話を表明した。
「当社では、訴訟などの裁判沙汰なしに再建を進めたいので、その条件として要求される破産申告の手続きを、やむを得ずとらざるをえないだろう。」
d0123476_1940407.jpg
愛犬家専用が売り物のホンダの「エレメント」 ホンダのネーミングはいつも漠然とし過ぎて米人にはピンとこない

10. How about the fate of dealers?

“GM will likely say to its various constituents, such as the auto dealers, ‘You can come on board with us as we go through bankruptcy and see if you get something out of it, or you can take your chances in court,’” said Bragman.
巻き添えを食うディーラーの運命は?
先述の自動車業界アナリスト、ブラグマン氏が懸念する今後の展開はこうだ。
「GMはあまりにも多くのしがらみに縛られ過ぎて、財政危機の泥沼にはまったまま、にっちもさっちもいかないと言っても過言ではありません。ですから万一破産申請で足切りをしようとしても、ディーラーなどから次のような反撃を受ける事態が予測できるでしょう。『長年もり立ててきたわしらが破産の憂き目に遭ってる時に、お前さんひとりだけ良い子になってやりすごせると思ったら大きな間違いだぜ。裁判所でお目にかかろうじゃないか』」 <了>

【 米国時間 2009年4月9日 『米流時評』ysbee訳 】
d0123476_19395497.jpg
今年のNY国際モーターショーでベストカーに選ばれた、VWフォルクスワーゲン・ゴルフのデザインチーム
d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9584139
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9584139

d0123476_11202865.jpg
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックで応援をよろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキングでは社会経済ニュース部門。クリックで応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ   ブログ村のランキングでは国際政治部門です。変わらぬ応援に感謝!



*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
by ysbee-2 | 2009-04-09 19:48 | グローバルビジネス

クライスラーショック!全30工場を1か月閉鎖

f0127501_128435.gif

 ||| クライスラー全30工場を一時操業停止 |||

d0123476_1027370.jpg
クライスラーショック!ついに襲った不況の津波で全米30の全工場を一時操業停止
不況による消費者買控え直撃!サーベラスの「クライスラーGM合併交渉」も危機に


米国時間 2008年12月17日午後8時45分 | ワシントンポスト | 訳『米流時評』ysbee
ミシガン州デトロイト発 | 戦後最大の不況に襲われ格闘している米国の自動車産業では、政府の業界救済策が命脈を保つのを期待しているが、その一方で深刻な人員削減や生産カットに踏み切った。デトロイトに本社を置く米三大自動車産業のひとつクライスラー社は、全米30の全工場の操業を1か月停止すると、17日水曜発表し衝撃を与えた。

クライスラー社首脳陣 左からトーマス・ラソーダ副会長、ロバート・ナーデリ会長、ジェームズ・プレス販売部長
d0123476_18503888.jpg
Chrysler to Close U.S. Plants for A Month
Other Domestic, Foreign Automakers Also Plan Steep Production Cuts
DECEMBER 17, 2008 | Peter Whoriskey — Washington Post | Translation by ysbee
DETROIT, Michigan — Struggling U.S. automakers are launching a round of severe cutbacks as they wait for a government rescue, with Chrysler saying yesterday it will idle all 30 of its U.S. factories for a month.

__________________________________________________________________
DECEMBER 17, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年12月17日号
d0123476_841403.gif

W A S H I N G T O N P O S T
クライスラーショック! 全米の全30工場を1か月操業停止に
米国時間 2008年12月17日午後8時45分 | ワシントンポスト・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1111221.jpg
アメリカの自動車業界の首都はミシガン州のデトロイト フォード、GM、クライスラーのビッグ3の本社所在地

1. Furlough of 46,000 workers starts Friday

Chrysler's plants will furlough 46,000 workers beginning Friday, as a planned two-week holiday shutdown is extended to a full month and possibly longer. Auto plants normally shut down over the winter holiday, but the new reductions extend the usual closures.
従業員4万6千人に自宅待機
全米で30を数えるクライスラー社の全工場では、46,000名の工場就労者に対して、19日金曜から自宅待機体制を始める予定である。クリスマスを中心とした年末年始のホリデイシーズンには、同社では毎年恒例で2週間の休業期間をとっていたが、今回の自宅待機体制はその冬期休暇を丸1か月に延長して操業停止するものであり、場合によってはそれ以上に延長になる可能性もある。
d0123476_18535679.jpg
ミシガン州ウォーレンにあるクライスラー社のトラック組立て工場の退社時間 19日から全米の工場が休業へ

2. Analysis by Barclays Capital

"No one will return to work any earlier than Jan. 19," Chrysler spokesperson Shawn Morgan said. "I don't want to get into speculating about what may happen after that. We're going to continue to monitor the situation." "If I were a Chrysler worker, I'd be worried that the plant won't reopen," said Brian Johnson, an industry analyst at Barclays Capital.
1月19日以降は状況次第
クライスラー社の広報担当ショーン・モーガン氏は、今回の操業停止期間延長の事情を次のように語っている。「1月19日よりも前には誰一人仕事に戻る者はいないと、そういうことです。それ以降に何が起こるかに関しては、私どもとしては憶測する意向はございません。当社では状況を慎重に見届けていく所存です。」
一方、投資銀行バークレーズキャピタルで業界分析を専門とするアナリスト、ブライアン・ジョンソン氏は、今回のクライスラー社の決断を次のように受け止めている。「もし私がクライスラーの従業員だとしたら(休暇が終わっても)工場が再開するかどうかを、まず心配するでしょうね。」
d0123476_18523013.jpg
全米の就労者の10人に1人が何らかのかたちで自動車産業にかかわっているのが米国の実態 金融界とオート産業のメジャーな産業界の双璧からダブルパンチを受けた米国の経済は、数ヶ月では立ち直れない構造不況に陥ったようだ

3. Survival with a hanging stimulus plan

字数制限のため英文省略
サバイバルを賭けた業界再生案
9月以来ワシントンの下院で繰り広げられてきた、米国自動車産業に対する140億ドル(約1.23兆円)の救済資金を国家が貸し出す議案は、先週の上院での採決で潰されたばかりである。しかしブッシュ政権は、10月の段階ですでに予算付けをしてある金融業界に対する7千億ドル(約61.66兆円)の経済援助予算の中から、ある程度の資金を運用することも検討中と示唆した。
d0123476_10292873.jpg
世襲のビリオネアであるビッグ3の三代目経営者どもには任せられないと、下院の聴聞会でじきじきに業界労働者の窮状を訴える UAW/Union of Automobile Workers 全米自動車産業労組のロン・ゲッテルフィンガー委員長 (左)

4. Emergency plan to ease up the loss

字数制限のため英文省略
不況対策の非常手段
クライスラー社は先週まで1か月にわたって、下院の業界救済聴聞会の討議で「企業としてサバイバルするためには70億ドル(約6,166億円)が必要である」と請願してきた。また業界内においては現金残高を保持するために、同社ディーラーに対しては新車購入の顧客へのローンを差し控えるなどの不況対策を行ってきてもいた。

注:90年終盤にドイツのダイムラーベンツ社に買い取られたクライスラー社は、CIを始め全車種のデザインを一新して一時は時流をリードしたが、9/11以降は米国の消費者経済が「ちぢみ」の収斂期に入り、経営形態を下方修正に転換できなかったダイムラー社は、昨年5月にクライスラー社をグローバルインベスターとして悪名高いサーベラス社へと売却してしまった。
この時点ですでに、前世紀からのクライスラー独特のクルマづくりに賭ける情熱と伝統も、グローバル投資会社のグリード(金の亡者の強欲)に食い潰される運命にあったのだろう。私自身「もう長くはないな」という予感を持ちながら、当時のエントリーを上げていた。

▶5/15/2007 買収当時の記事「クライスラー9千億円でベンツから怪物サーベラスへ」

d0123476_18531584.jpg
5. Production cuts by GM, honda, Toyota

Ford said yesterday that it would stop production for an extra week in January at all but two of its plants because of flagging consumer demand. General Motors said on Friday that it will cut production and temporarily close 20 factories. Honda and Toyota have also announced production cuts.
GM、ホンダ、トヨタは生産削減
フォード社では昨日、年末休暇を通常よりも1週間延ばして1月の第1週まで工場を休業し、生産をストップすると発表した。ただし、全工場のうち2つの工場は例外としている。いずれにしても消費者の需要がはかばかしくないことが予測されるためである。また19日金曜にはGMゼネラルモータースでも、全米で20の工場を一時的に閉鎖して、生産休業に入る体勢である。米国のホンダとトヨタもまた、生産削減を予定している。
d0123476_18544146.jpg
6. Steep production cuts by others
The moves come as other U.S. and foreign automakers are announcing steep production cuts that will idle tens of thousands of other U.S. workers as the industry copes with withered demand for new cars and trucks. The shutdowns offer a taste of the kind of economic damage the domestic auto industry's loss could cause.
構造不況の下降スパイラル
今回のクライスラー社の一時的操業停止への動きは、米国や海外の自動車メーカーが大幅な生産削減を発表した直後のタイミングで行われた。生産削減になれば関連企業の数十万の労働者が自宅待機となり、新車に対する需要に打撃を与えるものと予測されている。またクライスラー社が皮切りとなって、そのあとにも各社で実行されるかもしれない操業停止あるいは操業短縮という窮状は、米国国内の自動車産業の売上げ損失が起こした経済的打撃を物語る象徴的なできごととして、誰もが実感しうる社会現象である。(不況 > 売上減 > 操短 > 失業 > さらなる不況)
d0123476_1045396.jpg
クライスラー社を代表する車種300Cは HEMI搭載のラグジュアリーパワーカーだが、不況の時代向けではない

7. Real touch of economic downturn

The Big Three — GM, Chrysler and Ford — employed about 240,000 U.S. workers at the end of 2007. Foreign automakers employed about 113,000 people in the United States. The U.S. auto industry's suppliers employ an additional 975,000 people, according to the Center for Automotive Research in Ann Arbor, Mich.
経済破綻のリアルな感触
米国自動車業界のビッグ3である、GM、クライスラー、フォードの3社が抱える米国内の従業員総数は、2007年末のデータでは24万人を数える。また、外国資本の自動車メーカーの米国工場に従事する物の総数は11万3千人である。さらに、米国自動車工業界へ部品や危機を納めているいわゆる周辺企業の従業員総数は、97万5千人にものぼっている。以上の数字はすべて、ミシガン州アンアーバー所在の自動車業界リサーチセンターの実態調査データによるものである。
d0123476_10455174.jpg
ホリデイセールスシーズンまで持ちこたえず潰れた、カリフォルニア州マーリン郡のフォードディーラーショップ

8. New reductions extend the holiday closures

Chrysler's plants had been scheduled to stop production from Dec. 24 until Jan. 2, but now will close on Friday and stay dark until at least Jan. 19. Two factories in Toledo that make the Jeep Liberty, Jeep Wrangler and Dodge Nitro will be closed until Jan. 26, the company said. A minivan plant in Canada and a plant in Detroit that makes the Dodge Viper will remain shut until Feb. 2.
冬期休暇の拡大だが、その後は?
ククライスラー工場では、従来の年末休暇による操業停止期間は12月24日から翌年1月2日までの10日間が通例であったが、今回は19日の金曜から1月19日までの実質32日間が休業で閉鎖となる。オハイオ州のトレド市にある、ジープリバティ、ジープラングラー、ダッジナイトロの3種の車を製造する2つの工場では、それよりもさらに長引いて1月の26日まで休業となる。またカナダにあるミニバンの工場と、デトロイト所在のダッジバイパーの製造工場は、1月を通り越して2月の2日まで操業停止が続く予定と、クライスラー本社から発表された。
d0123476_10463849.jpg
18日朝クライスラー社ウォーレン工場へ今年最後の職場へ出勤する従業員 1か月後に戻ってこれるだろうか?

9. HONDA, TOYOTA also cut production

字数制限のため英文省略
ホンダとトヨタも減産体制へ
ホンダの2008年度の売上実績は、昨年の段階で出していた業績見込を下回るものだった。その結果、次年度の生産台数を現在よりも30万台縮小する方針を立てざるを得なかった。またトヨタも、ガソリンと電力で走る燃費の極めて低いハイブリッドカー「プリウス」の売上が、有望視されていたにもかかわらず下降し、消費市場の経済環境も悪化しているため、ミシシッピ州に建設を予定していたプリウスのプラント計画を中止すると、今週早々に発表した。
d0123476_10471943.jpg
不況でも伸びる市場はまだある。2009年にハイブリッドカー「インサイト」を発売予定のホンダの福井威夫社長

10. Overall downturn across auto industry

字数制限のため英文省略
ビッグ3だけではなく業界全体の危機
下院の聴聞会へのこのこと手ぶらで出かけたビッグ3代表の稚拙な経営責任体制は、世間の失笑と批判の的となったが、その一方で外資系のカーメーカーもまた同様に、厳しい市況に打撃を受けている。カー業界ばかりでなく社会状況そのものに不況、あるいは恐慌がやってくると囁かれる現状では、大型消費は見送られる。また実際問題として、クルマを買おうと思っても購入ローンを組むことさえ難しい、クレジット業界の危機的状況が取り巻いているのも事実だ。
d0123476_1858234.jpg
クライスラー社でもトップセールスのPTクルーザーは、学生からベビーブーマーまで人気を集めるクルマだったが

11. Sales loss -25% per month

字数制限のため英文省略
売上前月比25%減・前年比28%減
クライスラー社が昨日16日に公表した資産内容によると、(金融界の経済破綻で)クルマの購入者に対して割賦ローンの貸付けが困難になったため、ここ9月以来3か月で25%の売り上げ減少をみた事実を公開した。また今年に入ってから先月までの、11か月間の売り上げを昨年同時期と比較すると、28%の落ち込みを見せたとも同社では報告している。
「困難な状況に陥っているのは、何もビッグ3だけではありません」こう言うのはアンアーバーに本社をおくオートモーティブ・コンサルティンググループのデニス・ヴィラグ社長である。「今回の不況は米国資本と海外資本とにかかわらず、米国の自動車産業界全体にとっての危機です。」
d0123476_18593916.jpg
ストができるうちはまだよかったという証拠 UAW 全米自動車業界労働組合の今夏のデモ 後方にクライスラー本社

12. Stumbling Cerberus in merger with GM

Chrysler is owned by private-equity firm Cerberus Capital Management, which bought the automaker for $7.4 billion in 2007. Chrysler and GM warned last month that they could run out of cash by the end of the year without aid from the federal government.
サーベラスが進めるGMとの合併交渉も危機に
2007年に74億ドルで買収されて以来、クライスラー社は個人投資法人のサーベラスキャピタルマネージメントが所有しているが、年末までに連邦政府から財政補助金が降りなければ資金繰りは底をつくので、9月以前からサーベラスが進めてきたクライスラー社とGMとの合併交渉(実質的にはサーベラスがクライスラーをGMに売却)も暗礁に乗り上げる事態になる。
d0123476_1053463.jpg
昨年ドイツのダイムラー社からクライスラーを買収したばかりのサーベラスだが、すでに9月にGMとの合併交渉へ

13. Midnight oil of auto industry

Now, Chrysler says, it is approaching the minimum level of cash it needs and will have trouble paying its bills after Jan. 1. Chrysler expects to have only about $2.5 billion on hand by Dec. 31, the minimum needed to pay employees and suppliers and keep the company running. The furloughs are "a grim reminder of a grim situation," Johnson said.
不況のトンネルをくぐり抜けるために
クライスラー社が弁明するところでは、今や財政状態は現金残高が底をつき、このままでは1月1日付けで支払予定に必要な会計が賄えない状況にきていると言う。現時点から12月31日までに、従業員の給料や資材の仕入れ先など、会社の営業を食いつなぐのに最低線必要とされる金額は、およそ25億ドル(約2,237億円)と試算されている。
今回同社が踏み切った「自宅待機・操業一時停止」という緊急手段は、不況と言う暗い状況を生々しく体現する象徴的なできごとのひとつと言えよう。<了>
d0123476_10542198.jpg
【 米国時間 2008年12月17日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg

◀ 次号「ブッシュマン帝国最後の日々・Shoe must go on」
▶ 前号「速報!ソマリア海賊との全面戦争を国連が承認」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9079249
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9079249

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


5〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」がちょっとへこんでおります。クリックで喝!を入れてやって下さい。


d0123476_7574418.jpg
 ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_1834518.jpg


『米流時評』CURRENT ISSUE アーカイブへ
by ysbee-2 | 2008-12-17 18:48 | グローバルビジネス

号外!GMがクライスラーを吸収合併交渉!

f0127501_128435.gif

  ||| GMとクライスラーが合併交渉 |||

d0123476_132601.jpg
 自動車業界へ押し寄せる、グローバル金融恐慌の津波第一波
 ゼネラルモータース、クライスラーを吸収合併のため交渉中


米国時間 2008年10月10日(金)午後10時58分 | ニュース速報 
ニューヨーク発 | 米国自動車業界の最大手ゼネラルモータースが、クライスラー社買取りの件で両社が交渉中であると、NYTニューヨークタイムズとWSJウォールストリートジャーナルが、米国時間で金曜10日深夜、両紙のウェブサイトで報道した。NYTimes.comの内容によると、この買収交渉はひと月以上前から進められていた模様である。
一方ウォールストリートジャーナルの報道では、両社の交渉は金融市場の恐慌によって現状では身動きが取れない状況であるが、交渉の進捗に明るい関係者の情報によると、株式市場が落ち着き次第、両社の会談は早急に再開される模様である。
d0123476_1943342.jpg
GM, Chrysler Hold Merger Discussions

Times reports preliminary talks; Wall Street Journal says talks on hold
OCTOBER 10, 2008 EST | NYT/WSJ/SNBC — BREAKING | Translation by ysbee
General Motors has held discussions about acquiring Chrysler, The New York Times and Wall Street Journal reported late Friday. The talks between GM and Cerberus Capital Management, which owns Chrysler, began more than a month ago, the Times reported on its Web site. The Journal reported that the talks were "rendered inactive" because of the upheaval in financial markets but that people familiar with the developments said the talks could be revived quickly if markets stabilize.

__________________________________________________________________
OCTOBER 10, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_841403.gif

 ASSOCIATED PRESS | BREAKING
自動車業界へ押し寄せる、グローバル金融恐慌の津波第一波
米国時間 2008年10月10日 | AP/WSJ/NYT/MSNBC/CNBC/CNN | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1328337.jpg
1. Cerberus deals with GM over Chrysler
The Wall Street Journal, citing people it described as familiar with the discussions, said Cerberus Capital Management, the private equity firm that owns 80.1 percent of Chrysler and 51 percent of GMAC Financial Services, proposed trading Chrysler's automotive operations to GM. The Journal said Cerberus would receive GM's remaining 49 percent stake in GMAC.
サーベラスがクライスラーをGMに売却交渉
ウォールストリートジャーナルの記事によると、サーベラス・キャピタル・マネージメント (クライスラー社の持株80.1%とGMACファイナンシャルサービスの51%を所有する社主) が、GMゼネラルモータース社に対してクライスラー社のオートメーカー部門の売却申し込みをしたと伝えている。さらにWSJ紙の記事内容では、サーベラスは代替条件として、GMが所有する住宅ローン会社GMACの残り49%の株を受け取りたい意向のようである。
d0123476_13263978.jpg
2. Suspending talks by market turmoil
The New York Times, also citing people familiar with the talks, said the automakers were discussing a merger. The Times did not mention GMAC, a traditional auto lender hit hard by the housing market downturn. The talks have stalled because of the recent turmoil in the financial markets, according to the Journal.
市場の暴落で一時的に中断
一方ニューヨークタイムズの記事では、この交渉内容に詳しい関係者の談話を載せているが、米自動車業界トップクラスの両社の間で、吸収合併の話し合いが進行中と伝えている。タイムズの記事では、GMの子会社で住宅ローンを取り扱っていたが業界不況の影響をもろに受けたGMACの売買に関しては、一切ふれていない。一方ウォールストリートジャーナルの報道では、両社の交渉は金融市場の恐慌によって現状では身動きが取れない状況であるが、交渉の進捗に明るい関係者の情報によると、株式市場が落ち着き次第、両社の会談は早急に再開される模様である。
d0123476_13272386.jpg
3. Chances of a merger "50-50"
Its sources said negotiations could resume if markets stabilize because both GM and Cerberus want to quickly divest the assets under discussion. The negotiations between 100-year-old GM and 83-year-old Chrysler began more than a month ago, according to the Times. Its sources said the chances of a merger were "50-50" as of Friday and likely would take weeks to complete.
交渉成立の可能性は五分五分
消息筋の話では、買い手のGMと売り手のサーベラスの双方とも、交渉の対象となっている資産評価を早急に済ませたい意向なので、市場が落ち着きを取り戻せば交渉が成立するものと見ているようである。タイムズの記事によると、創業以来100年の歴史を誇るGMと83年の社歴をもつクライスラー社は、米国のカーメーカーとしてともに世界に名を馳せる老舗であるが、吸収合併の話し合いはひと月以上前から始まっていたそうである。
タイムズの記者が取材したふたりの内部関係者は、10日金曜の段階では合併の可能性は「50-50/五分五分」だと見ており、交渉が成立するにはさらに数週間必要だと伝えている。
d0123476_13251350.jpg
4. Both papers posted on their sites
Both newspapers posted their stories on their Web sites late Friday. "Without referencing this specific rumor, as we've often said, GM officials routinely discuss issues of mutual interest with other automakers," GM spokesman Tony Cervone said. Chrysler spokeswoman Shawn Morgan declined comment.
両紙ともサイトで速報
タイムズ、ジャーナルの両紙とも、金曜の深夜に速報記事がサイトに掲出された。
「当社の過去にもたびたびふれてきたように、GMの経営陣は他のオートメーカーとの吸収合併に関する思惑は常にあり、定期的に各社と交渉を重ねてきている。」
GMの広報担当トニー・セルヴォーネ氏はこう語っている。しかし、クライスラー社スポークスマンのショーン・モーガン氏はコメントを控えた。 [了]

【 米国時間 2008年10月10日 『米流時評』ysbee 訳 】

d0123476_19213838.jpg新しい時代の流れを汲み取って、石油に変わるクリーンエネルギーを推進するGM。公式サイトはクルマの宣伝というよりも、まるで中学生の科学のテキストのようだ。
http://www.gm.com/experience/

»» 次号「速報!チェッチェンに地震発生!12名以上死亡 」へ
«« 前号「グローバル恐慌レポート4/アイスランド国家破産の危機・前編」へ

d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8748711
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8748711

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。クリックでの応援に感謝申し上げます!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、2位になってます、残念!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』グローバル恐慌レポート |||
第1章 ウォール街金融危機

9/14 号外!メリルリンチを500億ドルでBOAが買収
9/15 ウォールストリート大暴落、9/11以来のメルトダウン
9/16 号外!AIGに8.9兆円連邦救済ローン、恐慌脱出か?
9/17 経済危機と大統領選・ペイリンは共和党の自爆装置?

第2章 米国金融危機
10/01 号外!80兆円金融経済救済案、上院を通過!
10/02 下院でも通過!73.8兆円の経済救済案ついに成立!
10/06 ウォール街暴落1万ドルの大台を割る 大恐慌2.0?
10/07 2日目も暴落のウォール街・前日比 ▼508ドル

第3章 グローバル金融危機
10/08 アイスランド国家破産の危機・前編
10/09 アイスランド国家破産の危機・後編(翻訳中)
10/10 号外!GMがクライスラーを吸収合併交渉!
10/12 IMF警告「グローバル・メルトダウン!」(翻訳中)
10/13 ウォール街実録・暗黒の7日間(翻訳中)

第4章 ポスト恐慌のニューパラダイム(予定)


||| 『米流時評』で読む世界危機の最新情報 |||
次世代冷戦時代 | ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | テロとスパイ陰謀 | サルコジのフランス
グローバルウォー | 中東核戦争 | 中東のパワーラビリンス | イラク戦争レポート | トンデモ北朝鮮
アルカイダ2.0 核のテロ | アフガン・タリバンの復活 | パキスタン戒厳令の季節 | ビルマの赤い川革命
四川大地震と中国の核施設 | フリーチベット・フリー東トルキスタン | 北京の長い夏 | ダイハード中国
米大統領選 | ブッシュと米国政治 | 欧米メディアの見る日本 | EUとNATO | グローバル ビジネス


by ysbee-2 | 2008-10-10 12:48 | グローバルビジネス

トヨタ世界市場で初めてトップ!76年間のGM首位を奪う

f0127501_128435.gif
   ||| トヨタ、GMを抜き販売台数世界一に |||
d0123476_761523.jpg
    予測された07年度よりも1年早く昨年中に首位の座を獲得が判明
    グローバル市場の総販売台数880万8千台 GMに12万8千台の差


2007年6月12日 ロイター通信 |グローバルな自動車メーカー業界が固唾を飲んで見守っていた記録的瞬間が、12日火曜ついに実現した。トヨタ自動車がGMゼネラルモータースの王座を奪ったのである。自動車業界主要誌の発表によると、業界の多くが2007年に達成するだろうと見ていたトヨタの首位獲得は、予想よりも早く昨年内に現実になっていたことが明らかにされた。

Toyota Overtook GM as Top Carmaker in '06
Report: Japan’s automaker went top last year; was expected in 2007
DETROIT, Michigan — REUTERS |JUNE 12, 2007 — The milestone that the global auto industry has been holding its collective breath for — Toyota Motor Corp.’s unseating General Motors Corp. as the world’s biggest carmaker — came last year instead of in 2007 as many had expected, according to a leading industry journal.

__________________________________________________________________
JUNE 12, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_841403.gif

 R E U T E R S | M S N B C . c o m
       ||| トヨタ、GMを抜き世界一に |||
d0123476_764427.jpg
    トヨタ、グローバル市場でトップ!76年間の首位を空け渡したGM
1. Top car maker in 2006
Detroit-based weekly Automotive News, whose data center publishes a widely quoted ranking of the world’s automakers around this time every year, said Japan’s top carmaker outsold GM by about 128,000 units last year based on a technicality that excludes sales of vehicles at minority-held subsidiaries. “A little-known Chinese microvan played a role in Toyota’s victory,” the magazine, published by Crain Communications, said on its Web site.

トヨタが販売台数で2006年度の首位に
デトロイトで発行されている週刊の業界情報誌『オートモーティブ・ニュース』では、データセンターの集計に従って、毎年この季節6月初旬に前年度の世界の自動車メーカーのランキングを発表している。今回発表された集計によると、GMが出資しているがメインではない中国プラントの車のセールスをGMの販売実績から実質的に除外した結果、2006年会計年度では日本のトップ自動車メーカーであるトヨタが12万8千台の差をつけてGMを追い越し、販売台数世界一の座についた。
「余り知られていない中国のミニバンが、トヨタの勝利に貢献した模様である。」クレイン・コミュニケーション発行の雑誌は、同社のサイト記事でこのニュースを公開した。

▼左:米国のファミリーカーで人気のSUV7人乗りハイランダー/右:ローカル主流のトラックで人気の6気筒4駆
d0123476_773718.jpg

2. Tricky numbers by Made in Chinese
In its final tally for 2006, GM included the seven-seat microvan and other Wuling-brand vehicles built by a three-way venture with China’s Shanghai Automotive Industry Corp. (SAIC) and Liuzhou Wuling Automobile even though it owns less than half of the company, the journal said. Automotive News credited 51 percent-owner SAIC for the 420,140 units the venture sold in 2006, putting GM’s global sales at 8,679,860 units in 2006, against 8,808,000 for Toyota. In its ranking, Automotive News Data Center includes sales of a subsidiary in the total for the parent company with the majority stake.

中国車の販売台数が勝敗に影響
GMは2006年の販売台数の最終的集計に、中国の上海自動車工業(SAIC)と竜頭玉林(リウズー・ウーリン)自動車との3社共同出資の合弁会社が製造している、7シートのミニバンと玉林(ウーリン)ブランドの乗用車も含めていたが、オートモーティブニュースの説明では、GMはこのジョイントベンチャーへの出資が半分以下であるため、これらの自動車の販売台数は除外したという。
同誌の報告によると、この合弁会社が2006年度に出荷販売した420,140台は、同社の51%の出資者であるSAIC上海自動車工業のセールスとして計上されている。従ってこの中国車のセールスをGM自体が発表した販売台数の合計から差し引いたため、2006年会計年度のセールス集計では、GMは8,679,860台となり、総計8,808,000台のトヨタには及ばなかった。
この説明でも明らかなように、オートモービルニュース・データセンターの集計方法は、出資の過半数を占める親会社をその車種の販売実績所有メーカーとして認める方式を採用している。

▼近未来のコンセプトカー 左は4シーターの「FINE-N」 右は2シーターのスポーツカー「CS&S」
d0123476_781722.jpg

3. Japanese tops for the first time ever
GM, which is in the throes of sweeping restructuring but is growing rapidly in China, has claimed the top spot for 76 years, including 2006. In April, Toyota and GM announced sales figures for the first quarter of 2007 which showed the Japanese automaker edging past its U.S. rival by 90,000 units. The news prompted extensive media coverage as the first time ever for the switch at the top.

76年間の首位の座を日本に奪われた米国車
GMは昨年経営陣の入れ替えなど全社の構造改革を行ったが、中国での製造販売は目覚ましく伸びており、この数字を含めた同社発表では2006年度も含めて過去76年間、販売台数世界一の王座を確保してきた。今年4月にトヨタとGMが発表した2007年第1四半期の販売実績では、日本のトヨタが9万台の差を付けてGMを追い抜いたことを示していた。当時のこのニュースでさえ、日本のカーメーカーが初めて米国から首位の座を奪ったとして、メディアに大きく取り扱われた。

▼フューチュアリスティックなコンセプトカー「HYBRID-X」のインテリア 人間よりも宇宙人向け?
d0123476_785260.jpg

4. Toyota's predicted lead in 2007
GM, which is in the throes of sweeping restructuring but is growing rapidly in China, has claimed the top spot for 76 years, including 2006. In April, Toyota and GM announced sales figures for the first quarter of 2007 which showed the Japanese automaker edging past its U.S. rival by 90,000 units. The news prompted extensive media coverage as the first time ever for the switch at the top.

2007年度もトヨタの首位を予測
オートモーティブニュースの解説によると、トヨタのセールス集計にはダイハツと日野自動車の部門も含まれている。一方GMは、シボレー、ビュイック、オペルやサーブなど12のブランドを統合販売している。さらに、トヨタは2007年度には934万台のセールスを見込んでいるのに対して、GM側では920万台の想定販売台数なので、本年度のセールスでトヨタが首位を確保するのはほぼ間違いないと予測している。

▼一人乗りのコンセプトカー「PM」(Personal Mobile の略)パソコンがあるならパソカーがあってもいいかも
d0123476_792917.jpg
【米国時間 2007年6月12日  『米流時評』 ysbee訳】
__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gifおかげさまで1位になりました!
f0127501_170889.gifサイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。
4月までの第1部と5月からの第2部で1・2位確保してます。多謝!


by ysbee-2 | 2007-06-12 07:02 | グローバルビジネス
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31